目の疾病を予防しよう!ゼアキサンチン

目はとても大切で、視力が失われてしまうと生活するうえで大変なことも多くなってきます。失明するとやる気を失ってしまう人も多く、目の病気の予防を行うことは大切です。

ゼアキサンチンは、目の病気に対して有効性が期待できるだけでなく老化を予防するうえでも注目されている成分です。

目に効く!ゼアキサンチンとは?

ゼアキサンチンという言葉は、聞きなれないという人もいるでしょう。目にとって重要と言われるのは、ルテインのほうが多いからです。人の目にとってどちらも大変重要な成分であり、どちらかが減少してしまうと目の不調が出る恐れがあります。

眼球の奥に位置する網膜などの黄斑部にあるゼアキサンチンは、カロテノイドの一種です。カルテノイドというのは天然の色素の総称で緑黄色野菜の濃い色素がこれにあたり、トマトやニンジン、パプリカなどの赤色や黄色などのほか、甲殻類の赤色などもカロテノイドです。

機能性色素ともいわれ、強力な抗酸化力があって活性酸素を除去する役割に優れています。ゼアキサンチンは黄色や橙の色素成分で、脂溶性であることが分かっています。キサントフィル類に分類され、ゼアキサンチンは目の中で様々な機能があり、守る働きをしてくれてる成分です。

ゼアキサンチンはどんな効果と効能を持ってる?

強力な抗酸化作用が最も重要で、目が健康的に維持されていくために欠かせない存在です。活性酸素が大量に増えてしまい目の機能が衰え、老化が進むと起こり得る病気を予防してくれたり機能の回復や、衰え防止としてもゼアキサンチンは欠かせない存在です。

目が酸化しやすいのは、光が目の中に入ることでいろんなものを見ているためで、紫外線などが酸化をすすめてしまいます。

加齢により長年酷使したりすると目が見えにくくなるのも、年齢とともにゼアキサンチンが減る傾向にあるためで、十分な量が確保されていれば活性酸素を除去するため、老化が遅れ目の機能を長く保つことが可能です。

紫外線や活性酸素の影響で発症することがある、黄斑変性症を予防する効果も期待できます。

対となる存在のゼアキサンチンとルテインの関係性って?

ルテインもゼアキサンチンと同じ黄斑部周辺に存在しており、目を守る役割を果たしています。水晶体にもありますが、強力な抗酸化作用があって、紫外線を吸収し目の細胞がダメージを受けることを防いでくれる成分です。

ルテインが存在しないとゼアキサンチンが減ってしまい、目を守ることができなくなってしまいます。

同じような成分であってもルテインもゼアキサンチンが同時に存在していないと、太陽の光や紫外線、テレビやパソコンの光、ブルーライトなどの刺激が直接目の網膜などの細胞を傷つけてしまい、黄斑変性症以外でも白内障を起こしやすくなったりします。

どちらも十分に目の中に存在することができれば、予防になるだけでなく物がはっきりとみえるようになったりするなど、目の健康にとって切っても切れない重要な関係性です。

ルテインとは一体ナニ?

ルテインも抗酸化作用を持つカルテノイドの一種であり、黄色の色素です。自然界ではマリーゴールドの花弁にあることが知られており、緑黄色野菜のホウレンソウやカボチャ、ニンジンなどにもあることが分かっています。

紫外線やブルーライトを吸収し目を守ることからサングラスの役割をしているとたとえられるほどで、目を保護するためには欠かせない存在です。ルテインは目の黄斑部や水晶体以外の場所にも存在していて、皮膚や大腸などに存在し体の活性酸素除去に役立っています。

特に目の中で活躍する成分であり、加齢とともに少なくなると有害な光から目を守ることができなくなってしまい、高齢者に起きやすい目の病気が発症しやすくなる可能性を高めてしまいます。

ゼアキサンチンはルテインから作られる物質

ルテインが体から失われてしまうとゼアキサンチンもなくなっていってしまうのは、ゼアキサンチンがルテインから作られているからです。ルテインが体内に入って代謝されることで生み出されるのがゼアキサンチンで、もともとは同じでも構造が違う化合物になり、ゼアキサンチンは目にとって大切な黄斑部を守るためにこの部分に蓄えられていきます。

似ている効果があるルテインだけでは目を守るために不十分であるのは、ゼアキサンチンが最も抗酸化力に優れた成分であるためで、あらゆる病気から目を守るためには、ルテインからゼアキサンチンが作られる必要性があります。

年齢を重ねるとだんだんと機能が衰える分作られる量が減っていてしまうことが問題で、対応していかなければなりません。

ゼアキサンチンとルテインはどのように目に働くのか?

ルテインが体内に入ってゼアキサンチンとなり、両方が目の中に存在することで、抗酸化作用が働いたり、光から守るだけでなく抗炎症作用も強まります。

目は炎症が起きやすい部分で、汚れた手でこすったり触ったりするだけでなく、汚れたメガネがまつ毛に触ったり、コンタクトを不衛生のまま使い続けたりすることでも起きてしまいます。

目の炎症は、ゼアキサンチンとルテインの力によって、悪化を防ぎ回復へ導かれていますが、もし目の中にある成分量が少なくなってしまえば、炎症が悪化して最悪の場合、失明につながる恐れがある怖い症状です。

水晶体が活性酸素によって濁ってきてしまう白内障も、ゼアキサンチンとルテインの量が十分に足りていれば活性酸素が除去されやすくなるので、年齢を重ねてから発症するリスクを低減させることが可能になります。

食品やサプリメントから摂取できるゼアキサンチン

目の中のゼアキサンチンが少ないかもしれないと心配になる人は、外から補う方法があって食べたり飲んだりすることで、体内にある成分量を増やすことが可能です。緑黄色野菜の中でもパプリカが優れた量を保有しており、赤く色が濃いものほど摂取量が増える期待が持てます。

ほかにもホウレンソウやトウモロコシなど身近な食材に含まれていて、マンゴーやパパイヤなどのフルーツからも得られるため、野菜が苦手な人でも簡単に補うことができます。

ゼアキサンチンのサプリメントが販売されていますし、藻類の仲間であるスピルリナにもたくさん含まれています。

学校ではミドリムシとして習った生き物の仲間であり、たんぱく質の豊富さビタミンやミネラル、食物繊維などがバランスよくとれることからサプリメントとして販売されているため、スピルリナのサプリメントからゼアキサンチンを得ることも可能です。

ゼアキサンチンを摂れるおすすめのレシピ!

脂溶性であるゼアキサンチンは、油に溶け込む性質があるため体内の吸収率を高めたいときには、油と一緒にとることが大切です。赤や黄色のパプリカを使って、油いためをつくればとても簡単ですが、色合いやボリュームを考えると、鶏肉や豚肉をプラスしたり、ゴーヤを入れて作るとよいでしょう。

生でパプリカを食べたい場合でも、サラダを作ったら亜麻仁油やオリーブオイルなどをかけ、よく噛んで食べるようにすれば問題ありません。スムージーにした場合も同様で、油を足して飲むようにしましょう。

トウモロコシは油と相性が良く、いろんなレシピがあります。チャーハンに入れたり野菜炒めに入れても香ばしくおいしくしてくれますし、てんぷらでかき揚げを作るときにトウモロコシを入れるのもよい方法です。

ゼアキサンチンの1日の摂取目安量

アメリカでゼアキサンチンをとる量によって疾患率に差が出るか調べられた結果、1日の摂取量は6mgくらいが適量だと考えられています。ゼアキサンチンのサプリメントであれば、簡単に摂取量の調整が可能ですが、野菜からだとなかなか分量を把握することが難しくなります。

毎日パプリカばかりを食べるわけにはいかないので、緑黄色野菜やフルーツにゼアキサンチンが含まれているものがあることを理解して、毎日の食事に取り入れて食べない日がないようにすることが先決です。

無理に取り入れるようにすると続かなくなる可能性があるので、工夫しながら目の健康を守っていきましょう。

予防やリスクを下げるために、ゼアキサンチンをとるようにすることはよいことですが、すでに目に違和感があったり発症している可能性がある人は、医師の診断を受けて適切な治療に取り組むことが必要です。

ゼアキサンチンはどんな研究がなされている?

黄斑変性症の患者など、目の疾患にかかっている人の食事内容を調べ、どれくらいゼアキサンチンの摂取があったか、また、多量に摂取した人と少量の人でどんな差があるのか研究が行われたことで1日の摂取量が6mgほどあったほうが良いと導き出されたように、いろんな研究が続けられています。

白内障は失明原因のトップであり、高齢者の多くが患ってしまう疾患で、80歳までにはほとんどの人が水晶体が濁ってくるといわれているほどです。徐々に濁ってくると気が付かない人もいて、悪化させてしまうことが多く、予防や改善により効果的にゼアキサンチンが働くためにはどうすればいいか研究が続けられています。

ゼアキサンチンとルテインを一緒に取るべきだと考えられていて、その割合も重要視されています。