毛穴が引き締まって目立たない!毛穴を消す化粧水をご紹介

いつまでも綺麗な肌を保ちたいと思う人は非常に多いです。しかし、それでもなかなか思うようにスキンケアができないのが現状です。例えば毛穴が開いて黒ずんでしまったり、若い頃よりもシワが気になったりと、気が付けばいつの間にか実年齢よりも老けて見られることも多々あります。

特に毛穴が開く原因は幾つかあり、例えば皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による肌のたるみやニキビ痕があげられます。こういった原因に一つ一つ対処していくのは非常に手間がかかり大変です。

ですが、いつまでも綺麗な肌を保つ為にはまず、毛穴を消す化粧水が必要不可欠です。自分の肌の特徴にあった化粧水を選び、上手にスキンケアを施すことによって、開いてしまった毛穴は綺麗に消すことが十分可能になります。

毛穴タイプ別に選ぼう

自分の毛穴の状態にあった化粧水を選ぶようにしましょう。まず、毛穴が開いた状態にはいくつかのタイプがあります。ひとつめは、詰まり毛穴です。黒ずみが目立っていたり、触るとざらざらしてツルツルしていないのであればこの状態です。開いた状態になると、今度は皮脂が目立つようになります。

触るとべたべたしていたり、見た目で分かる穴があるときには気を付けるようにしましょう。オイリー肌だという自覚があるならば、開いている状態である可能性が高いです。また、たるんだ状態になっていることもあります。特に頬の毛穴が開いて下がってしまいます。しわやほうれい線が気になる人や肌が乾燥しがちの人はこの状態の可能性が濃厚です。

4つめの状態が、クレーターです。にきび跡が穴になってしまい、見るからにボコボコしている状態です。触るとなめらかではなく、デコボコになっているのが分かります。実年齢よりも老けて見られてしまいますので、この状態にまで進行しないようにするとよいでしょう。

5つめはメラニン毛穴です。クレーターとは異なってざらつきはありませんが、黒くなっている状態です。これらの状態に合わせて自分の化粧水を選ぶことが大切なのです。

毛穴の黒ずみができる原因

肌のトラブルは様々なあるが多くの人が悩まされているのが毛穴の黒ずみではないでしょうか。では、何故黒ずみは発生するのか、これには明確な原因が存在しています。

よく毛穴のトラブルで多いのが角栓ですが、角栓は皮脂に加えて古い角質が詰まることが原因です。それに対して黒ずみは皮脂と脂が主な原因になります。

また、黒ずみは角栓とは違って頬や鼻だけでなく額やこめかみにもできることがあって、顔全体にできる可能性があるトラブルです。色も黒くなるので非常に目立つ存在ですが、黒ずんでしまう原因は基本的には毛穴の開きや角栓と同じです。

黒くなるメカニズムは毛穴に詰まった角栓が酸化するからで、角栓ができてしまい放置したり過剰なスキンケアをしたり、もしくは単純なスキンケア不足などの理由から黒く酸化してしまいます。

では、脂性肌の人は全員黒ずみが発生するのかというと、そうではありません。要するに毛穴が詰まらなければ黒く酸化しないので、顔がべたつくからと言って洗浄力の強い洗顔料を使うとかえって皮脂分泌が過剰になって黒ずみが発生しやすいので注意してください。

もちろん脂性肌に関わらず肌の汚れを落とそうと強くこすったり洗い過ぎても肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌、それが詰まって酸化すると黒ずみの原因となります。

毛穴のつまりの原因は「肌質、乾燥、汚れ」

毛穴の詰まり「角栓」は、分泌された皮脂や角質が混ざりあったものが毛穴で固まることで起こります。角栓ができてしまう原因は大きく3つ考えられます。

肌質

肌質によって角栓ができやすい場合があります。例として、オイル肌の人は皮脂が多く分泌されやすいため、角栓ができやすくなります。また乾燥肌の人は、肌に潤いや皮質の分泌が少ない影響で毛穴が固くなりやすく、汚れの排出力が弱くなるため詰まりができやすくなります。

乾燥

乾燥した環境にいると、皮膚は皮脂を余剰に分泌し肌の水分を保とうとします。皮脂が大量に分泌されるため、角栓ができやすくなってしまいます。また洗顔・クレンジング時に、「刺激の強すぎる洗顔料を使う、熱すぎるお湯などを使う」などによって、皮脂を洗い流し過ぎてしまった場合にも、皮膚は皮脂を大量に分泌します。スキンケアのやり過ぎにも注意しましょう。

メイクを落とし切れていない

洗顔やクレンジングのやりすぎは、肌を乾燥させ詰まりの原因となりますが、逆にしっかりと汚れを落とさないことも毛穴詰まりを引き起こします。肌に残ったメイクの残りが、皮脂や角質と混ざり合い毛穴をふさいでしまうためです。「洗いすぎず、洗わなすぎず」の洗顔・クレンジングが大切です。

毛穴の開きを改善するには

スキンケアを行う上で、肌を綺麗にしているつもりでも改善しにくいのが毛穴のトラブルとされています。特に毛穴の開きは見た目もよくありませんし、常に毛穴が開いてしまっていては皮脂汚れや外部からのほこりや雑菌が入りやすくなってしまうので、ニキビや角栓などの肌トラブルを引き起こす原因となります。

そこで引き締まった美しい素肌を取り戻すためにも、スキンケアで保湿ケアを行うことをおすすめします。毛穴が開いてしまっている原因は、肌の潤いが不足している事が原因となっているので、普段のスキンケアでも保湿に特化した成分が配合されている化粧水や乳液、保湿クリームを順番に使用していくことが重要です。

化粧水を利用する場合もササッと肌に使用するのではなく、手のひらに適量の化粧水を出してなじませてから顔全体にハンドプッシュを約10秒ほど行います。そうすると手のひらの暖かさで皮膚が柔らかくなり、美容成分が肌内部に浸透しやすくなります。

より毛穴の引き締めを行いたいという方は、収れん化粧水を活用すると引き締め成分が肌をキュッと引き締める効果を与えることができるので、お風呂上がりなど肌が温まっている時に使用することがポイントとなります。

たるみの毛穴

たるみが原因できてしまった毛穴は、どのようにケアをすればいいのでしょうか。そもそも、たるみはコラーゲンの減少で肌の弾力やハリがなくなってしまった状態です。つまり、たるみをなくすために肌のハリを取り戻す努力をすればいいのです。規則正しい生活習慣を身に付けて、なるべく良質な睡眠を取りましょう。

その他、たるみを改善するための化粧水を使うのも有効です。特に、以下の成分が入っている化粧水を使うようにするとよいでしょう。ビタミンC誘導体・レチノール・コラーゲン・セラミドです。レチノールは、コラーゲンを増やしてくれる働きがあります。また、肌を白くしてくれる働きも期待することできます。コラーゲンやセラミドはハリやうるおいの増加に役立ちます。

化粧水を選ぶ際には、こういった成分がたっぷりと含まれているものを選ぶことをおすすめします。もちろん、すぐに毛穴が改善されるわけではありません。根気よく対策を続けることが大切です。まずは、自分の肌でよさそうな化粧水を試してみるとよいでしょう。

そうすれば、あなたにとって本当に効果的な化粧水がどれかが分かります。インターネットに掲載されている口コミ情報も参考になるでしょう。

クレーターは「毛穴の開きすぎ」

「クレーター」状の凹凸ができた肌は、その症状別に「ニキビ跡」「毛穴の開き」に分けることができます。「ニキビ跡」でのクレーターは、ニキビによる炎症ダメージが大きく、皮膚がひどく傷ついてしまった場合に起こります。

皮膚は外側から「表皮、真皮層、皮下組織」の3層で構成されていますが、炎症が表皮を超え真皮層まで達してしまうと、コラーゲン組織が破壊され、表皮は支えを失いクレーターができてします。真皮質は表皮のようにターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりがないため、この層まで炎症のダメージが及ぶと凸凹の肌の原因となります。

「毛穴の開き」でのクレーターは、毛穴の詰まりや開きが原因で起きるものです。皮脂の分泌量が過剰な場合などが理由で、毛穴が大きく開き、開いたままに戻らなくなってしまった状態です。特に皮脂分泌の多い、頬や鼻の周辺で起こりやすい症状です。生活習慣の乱れや、不適切なスキンケア、などが皮脂の過剰分泌の原因として考えられます。

「ニキビ跡」と「毛穴の開き」による症状は、それぞれ別の肌対策をしていくことが必要になります。そのため自分がどちらの症状によるクレーター肌かをしっかりと把握しておくことが大切です。

保温は毛穴ケアに欠かせない

美肌を保ちたいからとパックやいい化粧水を買って、毛穴ケアに専念する人も多いと思いますが、重要なのはパックや化粧水といいた美容グッズだけではありません。

毛穴ケアにおいて非常に重要なことは保温です。普段、毛穴というのは締まっているものなので、そこに化粧水を流し込んでも深部までしっかり浸透しないのですが、保温を行うことで穴をしっかりと開かせて水分を浸透させることができます。

また、保温をする上で役に立つアイテムは蒸しタオルです。蒸しタオルを使うことによって、簡単に毛穴を開かせることができますから、水分をちゃんと肌になじませることができます。ただし、これには注意が必要で、蒸しタオルの温度が熱すぎると肌の乾燥が進んでしまい、かえってスキンケアにとって逆効果になります。

ですから、自分が思っているよりも少し冷めたぐらいの温度で保温をするのがおすすめです。以上のように、毛穴のケアをするといっても化粧水だけに凝ればいいわけではなく、蒸しタオルなどを使って肌の保温をすることがまず重要です。肌の汚れは穴の深部にまでわたっている可能性がありますから、しっかり、保温で穴を開いて化粧水でしっかり汚れを除去するようにするのがいいです。

収れん化粧水で毛穴を引き締めよう

開いて目立つ毛穴は化粧をしても完璧に隠すことは難しく、美肌の大いなる敵です。そのため開いた毛穴を引き締めるためにどうしたら良いかと思い悩む女性は多いと思いますが、そんな時に非常に有用なのが収れん化粧水です。そうは言ってもどのようなものなのか分からない、という女性も多いでしょう。

収れん化粧水は簡単に言うと、肌に水分を補いながらも毛穴を引き締めてくれる効果があります。一時的に皮脂の分泌を抑えてくれるため毛穴を引き締める効果があり、それに伴い化粧崩れもしにくくなるという嬉しい効果もあるので女性にとっては嬉しいことばかりです。

けれど一般的にアルコール分が多めに配合されているものが多いため、肌が弱い女性や敏感肌の女性は使用する前にパッチテストを行った方が安全です。そうでない女性でも肌の調子が悪い時は使用を控えることをおすすめします。

あまりにも長期間使用し続けることも肌の負担になってしまうこともあるので、部分的に使用してみたり、引き締め効果を感じることが出来たならば一度使用を控えるなど、使用方法には注意しましょう。収れん化粧水は正しく使用すると毛穴の悩みを解決してくれるありがたい存在ですので、肌の調子を見ながら無理せず使用することが大切です。

毛穴が気になる方におすすめの化粧水

毛穴の開きはそのままにしておくと、皮脂汚れや古い角質が蓄積して角栓が出来やすい状態になるので、できるだけ開いた毛穴を引き締めるスキンケアを行うことが重要になります。まず毛穴の開いた状態は肌の水分量が不足しているサインなので、普段のスキンケア化粧品では十分な潤いが与えられていない可能性が高くなります。

そのため今までさっぱりとした使用感の化粧水や乳液を利用してきた方は、肌に十分な潤いを与えるためにも保湿成分を多く含んでいる化粧水選びを行い、毎日のスキンケアで肌質改善を行っていく必要があります。

また最近では毛穴を引き締める成分が含まれた収れん化粧水なども販売されているので、毛穴が開き乾燥しやすくなるお風呂上がりなどに収れん化粧水を活用することで、肌全体を引き締めてキメの細かな素肌を手に入れることも出来ます。

ただ収れん化粧水にはアルコールなどが含まれている場合があるので、敏感肌のなどデリケートな肌質の方が利用すると肌荒れを起こす可能性があります。そのため初めて収れん効果のある化粧品を利用する場合は、手の甲などにパッチテストを行い、肌トラブルが起こらないか確認をしておくと安全にスキンケアを行うことが出来ます。

ビーグレン QuSomeローション

ビーグレンQuSomeローションは、洗顔が終わって乾燥しがちの肌に水分を補給してくれる化粧水です。ビタミンC誘導体やホメオシールドが配合されていることも特徴です。ビタミンC誘導体は、毛穴を引き締めて、美白やハリを取ろ戻してくれる働きがあります。さらにホメオシールドは水分を補給し肌にうるおいを与える機能を持っています。

しかも、ビーグレンQuSomeローションには独自のテクノロジーがあることも注目の的です。角質層の奥まで浸透してくれるのは、ビーグレンQuSomeローションの最も有力なメリットと言えるでしょう。水分とハリを与えることによって、開いた毛穴が閉まっていきます。

毛穴が黒ずんでいたり、目立ってしまう人におすすめの化粧品です。インターネットから簡単に購入することが可能な点も人気の秘密になっています。お得にテストができるトライアルセットも販売されているので、気軽に試してみるとよいでしょう。

口コミには、「使い続けて毛穴が小さくなった気がする」という声や「キメが整ってきたように感じますが、それにともなって毛穴も目立たなくなってきました」という声があります。ぜひ、あなたもこのローションを試してみてください。

保湿に優れた化粧水

毛穴のケアにおいて重要なことは化粧水に何を使うかというところと、保湿です。そして、保温要素も含めた良質な化粧水としてTUNE MAKERSの原液保湿水があげられます。

この原液保湿水は5種類の原液を独自で調合してつくりあげたもので、肌に優しく、肌に浸透しやすいのが特徴のスキンケアアイテムとなっています。具体的には、セラミドという、肌の潤いをつくりだしている物質を大量に配合しているので、乾燥肌の時のような肌が摩擦で傷つく度合いを最小限に押させることが可能になっています。

それに、浸透しやすいと言ってもべたつくことが全くないので、手軽に利用できるところも評価できます。また、アルコールフリーなうえに肌と同じ弱酸性の水を使ってつくられているので、敏感肌の人でも安心してスキンケアをすることができますし、値段もリーズナブルなので主婦であろうがOLであろうが誰であれ買うことができます。

以上のように、TUNE MAKERSの原液保湿水は肌にセラミドによる強力な保湿効果をもたらすだけでなく、敏感肌の人にも十分な配慮がなされている化粧水ですし、変にべたつくことも全くないので誰であれ利用することができていいと思います。

メディプラスゲルの毛穴ケア

毛穴に詰まりやすい角栓や、皮脂汚れの原因は肌のターンオーバーが正常に行われていないことにより、皮脂や古い角質が排出出来ずに肌に蓄積してしまうことで起こります。年齢と共に肌のターンオーバーが崩れると、肌内部の潤いが不足しやすくなり、乾燥が目立つようになるので皮膚は肌を保湿しようと過剰に皮脂分泌を起こしてしまい、毛穴に汚れが詰まる悪循環を引き起こします。

そこで肌のコンディションを整えて毛穴のつまりや開きを改善する方法として、「メディプラスゲル」を利用したお手入れが人気になっています。

メディプラスゲルは紫外線や空気の乾燥による環境的ストレスや、肌に負担がかかる成分による科学的ストレス、肌の摩擦や間違ったスキンケアで起こる物理ストレスを排除した湿潤ケアが行える特徴があるので、長時間かけて肌に潤いを与えるお手入れが可能になります。

ジェルの中には66種類もの美容成分が配合されており、密着型ヒアルロン酸やヒト型セラミドが肌に浸透し、角質層まで潤いを届けるのでもっちりとした弾力のある素肌に仕上げて、毛穴の開きを改善することが出来ます。メディプラスゲルは一つで化粧水や乳液、美容液、クリームの役割があるので、スキンケアの時間を短縮できるのも大きな魅力です。

肌に優しく毛穴を引き締める化粧水

肌と同じくらい安全性にもこだわって作られている人気の化粧水です。竹はさっぱりとした使用感で毛穴の悩みにアプローチできる肌に優しく刺激が少ない収れん化粧水です。

竹エキスなどの植物成分を配合しており、角層までたっぷりのうるおいで満たしながら古い角質だけを取り除き、肌のきめを整えるという作用があるので毛穴詰まりを解消しながらなめらかでうるおいがある肌に整えることができます。エタノールやクエン酸も含まれているので、過剰な皮脂を抑えて毛穴を引き締めてくれるアイテムで、毛穴が気になりだしたときに使うことがおすすめです。

コットンを使って軽くふきとるように使用することで、肌がさっぱりとしてうるおいが補給されるので、肌表面が柔らかく、なめらかになることを実感することができます。毛穴の黒ずみや角栓が目立ちにくくなるおすすめの化粧品です。

化粧水や美容液、洗顔が付いている10日分のトライアルセットが初回限定で1000円とお試しがしやすいリーズナブルな価格になっているので、トライアルセットから試して肌に合うかどうかを確かめることをおすすめします。鉱物油や合成香料が不使用の刺激が少ないことも安心して使うことができるポイントです。

FUJIFILMアスタリフトローション

この商品は毛穴をキュッと引き締める効果があるビタミンC誘導体に加えて3種のコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を配合していて毛穴の原因になるインナードライ肌を角質層から潤わせてハリをもたらします。

それに加えて美白効果とアンチエイジングが期待できる成分が加齢によるたるみの毛穴にもしっかりとアプローチします。エイジングケアにしっかりと配慮して保湿を行い浸透させて行く事が効果的と考えられます。

手で馴染ませるようにするだけで肌がしっとりとするように吸い付く事がわかります。この商品を使った人の感想によると、乾燥、毛穴が気になっていたのがだいぶ気にならなくなったとの事。ちゃんとさっぱりしている肌触りなのにしっとりと浸透して行くのが良く、2ヶ月の使用期間で気にならなくなったそうです。

また、別の人は開き毛穴に悩んでいたのが友人から勧められて購入、3ヶ月で気にならないレベルになったとの事です。ナノの力ですみずみまで染み込んでいく成分は毎日のお手入れでハリ肌を持続させます。手に取るとゲル状で、塗ると本当にお肌が食べているような感触で、使うとまた使いたくなります。有効成分リコピン酸がお肌を自然に癒して行く事が感じられるでしょう。

毛穴パックの使用は要注意

鼻の頭や小鼻に角栓が詰まっている様子を見るとすぐにでも取り除きたい、と思う女性がほとんどでしょう。そこで様々なケアを試みると思いますが、その中でも毛穴パックは多くの女性が一度は行ったことがあるケアではないでしょうか。

市販されているパックを使用すると鼻に貼ってはがすだけで気持ちいいくらい角栓が取れるため、パックをして角栓を取り除くことが病みつきになるという女性も珍しくありません。けれど毛穴パックは確かに角栓を取り除いてはくれますが、それと同時にパックをはがす際に毛穴周辺の角質をも一緒に取り除いて肌を傷付けることにも繋がってしまいます。

パックを行った後に鼻の周辺が荒れていると感じる女性は、今すぐパックはやめましょう。しかも角栓が取り除かれて清潔になったはずの空っぽの毛穴に雑菌が入り込んでしまい、新たな肌トラブルの原因にもなりかねません。

そのためどんなに角栓が気になったとしても、パックで角栓を除去するケア方法は避けることが肝要です。良かれと思って行ったケアが肌を傷付ける行為になってしまっていては意味がありません。角栓は気になるものですが、無理に取ろうとしてはいけないということを肝に銘じましょう。