目的別で選ぶ!おすすめの青汁

健康食品の代表ともいえる青汁ですが、昔は苦くてまずい飲み物というイメージがあり、健康に良いことは知られていましたが、あまり広く浸透していませんでした。

しかし、近年は青汁と言ってもその種類は様々で中には非常に飲みやすい種類もありますので非常におすすめの健康飲料と言えるでしょう。

思わず迷う!青汁の豊富な種類

青汁と聞くと1種類しかないようなイメージがあるかもしれませんが、実は青汁と一言で言ってもその種類は非常に多く、細かく見ていくとどれを選べばよいのか迷ってしまうほど豊富なバリエーションとなっています。

一般的に最も良く知られているのがケールと呼ばれる野菜から作られる青汁がありますが、これが最も青汁のイメージとしては強いのではないでしょうか。ケールは独特の青臭さや苦みが特徴的で、味わいとしても青汁のイメージに最も近いものとなっています。

ケールの青汁が最も有名ですが、その他にも様々な種類がありポピュラーな種類としてはケールに加えて大麦若葉の青汁と明日葉の青汁があり一般的にはこの3つ代表的な青汁となっています。

しかし、その他にもヨモギの青汁や緑茶の青汁、ゴーヤ、青じそ、レモン、豆乳、海藻といったあまり聞きなれない青汁もあり、その種類は非常に豊富となっています。

青汁って美味しいの?青汁のおすすめポイント

青汁と聞くと青臭くて強い苦みがあるイメージですが、テレビ番組の罰ゲームなどで不味いという事は耳にしたことがあるかもしれませんが、実際に青汁を飲んだことがあるという方は少ないのではないでしょうか。

では、実際のところ青汁は美味しいのかと言うと、確かにジュースのような飲みやすさとは言えませんが、一般的なイメージほど飲みにくい青汁ばかりではありません。中には健康効果を維持したまま飲みやすさにも着目して作られているものもありますので、毎日飲むことも苦にならない健康飲料と言えるでしょう。

また、青汁には普通の食生活では不足しがちな栄養素がバランスよく含まれていますので、それだけでも1日に必要な栄養素が摂取できるとあれば、多少飲みにくいと感じても毎日飲み続ける価値は非常に高いと言えるでしょう。

毎日飲むのにおすすめの青汁は?

近年の青汁は昔よくテレビで目にした罰ゲームのような苦い飲み物ではなく、栄養価はそのままの状態で飲みやすさを改良したものが数多く登場しています。とは言っても青汁の代表的なケールの青汁は、人によっては飲みにくいと感じて毎日飲み続けるには少し辛いかもしれません。

しかし、青汁は毎日飲み続けてこそ効果があるものですので、やはり毎日飲み続けても苦にならない青汁を選んだ方が良いでしょう。飲みやすさを考えて選ぶのであれば青汁の代表的な種類の中で言えば、大麦若葉と明日葉の青汁はケールよりも臭みがなく比較的飲みやすい青汁と言えるでしょう。

他にも豆乳の青汁はまろやかな甘さが加わりますので飲みやすいですし、レモンなどのフルーツを加えた青汁はさっぱりとした飲みやすさが特徴の青汁になっています。

青汁はコスパで選ぼう!

青汁は非常に栄養価の高い健康飲料ではありますが、これは1日だけ飲めば良いというものではなく、毎日飲み続けなければ意味がないものでもあります。その為、一時的に高価な青汁を購入して短期間だけ飲むのであれば、安価なものでも継続して飲み続けることの方が健康面でも有効であると言えます。

また、長期的にと言う期間に対しても何か月や何年といった決まりもなく、極端な話をすると一生涯にわたり飲み続けるぐらいの気持ちで飲んだ方が良いです。その為、この先も飲み続けることができるコストパフォーマンスのものを選ぶことも、青汁選びとしては非常に重要なポイントとなってきます。

もちろん、あまりにも安すぎて良く分からない成分が含まれていては、かえって健康を害す恐れがありますので避けた方が良いですが、安心できる青汁の中でコストも安く済む青汁を選ぶようにしてください。

青汁がまずいという常識を覆すフルーツ青汁

青汁と言えばまずいというイメージが強い健康飲料ですが、そんな青汁のイメージを覆す青汁が近年注目を集めています。それがフルーツを配合した青汁で、一般的な青汁のような苦くて青臭いといった味わいがほとんどなく、フルーツが持つスッキリとした味わいや、中にはほんのりとした甘みが感じられる青汁まであります。

中に80種類以上の酵素が含まれているものや、乳酸菌が含まれているものもありますので、健康効果だけではなく美容効果も期待できるものが多くあるのも特徴の一つとなっています。

フルーツ青汁は飲みやすさだけではなく、当然青汁が持つ栄養価や健康効果も一般的な青汁に引けを取らないものとなっていますので、野菜が苦手という方であっても毎日飲み続けていく上で非常に抵抗なく取り入れることができるようになっています。

青汁の効果はどれも一緒なのか?

そもそも青汁と聞くと1種類だけだと思っていた方が多いことでしょう。その為、様々な種類があること自体も初めて知ったという方は多いかと思いますが、そこで疑問に感じるのは種類によって得られる健康効果にも違いがあるのかという事ではないでしょうか。

当然、含まれる成分が異なりますので、体にもたらす健康効果というものも違いが生まれます。例えば青汁の代表であるケールには豊富なビタミンAとカルシウムが含まれていて、特に各種ビタミンに関しては他の緑黄色野菜よりも含有量が多くなっていますので栄養価は群を抜いて高いです。

同じく青汁の代表的な存在の大麦若葉ですが、これにはベータカロチンやビタミンB1、ビタミンC、葉酸、カルシウム、カリウム、マグネシウムといった成分が含まれていて、特に高い抗酸化作用を誇っています。

他にも血圧を低下させる効果を持つ青汁やコレステロールを低下させる青汁、さらにはダイエットに効果的な青汁などそれぞれの種類が異なる効果を持っています。

成分によって美容にいい青汁もある

青汁には様々な種類があり、それぞれの種類によって使用されている食材が異なりますので、当然健康効果にも違いが生まれますが、含まれている成分によっては女性には嬉しい美容効果を持つ青汁も存在しています。

例えば明日葉の青汁は春野菜の王者とも呼ばれるほど栄養価が高い野菜ですが、中でも便秘解消効果と利尿作用に非常に優れている為、体に溜まった毒素を体外へと排出させるデトックス効果があります。また血液の流れも改善することができますので、そういった意味でもデトックス効果が高い青汁と言えます。

豆乳の青汁も女性には嬉しい効果があります。と言うのも豆乳には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれていますので、女性らしい肌やスタイルを手に入れることができます。

この効果は当然豆乳単体でもありますが、ビタミンやミネラルなども一緒に摂取した方がより高い美容効果を得ることができますので、そういった意味でも豆乳の青汁は美容に最適な青汁となっています。

青汁は水で溶かす以外の飲み方も選べる

青汁の基本的な飲み方は水に溶かして飲むものですが、決して水でなければいけないということはなく、他のものに混ぜて飲むこともできますので、バリエーションを多くしておけば毎日飲むことも苦ではなくなります。

例えば牛乳に混ぜて飲むことで、青汁独特の苦みや青臭さが消されてまろやかな味わいにすることができますし、果汁100%のジュースに混ぜて飲めば甘さなども加えることができますので、小さなお子さんでも飲みやすいものにする事ができます。

また飲み物だけではなく、固形物に混ぜて食事として食べる方法もあります。例えばヨーグルトやシリアルなどに混ぜて食べる方法も飲むだけでは飽きてしまった方には良い方法ではないでしょうか。

主に青汁は何の成分が入っている?

青汁には様々な種類がありますので、その種類によっては栄養素などが異なりますが、それでもどの青汁であっても共通の栄養素というものも数多く含まれています。

青汁の栄養成分を大きく分けるとビタミンとミネラル、食物繊維の3つに分けることができます。例えばビタミンCは美肌や美白などの効果を持っていてい、過剰摂取になる事もありませんので、積極的に摂取したい成分です。

他にもビタミンB1が疲労回復、ビタミンB6がホルモンバランスを整える効果があります。ミネラルも不足してしまうと体に負担がかかりますので、人間が生きていく上では欠かすことのできない栄養素となっています。

食物繊維は脂質やコレステロールなど、余分に摂取した栄養素を体外へと排出させる働きがありますので、腸内環境を整える為にも欠かすことのできない栄養素です。この他にも様々な栄養素が青汁には含まれていて、どの成分も人間が生きていく上では欠かすことのできない栄養素となっています。

青汁を飲むべき人はこんな人

青汁は様々な栄養素がバランスよく含まれていますので、多くの方が飲んだ方が良い健康飲料ですが、中でも特に青汁が向いている方と言うのはどのような特徴があるのでしょうか見ていきましょう。

まず、普段の食生活が乱れがちな方は栄養バランスを整えるといった意味で飲んだ方が良いでしょう。また野菜が苦手という方も自分が飲みやすいと感じる青汁を見つけて毎日の食生活に取り入れると栄養補給ができるでしょう。

その他にも様々な方に適しているのですが、その理由は青汁には様々な種類があり、それぞれに違った効果がありますので、例えば美容効果を得たい方やダイエット効果が得たい方、血圧が高めもしくは低めの方などにおすすめです。

ほかにも風邪をひきやすい方、更年期障害で悩まれている方など様々な症状に適した青汁の種類がありますので、逆に青汁が向かない方はいないと言っても過言ではないほど、様々な健康効果をもたらしてくれます。