洗浄力は高いのに優しく落とせるクレンジングクリームについて

メイクを落とす際に使用するクレンジングクリームですが、洗浄力の弱いものを使うとメイクをしっかり落としきることができず肌荒れの原因になってしまうことがあります。また、しっかりと落とすためにと強く擦ったり、洗浄力が高いけれど刺激も強いものを使用すると肌を傷める原因にもなってしまいます。

そこで、洗浄力は高いのに優しく落とせるクレンジングクリームというものがあれば嬉しいですよね。クレンジングクリームにも洗い流すタイプ、洗い流さないタイプ、拭き取るタイプなどさまざまなものがあり、敏感肌や脂症肌などお肌のタイプによってもおすすめのものも変わってきます。

ここでは、クレンジングクリームの選び方や正しい使い方、スキンケアの基本などをご紹介していきます。

様々な種類があるクレンジング剤

メイクを落とすためのクレンジング剤には様々なタイプがあります。クリームやジェル、オイルやローション、シートタイプなどテクスチャーや形状など様々なものがありますが、それぞれに特徴やメリットがあります。クリームやオイルは油分を多く含んでいるクレンジング剤ですので、濃いメイクをスッキリと落とすことが出来るのが特徴です。

ジェル状のタイプは多くの肌質に最適なテクスチャーで、一度のクレンジングで洗顔の効果も期待できるタイプが人気です。肌の上で温かくなるホットクレンジングが出来る製品は毛穴の汚れをスッキリ落とすことが出来るとして注目を集めています。

ローションタイプはコットンに含ませてふき取ることが出来るタイプで、疲れているときにも簡単に水を使わずにメイクを落とすことが出来て便利です。同じような使い方でシートタイプは外出先や旅行先でメイクを落としたい時に携帯すると便利です。

ローションタイプやシートタイプはダブル洗顔が不要なタイプがありますので、水を使うことが出来ないシチュエーションで重宝する製品です。洗浄力が欲しい時にはクレンジングクリームやオイルタイプ、軽めのメイクの時にはジェルタイプと使い分けるのがおすすめです。

クレンジングクリームと肌質

クレンジングクリームを使うことに興味を持っている人は少なくないのではないでしょうか。または、すでに使用しているという人も多いはずです。

クレンジングクリームを使うと決めた時には、自分の肌質としっかりと向き合っておくことが欠かせません。というのも、肌質に合わないものを使用していると、汚れをきちんと落とすことができない可能性があるからです。それに、肌荒れを起こしてしまう原因を作ってしまうこともあります。

クレンジングクリームを使うと良い肌質の人は、一般的には敏感肌の人であると言われることが珍しくありません。というのも、敏感肌の人は肌質が敏感であるために、刺激の少ない化粧品を使うことが向いていると言われています。

そのような時にクレンジングクリームを使用すると、肌を刺激することなく洗顔に集中することができるようになるのです。クレンジングクリームは、肌を保湿させることができる機能がある場合も少なくないために、洗っている時に肌の水分を取られずに済むようになります。

オイルタイプのクレンジング剤を使っていると肌がつっぱるのにも関わらず、クリームタイプのものを使っているとつっぱらなくなったと感じている人も少なくありません。

拭き取りタイプのクレンジングクリーム

メイク汚れを綺麗に落とすためには、メイクに使用しているファンデーションや化粧下地など油性分を多く配合している化粧品になじみやすい、油分を多く含むクレンジングクリームが特におすすめです。

クレンジングクリームには使用した後水でしっかり洗い流すことができるタイプも販売されていますが、水で洗い流せるタイプは界面活性剤などの洗浄成分が配合されている可能性が高いので、乾燥肌の方や肌に負担をかけたくないという方には向いていません。

そのため昔ながらのティッシュやコットンを利用して拭き取るタイプのクレンジングクリームが注目されています。コールドクリームと呼ばれることがあり、ボトルにたっぷり入っている特徴があるのでメイクオフをする際には、さくらんぼ大などたっぷりクリームを出して、マッサージを行いながらケアを行う事が出来ます。

油分を多く含むことから、そのまま水やぬるま湯で流そうとしても肌にぬるつきが残ってしまうため、あらかじめティッシュやコットンを利用して優しくクリームを除去し、その後洗顔料で汚れを綺麗に落として完了です。肌に適度な潤いが残ることから、洗顔後のつっぱり感がなく潤いの続くきれいな素肌を手に入れることが可能です。

クレンジングクリームと質

肌質が人と比べるとより敏感であるという人がいるのではないでしょうか。敏感肌であるという人は、化粧を落とす時に肌質に合ったクレンジングクリームを使用することが非常に大事になります。特に、クレンジングクリームを使う時にはクリームの厚みをきちんとチェックしておくことが欠かせません。

クレンジングクリームの厚みに関しては、それぞれの製品によって異なっています。肌が敏感であるという人にとっては、厚みがたっぷりとあるものが向いていると言えるのです。というのも、厚みがあるものであれば、肌をいたわるようにして化粧や汚れを落とすことができるからであると言えます。

厚みがあればあるほど、肌に刺激を与えずに洗うことが期待できるのです。それに、厚みのあるクレンジングクリームは、肌触りがとても優しいところも特徴となっています。優しく洗いたいと思っている敏感肌の人にとっては、最適であると言っても過言ではありません。

クレンジングクリームの厚みを確かめたいと思っている時には、まず指で触ってみると良いです。その後、気に入れば顔に使うと良いでしょう。顔は敏感な部分でもあるため、洗う時には手の力を抜いて指の腹を使って顔を洗うようにしておくと良いです。

脂性肌ならダブル洗顔不要のクレンジングクリーム

クレンジング後の洗顔によって皮脂がしっかり落とされてしまうと脂性肌にはよくありません。顔のベタつきなどが気になってさっぱりするまで洗ってしまいがちですが、それは間違いです。必要以上に皮脂を落としてしまうと皮脂の過剰分泌を促してしまい、さらにべたつく原因となります。

そのため、必要以上の皮脂を落とさないようにダブル洗顔不要のクレンジングクリームを選ぶようにしましょう。誤ったスキンケアを続けていると、肌が乾燥を防ごうと防御反応を起こしすことが原因かもしれません。加齢や体質・体調や季節によって肌の状態は変わります。

ダブル洗顔をしないことによって肌への負担が少なくなります。そもそも、クレンジングではメイクなどの油性の汚れを落とし、洗顔では皮脂や古い角質などを落とします。ダブル洗顔をしないことで必要以上の皮脂を落とさなくなり乾燥を防ぎます。

ダブル洗顔不要のクレンジングクリームには界面活性剤が成分の中に含まれていて、メイクなどの油性の汚れを皮脂汚れと同じ水性に変えることで洗顔が不要になる仕組みです。油性から水性に変えるためには「乳化」させることが重要です。

しっかりとメイクに馴染ませると油性のメイクを浮かせ水性に変えてくれます。このため、クレンジング後の洗顔が不要になります。濃いメイクやポイントメイクとしているときは先に落としておくと、メイク残りが少なくなります。

容液成分のあるクレンジングクリームでスキンケア

容液成分のあるクレンジングクリームを利用すると、スキンケアにも効果があります。クレンジングクリームにはオイルやジェル・クリームなどのいろいろなタイプがあり、洗浄力が強かったり刺激の強いものもあります。良質なクリームの特徴として、メイク落ちが良かったり、皮脂を落とし過ぎずにお肌の潤いをキープするなどがあるでしょう。

界面活性剤が比較的少なかったりお肌に負担が掛かりにくいものがおすすめで、自分のお肌の状態に合ったものを選ぶことによって効果をさらにアップすることができます。溶液成分のあるクレンジングクリームを使うと、特に敏感肌の人やお肌がカサつきがちな型にもおすすめです。

なるべくお肌を傷つけないような優しくクレンジングすることができるいわゆる洗い流すタイプを選ぶと良いでしょう。メイクと馴染ませた際のクリームの感触やクレンジング後の洗い上がりなどをポイントにして、自分好みの使い勝手の良いものを選ぶと美しいお肌を維持することが可能です。

クレンジングクリームの選び方として拭き取りタイプのものより洗い流すタイプを選んだ方が良く、使い心地や洗い心地などから自分好みのものを選ぶとスキンケアにも効果があります。

洗い流すタイプにあるメリット・デメリット

クレンジングクリームには洗い流すタイプがありますが、このタイプの場合どのようなメリットがあるのでしょうか。このタイプのメリットとしては、「優しくメイクを落とす事ができる」という点が挙げられます。

クレンジングクリームの場合、クレンジングをした後にコットンで拭き取るタイプもあります。拭き取るタイプの場合、クレンジング剤を落とす際は水で洗い流すのではなく、コットンで拭き取らなければいけません。

肌にクレンジング剤が残らないようにとコットンで強く拭き取ると、どうしても肌への負担となってしまいます。肌に優しく拭き取ったとしても、毎日の積み重ねによって肌へのダメージも蓄積されていくでしょう。

一方、洗い流すタイプのクレンジングクリームであれば、摩擦を最小限に抑えてメイクを落とす事が可能です。肌に優しいという点はダブル洗顔を必要とする、クレンジングクリームのメリットです。

ただメリットばかりではなく、洗い流すタイプでもデメリットは存在しています。もし、すすぎが十分でなくクレンジング剤が肌に残ったままだと、毛穴詰まりなどの肌トラブルを引き起こす要因となってしまいます。またダブル洗顔を行う事になるので、使用する洗顔料によっては肌がつっぱるといった乾燥を感じるかもしれません。

クレンジングクリームと特徴

クレンジングクリームと言っても、それぞれの製品によって特徴が異なっています。買う前に特徴を気にすると言う人も少なくないのではないでしょうか。例えば、クレンジングクリームによっては、洗い流さずに済むタイプのものがあります。洗い流す必要がないものについては、顔の汚れや化粧を取り除いた後にティッシュで拭き取りを行うことになります。

クレンジングクリームを顔に塗った後に拭き取るものに関しては、良い点とあまり良くない点があります。良い点としては、拭き取りをすることが可能であるために、洗い流す手間を省くことができるところが挙げられます。

ティッシュがあれば場所を問わずに顔をきれいにすることができるために、気楽に作業を行うことも可能です。それに加えて、洗い流す必要がないために、水道やシャワーを探す必要もありません。そのため、外出をする時に使用をすることも簡単になります。

一方で、クレンジングクリームを使っていると、汚れがきちんと取れたかどうかがわかりにくいという場合もあります。顔にクレンジングクリームを塗って汚れを取ったとしても、さっぱりとした仕上がりを体験しにくい点はデメリットとして知られているのです。

クレンジングクリームのテクスチャ

メイクを綺麗に落とす方法として、クリームタイプのクレンジング化粧品を利用する方は増えてきていますが、市販されているクレンジングクリームは様々なタイプがあるので、どの製品を利用すれば良いのかわからないという方は少なくありません。

市販されているクレンジングクリームの大半は、ボトルに入っているタイプからチューブタイプの二種類です。ボトルタイプはコールドクリームと呼ばれるタイプで、マッサージクリームとしても利用することができるので、一度に使用するクリームの量が多く、テクスチャも固めで顔全体にたっぷり使用してマッサージとメイクオフを行えるメリットがあります。

ただコールドクリームはぬるま湯や水で全て汚れを落とすことが出来ないため、ティッシュオフで油分をとった後洗顔料や洗顔石鹸を利用してW洗顔を行う必要があるため、短時間でお手入れを完了したいという方には向いていません。

チューブタイプのクレンジングクリームは、コールドクリームに比べてテクスチャも柔らかく、少量でも顔全体になじませることができるので、コストパフォーマンスが高いことが特徴です。またクリームタイプでも水ですっきり洗い流せるタイプもあるのでW洗顔が必要ない場合があります。

クレンジングクリーム選びの注意点

クレンジングクリームはメイクや皮脂、毛穴の汚れ等を落としてくれる役割を担っています。ただしクリームには大きく分けて洗い流さないタイプと、洗い流すタイプが存在しているので注意が必要です。もっともクレンジングクリームを使用する人の中には、肌が敏感でその敏感肌を気遣って使用している人が少なくありません。

なので出来るだけ肌に優しいクリームを使用したいと望んでいる人が、多かったりします。そんな風に肌への優しさを主眼に置いて選ぶ場合は、洗い流すタイプのクレンジングクリームを選ぶべきです。洗い流さないタイプのクリームは、洗う代わりにコットン等を用いて拭き取る必要が生じてしまいます。

拭き取る際に摩擦による刺激が生じてしまうので、肌に余計なダメージを与える恐れが高いです。しかも拭き取る際は丁寧に行わないとメイクやクレンジング剤、汚れ等が残ってしまい肌に悪影響を及ぼすリスクもあります。

その点、洗い流すタイプの方が綺麗にメイクや汚れを落とす事が可能です。しかも洗い流さないタイプ程に肌をゴシゴシと擦る必要はないので、肌に余計な刺激を与えなくて済む可能性が高いと言えます。肌の敏感さに悩んでいる人がクレンジングクリームを使用するなら、洗い流すタイプを選ぶべきです。

クレンジングクリームを安心して使う

クレンジングクリームを使っているときに、使用感にこだわりを持っている人は少なくありません。使い心地の良い製品を使い続けたいと思っている人は少なくないのではないでしょうか。そのような製品は、使いやすいだけではなくて、安心して使えるということも魅力となっています。

クレンジングクリームを使う時には、低刺激であるものを選ぶと安心して使用できる可能性が高くなります。クレンジングクリームと聞いた時に、保湿効果があるということをイメージする人は少なくありません。

しかし、保湿ができるからといって、顔に塗った時に刺激を感じないという訳ではないのです。製品によっては、顔に塗った時に刺激を感じてしまうものもあります。個人差があるのですが、刺激を感じるものを使用することは避けた方が賢明です。

安心して使用することができるクレンジングクリームを使っていると、洗っている時に肌がしっとりとするようになります。また、痛みを感じることは全くありません。肌をいたわるようにして洗うことができるので、不安になる必要もないのです。クレンジングクリームを買う時には、使用されている成分を事前に確認しておくと、肌の管理をしやすくなることが期待できます。

クレンジングクリームはプチプラで試すのがおすすめ

クレンジングクリームを使ってみたいものの、何を選んでよいかわからない、肌に合うか不安という方はプチプラのクレンジングクリームから試してみてはいかがでしょうか。プチプラのクレンジングクリームでしたら肌に合わなかった時にもそれほど痛手になりませんし、マッサージクリーム代わりに使うこともできます。

最近ではプチプラの化粧品でもかなり美容効果の高さを期待できるものが出てきており、メイクや毛穴の汚れをしっかりと落としながら肌にうるおいを与えたりシミやそばかすが気にならなくなるタイプもあります。

クレンジングクリームはプチプラのものの場合、1000円以下で購入することが出来ます。1000円以下の製品でも十分な美容効果は期待できますし、保湿成分が配合されていますのでかさつきや肌トラブルの不安もなく使うことが可能です。

プチプラのクレンジングクリームは、ドラッグストアやインターネット通販で購入することが出来ます。最近のプチプラの化粧品全般に言えることですが、以前のものと異なり使用感などもかなり良くなっています。いわれなければ値段が安い事に気が付かないほど高級な化粧品と遜色ない使い心地の製品もたくさんあります。

クレンジングクリームはどうやって使う?

クレンジングクリームは洗い流す使い方と拭き取る使い方の2種類があります。どちらの方法で使用するかによって正しい使い方が変わります。洗い流す場合は、アイメイクなどのポイントメイクを先に落とします。多少は残っていても大丈夫ですが、ゴシゴシ洗わないようにしましょう。使用する量は商品によって異なりますが、一般的には500円玉の大きさの量が目安とされています。

商品によっては手が濡れているときちんと汚れが落ち切らない場合があります。手が濡れていても使える商品でもなるべく手の水分を取ってから使用するようにすると、濡れている状態よりも汚れが落ちやすくなります。クリームを手に乗せたらすぐに顔につけるのではなく少し温めてから馴染ませると、クリームがやわらかくなりメイク馴染みが良くなります。

洗い流すときはぬるま湯で流しましょう。冷水ではクリームが固まって肌に残ってしまったり、熱湯では肌に刺激を与えてしまい乾燥などの肌トラブルにつながることがあります。拭き取るタイプのクレンジングクリームでもアイメイクなどのポイントメイクは先に落としておきましょう。

洗い流す場合と同様顔全体に馴染ませたら、ティッシュやコットンで余分なクリームを取ります。その後蒸しタオルを使いクリームを拭き取ります。擦らずに優しく抑えるように拭くと肌に刺激を与えずに落とすことができます。1度で落ちない場合は、タオルの面を変えて拭くようにして落とします。

クレンジングクリームと肌の管理

クレンジングクリームを使って化粧を洗い落とした後には、しっかりとした肌のケアを行なっておくことが大事です。というのも、クレンジングクリームを使って顔を洗い終わった後には、肌が乾燥していることが多いからです。クレンジングクリームを使って洗顔をした後には、肌が乾燥しがちになるという人も多いのではないでしょうか。

まず、化粧水を使って肌をしっとりと保湿させることが欠かせません。肌が乾燥している時には、ニキビができてしまったり肌荒れを起こしてしまう可能性が高くなります。そのような問題を防ぐためには、しっかりと保湿に力を入れておくべきなのです。

クレンジングクリームを使って顔を洗った後には、なるべく早く手入れを始めることも欠かせません。なるべく乾燥した状態の肌のままで時間を過ごさないことは、非常に大切なポイントでもあるのです。

それから、保湿をした後には乳液を使用して肌の水分を逃さないようにすることが大切になります。一般的に、使用している化粧水と乳液のブランドを揃えている人が少なくありません。乳液を塗った後には、好みに応じて美容液を塗ると肌をきれいに保って管理することができるようになります。美白タイプのものもあります。

クレンジングクリームの注意点

油分の多いクリームタイプのクレンジング化粧品は、ファンデーションや化粧下地に含まれている油分になじみやすいので、ゴシゴシ擦らなくてもスルッと汚れを落とすことができるメリットがあります。

顔全体にクリームをなじませて指の腹を利用してメイクをなじませてから、ぬるま湯を利用して洗い上げることで綺麗に汚れを落とすことは十分に可能なので、しっかりとメイクを落としたい時やポイントメイクを残さずに落としたい時などに役立ちます。

ただクレンジングクリームを利用する場合に注意しなくてはいけないことが、肌に油分が残りやすいことです。水で洗い流す時に油分が多いクリームはぬるま湯だけではきちんと洗い流されずに、肌に残りがちです。残った油分の層を取り除くためには洗顔料や洗顔石鹸を利用して汚れを除去する必要があります。

この時に洗顔料や洗顔石鹸は泡だてネットを利用してたっぷりの泡にしてから、泡を利用して顔全体をマッサージしてから洗い流します。無理に汚れを落とそうとゴシゴシこするのは、肌に負担をかける原因となるのできちんと泡立ててからW洗顔を行うように注意しましょう。洗顔後は肌が乾燥しやすいので、化粧水や乳液を利用して保湿ケアも重要です。