短期間で痩せたい人におすすめ!一日二食ダイエットのポイント

ダイエットをしてもなかなか上手くいかないという人は多いですよね。年齢を重ねるごとに太りやすくなる人や、若くても多く食事をしていたり間食をしているとカロリー摂取量が多くなってしまいます。運動をしたり食事制限をしなければならないというダイエットは、負担が掛かって上手くいきません。

過度な食事制限をしてストレスが溜まって、一度痩せたとしてもリバウンドをするケースもあるので気をつけましょう。運動も毎日続けるのが難しく断念してしまう人も多いですが、そういう人に向いているのが一日二食ダイエットで、気軽に始められるのがポイントです。

今までのダイエット方法は無理な方法も多かったのですが、一日二食ダイエットはストレスを感じにくくなっていいです。

一日二食で無理のないダイエット

無理のないダイエット方法を探すのは難しいものです。カロリーや食事の摂取量を抑えれば、大抵の方は体重を落とせます。しかし、その行為が果たして健康的なものなのか疑問に思う方は多いはずです。これからダイエットを始める方に必要な手順を一緒に考えていきます。

初めにどうすれば健康的なダイエットができるのか、知っておきたい点について考えます。一日二食というやり方もあります。これは食事量を管理する上でとても重要なことです。その前に生活習慣を見直すことも肝要です。偏った食事時間や栄養は後々の自身の健康に大きく影響します。気を配るべきは食事を抜けば良いというわけではないということにつきます。

基礎代謝量の数値も下がり、食べなければ体重は落ちますが、筋肉量は落ちて脂肪だけが体内に蓄積します。カロリーをエネルギーとして燃焼させません。一日二食は最初は慣れるまできついですが、今まで夕食を遅い時間に食べていたり、カロリーを大量摂取されていた方には効果的です。代わりに体に優しい栄養が豊富な食材に置き換えれば無理のない食生活を送れます。

何しろ、夜は休む時間帯なので、カロリーを抑えるには夕食をあまり取らないが一番です。ただし、体を壊しそうだったり夜間に働く方はしっかり食べたほうが良いです。健康状態がダイエットを行って大丈夫なのか、自分でどのような栄養素を取れば無理のないダイエットができるのかを把握し、一日二食が合っていると調べた上で納得できたら、無理のないペースでこの方法を試しましょう。時間がかかり、努力も必要ですが徐々に体重を落とせる可能性は高いはずです。

男女の1日の摂取カロリー

1日の摂取カロリーの目安は、男性と女性で異なります。男性は2600キロカロリー、女性は2000キロカロリーといわれています。もちろん、これは平均的な男性と女性を考慮している物であり、絶対ではありません。1日の運動量や体格、年齢等によっても、どの程度が無難かが変わってくるからです。場合によっては女性でも多くのカロリーを必要とする方もいます。したがって、この原則を基準に自分の体格や忙しさなどを考えて最適な範囲を考えていくのが良いでしょう。

高年齢になればなるほど、代謝も落ちていきますし、あまり運動をする機会がなくなるでしょうから、必要な摂取カロリーは少なくなります。年齢に合わせてバランスの良い食事をとるのが、健康な体を作っていくのには重要です。消費をしきれない摂取カロリーは当然体に蓄えられていきますので、太ってしまうことでしょう。そうならないためには、自分の体格や生活環境にあっている摂取カロリーを考えていくのが必要になります。

無理にカロリーの摂取を減らすのも良くありません。ハードな仕事をしているような方は、それだけ運動量は多いため、摂取カロリーを減らしてしまうとパワーが出なくなってしまいます。

一日二食食べる

カロリーを消費する為には食事から摂取カロリーを減らす一日二食の方法がお勧めです。朝と夜や朝と昼だけ等、一日二食にする方法はどれでも構いません。1日に摂取するカロリーを減らす事が簡単に出来る方法の一つなので、食事制限を行う上でも比較的簡単な方法が、一日二食にする事です。

他にもカロリーを消費させる方法としてあるのが、有酸素運動と無酸素運動です。有酸素運動なら長時間行っても息切をする事もありませんので、誰でも続ける事ができます。特にウォーキングは敷居が低く、特別な道具を用意する必要もありませんので、直ぐにでも始める事が出来るので、お勧めです。

無酸素運動の場合は主にジムに通う必要がありますが、慣れない内は自分の体重を利用した方法で腕立て伏せなどの無酸素運動行うことで、カロリーを消費する事に期待をする事ができます。また筋トレで筋肉を付けると代謝が上がるので、何もしなくてもカロリーを消費する事が出来る様になるので、痩せたい場合には食事制限と合わせると良いでしょう。

食事制限の一日二食と合わせる事で消費量があがるので、手早く結果を出したい場合にもおすすめの方法です。運動だけや食事制限だけではなく、両方行う方がより効果的です。

「糖質制限」が効果的な理由が関係

近年、ダイエットをする上で注目されている方法が「糖質制限」です。通常、人が食事から摂取している栄養素には、脂質、タンパク質、糖質、食物繊維などがあります。これらの栄養素にはそれぞれカロリーが存在していて、そのすべてを上手にコントロールすることによってダイエット効果が期待できるわけです。しかし、実際にこれを成し遂げることは簡単なことではなく、多くの人が途中で挫折もしくは失敗してしまっている状況です。

一日二食にする食生活は、単純に摂取するカロリーやその他の栄養素の量を少なく抑えることができます。当然、回数が減った代わりに多くの量を食べていたのでは意味がありませんが、仮にそうなったとしても一日三食しっかりと食べている状況よりも痩せやすくなる効果があるとされています。この理由は、「一度に大量の栄養素を摂取しても消化(吸収)することができないから」です。

人は生命活動を維持する上で糖質が必須です。ただし、これを食事から摂取する必要性はあまり高くないので、食事としては制限しても問題がないばかりか、糖質を制限することによって体内の資質などが分解されやすくなるためにダイエット効果が期待できるようになります。

一日二食にして痩せる方法を紹介

一日二食ダイエットはその名のとおり、食事回数を一日二回にすることです。例えば一食のカロリーを700kcalとした場合、一日三食だと2100kcal、二食だと1400kcalになります。カロリーを減らした分だけ痩せやすくなるのは当然で、これをしっかりと継続すれば着実に体重は減っていくでしょう。一日二食にする場合は、生活リズムの点から夕食を抜くのが基本になります。朝食を抜くと糖質不足になって脳の働きが低下し、仕事にも支障をきたします。昼食を抜くのも同様に午後の活力不足を招くでしょう。

夕食を抜くのが好ましい理由は、一般的に夕食はカロリーが高いこと、胃腸を朝までゆっくり休ませられることです。例えば日中の12時に昼食をしっかりと摂っても、夕食を抜けば翌朝までは食べないことになります。胃腸を16時間以上も休ませることが可能なので、ダイエットはもちろん胃腸機能の回復が期待できます。胃腸が弱ってくると肥満を招きやすいので、肥満解消のためにもプチ断食として一日二食ダイエットを実践しましょう。

血糖値の安定も期待できるので、高血糖のリスクを遠ざけることも可能です。一日二食ダイエットを実践する上での注意点は、一食あたりのカロリーを増やしすぎないことです。

一日二食ダイエットは胃腸を元気にする

運動は大嫌いという人は意外と多く、特に中高年世代になると増えてきます。肥満の人ほど運動を敬遠しますが、これは身体に無理がかかるからです。体重が重たいほど身体への負荷は大きく、少し歩いただけで疲れてしまうでしょう。

足腰などの関節にも負担がかかり、腰痛や膝痛を招くことがあります。運動は健康的に痩せるために必要ですが、どうしても苦手という人には一日二食ダイエットをおすすめします。食事回数は一日三食が基本ですが、一日二食に抑えると胃腸機能を高めることができるのです。胃腸が元気になるほど太りにくい身体になるので、今までより楽にダイエットができるでしょう。

一日二食にすると肥満を招くという話もありますが、多くはカロリーの過剰摂取が関係しています。食事回数を減らすと次の食事までに空腹を覚えやすく、それがドカ食いの原因になります。ドカ食いを防ぐためには、適度にお菓子を食べるなどして空腹を遠ざけるのがコツです。ただし高カロリーのケーキなどは不向きで、飴玉をなめたりガムを噛んだりするのが好ましいです。一日二食ダイエットを成功させるためには、一食をいつ抜くかがポイントとなります。ダイエットや胃腸の健康維持・デトックスなどを考えると、夕食を抜くのが一番よいです。

一日二食ダイエットなら一食抜くだけです

体重の増加は摂取カロリーが消費カロリーよりも上回ることで起きるので、三食のうち一食を抜く一日二食ダイエットなら効率良く摂取カロリーを減らせるのではないでしょうか。消化にエネルギーを使う内臓を休める効果も期待できるので、健康法にもなるでしょう。

ダイエットをする場合、気になるのが食べ物のカロリーですが、食べ物一つ一つのカロリーを計算するのは面倒です。あの食べ物は何キロカロリーあってこれを食べたらカロリーオーバーになるなど、常にカロリーを気にしながら食事をするのは大変で苦痛になってしまいますよね。その点一日二食ダイエットであれば一日のうち一食を抜くだけで他の二食は普段通りに食べることができるので、いちいちカロリー計算をする必要がありません。

難しいことを考えずに実践できる方法なので、カロリー計算が苦手な人でも安心して取り組むことができますよ。一日二食ダイエットは、朝昼夜の食事のうち好きな一食を抜くだけなので誰でも簡単に始めることができます。

ただ注意しないといけないことがあり、それは他の二食は必ず普段通りの量を食べることです。一食抜くと慣れないうちはお腹が空きますが、だからと言って後の二食を沢山食べてしまっては意味がないのでそれだけは十分に注意しましょう。

一日二食ダイエットのやり方

一日二食ダイエットのやり方は、朝、昼、夜のうちで一食抜きます。ポイントは食事を摂る二食については普段と同じ量を食べることです。一食抜くとお腹が空くので他の二食で量を多く食べてしまうことに注意が必要です。

一食二食ダイエットでは、野菜を多く食べたり、タンパク質をしっかり摂ることも痩せるポイントです。野菜は低下カロリーなので沢山食べたとしても気にすることはないです。低カロリーで料理のかさ増しもできて、満腹感も得られます。野菜でも根菜類を摂ると良く噛んで早食いを避けることもでき、お腹が空いて一気に食べてしまうことへの防止にもなります。

タンパク質は、筋肉量にもつながるためダイエットをしている時にはしっかりと摂ることが必要です。ダイエットでタンパク質が不足してしまうと筋肉量が減って代謝が悪くなり、脂肪が燃えにくくなってしまいます。タンパク質の不足は一日二食ダイエットで摂るカロリーを減らしても体重が増えることにつながります。タンパク質が不足しないように摂って筋肉量を増やすと代謝が上がり、太りにくく痩せやすい体になることができます。タンパク質を摂るなら鶏の胸肉や牛、豚であればヒレ肉を摂ることが良い方法です。

一日二食に利用する食品

一日の食事を一食分減らす上で、他の二食分は栄養バランスがしっかり取れる食材をたっぷり摂取することが重要になります。しかしご飯やパンなどの炭水化物をたくさん食べてお腹をふくらませるのではなく、カロリーが低くたっぷり食べても問題ない食材を取り入れることがポイントになります。

まず日本食にも取り入れやすい食材としておすすめなのが、お豆腐を利用した食事です。絹ごしならツルッとした食感が滑らかなので冷奴や湯豆腐にしても美味しく食べることが出来ますし、木綿なら赤身肉や糸こんにゃくと煮込んでも豆腐が崩れにくいので煮込み料理などにも活用することが出来ます。

豆腐自体は蛋白ですが、ご飯の代わりとしてたくさん食べることで満足感を得ることが出来ますし、女性に不足しがちなイソフラボンが豊富に含まれているため健康だけではなく、美容にも高い効果を与えるメリットがあります。

すき焼き風味の煮込みを作る場合にはじゃがいもなどの芋類は少量に抑えて、糸こんにゃくや葉物野菜をたくさん入れるとカロリー制限を行うことができるので、一日二食の食事でもたっぷり食事を取れる上に栄養バランスも整っている点が人気です。食欲が無い時も冷奴としてツルッと食べることができるのも魅力になっています。

一日二食ダイエットで控えるべき食べ物

一日二食ダイエットは食事の回数を減らし摂取するカロリーの絶対量を減らすことができるので、継続できればかなり高い確率で痩せることができます。一日二食ダイエットを成功させるために最も大切な要素の一つとして挙げられるのが、ダイエット中に食べて良いものと食べるのを控えたほうが良いものについてよく理解しておくことです。

一日二食ダイエットをしている最中に控えたほうが良い食べ物とは具体的にどのような食べ物なのでしょうか。一日二食ダイエットを実践している時にできるだけ控えたほうが良いのは糖質の高い食べ物となります。具体的にはご飯やパンやパスタと言った炭水化物がそれに該当します。

糖質は体のエネルギーの源となる栄養素ですが摂取しすぎてしまうと脂肪分として体内に蓄えられてしまい太る原因となってしまいます。そこでダイエット中は糖質の摂取を抑えることで体内にある脂肪分をエネルギーにかえて消費することで痩せることを目指すため、ダイエット中に炭水化物を食べてしまうとなかなか体内の脂肪分を減らすことができなくなってしまうのです。

一方で極端に炭水化物の摂取量を減らしてしまうと体が思うように動かなくなってしまうなどの弊害も生じてしまうので、炭水化物の摂取量は徐々に減らしていくのがおすすめです。

一日二食ダイエットで得られるメリット

ダイエットには様々な方法がありどのダイエットにも得られるメリットがあります。痩せることはもちろんですが、その方法でしか得られない色々な効果があるので自分に合うものを見付けましょう。一日二食ダイエットの場合、メリットの一つとして一日の摂取カロリーを手軽にカットすることが出来るという点が挙げられます。

一日三食だと一食の量を減らさなければならず、見た目も少なく満腹感を感じにくいため続けるのが苦痛になりやすいのですが、一日二食であれば一食の食事量は変えずに済むので満足感が得られます。また食事制限をすると栄養面が気になりサプリメントを購入したり運動するためにダイエット器具を買ったりジムに通ったりと、意外とお金をかけてしまいがちです。

しかし一日二食ダイエットは栄養面の心配もほとんどなく、一食分減らすため逆に食費の節約に繋がるのです。もちろん、一日に二食しか食べないからと言って量を増やしたり間食してしまっては意味がないので、ダイエットをしているという意識をしっかり持って食べ過ぎないように気を付けましょう。そして二食でバランス良く栄養を摂取出来るよう、野菜を多めにするなどメニューを工夫することも大切です。

一日二食ダイエットの効率的なやり方

一日の食事の回数を減らすことで痩せることを目指す一日二食は、どの時間帯の食事を抜くのかということが非常に大切になります。食事を抜く時間帯によって一日の活動に大きな影響ができますし、継続できるかどうかや痩せやすい体づくりができるかどうかに大きく影響するからです。朝・昼・夜のどの時間帯の食事を抜くのが最も効率的なのかについて詳しくみていきましょう。

一日二食を成功させるためには三食のうちの夕食を抜くのが最もおすすめになります。夕食は三度の食事の中で最も高カロリーになってしまいがちですし、多くの人が夕食を食べた後は激しい運動や大きな活動を行うこと無くあとは寝るだけというケースが多いためです。

一般的には朝食後や昼食後には活動量が多いため、仮に朝ごはんやお昼ごはんで多くのカロリーを摂取してしまった場合でもその後の活動によって十分に消費することが可能です。一方で夕食時に高カロリーの食事をしてしまうと、その後の活動で摂取した分のカロリーを消費することが難しいため、結果として体重が増えてしまうのです。
つまり一日二食を効率的に行うためには食後の活動時間が最も少ない夕食を抜くのが最もおすすめと考えられるのです。

早ければ3日以内に実感できる

一日二食ダイエットで痩せるまでの時間は想像以上に早いです。もちろん正しいやり方で続けることが基本ですが、夕食を抜く方法は非常に実感しやすいです。3日以内にお腹が楽になったと感じる人もいるほど即効性があります。

夕食に糖質を食べないことはダイエットに絶大な効果があり、朝一番から違うと感じる人は少なくありません。一日二食ダイエットで断食をするタイミングは、一番高カロリーになる食事がおすすめです。ただし職場で昼食を抜くとなると現実的ではありませんし、朝食を抜いてしまうのも問題があります。効率性に無理なく行うなら夕食を抜くのが最適と言えます。

一日二食を1ヶ月続けた場合、5kg以上の減量も不可能ではありません。ただし夕食を抜いてもそれ以外でたくさん食べていれば、逆に太ってしまうこともあります。食事回数を減らしても、摂取カロリーが増えては意味がありません。

カロリーを適度に抑えるためにも、カロリー計算は欠かせないでしょう。温野菜やダイエットスープなどの低カロリー食材を多く取り入れて、食べながら痩せていく方法がおすすめです。一日二食にすることで胃腸が健康になるので、お腹ぽっこりや便秘解消も期待できます。体質改善のためにも一日二食を継続し、消化器官を回復させてください。

一日二食で健康的に

一日二食にしてダイエットを行うと効果的です。一緒に合わせて行うと良い運動は、有酸素運動です。有酸素運動は体に無理なく毎日続けることができます。運動が苦手な人も続けることができるので、ストレスになりません。具体的には、ウオーキングや水泳がおすすめです。特に40代を過ぎた人は筋トレや激しい運動を行うと、筋肉を傷めたり膝に負担がかかることもあります。

女性では更年期を迎える頃から新陳代謝も悪くなり、太りやすくなる人が多いので定期的に体を動かすように心がけましょう。毎日ウオーキングを行うことで、筋肉もついて代謝もアップします。朝に軽く20分から30分の運動を行うと良いです。水泳の場合は、水中ウオーキングがおすすめです。膝に負担も少ないので腰痛や肩こりにも効果的です。

脂肪を燃焼させることで痩せやすい身体になります。一日二食にすることで、食べ過ぎを防ぐ効果もあり、カロリーオーバーにならないで済みます。1日のカロリーを意識しながら運動を一緒に取り入れることで効果も出やすくなります。大切なことは無理なく毎日続けられるように自分に合った運動法を行うことです。健康でいるために体重維持とダイエットに取り組むことが大切です。

一日二食ダイエットの注意点を知っておく

一日二食ダイエットは短期間で痩せられる方法ですが、それ以外の食事のカロリーと摂取量には注意しなくてはいけません。本来は一日二食にすれば痩せますが、太ってしまう人は意外と多いのです。その理由はシンプルで、一食あたりのカロリーが増えてしまうためです。

一日二食ダイエットでは一日の総摂取カロリーを従来の三分の二に抑えるのが好ましいですが、逆に以前より摂取カロリーが増えてしまう人もいます。欠食することでストレスが溜まって、食べ過ぎを招いてしまうのです。これから一日二食ダイエットを始める人は、ストレスを溜めないように工夫してください。

例えば夕食を抜くと朝食と昼食でカロリーを挽回する意識が働きますが、食べ過ぎないように低カロリー食材を活用するのです。ダイエットにおける食べ過ぎとは、カロリーを摂り過ぎてしまうことです。低カロリー食材ならたくさん食べても、体重にはほとんど反映されません。

糖質の摂取を減らして、相対的に脂肪とたんぱく質を増やせば効率よくダイエットができます。昔は糖質を摂ってもあまり太らないと考えられていましたが、現在は脂肪以上に肥満の原因になることがわかっています。短期間で痩せるためには、夕食を抜くのが最適です。さらにダイエット効果を高めるためには、運動を併用して代謝を促進させましょう。