焦らない!ダイエットはゆっくりと時間をかけることが理想的

ダイエットをしたいと思う人の多くが、短期間で体重を減らしたいと考えるようです。そのため、激しい食事制限に挑む人が多くなるようです。ですが、急激に痩せると体に害を与える可能性もあるので、ゆっくりと時間をかけて体重を減らすよう心がけてみましょう。

早く結果を出したい?急がないほうがいい理由

1つの食品だけを食べ続けるダイエットや断食は、短期間で体重を落とすことができるので、多くの女性から支持されています。ですが、これらのダイエットは栄養価が偏りやすくなる上に、リバウンドへと繋がることもあるので注意が必要です。

栄養バランスの偏りは、基礎代謝の低下を招いてしまいます。その結果、腸内環境が悪化して便秘に悩むという人が多くなります。便秘は体に老廃物が溜まるだけではなく、せっかく体重が落ちたにも関わらず、ウエストだけ太くなる原因にもなるので気を付けましょう。

さらに代謝が落ちると、肌のターンオーバーの乱れにも繋がってしまいます。これによりニキビや毛穴の汚れ、肌のごわつきや透明感の低下などが起きやすくなります。

リバウンドを制するものはダイエットを制す!

ハードな食事制限をおこなうと、ダイエット中のストレスが非常に強くなってしまいます。この状態が長く続くと、コルチゾールというホルモンが多く分泌されてしまいます。

このコルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれ、値が高くなると血糖値を上昇させる作用があります。血糖値が高くなると、わずかな食事量でもそれを脂肪として蓄えようとするので、結果として太りやすい体質になってしまうので注意が必要です。

ストレスが爆発しドカ食いをしてしまうと、通常時よりも太りやすい状態で大量の食事をすることになるので気を付けましょう。これを避けるためには、食事の量を緩やかに減らしていくのがおすすめです。長いスパンを考えて、ダイエットに挑むようにしてみましょう。

目標は1か月で体重の5%じっくりと痩せよう

ダイエットを成功させるポイントの1つに、計画を立てることがあげられます。そうすることで、ダイエットのモチベーションを維持させながら、長い期間挑戦し続けることが可能になります。

ダイエットの計画で目標体重を定める時は、1か月に5%以内の体重減少を目安にするのがおすすめです。これは体重が60kgの人は3kg、50kgの人は2.5kgが目安になってきます。この数字は綺麗に体重を落としていく目安でもあり、これ以上の急激なダイエットは、健康を維持するために必要な栄養が不足する可能性があります。

さらに、強いストレスがかかってしまい、リバウンドに繋がる可能性があるので気を付けましょう。5%の減量は、生活習慣を正すことで達成できる数字でもあるので、失敗しにくいというメリットもあります。

減らした体重をキープすることがカギ

ダイエットと言うと体重を落とすことに意識がいきがちですが、ダイエットを成功させるコツは落ちた体重を維持することと言っても過言ではありません。ダイエット中は、いつもの食事と比較して摂取カロリーや栄養が少なくなっています。

ですので、私達の体は少ないカロリーを上手に利用しようと、積極的に脂肪を付けようと働きます。この状態でダイエットを終了し、いつもの食事量に戻してしまうと、あっという間に体重が戻ってしまう可能性があります。

それを防ぐためには、ダイエット中の食事が当たり前になるように、ゆっくりと体を慣らしていくことが大切になってきます。そうすることで痩せやすい体質にできる上に、リバウンドを防ぐことが期待できます。

ダイエット中よりもダイエットした後のことを考える

ダイエットには多くの情報ややり方がある上に、それをサポートするためのダイエット商品や運動アイテムが数多くあります。そのため、チャレンジしようと思ったら、いろいろな方法で減量に挑めるという特徴があります。

ですが、体重が減ったら、それをキープできるようにダイエット後のことも考えておくことが大切になります。ダイエットを終えた瞬間、体重が元に戻るという人が多くいます。これは、ダイエット中の生活が習慣として身につかなかったことが原因です。

そうならないように、健康的な食事や適度な運動、正しい生活習慣を維持するようにダイエットに挑むことが大切になってきます。さらに、ダイエット後も適度に食事を見直すことで、スタイルをキープすることが可能になります。

食の習慣をしっかり見直して改善しよう

ダイエットに挑戦するということは、普段の食事を見直す良い機会でもあります。何気なく食べている食事のカロリーや栄養素を意識し、改善するように工夫してみましょう。ダイエットで食事制限をすると食べる量が少なくなってしまい、便秘になることが多くあります。

これを防ぐためには、腸内環境を整える食品を食べるようにするのがおすすめです。ヨーグルトやドライフルーツ、ナッツ類や干し芋は、食べごたえや甘みのある食品なので、おやつとして食べることでダイエット中のストレス緩和も期待できます。

さらに、豆腐やこんにゃくなどカロリーが少ないものを多く食べることで便秘をさせることも期待できます。ダイエット中に意識してビタミンを摂取すれば、美肌にしつつ体重を落とすことも可能です。

食事に変化をつけて食事の時間を楽しもう

りんごやバナナ、豆腐やヨーグルトなど、1つの食品にこだわって食べ続ける単品ダイエットがあります。これは、摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、短期間で痩せることが期待できます。

ですが、食事内容が単調になってしまい、それがストレスになるので注意が必要です。ダイエットを成功させるためには、摂取カロリーを減らしつつ、楽しみながら食事ができるようにするのがおすすめです。食事の量を減らすためには、食べる前に水分を飲むのが効果的です。

満腹感を得られやすくなるため、自然に食事量を少なくすることができます。ダイエットの大敵である甘いものは、食べる時間帯に注意しましょう。寝る前の摂取は避け、午後3時に食べることで体に蓄積するのを防ぐことができます。

決まった時間に食べよう!規則正しい食事を

ダイエット中の食事はカロリー量だけではなく、食べる時間帯も気にすることが大切です。私達の体には、食事をすることで太りやすい時間帯と太りにくい時間帯があるからです。基本的に、寝る前の食事は避けるようにしましょう。

寝ている間は体を動かすことができず、摂取したカロリーが体に蓄積されやすくなるからです。1日の中で最も太りにくい時間帯は、午後3時ごろだと言われています。ですので、ダイエット中に甘いものが食べたくなったら、この時間に少量食べるようにしましょう。

痩せようと思って、食事の回数を2回に減らす人がいますが、これは体に良くありません。空腹の時間が長くなると、次に摂取したカロリーが体に脂肪として付きやすくなるからです。

ゆっくりよく噛んで食べるその効果とは

ダイエットで食事の量を減らしていると、満腹感が得られにくくなるというデメリットがあります。それをカバーするために、よく噛んで食べるように心がけてみましょう。

一口の食事で20回ほど噛むことを意識することで、食事の時間を長くすることができます。食事の時間が長くなると、少ない量でも満足しやすくなるのでおすすめです。さらに、アゴを動かすことで顔の筋肉を鍛える効果も得られます。

その結果、頬のたるみが目立たなくなったり、フェイスラインをシャープに整えることが期待できます。よく噛むというダイエット方法は、無理な食事減量の予防にも繋がります。さらに、手軽にすぐに試すことができるうえに、リバウンドもほとんどないのが魅力です。

ゆっくり食べはダイエット以外のメリットも

食事にゆっくりと時間をかけることは、ダイエット効果のほかにも多くのメリットがあります。まず注目したいのが虫歯を予防できることです。よく噛んで食事をすると、通常よりも多くの唾液が分泌されます。

唾液には、虫歯の原因となるミュータンス菌などが作る酸を薄めるという働きがあり、虫歯を予防してくれます。さらに、唾液の成分には雑菌の繁殖を防いだり、口やのどの粘膜を保護する働きもあります。

2つ目のメリットは、脳の活性化です。アゴを動かすことで筋肉が刺激され、血液の流れを促すことが期待できます。その結果、脳への血流が高まり、働きを活発にすることができます。さらによく噛んで顔の筋肉を動かせば、表情が柔らかくなりストレス緩和にも繋がります。