満腹になれる!じゃがいもダイエットによって得られる様々な効果

お腹やお尻、太ももや二の腕などの脂肪が気になりスタイルが悪く見えるので、痩せたいと考えている女性は世の中に多くいらっしゃいます。ただ痩せたいと言っても、どのような方法を選べば効率よく痩せられるのかほとんどの場合、分からないものです。そんな方におすすめしたいのが、じゃがいもダイエットと呼ばれるものです。

じゃがいもには豊富に炭水化物が多く含まれているので、効率よく痩せられないのではと思われるのではないでしょうか。実は、食べ方によっては逆に高い痩身効果があるという事が分かっているのです。そこで、ここからは絶対に痩せたいという方に目から鱗のじゃがいもダイエットの方法について詳しく紹介していきたいと思います。

ダイエットには正しい情報を得ることが大切です。

例えばじゃがいもは炭水化物が多く含まれていますので太りやすい食べ物と思っている人が少なからずいます。しかし、実際は全く逆です。確かにじゃがいもには炭水化物が含まれていますが、それ以外にもタンパク質やミネラル、ビタミン、食物繊維などもたくさん含まれています。

じゃがいもの特徴としていろいろな調理方法がありますので夕食の献立などに使い勝手がありますが、そうした万能野菜のイメージがダイエットに悪い印象を与えているようです。やはり炭水化物と聞いただけでダイエットに悪影響を与えるという先入観がありますので仕方のない面もあります。

しかし、そもそもじゃがいもに含まれるでんぷんは炭水化物と同じ働きをしますが、両者には大きな違いがあります。それはじゃがいものでんぷんは体内に取り込まれますとブドウ糖になりますが、消化されにくいという特徴がありますので胃や小腸を通過して直接大腸へ下りてきます。

そして大腸では善玉菌の餌になり、それが腸の働きを抑制することにつながりそのことによってダイエット効果が発揮されます。また血糖値が上がりにくい性質もありますのでダイエットにさらに効果があります。あと一つ重要なことは満腹中枢を刺激するペプチドが含まれていますので、これもダイエットに効果を発揮します。

じゃがいもで簡単置き換えダイエット

置き換えダイエットは、通常の食事一回分をダイエットに適した食材を摂りいれた食事に置き換えることでダイエット効果を得ることが目的の方法です。最近ダイエットのための食材としてじゃがいもが人気ですが、じゃがいもも置き換えダイエットには最適です。

加熱したじゃがいもを覚ました状態にすると、寄りダイエット効果が高まるというデータもありますので、置き換えダイエットをするためにはたまには覚ました状態で食べると空腹感に悩まされるのを解消することが出来ます。じゃがいもには炭水化物が含まれているため、ダイエットには向いていないのではないかという意見もありますが、豊富な食物繊維によって脂肪や糖の吸収を妨げる働きがありますし整腸作用がありますのでお通じを整えてくれる働きもあります。

成分の多くは炭水化物が占めるじゃがいもですが、ダイエットの為に役立つ食材ですので置き換えダイエットに積極的に採用するのがおすすめです。たとえば3食のうち1食を置き換えるだけでかなりのダイエット効果が期待できます。ごはんよりカロリーがひくく脂肪を貯めこみにくいうえに満腹感を得やすい食材ですので、つらい思いをすること無く快適にダイエットが可能です。

じゃがいもで無理のないダイエットを実践

じゃがいもを活用したダイエット方法は様々なメディアで紹介されています。
デンプンが多いので炭水化物を控えたい場合に問題視する人もいますが、実はカロリーは白飯の約半分です。白飯と同じ量のじゃがいもを食べた場合、白飯よりもカロリーが低く満腹感もあります。

エネルギー代謝をサポートするビタミンB1とビタミンB2を含むので、食べたら効率よくエネルギーになります。食物繊維が多いので、体の中にある不要な物質を体外へと排出でき便秘の解消にも役立てることができます。女性の中には短期間で痩せるために無理なダイエットをする人もいますが、無理なダイエットは健康にも肌にも悪くリバウンドの原因にもなります。

ゃがいもにはビタミンBやビタミンCをはじめカリウムやマグネシウム、鉄が豊富に含まれています。日本女性は鉄不足で貧血気味の人が多いので、食事から鉄を摂取することはとても大事です。微量元素を含むじゃがいもを使ったダイエットは、女性にとって重要な鉄やヨウ素、亜鉛などを効率よく摂取しながら痩せることが可能です。

栄養学におけるミネラルは、体内では作ることができないため食物から摂取する必要があります。ご飯に比べてカロリーが低くビタミンやミネラルが豊富なじゃがいもは、ダイエットにも適した食べ物です。

適切な方法で効果を高めよう

じゃがいもを使ってダイエットを行う方法はとても簡単です。食前に1~2個食べるだけという手軽さなので、逆にもっと他にすることはないのかと心配になるぐらいでしょう。

本番の食事の30分前ぐらいに食べる分を用意しましょう。皮の周りにダイエットに効果的な成分が豊富に含まれていますので、皮も丸ごと食べるのがポイントです。綺麗に洗ったものをサランラップに包んで電子レンジにかけるだけでも構いません。茹でると栄養分が流れ出てしまうので、できれば蒸すか電子レンジを使って加熱する方が無駄がありません。

急いで食べるのではなくて、しっかりよくかんで味わいながら食べましょう。満腹中枢に働きかけてくれるので、満足感が長続きして食事の際の食べすぎを防いでくれます。置き換えダイエットではありませんから、じゃがいもだけを食べ続けるわけではありません。

特に制限はありませんが、メインになる食事もなるべく栄養バランスを考えて、肉や魚、野菜を取り入れる事が大切です。量は食前に食べた分を加味して調整するようにして下さい。家庭でも取り入れやすい食材なので、皆と同じ食事をしながらダイエットができるのも魅力ですから、適切な方法で楽しく食べながら頑張りましょう。

食べすぎには気をつけよう

手に入りやすい食材で料理の仕方もたくさんあるじゃがいもを食前に食べるだけなので、すぐに取り入れることができます。普段からよく食べる機会があるので食べすぎになりやすく、あっという間にカロリーオーバーしてしまう事があるので注意しなくてはいけません。

効果が出やすいのは食前30分前ぐらいに1~2個食べることです。ミネラルやビタミンなどの栄養を少しでも無駄にしないようにするには、蒸すか電子レンジを使って加熱してシンプルにするとよいでしょう。味付けが物足りなくてマヨネーズやバターをのせたりしたくなるかもしれませんが、カロリーが大幅に増えてしまうのでできれば塩などあっさりとした食べ方を心がけて下さい。

蒸し器がなかったり、毎日その都度作るのが大変な時には茹でてスープなどの汁物にするのもおすすめです。この時もなるべく油分は控えめにして作ることで食べやすくダイエット向きになります。たくさん作り置きをしておきたいならマッシュ状にするのも便利です。食べる分ずつ小分けにして冷凍しておけば温めて出すだけなのでとても楽です。日々の全体の食事内容を見て、じゃがいもの分だけ炭水化物の取り過ぎにならないようメニューを組んでダイエットに取り組みましょう。

ご飯よりもカロリーが低くてヘルシーなじゃがいも

じゃがいもはデンプン質が多く炭水化物を避けている人が敬遠しがちな野菜のひとつですが、カロリーはご飯よりも低いです。じゃがいも100gとご飯100gのカロリーを比較すると、ご飯の方が約2倍もカロリーが高くなります。最近じゃがいもをダイエットに活用する人が増えているのは、意外と低カロリーでヘルシーだからです。

パンの3倍も腹持ちが良いので、食べすぎを防ぐことができます。主成分に難消化性デンプンが含まれているのも大きな特徴のひとつです。難消化性デンプンは糖として吸収されにくいデンプンです。血糖値が急激に上がるのを抑えて脂肪が蓄積するのを防いでくれます。じゃがいもはビタミンCを初めとするビタミンやミネラルも豊富で食物繊維も含まれています。

ダイエットではカロリーを控えめにすることも重要ですが、必要な栄養はしっかりと摂取する必要があります。じゃがいもを食べる場合、バターやマヨネーズをつけるとカロリーが高くなるので少量の塩やコショウで味付けします。先に食べるとお腹が膨らむのでダイエットに効果的です。難消化性デンプンは温めた後に冷やすと効果が倍になるので冷たいスープにしたりマヨネーズを使わないポテトサラダにすると美味しくて健康に良い料理になります。

じゃがいもは時期によって値段も安くなる

じゃがいもは季節によって値段が異なります。流通量が多くなれば、それだけ値段も安くなります。普通のじゃがいもは冬から春にかけて植え、秋に収穫します。新じゃがいもは、冬に植えたものが春先に収穫されて収穫された後はそのまま出荷されます。

もともとアンデス地方原産なので、涼しい気候を好みます。日本列島は南北に長くなっているため場所によって収穫時期が異なります。一般的なじゃがいもの旬は5月から6月くらいまでの時期と9月から11月までの時期です。

生産量が全国でトップの北海道は春植えなので旬の時期は秋になります。生産量が2北海道に次いで2位の長崎県は冬植えと夏植えを行うので旬は冬植えの場合が5月から6月で、夏植えが9月から11月頃です。関東の場合は、旬が5月から6月頃になります。

ダイエットにかける費用を安くするには、野菜の旬を上手に活用することが大事です。旬の野菜は栄養が豊富なので、健康はもちろん肌にも良い影響を与えます。じゃがいもはビタミンCが豊富で美肌効果も期待できます。デンプン質が多いためダイエット向きではないと考える人もいますが、実は炊いた白飯よりもカロリーが少なく腹持ちも良いためダイエットに向いている野菜のひとつです。

嬉しい効果がたくさんあります

じゃがいもに含まれる栄養素としてよく知られているでんぷんの中にはレジスタントスターチ、日本語で言うと難消化性でんぷんも含まれています。吸収され難い分だけ食後の血糖値も上がり難いので、ダイエットにもよいと言われています。それだけではなく、食物繊維にも似た働きをしてくれるので、普段お通じが気になっている方にも嬉しい効果をもたらしてくれます。

他にもいろんな栄養をバランスよく含んでいて、カリウムは余分な塩分の排出を促してくれるのでむくみの解消に役立ちます。また、加熱にも強く水に流れ難いビタミンCは代謝の向上に欠かせませんし、シミやシワ、美白対策にも効果的です。マグネシウムも代謝を向上させるのに一役買ってくれて、じゃがいも特有のポテトプロテインは満腹感を得られやすくしてくれるなど、豊富な栄養がダイエットをサポートしてくれます。

炭水化物はダイエットに大敵だと誰もが思っていますが、じゃがいもの場合は様々な栄養素が含まれているのでダイエットにも利用しやすい食材です。手に入りやすく毎日の生活にも取り入れやすいですから、美味しい食事を楽しみながら健康的に体重を減らしていくことができるので上手く活用しましょう。

じゃがいもと基礎代謝の関係

ダイエットを成功させるためには基礎代謝を上げることが大切です。基礎代謝を上げるためにトレーニングジムに通って筋肉を鍛えている女性が増えていますが、基礎代謝を上げるには臓器の機能を高めることも大事です。臓器を活性化するのに大切なのが毎日の食事です。

ダイエットをしている女性の中には必要な栄養を摂っていない人もいますが、栄養不足は体に悪影響を及ぼします。タンパク質やビタミン、ミネラルをしっかり摂りつつ効率のよいダイエットを行うことが大事です。じゃがいもには代謝に関わるビタミンBやビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンB1は糖質の代謝を助けて神経の機能を保ち、不足すると疲労や食欲不振の原因になります。ビタミンB2は脂肪の代謝を助け、ビタミンB6はタンパク質の代謝を助けます。ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す働きもあり、メラニン色素の生成も抑えてくれます。ビタミンCには強力な抗酸化力があり、老化を招く活性酸素から体を守ります。

じゃがいもを食べるとご飯やパンを食べた時よりも満腹感があるため、サラダなどと一緒にメインディッシュの前に食べると食べすぎを防ぐことができます。美味しく食べて基礎代謝を上げつつダイエットができるため、多くの女性が注目しています。

ダイエットで重要なのは基礎代謝を上げることです

ダイエットで重要なのは痩せるメカニズムを知ることです。摂取するエネルギーよりも利用するエネルギーを増やすことができれば痩せられます。ダイエットをして確実に痩せるためには、基礎代謝を高めることが大事です。基礎代謝は呼吸や体温調節など生命を維持するための基礎的な代謝です。

代謝には基礎代謝を含めて3種類あり、3つの代謝を高めることで摂取したカロリーを効率よく消費できます。摂取カロリーを消費することができれば確実に痩せられます。特にエネルギー代謝の7割を占める基礎代謝を高めれば、効率のよいダイエットが可能です。

基礎代謝を上げるには臓器の機能を高めることが大事です。肝臓などを活性化させるには、バランスのとれた食事が重要です。日本人は野菜不足の人が多くなっています。内臓を健やかに保つにはタンパク質はもちろん十分なビタミンとミネラルを摂取することが大事です。

炭水化物を極力摂取しない低炭水化物ダイエットを続ける人もいますが、低炭水化物ダイエットを続けると肝機能が低下することがあるので注意が必要です。無理なダイエットはリバウンドの原因になります。十分な栄養を摂取しつつ効率よくダイエットを実践することが大切です。

炭水化物を含むじゃがいもは脂肪を増やしません

炭水化物と言えば砂糖やブドウ糖などの糖質が挙げられますが、これらの炭水化物の場合には、食事として摂ることで血糖値が上昇して脂肪が増えやすくなると考えられます。これに対して炭水化物が多い食物であっても、じゃがいもの場合は逆に脂肪が溜まりにくく、ダイエットを考える場合にお勧めできる食材であると言うことができます。

じゃがいもに含まれる炭水化物はデンプンで、水分の多いじゃがいもの2割を占めると考えられます。これはレジスタントスターチという難消化性のデンプンで、ほとんど消化されずに小腸まで届きます。そして、このデンプンは満腹感を得やすいというだけでなく、糖の吸収を穏やかなものにして血糖値が急激に上昇することを抑制するので、それによって脂肪を溜まりにくくすることが可能になるはずです。

また、このデンプンは体に良いと言われる食物繊維と同じような働きをするため、大腸まで届いて善玉菌を増やすことになり、腸内環境を良くする効果が期待できます。そして、腸内環境が改善された場合は、血液がサラサラになって血行が良くなり新陳代謝も向上するので、それによって脂肪がたまりにくい健康的な体質になる可能性が高いと言えます。

炭水化物のとれるじゃがいも料理

肉じゃがはじゃがいも料理の中でも野菜と一緒に炭水化物とじゃがいもを摂取する事が出来るので、満腹感を得ることの出来る料理です。誰でも簡単に作れますし、全ての食材が長期保存できる物ばかりですので、ダイエットする時にはストックしておくと良いでしょう。

次にじゃがいもを使った料理で有名なのがカレーです。カレーには多くのじゃがいもを使用する事が出来るので、煮込み続けるとカレーに溶け込んでいき、多くのじゃがいもを食べる事ができます。メインの食材として食べる事が出来ますし、日持ちもするので、作り置きにもお薦めです。

また炭水化物を多く含む料理としてお勧めなのがポテトサラダです。電子レンジを使って作る事が出来るので、手間がかかりません。基本的にマヨネーズと和えるだけなので、料理が苦手な方にも簡単に作る事ができます。出来たての熱々のまま食べるのも美味しいですし、冷ましてから食べるのも美味しいので、二通りの方法で楽しむことが出来ます。

長期保存がきくので、大量に作っても大丈夫ですし、作り置きしておく事で、調理の手間を減らす事が出来るので、朝の忙しい時に食べたい料理としてはお勧めの一品と言えます。メイン食材として利用して、炭水化物を多く摂る料理を作りましょう。

じゃがいもダイエットの魅力的なメリット

じゃがいもダイエットには魅力的なメリットがあります。炭水化物なのでエネルギーを摂取でき、さらに栄養が豊富です。芋類の中ではビタミンCやカリウムを多く含みます。女性にとって重要な栄養素である葉酸も含まれています。
じゃがいもに含まれているビタミンCには強い抗酸化力があり、老化や病気の原因になる活性酸素から体を守ります。

コラーゲンの生成をサポートするので美肌効果も期待できます。ビタミンCは熱に弱いという性質を持ちますが、じゃがいもに含まれているビタミンCはデンプンに守られているため加熱して調理してもビタミンCの損失が少ないというメリットがあります。じゃがいもの主成分はデンプンですが、難消化性デンプンなのでカロリーは白飯よりも少なくなります。

ポテトプロテインという特有のタンパク質が含まれているので満腹指数も高いです。無理なダイエットはストレスがたまりますが、満腹指数が高い食品を使うことで空腹感によるストレスを感じることなくダイエットを実践することが可能です。じゃがいもは食物繊維が豊富なので、摂取すると腸内の有害物質を体の外へとスムーズに排出することができます。腸内環境を良好に保つことができるため、便秘の解消にも役立ちます。

美味しいので食べ過ぎてしまう

じゃがいもダイエットのデメリットは、美味しいのでついつい食べ過ぎてしまうということではないでしょうか。じゃがいもはとてもメジャーな食材で、日本だけではなく世界中で食べられています。日本でも和食を始めとして洋食や中華など様々な料理に使用されています。苦手という人の方が珍しいでしょう。
じゃがいもはカロリーが低い食材ですが、食べ過ぎてしまえば摂取カロリーは多くなってしまいます。食べ過ぎは当然ですが、ダイエットには逆効果です。じゃがいもダイエットの目的は全体の食事量を減らすことなので、食べる量はきちんとコントロールすることが重要になります。特に夜に炭水化物を食べると太りやすいので、少な目にするのがおすすめです。

また、調理法が色々あるといっても油で揚げたり、マヨネーズをかけてしまっては摂取カロリーはオーバーしてしまいます。フライドポテトやポテトサラダなどはとても美味しい料理ですが、ダイエットの時には向きません。蒸したり茹でるなどシンプルな料理の方がダイエットには適しています。
それからじゃがいもの芽にはソラニンという毒が含まれているので、調理をする前にはきちんと芽を取り除くといった手間がかかります。

じゃがいもで効果的に痩せる方法

じゃがいもに含まれる成分の大半は炭水化物ですので、ダイエットには不向きと考えられることがありますが、炭水化物の中でもエネルギーになりにくく整腸作用があり、満腹中枢に作用する効果が期待できる特徴があるため、じゃがいもはダイエットに最適な食材です。

ダイエットを成功させるポイントとしては、食事の前に皮ごと食べることで満腹中枢に働きかけて脂っぽい食事やパンやパスタ、ご飯などの炭水化物の吸収を妨げることが期待できます。気を付けたいポイントとしては、どちらも食べる量には注意が必要です。じゃがいもも通常の食事も食べすぎない程度にすることと、食事をする30分程度前にじゃがいもをたべることで満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きが期待できます。

又、料理に使う場合にはカレーやシチュー、サラダやポトフなどに利用できますが、なるべくじゃがいもの割合を増やして満腹感を得るのがポイントです。脂質の多い食材の代わりに使うことでカロリーをセーブすることが出来ます。加熱後に冷やしたものを食べるとより太りにくい成分に変化し、整腸作用や生活習慣病も防ぐことが出来ますので、付加したものを冷ましてから食べるようにするとダイエット効果が倍増します。