皮膚科で処方!ハイドロキノンの使用方法や料金について

非常に高い美白効果を持つハイドロキノンという成分があり、海外でもこのハイドロキノンを含むスキンケア商品は人気が高くなっています。気になる日焼けやシミなどを消すのに非常に高い効果を発揮してくれるハイドロキノンですが、副作用を起こす場合があり、使用には注意が必要となっています。

ハイドロキノンを使用するには、皮膚科で処方してもらう、または市販の美容液などを使うという方法がありますが、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?また、費用などはどれくらいかかるのかも気になりますよね。

ここでは、このようなハイドロキノンに関する情報と、紫外線トラブルやシミ、黒ずみなどにおすすめの商品をあわせてご紹介していきます。

ハイドロキノンという美白成分

ハイドロキノンは美白成分としてよく知られていますが、どのような成分なのかチェックしておくと良いでしょう。ハイドロキノンとは苺や麦芽、コーヒーなどに含まれる天然由来の成分であり、還元作用があると言われています。これは酸化を抑える作用のことであり、酸化というのは肌や体の老化の原因となっています。

そのため若々しい肌をキープしたいなら還元作用のある成分を摂り入れることがポイントです。ハイドロキノンにはメラニン色素を生成する酵素の働きを阻害するという効果があります。メラニン色素というのはシミの原因となるため、白い肌をキープしたいならできるだけ作られないようにする必要があるのです。

また、これからできるシミを予防するだけでなく、既にできてしまったシミにも効果を発揮してくれます。メラニン色素は紫外線などの刺激によって酸化され、黒くなるという性質を持っています。ハイドロキノンには還元作用によって酸化を還元する働きがありますし、メラニン色素を薄くする働きがあるということです。

しかし、この成分の効果が期待できるのは表面にできたシミのみであり、肌の奥深くに及んだ色素沈着には効果が期待できないと言われています。また、肝斑はさまざまな原因で発生しますが、原因によってはこの成分の効果が得られないこともあります。

ハイドロキノンには高い効果があります

美白成分にはさまざまなものがありますが、ハイドロキノンの美白効果は他の成分の約100倍とされています。一般的な美白成分は酵素の働きを抑えることでメラニン色素の生成を抑制するという仕組みです。しかし、ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑制するだけでなく、メラノサイトの働き自体を抑える効果やできてしまったシミに対しても効果を発揮してくれるのです。

ちなみに、メラニン色素というのはもともと肌を守るために作られるものです。肌というのは紫外線などさまざまなダメージを受けてしまいます。ダメージを受けると肌細胞が破壊されてしまうため、肌を守るためにメラニン色素が作られるということです。

メラニン色素の生成が過剰に抑制されると皮膚が紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいますし、皮膚がんなどのリスクが高まってしまうでしょう。そのようなリスクを避けたいという場合、濃度や使用期限を守ってハイドロキノンを使うことが大切です。

効果が出にくいという理由で安易に高濃度のハイドロキノンを使うのは避けた方が無難です。この成分はシミを薄くしてくれることはもちろん、そばかすや肝斑、ニキビ跡などにも効果があるとされています。

ハイドロキノンはとレチノインと併用しよう

シミの対策として有効成分にあげられるハイドロキノンは、漂白作用があるものです。一般的な美白化粧品には、アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などが配合されていることが多いですが、これらには漂白作用は有りません。

そのためシミの予防効果はありますが、出来てしまっているシミに関してはあまり効力を発揮できません。そこで漂白作用のあるハイドロキノンを使っていくと薄くしたり消したりできますが、美容皮膚科で濃度の比較的高い物を処方してもらうことができたら、一緒にトレチノインも処方してもらうと良いでしょう。

トレチノインは、ターンオーバ―の働きを向上させることが出来ます。年齢とともにこの効果は低下してしまいますので、古い角質がたまり、シミもできやすい状態になります。しかしトレチノインを使う事によって、ターンオーバーを矯正的に起こすことができるので、ハイドロキノンの漂白作用もさらに上がります。

また、トレチノインにはコラーゲンの生成を促すこともできるので、お肌にハリや弾力が感じられるようになりますし、最終的にうるおいのある肌、そしてハイドロキノンの効果でシミを薄くしたり消したりと言った効果も期待することが出来るでしょう。

ハイドロキノンを使うなら

年齢を重ねるごとにシミやくすみ、そばかすなどが気になってしまうことも多いでしょう。このような肌トラブルはきちんとケアしてもなかなか改善できないことがあります。白くて綺麗な肌を手に入れたいという場合、ハイドロキノンという成分を利用してみるのがおすすめです。

この成分は一般的な美白成分の10倍~100倍の効果があるとされていますが、値段が気になってしまう人もいるでしょう。効果が高い成分なので値段が高いというイメージを持っている人も多いかもしれません。皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう場合、保険が適用されません。これは治療目的ではなく美容目的で薬を処方してもらうためです。

保険を使うことができないので全額自己負担となりますし、結構値段が高くなってしまうこともあります。そのため皮膚科で処方して欲しい時はお金を少し多めに持っていくと安心です。保険が適用される薬の場合はどの皮膚科でも値段は同じとなります。しかし、保険が適用されない薬の場合、皮膚科ごとに値段が異なってくると知っておきましょう。

値段が違っても効果が異なってくるというわけではありません。どこで処方されても値段は変わりませんが、濃度についてはきちんとチェックしておきましょう。

皮膚科でハイドロキノンを

ハイドロキノンを皮膚科で処方してもらう場合、その値段について知っておくと良いでしょう。保険が適用されないため、皮膚科ごとに値段はそれぞれ異なっています。

自由診療で値段が違うと聞くと不安になってしまうかもしれません。しかし、相場は5gで2500円と言われており、そこまで大きく差があるというわけではありません。皮膚科で処方される5gのクリームは約1ヶ月分ですが、広範囲に使いたい場合はもっと早く無くなってしまうこともあります。

広範囲のケアに使いたい場合、まずは気になる部分のみに使ってみると良いでしょう。そして、肌への刺激をチェックしながら少しずつ範囲を広げていくのがポイントです。ハイドロキノン自体の値段は皮膚科ごとにそこまで変わるわけではありませんが、初診料や再診料、診察代などはかなり変わってきます。

ハイドロキノンの代金だけ払えば良いというわけではなく、ドクターに処方してもらうことになるため、必ず初診料や再診料がかかってしまいます。中には診察などがなく処方のみで薬を出してくれるという皮膚科もあります。

安いところは4000円程度で処方してもらえますし、気軽に利用することができるでしょう。しかし、ハイドロキノンと合わせて他の薬を処方する皮膚科の場合、かなり値段が高くなってしまうこともあります。

ハイドロキノンの処方

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど、高い美白効果がある成分です。元々は医師の処方がないと手に入れられない成分でしたが、2001年に規制が緩和されたことにより、化粧品に使用できるようになりました。現在ハイドロキノンで美白を考える場合、皮膚科などの医療機関で処方を受けるか、ハイドロキノン配合の市販化粧品を購入するのが一般的です。

ハイドロキノンは皮膚科などで処方を受けた方が、高濃度のものを入手できます。濃度が高ければ、肌の白さを実感できるまでの期間が短くなり、効果も高まるメリットがあります。しかし、ハイドロキノンは濃度が高ければ高いほど、肌への刺激も強くなるのが特徴です。医療機関では肌の状態などを見て、医師が使用しても大丈夫だと判断された場合に処方されます。

そのため、肌トラブルなどの心配がなく、何か異常が発生した場合はすぐに医師の診療を受けられる安心感があります。デメリットとしては、診療費などの料金もかかるため費用が割高になることです。肌が刺激に反応しやすい敏感肌の人は、そもそも処方を受けられない可能性があります。濃度が高いと刺激も強くなり、赤みや炎症などが生じる副作用に注意しなければいけません。

市販のハイドロキノン美容液で手軽に美白ケア

ハイドロキノンといえば、漂白作用がある強力な美白成分として有名です。効果の高さゆえに安全性や安定性が不安視されているという側面もあります。そのため、ハイドロキノン配合のスキンケアアイテムは一昔前までは皮膚科や美容クリニックなどから処方してもらわないと入手困難なものでした。しかし、今は違います。

メーカーの研究開発が進んだことで気軽に市販の美容液として購入することが出来るようになりました。安定性が保たれていて肌への刺激も少ない安全なハイドロキノン配合美容液はたくさんありますので、それぞれを比較して自分の肌質や肌の悩みや目的や理想やライフスタイルにぴったり合ったものを探してみましょう。

市販のハイドロキノン美容液は美容クリニックや皮膚科処方のものよりも安いので経済的な負担も軽減されますし、美容クリニックや皮膚科を受診しなくても手軽に購入することが出来るので物理的な負担も少なく続けやすいというのが魅力です。

皮膚科処方のものよりもハイドロキノンの濃度は低めですが、経済的にも物理的にも続けやすいというのが嬉しいポイントです。公式サイトにはまとめ買いや定期コースなどお得なサービスもたくさん用意されていますので、購入する前にホームページで確認しておくのがおすすめです。

安全性や安定性が保たれている美容液が人気

ハイドロキノンはシミを薄くしたり消したりする効果が期待できる漂白作用がある美白成分として注目されています。高い美白効果が期待できる反面、熱や光や酸素に弱く安定性や安全性が危惧されているため、化粧品として商品化するのが難しいという厄介な特徴がありました。しかし、今はメーカーの研究開発が進んだことでハイドロキノン美容液は手軽に購入することが出来るようになりました。

安定性や安全性もきちんとクリアされているので、安心してスキンケアに取り入れることが出来ます。女性誌などでも数多く取り上げられており、ハイドロキノンが高濃度で配合されているものや浸透力や保湿力が高いものや低刺激で肌に優しいものやハイドロキノンとの相乗効果が期待できる美白成分がたっぷりと配合されているものなどが人気です。

美容液の特徴やコンセプトや口コミなども女性誌に掲載されていることが多いので、美容液選びをする際にとても役立ちます。口コミは、テクスチャーや肌馴染みの良さや香りや他のスキンケアアイテムとの相性や効果のあらわれ方などの実際にその美容液を使用したことがある人にしかわからないリアルな情報が得られるので参考になります。

ハイドロキノン美容液を購入する際は女性誌もチェックしてみましょう。

ハイドロキノンの正しい使用法

ハイドロキノンは正しく使えば強力な美白効果を発揮しますが、誤った使い方をすると肌を傷め逆効果になるというリスクもあります。ハイドロキノンは日光に弱い性質を持っています。そのため直接日光に当たるとその性質が毒化し、肌への刺激となります。その結果色素が沈着し美白とは逆効果になってしまうわけです。

朝お出かけ前にハイドロキノンを使用する場合は必ず日焼け止めをつけ、3、4時間に一回は付け直して、紫外線から肌をまもるようにしてください。ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分ですので、使用期限はしっかり守ってください。残ったもの使用し続けるのは肌に刺激を与える可能性があり危険です。

ハイドロキノンの濃度は高いので必然的に肌への負担もかかります。肌トラブルのリスクも高まります。肌の漂白剤と言われるほど強力なものです。表れる反応は人それぞれですが、一般的に2パーセントから4パーセント程度の濃度が最適であるとされています。商品の指示をよく読みその通りに使うようにしましょう。

塗り方は、シミの部分だけに塗ります。まず、クリームをシミの上に置き、こすらないように伸ばします。塗ったところが何日か後に赤くなりますがこれは通常の現象です。

ハイドロキノンの注意点

シミやくすみを改善するためにハイドロキノンを使いたいという場合、副作用のリスクについても確認しておきましょう。副作用を避けたいなら注意点をしっかり守ることがポイントです。ハイドロキノンは肌への刺激が非常に強いと言われています。そのため肌の弱い人が使った場合、アレルギーや炎症などを引き起こすリスクがあります。

そのようなリスクを避けたいなら事前にパッチテストを行うようにしましょう。顔に副作用が起こったら治るまで大変ですし、まずは二の腕などに塗って肌の状態を確認してみるのがおすすめです。特に濃度4%以上のものは刺激が強いため、パッチテストをしっかり行う必要があります。ハイドロキノンは酸化しやすいという性質があるため、使用期限を守ることも重要です。

使用期限が過ぎると劣化してしまいますし、肌トラブルが発生しやすくなります。また、ハイドロキノンを使ったら逆にシミが濃くなってしまったという副作用も発生しています。この成分は紫外線に弱いという特徴があり、紫外線を大量に浴びてしまうと逆にシミを濃くしてしまうと言われています。

そのため基本的に日中は使用しないようにしましょう。また、使っている間は日焼け止めクリームなどできちんと紫外線対策を行うこともポイントです。ハイドロキノンは美白効果が高いのですが、濃度の高いものを長期間使用すると白斑が発生してしまうこともあります。そのため高濃度のものを長く使用するのは避けた方が良いでしょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは人気の高い美白成分であり、医薬品や化粧品などに配合されています。簡単にシミやくすみをケアすることができますが、使用する際には注意点をしっかり守りましょう。注意点を守っていないと効果が出なくなってしまうこともありますし、トラブルが発生してしまうこともあります。

ハイドロキノンは紫外線に弱いという特徴があるため、肌に塗っている間はきちんと紫外線対策を行う必要があるでしょう。一度に広範囲に使用すると紫外線対策が難しくなりますし、慣れるまでは狭い範囲で使用するのがおすすめです。ちなみに、夏などは汗で日焼け止めが落ちやすくなりますし、こまめな塗り直しが必要となります。

できるだけ涼しい季節にハイドロキノンを使用した方が良いかもしれません。ハイドロキノンは紫外線に当たると変化してしまいます。色素沈着が起こってしまうこともありますし、余計にシミが目立ってしまうこともあります。

妊娠中にハイドロキノンを使っても良いのか気になっている人もいるかもしれません。濃度の低いものなら使用しても問題ないとされていますが、基本的には使用しない方が良いでしょう。使用していて万が一何かが発生した場合、保証などもありません。また、妊娠中はホルモンバランスが変化するため、シミができやすくなることもあります。出産や授乳が終わってから美白に取り組むのがおすすめです。

ハイドロキノンが配合された商品の効果

お肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは、黒ずみや色素沈着だけでなくシミなどのお肌のトラブルを解消できる効果が期待できます。紫外線や外からの刺激によってメラニンが過剰に生成されるとシミや黒ずみなどのトラブルを引き起こしますが、その原因となるメラノサイトの働きを抑えてくれることで効果を発揮します。

皮膚科で処方してもらうことも可能ですが、現在では化粧品への配合も可能になっています。現在使用できる美白成分の中でも最も効果的な成分であると考えられていて、古くからある天然の成分から作られています。今まで美白成分と言っても、これからできるシミをできにくくするものが主でしたが、ハイドロキノンは今あるシミにアプローチして徐々にシミを薄くする効果が期待できます

。そのため、黒ずみやシミなどで悩んでいる方は、皮膚科で処方してもらうか、配合されている美白化粧品を使うことがおすすめです。商品によって配合量は異なってきますが、一般的に安全性が高いとされている配合率は1%~3%となります。

配合率が高いと肌への刺激が強く感じる可能性もあるので、自分に合った配合率の商品を使用することが大切です。皮膚科では肌の状態を見て、一般的な商品よりもさらに高濃度の商品を処方してもらえることもあります。

紫外線トラブルの解消には日焼け止めが最適

ハイドロキノンを使用する際には、紫外線対策を徹底することが必要になります。ハイドロキノンを使用時の紫外線トラブルを解消したい方におすすめの商品として、日焼け止めクリームが挙げられます。外出時には最低でもSPF30以上の日焼け止めクリームを塗っておくと紫外線対策になり、ハイドロキノンの副作用の防止につながります。

ハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすいので、夏場だけでなく秋や冬もUV対策をすることが必要です。冬場に外出する時もSPF30以上の日焼け止めを塗っておくことが必要で、屋内にいる時もSPF20以上の日焼け止めクリームを塗っておきます。

日焼け止めクリームを塗ることは非常に有効な紫外線対策になりますが、100%効果があるとは断言できません。期待できる効果には限界がありますので、炎天下の猛暑の中を外出する際にはハイドロキノンの使用を控えることが賢明で、夜間だけの使用にすることが望ましいです。そうすることで、確実なUV対策をすることができます。

日焼け止めクリームの使用と併用して、日傘を使用することもUV対策になります。ただし、日傘だけで完璧なUV対策をすることは不可能ですので、外出時には必ず日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

ハイドロキノンで色素沈着ケア

シミ以外でも、色素沈着や黒ずみと言ったシミの一種が出来てしまっていて気になる方は多いです。どこの部分が気になるかによっても対策は変わってきますが、今注目されているのがバストやデリケートゾーンの黒ずみや色素沈着です。特にバストの黒ずみは気になる女性は多いと言われています。

漂白作用のあるハイドロキノンは、濃度が高いとお肌へのダメージを与えてしまうこともありますが、濃度の低いもので配合されているなら安心して使えます。そのほかにもアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などは美白化粧品にも含まれている成分で安心して使っていく事が出来ます。

女性ホルモンに働きかける事が出来る成分が配合されている美白系のクリームもありますし、気になる部分に使っていく事で色素沈着している所を改善することも出来ます。

ドラッグストアなどで売られていることもありますが、最近では通販専売品として公式サイトから申し込んで手に入れる事が出来る物も増えています。ある程度の期間使い続けていかないと効果を実感できないこともありますので、定期便などでよりお得に購入することをおすすめします。定期便の場合にはほとんどのケースで割引が適用になります。

ハイドロキノンの皮膚科処方と市販品との違い

ハイドロキノンはその効果の強さから配合率が高い製品は皮膚科処方でないと入手できませんAmazon等で高い配合量の商品も売っていますが品質保証がはっきりしていない事を考えるとお勧めはできません。もし輸入品で問題が起きた場合には自分で対処しなければなりませんがその責任の所在は曖昧です。

皮膚科処方のものを選ぶかハイドロキノン配合の化粧品を選ぶかの二択になります。診察に手間がかかり保険適用外医薬品なので皮膚科処方だと高額になりますが品質には絶対の安心感があります。

クリニックによって様々です。クリニック内で調合したもの、海外からの直輸入品を使っている場合もあり、価格帯は比較的高く、1万円という場合もありますが高濃度なため高い効果も期待できます。皮膚科の他美容外科でも処方しています。

一方で化粧品は安価で入手しやすい、継続して長く続けやすいというメリットがあります。ハイドロキノンクリームが自分に合ったものかどうかまずは試してみるためには低濃度のものから始めて安全性を試し、刺激とならないかを確認するいいでしょう。多くの化粧品会社でお試しセットを販売していますので安価なスターターセットにチャレンジしてみる事もお勧めです。