沢山食べても安心!低カロリーダイエットは継続する地道な努力が必要

ダイエットを成功させるポイントは、いかに低カロリーの食生活を続けるかです。ダイエットは時間をかけて行うほどリバウンドしにくいので、長期的な視野を持って挑戦したいものです。食生活でストレスを溜めないためには、低カロリー食材を取り入れながら食欲を満たすのが好ましいでしょう。

カロリーを控えているのに痩せないのは何故?

カロリーを控えているのにまったく痩せなくて悩んでいる人は多いでしょう。特に30代に突入すると代謝が低下してくるので、確実に太りやすい体質になります。20代のころに肥満体型だった人は、特に太りやすいので注意してください。カロリーを控えて痩せない場合は、まず間違いなく代謝が落ちているので、運動を取り入れたダイエットをおすすめします。

高タンパク食材、しょうが、唐辛子、黒酢などはダイエットに最適ですが、代謝促進効果は運動にはかないません。運動は代謝促進、体温上昇などを期待できるため、週に5日程度は身体を動かしたいものです。それによって脂肪が燃焼しやすくなり、無理なく減量することが可能になります。体重を落とすためにも、ウォーキングから始めてみましょう。

低カロリー=健康とは限らない?栄養不足に注意しよう

低カロリーはヘルシーで健康というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうとは言い切れません。例えば1日の食事回数を2食にすると、必要な栄養素が欠乏してしまう可能性があります。また低カロリー食材はタンパク質をあまり含んでいないことが多く、タンパク質不足から代謝力を低下させることもあるでしょう。

筋肉が減少すると代謝が下がりますから、肥満体質に変わってしまいます。健康的に痩せるためにも、筋肉は減少しないように注意してください。栄養不足が気になる人はアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの基本サプリを活用してみましょう。これらのベーシックサプリは副作用がなく、必須栄養素なので誰の身体にも相性がいいものです。

必須栄養素が不足して調子が悪くなることも

無理な食事制限をすると必須栄養素が不足し、体調を壊してしまうことがあります。脂肪・糖質・タンパク質の三大栄養素を筆頭とし、ビタミンやミネラル、食物繊維などは不足しないようにしましょう。

基礎代謝、免疫力、ターンオーバーなどに関わってくる栄養素なので、不足する分はサプリで補ってください。マルチサプリを活用すれば、バランスよく必須栄養素を摂ることができます。

食事制限で特に注意したいのは、タンパク質を十分に摂ることです。タンパク質が欠乏するとぜい肉が付着しやすいので、高タンパク質を摂取しながら運動を取り入れてください。運動によって代謝を促進することで、栄養素の吸収を高めることができます。栄養不良を避けるためにも、代謝を上げていくことが大切です。

カロリーをオフではなく脂肪スイッチをオフにしよう

カロリーをオフにする食生活よりも大切なのが脂肪スイッチをオフにすることです。カロリーにはタンパク質も含まれているので、ただカロリーを抑えるダイエットは効果的ではありません。

タンパク質は不足しないようにする必要があるので、まずは脂肪を抑える食生活を意識してください。脂肪を燃焼させるためには食前の運動が好ましく、20分~30分の運動によって効果的に脂肪を減らせます。

脂肪は1gあたり9kcalもあり、これは糖質やタンパク質の4kcalを大きく超えています。他のどんなカロリーよりも脂肪は高カロリーなので、こってりした食事は避けていく必要があるでしょう。揚げ物やスナック菓子をよく食べる人は、脂肪過多になる可能性が高いので注意してください。

植物性油って健康的じゃないの?

脂肪は身体に悪いというイメージが根付いていますが、そもそも必須栄養素には変わりありません。過剰に摂取するのはデメリットとなりますが、適量は必要なものです。植物性油は動物性脂肪を溶かす作用があるので、意外にも動脈硬化を予防するために役立ちます。血液がサラサラになれば細胞に栄養と酸素をムダなく届けられるので、ダイエット効果も高まるのです。

最近特に注目されている植物油はエゴマ油であり、α-リノレン酸をたくさん含有しています。60%程度も含有しており、これが体内でEPAとDHAに変換されるのです。まさしく血液サラサラに役立つ油であり、脳を活性化することでも知られています。動物性脂肪の摂取が多い人ほど、植物油を摂取するメリットが高いと言えます。

全粒粉って体に良いの?

全粒粉とは小麦粉のひとつであり、表皮、胚芽、胚乳をまとめて粉末にしたものです。一般的な小麦粉は胚乳を粉末にしており、まろやかな風味が特徴になっています。全粒粉を使用したパンはボソボソした食感がありますが、これがよいという人は少なくありません。小麦粉の風味をしっかりと感じたい人にとって、全粒粉を使用したパンは最適でしょう。

昔から食材は皮に栄養があると言われており、これは小麦に関しても言えることです。食物繊維や鉄分、ビタミンB1が豊富に含まれており、お腹の調子を整えてくれます。繊維質が腸内で膨張することで老廃物を絡め取って、上手に排出してくれるのです。ダイエットはもちろんデトックスにもよいので、健康維持のために全粒粉を使用したパンを食しましょう。

動物性食品は食べても太らない

動物性食品は健康に悪いと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。食べすぎが悪いのであって、適度に食べる分には問題がないのです。注意したいポイントは動物性脂肪を摂りすぎないことであり、肉なら1日100g程度の摂取に抑えたいものです。豊富なタンパク質が含まれていますから、筋肉を増強するためにも役立つでしょう。

動物性食品を選ぶときは、なるべく脂肪分の少ないものを使用してください。あとは脂肪の燃焼力を高めるために黒酢や野菜ジュースなどを一緒に摂るとよいです。

食べる順番としては野菜を最初にするのがベストであり、これによって満腹感を促進して食べすぎを防ぐことができます。食べ方に工夫をすれば、太る食材でも肥満を防ぐことは可能なのです。

食べる順番にも気をつけよう

太らないためには食べる順番にも注意する必要があり、最初は野菜を食べるのが理想と言えます。とんかつやコロッケの付け合せとしてキャベツが盛られますが、これはキャベツを食べて脂肪吸収を抑えることが最大の目的です。野菜は低カロリーで満腹感を促してくれる食材なので、ダイエットに最適なのです。

野菜のあとにはおかずを食べて、それかがご飯という順番が好ましいでしょう。汁物を摂るタイミングは基本的に野菜と同じであり、おかずを食べる前がよいです。野菜を食べながら汁物を摂って、喉を潤してからおかずを食べると喉詰まりしにくくなります。

最初におかずを食べる習慣がある人は太りやすいので、野菜を最初に持ってきましょう。特にキャベツは肥満対策として最適であり、お腹の調子を整えるためにも役立ちます。

ヘルシーすぎはかえって太る?

ヘルシー食は身体によくて痩せるという印象があるでしょうが、ストレスを溜め込む食生活であるなら逆効果です。カロリーは満足感を得るために必須であり、グルメと言われるものは大抵が高カロリーでしょう。例えばコクは脂肪が作り出すものであり、こってりラーメンは総じて高カロリーです。

過度のヘルシー食はストレスを招き、あるとき暴飲暴食に走ってしまう可能性があります。人間の我慢には限界があり、我慢のピークに達すると逆に食べすぎを招くことになります。健康的に痩せるためには、食べたいものをある程度我慢しないことが大切です。

食べる順番にもこだわり、カロリーの吸収力を低下させながら食べることも大切です。キャベツや炭酸水などをうまく活用すれば、食べすぎを防ぐことができます。

低カロリーダイエットに成功するための食事とは

低カロリーダイエットで失敗しないためには、我慢をしないことが何より大切です。ダイエットに成功している人は必ずしも意志が強いわけではありません。

無理をしない方法を地道に続けているから痩せるのです。低カロリーダイエットの基本は、低カロリー食材の割合を増やすことであり、基本は野菜を1日350g以上摂ることでしょう。野菜を最初に食べることで、食べすぎを防ぐことができます。

炭酸水は食前に飲んでおくことで、暴飲暴食を予防できます。胃腸を元気にして代謝を上げる作用もあるので、食前に300ml程度を飲むとよいでしょう。毎食前に飲むと水分の摂りすぎになるので、高カロリー食の前だけでかまいません。カロリーを減らすだけでなく、吸収性を抑えたり、満腹感を促進したりする対策も効果的なのです。