短い足を長くするには?マッサージ方法や美脚に見える見せ方について

美しさへの飽くなき追求は長い歴史の中でも女性にとって常に意識され続けてきたテーマで有り、どの時代においても求められている永遠のテーマであるとも言えます。

綺麗になりたいと願っている女性にとって、自分の身体の中でもっと美しくなりたいと考えたり気になる部分に自分の脚を挙げる人は非常に数多くいます。足のむくみや余分な脂肪が気になって脚やせをしたいと考えている女性や、短いコンプレックスを解消して足を長くする方法を探している女性も少なくないのです。

自分の足にコンプレックスを持っているために、お洒落な服を選んだりヒールの高い綺麗な靴を履けない女性もいます。短く感じる足を長くすることによって、コンプレックスを解消できるだけで無く新しいお洒落を楽しむ事が出来るようになるのです。

長くないのなら長くみせる

脚が長いと、何といっても見栄えがすることがメリットだといえます。すらっと長い脚に憧れるという方も多いでしょう。しかし日本人はそこまで脚が長いとは言い難く、脚の短さに悩む方も多いようです。

SNSを見ると、「脚が短いから、新しく買ったパンツの裾を大幅に切ることになった」というものや、脚が短いのを気にしているから加工アプリを使用して脚を長くみせている、というような書き込みがあります。

確かに、脚の長さを変えることは簡単ではありません。しかし、少しの工夫で脚を長くみせることはできます。例えば、写真を撮るときは脚をクロスして立つと脚が長く見えます。よく見ると、脚が長いといわれるモデルの方もこのようにして撮影していたりします。

そして服にも気をつけましょう。ブーツカットのジーンズは脚を長く見せてくれます。裾が広がっているので、ヒールのある靴を合わせやすいところもポイントです。また、ボトムの色を揃えることによっても脚長効果があります。

例えば、タイツとブーツを黒に揃えると脚長効果があるのです。夏の場合は、素足にベージュのサンダルでも効果が期待できます。このように脚を長くみせるコツはたくさんあります。色々と実践してみましょう。

足を長くするにはO脚チェックも忘れずに

多くの女性が憧れる美脚ですが日本人の7割が自分の足に自信がないと悩んでいます。また、O脚も日本人に多い足の形ですが、まず大切なことは自分がO脚なのかどうかセルフチェックをすることです。

セルフチェックの方法は2つあって1つ目は膝の曲がり方をチェックする方法です。最初に両足のかかとの間に拳1個分程度の隙間を空けてまっすぐに立ちます。その状態で人差し指の中心から15度程度外側に向けて、背筋を伸ばして正面を向きます。

膝を曲げて腰を少し落として、膝が正面を向いて曲がっていれば正常ですが、外側に向いて開いた状態で曲がっていたらO脚です。

次に靴底の減り方でチェックする方法ですが、これは普段よく履いている靴底のかかと部分の減り方で確認をするもので、ヒールなどではなくスニーカーなどの靴で確認してください。かかとの外側がすり減っているようならO脚の可能性があります。

この2つのチェック方法は自宅で簡単にできるので、チェックをしてみて自分がO脚だった場合には歪みを正常にする方法もあるので改善しましょう。足が外側に向いて膨らんでいる場合には、それを伸ばせばスタイルが良く見えるだけでなく、足を長くすることも可能なので一石二鳥です。

骨盤の矯正に効果的なストレッチ方法

O脚の原因は、骨盤の歪みが原因の一つとして考えられます。姿勢の悪さや歩き方のくせなどが骨盤の歪みにつながります。O脚を改善のためには、凝り固まった筋肉を柔らかくし骨盤を正しい位置に戻していくことが必要です。

四つん這いになり、息を吸いながらみぞおち周辺をゆっくり持ち上げた状態を15秒ほどキープします。息をゆっくり吐き背中をそらし15秒ほどキープさせます。このストレッチで骨盤を前後に動かすことができ、骨盤周辺の筋肉をほぐしていくことができます。

また、骨盤を閉じるように意識しながら行うことがポイントです。内側の太ももを締めるストレッチも効果があります。横向きに寝て両膝の間にタオルを挟みます。タオルが落ちないように両膝を近づけるようにして力を入れることがポイントです。

そのままタオルを挟んだ状態で足を持ち上げ5秒ほどキープします。寝転ぶ向きを変えて反対側も同じ手順で行います。1日5回から10回ほど行いましょう。内側の太ももが鍛えられることで足がまっすぐになっていきます。

かかととつま先を合わせた状態で正座するストレッチはテレビを見ていてもできます。かかととつま先を揃えることを意識して正座をします。正座は太ももの筋肉を適度にストレッチすることに効果的です。

お風呂につかりながらでもできます。この動作を1分ほど行うと骨盤の歪みやねじれに効果的です。

足を長く見せる筋トレ

女性でも男性でも長くてスリムな足に憧れを持つ人は多いかと思いますが、これは骨の長さの問題なので自宅で簡単なトレーニングを下だけでは実際に長く伸ばすことはできません。しかし、自宅で行えるトレーニングによって見た目から感じる長さを伸ばすことは可能です。

これは下半身の筋肉を鍛えてフォルムを整えることで長くするという方法で、要するに上半身と下半身のバランス、特に足の長さを感じさせるシルエットラインに変化があると、周囲の人に与える印象がより洗練されたものになるということです。

その方法は下半身の強化なので太ももの内側にある「内転筋」を鍛える方法です。膝やもも周りを引き締めることで真っ直ぐとした長くて綺麗なシルエットになります。具体的なやり方は、通常のスクワットのように両足を開いて行うのではなく閉じたままで行います。

その姿勢からスタートして内転筋に力を入れて膝と膝を近づけます。両膝を密着させながらゆっくりと腰を沈めていって膝の角度が90度になるまで腰を落としたら、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

これを10回1セットとして1日2セットから3セット程度行うと効果的です。ただし注意点は勢いや反動をつけてしまうと効果が半減するので動作はゆっくりと、そして膝が前に出過ぎると膝を痛める恐れがあるので前に出ないように注意してください。

足を長くする方法

足を長くするにはむくみを解消するのもひとつの方法です。太ももが太い場合は脚が短く見えることがありますが、むくみがあると足全体が太く見えて短くみえてしまいます。下半身のむくみを解消するにはふくらはぎがポイントで、ふくらはぎのポンプの役割を活性化させることが必要です。

足を長くするには、むくみを解消する体操を行います。やり方は、仰向けに寝て両手両足を上にあげてブラブラさせます。その際に少し速いテンポでブラブラさせることがポイントです。ツボを押して、むくみを解消することもできます。

ツボを押す際には強すぎず弱すぎず、気持ち良い程度の強さで押すことで、しっかりと老廃物などを排出することができます。やり方は、ひざ下からあし首まで上からふくらはぎを指圧し、3秒かけて息を吐きながら押して3秒かけて息を吸いながら力を抜きます。

リンパマッサージもむくみ解消には効果的です。脚の裏全体を両手の親指で押したり、ふくらはぎをあし首から膝の裏のリンパ節に向かうように左右の手で交互にさすり、ふくらはぎの内側と外側をマッサージしたり、脚の甲やお尻、太ももなどもリンパマッサージをすることで、むくみを解消することができて足を長くすることが期待できます。

モデルウォークで脚を長くする

ファッションモデルは美しい長い脚をしている人が多いですが、より足を長くきれいに見せているのはその歩き方にもあるとされています。

ファッションショーなどで登場するモデルの歩き方をモデルウォークを呼びますが、カッコよく美しい歩き方であることはもちろん、こうした歩き方を続けることで身体のバランスを整えるのにも役立つとのことです。

脚が実際よりも短く見える原因としては、姿勢が悪いこともあげられますしO脚やX脚などの足の歪みも脚を短く見せることにつながります。

それゆえ姿勢を正し脚の歪みを取り除くことは脚が長く見えることにつながりますので姿勢が良くない人や歩き方に問題があると感じる人は歩き方を変えてみてはいかがでしょうか。

モデルウォークのポイントは、まずは重心を腰におくイメージを持つことです。そして歩くときはかかとに力を入れてしまいがちという人も多いですが、歩くときはかかとにできるだけ体重をかけないよう注意します。

さらに脚の内側がこすれるイメージを持つとより簡単にモデルウォークに近づくことができますので、こちらも意識してみましょう。このほかでは接地している脚はなるべく曲げないことです。初心者はバランスが取りにくいこともありますが、爪先を真っすぐにするかやや外側にするとバランスが取りやすいのでこちらも意識してみましょう。

座り方を改善しよう

足を長くする方法のひとつとして、座り方の改善があります。モデルが歩いているときのように綺麗に足を見せるのは、実は座り方から買えなくてはいけないのです。座っているときは特にダラダラと座ってしまう傾向にあります。

身体に負担をかける座り方をずっと続けていると、脚が太くなってしまうだけでなく、むくみやО脚などの原因にもなってしまいます。さらに、周囲の人にもスマートな印象を与えませんので損をすることしかないのです。

では、どのように座るのがいいのでしょうか。コツとしては、背もたれを使わないで浅く座ることです。少なくとも背もたれによっかからないようにするだけで姿勢がよく見えて足が長く見えるのです。

そして、脚と合施策を揃えることも重要です。右か左に倒すのも品があっていいですね。もしも自分で改善することに限界を感じるのであれば、整体やカイロプラクテイックに通って体を修正してもらうとよいでしょう。

特に、毎日スマホやパソコンを使っている人は専門家に姿勢を修正してもらうことをおすすめします。客観的にあなたの姿勢を見てもらえば、どうすればば足を長くすることができるのかが理解できます。現在の座り方がいいか悪いかも身てもらいましょう。

骨盤の歪みは簡単な動作で確認できます

足を長くするには筋トレやエクササイズなどの方法が効果的なのですが、その前に骨盤の歪みをチェックすることが大事なのをご存知でしょうか。左右の長さが違うのは骨盤の歪みが原因であることが多く、歪みを改善しない限り色々なストレッチ方法を試しても改善が見られないことが多いです。

骨盤の歪みは比較的簡単にチェックすることができ、足踏みするだけでもわかりますよ。目を閉じてその場で50回くらい行い、目を開けたときにどれくらい最初の位置から動いていたかでチェックすることができます。

最初の位置より右側にずれていた場合は右側の骨盤が歪んでいる可能性があり、左側に移動していた場合は左側の骨盤がずれている可能性が高いです。同様に前側に移動していた場合は前側に、後ろに移動していた場合は後ろ側に骨盤が歪んでいることが疑われます。

片足立ちでもチェックすることができ、15秒間静止できなかったり静止できても左右でやりやすさが違う場合、姿勢を保ちにくい側の骨盤が歪んでいる可能性が高いです。両足の開き具合を見るだけでも骨盤の歪みはわかり、力を抜いた状態で長座の姿勢になって両つま先が同じ角度かをチェックするだけです。

通常は足がV字になるのですが、開きすぎていたり閉じすぎている場合、その方の側の骨盤が歪んでいることが考えられます。

太ももをスッキリさせるエクササイズは

女性はスカートなどで足を露出する機会が多くなりますので、太ももは何かと気になる部位だといえるでしょう。太ももが太いと身体全体のシルエットが太めに見えます。太ももをスッキリさせることは、美脚づくりのための重要なポイントです。

足を長く見せたい人は太ももをスッキリさせるエクササイズに取り組んでみましょう。太ももに効果的なエクササイズとしては、スクワットがあげられます。スクワットは腰を落として膝の曲げ伸ばしを行う運動であり、太ももを中心とした下半身全体を引き締める効果があります。

足を肩幅程度に開いて、胸の前か頭の後ろで腕を組みます。膝をゆっくりと曲げて重心を下げ、太ももが床と水平になったら元の姿勢へと戻してください。この時に勢いをつけて反動で曲げ伸ばしをすると、膝を痛めてしまう可能性があります。焦らずにゆっくり行うようにしましょう。

スクワット以外には仰向けに寝て下半身を上向きにに持ち上げるエクササイズや、さらに下半身を上に持ち上げた状態から足を左右に大きく開くエクササイズ、また仰向けに寝た状態で下半身を持ち上げて自転車をこぐように足を回転させるエクササイズなども、太ももの引き締めには効果的です。

無理のない範囲内でチャレンジしてみてください。

足を長く見せるには

足を長く見せるには服の着こなしも大切です。着こなしによってボディラインがガラッと変わってしまう印象を与えられるのですから、足の長さも着こなしで与える印象が変わります。コツは体を細く見せる事で、逆に体が太く見えてしまうと足も短く見えてしまいます。

パンツと靴の色を合わせ、同色かそれに近い色で揃えると縦のラインが強調されて足長に見えます。トップスには着丈の短いものを着ましょう。服で体型を隠そうとしてロングコートにすると逆に胴の長さが目立ってしまいます。

上下を単色でまとめるとシンプルでスッキリして見えます。単色がおかしい場合には同系統色にしてみるといいでしょう。それからスカートは短めにする事がお勧めです。長いスカートで誤魔化してしまうより思い切って膝上まで出してしまった方が長く見えます。

服のサイズはきちんとフィットさせる事です。大き過ぎるサイズは体を太く見せます。スキニーパンツはお勧めで、ラインをはっきりとさせる事でほっそりとした体型に見えます。ただ、似合わないと逆効果になりかねないので自分の体型とイメージに合ったトータルコーディネートが必要です。

スキニーとヒールの組合せは効果的です。ヒールは最も直接的に足を長く見せる方法ですが、甲の大きい物を履くとさらに長く見せられます。

小顔の人は脚が長く見える

脚を長く見せるには、体全体のバランスを考えることが大切です。いくら脚が細くても、顔に無駄なお肉がたくさんついていたり、むくんでパンパンになっていたら、その女性のことをバランスのとれた美しいスタイルだと思いますか。

人の印象って、体の一部分だけを見て決まるわけじゃないですよね。全体のバランスで決まるのです。ですから、脚を長く見せたいと思うなら、他の部分もそれに見合った体型にする事で、自然と脚も長く見えてきます。

そのために一番手っ取り早い方法は、小顔になる事です。顔が大きく見える原因のほとんどが、むくみからくるものなので、正しいマッサージ法を身につけて、むくみを撃退しましょう。

顔のマッサージを始める前に、まず首回りをほぐして血流を良くしておきましょう。耳の後ろから鎖骨までを上から下に向かってマッサージします。

顔のマッサージは力加減に注意してください。目の周りなど肌の柔らかい部分は撫でるくらいで十分です。額や頬、口周りと顎それぞれほぐすように丁寧にマッサージしましょう。忘れがちなのが鼻周りです。鼻の溝を指の腹で押しながらマッサージします。

手で行う以外にも、グッズを使うのも効果的ですね。ローラーやマスクなどを使って理想の小顔を手に入れ、脚を長く見せましょう。

足を長くするには全身のダイエットが必要

足を長く見せるには足を細くしたり、上半身だけダイエットして上半身と下半身の比率で細く見せる方法がありますが、やはり綺麗なスタイルで美脚に見せる為には全身をバランスよく痩せる方が良いでしょう。

そして、全身のダイエットと聞くと真っ先に思い浮かぶのは食事制限かもしれませんが、食事制限と言われても具体的に何をすれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

一般的な食事制限は摂取カロリーを抑えることに終始しますが、確かに摂取カロリーを抑えることは重要だが、それだけでは不十分だということも理解しておく必要があります。

そもそも人間は毎日必要な栄養素がいくつも存在しているので、闇雲にカロリー制限だけを行うと必要な栄養素まで摂取できなくなって栄養不足に陥る恐れがあります。

すると体は自分で栄養の消費やエネルギーの消費を極力抑えた体に変化して、少ない摂取カロリーでもどんどんとエネルギーを蓄える、つまり太りやすい体へと変化します。

なので重要なことは摂取カロリーは抑えるが、栄養素は高い食事を心がけることです。最も効果的で簡単な食事と言えば緑黄色野菜を中心とした食生活です。緑黄色野菜ならカロリーを抑えることができて、尚且つ人間が必要な栄養素も豊富なので、ダイエットにおける食事制限は野菜中心にした食事を心がけるようにしてください。

足を長くする簡単グッズ

足を簡単に長くするためにとても役立つグッズがあります。足が太って短く見える理由は、むくんでパンパンだったり、余計な脂肪がつきすぎているのが原因なことが多いので、まずそれを改善できるグッズを身に着けるとよいでしょう。

むくみに効くのは着圧効果のある履くだけで効果のあるソックスです。血行をよくして、要らない老廃物やたまった水分を流してくれ、むくみを改善してくれます。夜履いておくと、朝にはすっきりしていますよ。

骨盤ケアが出来るグッズも、効果的です。骨盤がゆがんでいると、正しい姿勢が取れずに足が短く見えてしまいます。骨盤を正しい位置に矯正すると、下半身の血流がよくなります。また、足を長くするために運動したいけれど、中々時間が取れなかったり、三日坊主になってしまう人にはマッサージできる器具もお勧めです。

マッサージを丁寧に行えば、セルライトを壊したり、もみほぐすことが出来、簡単に改善効果が期待できます。超音波振動を利用して効果的にむくみを取るマッサージ機も安価な値段で販売されています。

飲むだけで内側から足を長くする効果があるサプリも有効です。身体の内側からもしっかりケアしたいという方にはとても有効です。

ヒール靴を履くことで生まれる美脚効果

足の長さはそのままでも、よりキレイに細く色っぽく見せることは可能です。そのために使えるアイテムがハイヒールの靴です。実際にはいて後ろ姿を見ればわかりますが、高いヒールを履くと、まず自然とおしりが上がり、腰の位置が高く見えます。

そして、足首に力が入ることにより、ぺたんこ靴を履いているときより、足首がしまりやすいです。ヒールは、ないと気分もがだらけてしまいやすく、結果としてO脚になったまま歩いているひとは少なくありません。

10センチごえなどハードルの高いものでなくても、少し高めのヒールがあるものを履くだけでも、後ろ姿の印象をグッと女性らしくすることが可能です。そしてもちろん、5センチのヒールなら5センチ足を長く出来ますし、10センチのヒールなら、実際かなりの足長効果があります。

長さを実際に変える効果と、おしりとその下の筋肉の緊張からしまって見える効果によって、同じひとでも印象はかなり変わってきます。また、ハイヒールで歩くこと自体が負荷がある分歩くのに体力と筋力を必要としますから、一種の筋トレになりますので、美脚効果が高いアイテムと言えます。

履き慣れていくとより美脚になれる可能性があります。

足を長くするためにできること

脚が長いと色々な服が似合います。それに数センチの違いですがかっこよくなったり美しくなったりします。そうなるための方法を3つ紹介します。まずは、運動や筋トレが必要です。運動していると成長ホルモンがたくさん分泌されるからです。

身体全体をまんべんなくトレーニングするのは、成長期の運動のし過ぎがあります。つまり適度な運動をすると成長ホルモンも分泌され、身長を伸ばすことにもつながります。ですが、脚の筋肉ばかりがつくような運動をしてしまうとバランスが崩れ脚長にわなれません。

2つ目は、生活スタイルにあります。O脚を治すには、基本的になるべく椅子に座る生活をするのが1番いいです。3つ目は、食事です。消化に時間がかかる食べ物ばかりだと人間の腸は、なんとか消化させようと長くなります。

短い腸だと消化しきれない場合があります。腸が長くなるので必要的に脚が長くなってくるとゆうことです。なので肉食が主食の方は、脚が長い人が多いです。お肉は、消化するのはあまり時間がかからないので長い腸も必要がないからです。

他にもお尻をあがることで脚を長く見せることや、脚を引き締めて長く見せるなどすぐにできることもあるので一度ためしてみては、どうでしょうか。