環境が変わる20歳からのダイエット!10代とは異なる身体の変化

多くの人が気になる体重。特に若い方は周りと比べて太っていたら、積極的にダイエットして良いスタイルを手に入れようとする傾向があります。

しかし人間は20歳代を過ぎると、少しずつ体の状態が変化していきます。そしてこの時に無理をしてしまうと、その後の人生にも大きな影響を及ぼす恐れがあります。そのため、体を思ったダイエットを行うことが重要になります。

大人の階段!20歳からのダイエットは体の声を聞こう

人間は生まれてから日々、心身ともに成長していきます。そして幼児期から小学生の間に向かえる「第一次成長期」、中学生ごろから向かえる「第二次成長期」を経て、20歳ころになると成人の体になっていきます。つまり、20歳ころはちょうど体の成長が終わり、少しずつ体の状態が安定する期間になります。

そこで20歳以降生活するうえで大切なのが、体の声をしっかりと聞くことです。成長期の頃は多少無理しても、回復力も高いためすぐに立ち直ることができます。しかし、20歳以降になると少しずつ回復力も落ちていくため、あまり無理をすることができません。

また20歳ごろは仕事を始める等、環境も大きく変化していきます。そのため、日々体の声を聞き、何事も無理をしないことが大切になっていきます。そしてそれはダイエットについても同様のことが言えます。

基礎代謝は10代がピーク!

まずダイエットで大切な要素として、基礎代謝が挙げられます。代謝が良いとエネルギーを生み出す力が強くなり、脂肪がたまりにくくなります。また、身体の不要なものも排出されやすくなるため、肌や腸内環境もきれいに整えることができます。

さてこの基礎代謝ですが、そのピークは10代前半に向かえ、その後徐々に低下していく傾向にあります。そもそも基礎代謝とは、安静時に使用されるエネルギーの量を指します。そして10代前半はちょうど体が大人に向けて大きく成長する第二次成長期が始まる頃にあたります。

つまり、体を成長させるために、より多くのエネルギーを使う期間になります。そのため、この頃が最も基礎代謝の量も増えているのです。基礎代謝は10代でピークを迎えるということは、20代の頃は既に低下に向かっているということになります。そのため、日ごろの生活や運動などによって、基礎代謝を少しでも落とさないようにすることが重要となっていきます。

筋肉量も20代から減っていく?

健康的に痩せるために重要な要素の一つとして筋肉量が挙げられます。筋肉量が多いと脂肪の燃焼も促進されやすく、代謝も良くなります。そのため、筋肉量はダイエットにおいて重要な要素となります。

しかし、この筋肉量も体が成長しきった20代をピークに、何もしていないと少しずつ減っていく傾向にあります。また、年齢を重ねると筋肉そのものが成長しにくくなっていきます。筋肉は本来、少し負荷を与えることで、回復する過程で筋肉の量が増加します。

しかし、年齢を重ねると筋肉の回復の力そのものが低下してしまうため、負荷を与えてから筋肉の量が増えるまでの間に時間がかかってしまうのです。そのため、筋肉の量も20代を超えると増えにくく、減少するスピードの方が上回ってしまう傾向にあります。

20代にはどんな特徴があるの?

20代の最大の特徴としては、身体と環境の大きな変化が挙げられます。人の多くは20代になると多くの変化を迎え、その後少しずつ安定につながる場合が多いためです。

20代になると第二次成長期も終わり、身体の成長が落ち着いていきます。すると基礎代謝や筋肉量はピークを迎え、その後特に何も対策をしていないと、その後は少しずつ減少へと向かっていきます。

一方、環境の大きな変化としては生活の変化が挙げられます。例えば会社に入社し、本格的に仕事を始めるといったことや、親元を離れて一人暮らしを始めるといったことが挙げられます。

すると、自分で自由に使えるお金や時間が増える反面、生活のスタイルも大きく変化します。そのため、人によっては生活習慣が乱れ、心身の不調につながる可能性が高くなります。

夜の外食の頻度が高い

20代の生活の特徴として挙げられるのが、外食の頻度です。20代になると、これまで以上に人とのつながりが増える傾向にあります。そのため、人付き合いのために外食をする頻度も高くなります。また、人によっては一人暮らしを始めたものの食事を作るのが大変で、外食に頼ってしまうという方もいます。

そして、特に注意すべきなのが、夜の外食の頻度が高いことです。夜は人付き合いのための飲み会や食事、そして少しでも楽するため、特に外食が増える傾向にあります。

しかし、夜仕事をする方は別ですが、昼間仕事をしている方の場合、夜はあまり活動をしないため、消費するカロリーの量も少ないです。そのため、夜吸収したカロリーが消費しきれず、脂肪につながってしまう恐れがあります。

また、外食の頻度が多いと栄養のバランスも偏りがちになります。特に特定のものだけを食べる偏食を行ってしまうと、身体を壊す原因にもなってしまいます。

朝ごはんをしっかり食べて基礎代謝を上げよう

ダイエットを行う上で大切なのが、朝ご飯をしっかり食べることです。20代の場合、時間がないなどの理由から朝食を抜く方も多いです。けれども、健康的に痩せるためには朝ご飯をしっかり食べることが重要になります。

朝はこれから活動するために必要なエネルギーを補給する重要な時になります。このときに朝ご飯を抜いてしまうと、身体は必要なエネルギーを十分補給できないため、少しでもエネルギーを温存しようとしてしまいます。逆に朝ご飯をしっかり食べ、必要なエネルギーを補給すると、そのエネルギーを燃やそうと基礎代謝も上昇します。

そして基礎代謝の増加は体の調子を整えるために重要な要素となります。そのため、体を動かすエネルギーは朝食からしっかりと補給することが大切になります。

20代におススメのダイエットは?

20代におススメのダイエットとして挙げられるのが、「目標を立てる」ことと「生活習慣を見直す」ことが挙げられます。

20代はある程度自由にお金や時間が使えるようになります。まず明確に目標を立てることで、その目標に向かって活動しやすくなります。また、目標を立てたら日々の食事や体重を記録に残し、モチベーションをつなげることも大切です。

そして20代で大切なのが、生活習慣を整えることです。20代は生活環境が大きく変化し、食生活や睡眠が乱れがちになります。だからこそ、食生活や睡眠を整えることでダイエットに繋ぐことができます。

食事は栄養バランスの取れたものを心掛け、特に朝食と昼食はしっかり食べるようにします。睡眠をしっかりと摂り、適度にリラックスする時間を作ることで、身体の状態を常にベストに保つよう心掛けます。これだけでも十分、ダイエットに繋ぐことが可能です。

運動より食事ダイエットがおススメ?

ダイエットの方法としてよく挙げられるのが、「運動をしてカロリーを消費する」方法と、「食事をして摂取するカロリーや栄養を調節する」方法になります。そして20代におススメなのが、「食事をして摂取するカロリーや栄養を調節する」方法になります。

20代は生活習慣の乱れから食生活も乱れがちになります。しかし食生活を見直し、バランスの良い食事を心掛けることで、ある程度改善することも可能です。具体的には、カロリーは1日に最低限必要な量は摂取しつつ、過剰に摂りすぎないようにします。野菜・肉・魚などをバランスよく食べることで、体内の環境を整え、健康的に痩せることが可能になります。

ただし、適度な運動は基礎代謝を増加させる効果があります。筋肉量や基礎代謝を維持するためにも、無理しない程度の運動は取り入れるのがおススメです。

ダイエットのポイントは?若さを武器にしよう!

20代でダイエットを行う際、大切なポイントが「目標を立てる」ことと「生活習慣を見直す」ことになります。

20代はお金や時間をある程度自由につかうことができます。そして、まだまだ思ったことを行動に移すだけの体力も十分にあります。そのため、明確な目標を立てることが大切になります。明確な目標を立て、それを実行に移すことで、ダイエットを成功に導くことができます。

また、20代は筋肉量や基礎代謝が低下していく時期にありますが、それでもまだまだピークに近い状態です。そのため、適度な運動やバランスの取れた食生活、適度な睡眠をとることにより体の状態を保つことで、健康的に痩せることができます。ダイエットを行う際は無理をせず、自分に合った方法で行うことで、十分な効果を得ることができます。

これはNG!20代のダイエットでやってはいけないこと

20代のダイエットで注意しなければならないのが、極端な食事制限や絶食になります。20代はまだまだ基礎代謝が高く、1日の活動量も多いため、多くのエネルギーを必要とします。けれども食べ物から十分にエネルギーを得られないと、身体はエネルギー不足になり、十分な活動ができなくなってしまいます。

そのため、必ず1日に必要な最低限のカロリーは必ず摂取するよう心掛けます。また、単食ダイエットも栄養が偏り、身体を壊す原因となるためできるだけ行わないようにします。そしてダイエットにおいて絶対に避けるべきなのが、食べることを恐れることです。

食べることや太ることを極端に恐れるようになると、太ることを恐れての拒食症に陥ることがあります。特に20代の場合はストレスや周りからの目を気にすることによって発症しやすいです。拒食症は、一度発症すると適切に治療を行っていく必要があります。まずは発症しないためにも、食べることを恐れないようにすることが大切です。