短期間で痩せたいならファスティングダイエットが効果的!

ファスティングとは断食を表す言葉であり、ファスティングダイエットとはその言葉通り、断食によって痩せる方法です。何も食べなければ痩せるのは当然ですが、それ以外にも様々な効果があるということで注目を集めています。

ファスティングダイエットとは

ファスティングダイエットでは決められた数日間において食事を断つダイエット方法です。完全に何も食べないという場合もありますが、固形物を何も食べないという方法もあるので意外にもそれほどハードルは高くありません。

野菜ジュースやスムージー、酵素ドリンクなど固形物でなくてもお腹を満たせる食品は割と多く、それらを摂取して後は何も食べないという方法もあります。人間の体には常に一定の蓄えがあるので、少しの間なら断食してもそれほど影響が出ません。

それどころか、日頃負担の大きい胃腸を休めたり、体内の酵素を温存できるなどといった健康効果も期待できます。長期にわたって行う必要はなく、週末だけ断食するという方法もあります。

ファスティングダイエットにはどの程度の効果がある?

ファスティングダイエットでは摂取カロリーが極めて少なくなるので、高いダイエット効果があります。断食後に食べ過ぎないようにすることと断食中の水分補給にさえ気を付けておけば、誰でも安定したダイエット効果を得ることが可能です。ただ、ファスティングダイエットの魅力はそれだけではありません。

日頃、食物を摂取していることは体には大きな負担を与えています。断食により、その負担から胃や腸を休ませることができます。また、体の中から分泌される消化酵素を節約することで代謝酵素を増やし、免疫力の向上や基礎代謝の向上など様々な効果が発生します。食べていなくても食べている時より元気ということも十分に起こり得ると言えます。

ファスティングダイエットは胃腸に休息を与える!

ファスティングダイエットの1つの大きなメリットが胃腸に休息を与えられることです。1日に3食食べている時には食事と食事の間隔が6時間前後しかありません。そこに間食が加わると尚更胃腸の負担は大きくなります。そこでファスティングを行うことで胃腸を休めることは非常に重要です。

完全に何も食べないのではなく、野菜ジュースや酵素ドリンクを飲むだけという状態でも胃腸を休めることができます。日頃の胃腸が忙しく働いている状況では上手く排泄されていない老廃物が、この期間に排泄される可能性もあります。これもファスティングダイエットが効率的である理由の1つであり、単に食べていないから痩せるというだけには留まらない効果があります。

ファスティングダイエットによって代謝アップ

人間の体の中には食べ物を消化吸収するための消化酵素と代謝に影響する代謝酵素があります。体が分泌する酵素の総量は決まっていて、普段の食事では消化酵素が多く分泌されて代謝酵素があまり分泌されない仕組みになっています。

ファスティングダイエット中は消化酵素の使用量が大きく減り、その分を代謝酵素へと回すことができます。これにより、代謝が大幅に向上します。代謝が上がることにより、何もしていなくても消費カロリーが上昇するため効率的なダイエットが可能です。

それ以外にも体温調節や血圧の安定、血液循環の円滑化など様々な効果をもたらします。代謝は人間の健康的な生活において欠かせないものであり、向上させるに越したことはないと言えます。

ファスティングダイエットによって免疫力アップ

ファスティングダイエットでは胃腸の負荷が大幅に減るため、普段は排出されていないような老廃物までも体の外に出すことができます。体は日々の生活の中で有害物質を溜めてしまっています。

有害物質は当然ながら体外へと出したいところですが、毎日消化に手間のかかる食材が体に入ってくると、なかなか有害物質を排出する余裕がありません。そこでファスティング中に有害物質が排泄されていきます。これにより、大きな免疫向上効果が得られます。

食べ物を消化することにエネルギーをそれほど使わないことで、体の免疫を鍛えることにエネルギーを使えます。食べていないことが逆に体を丈夫にすることに繋がるという逆転の現象が起こるということです。

ファスティングダイエットのやり方は?

ファスティングダイエットにはやり方がいくつかあります。1つは数日にわたって固形物を食べない方法です。固形物以外の野菜ジュースや酵素ドリンク、スムージーなどは飲んでも良いので、気軽に行いやすいダイエット方法です。

他にも寝る前と起きた後に何も食べない時間帯を作り、寝ている時間を合わせて12時間の食事の空白を生み出す方法もあります。こちらはさらにハードルが低いですが、手っ取り早く結果を出すのは少し難しいです。いずれにしても、特定の期間を決めて固形物を回避することが大切です。

野菜ジュースや酵素ドリンクすら全く口にしない完全なる断食は、慣れていないと行うことが難しいので相当な注意を払っておく必要があります。

1日だけのファスティングダイエット

数日に渡るファスティングが難しいという方は1日だけに絞ったファスティングダイエットをお勧めします。1日だけでも野菜ジュースなどを活用することで効果を生み出すことができます。ファスティングダイエットを行っている期間は水と野菜ジュースのみを飲んで過ごします。

お茶やコーヒーなども基本的には我慢する必要があります。あまり運動をしないことが前提となるので、体を動かさなくてはいけない日はファスティングダイエットの実行日には設定しないようにしましょう。

固形物以外であればたくさん口にして良いというわけではなく、1回飲んだら少し間隔を空ける必要があります。塩分を摂らないので水をたくさん飲んでも浮腫む可能性は低いです。

酵素を取り入れたファスティングダイエット

ファスティングダイエットにおいてよく用いられているのが酵素ドリンクです。ファスティング中は消化酵素が節約されるので、食物酵素を含む酵素ドリンクは効果を上昇させることに役立ちます。

使い方は至って簡単であり、ファスティング中は酵素ドリンクと水のみを飲んで過ごします。一般的な野菜ジュースなどと比べると酵素ドリンクの方が満腹感が得られやすく、ダイエットが行いやすくなる可能性もあります。

インターネット上では酵素を用いたファスティングダイエットの体験談が散見されます。自分が始める前にチェックしておくとイメージが湧きやすくなるのでお勧めです。水分をしっかりと摂ることが大切となっていて、念のため普段よりも体調には気を付けておきましょう。

ファスティングダイエットで重要な回復食

ファスティングダイエットが終わった後は回復食が大切になります。ファスティングを行うと当然ながら美味しいものを食べたくなりやすく、好きなものをたくさん食べてしまうケースがあります。しかし、それはリバウンドの原因となってしまうので良くありません。

また、胃腸が久々の固形物に驚いて調子を崩してしまう恐れもあります。それらの点を考慮すると回復食にうってつけなのはお粥です。お粥は消化しやすく、低カロリーなのでリバウンドのリスクを軽減することが可能です。

塩分不足を解消するために具は梅干しがお勧めです。梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復効果もあります。徐々に慣らしていってから通常の食事に戻すことが大切と言えます。

ファスティングダイエットで気をつけることは何か?

ファスティングダイエットのポイントは回復食です。ファスティングを行うこと自体はそれほど難しくありませんが、回復食のミスでリバウンドしてしまう方が意外と多いです。そのため、ファスティングダイエットを始める段階から、回復食まで考えておくことをお勧めします。

また、ファスティング中は普段以上に水分の摂取が重要となります。特に夏場にファスティングを行う場合は脱水症状などにも注意を払っておきましょう。

塩分も基本的には摂取しないので、部屋の空調を効かせるなどして汗をあまりかかないようにすることをお勧めします。日頃、肉体労働などを行っている方は平日に行うのではなく、休日に集中的に行った方が安心してファスティングできます。