短期間で痩せたい!そんな方におすすめの痩せやすい習慣とコツ

長い期間をかけてダイエットすると成功しやすいけれども、短期間で痩せるのは失敗しやすいです。どうすると短期間でダイエットができるのかが知りたいところです。どのようなことをすると痩せられるようになるのでしょうか。

短期間で痩せるには生活習慣の改善からはじめよう

短期間で痩せるためには、生活習慣から改善していくことが良いです。早く痩せるためには、脂肪燃焼しやすい体にしなければいけません。燃焼しやすくする食べ物の効果で、今までよりも脂肪燃焼しやすくなるけれども、しかしそれだけでは不十分です。

食べ物の力を借りなくても痩せやすい体にするためにも、生活習慣改善が効果的です。生活習慣を改善すると、規則正しい生活リズムを作ることができます。リズムが良くなることで、エネルギーの消費がスムーズにできるようになり、脂肪燃焼しやすくなります。

また、規則正しい睡眠をするだけでも、消費カロリーが増えますので、これだけでも痩せられる可能性を高めます。不規則な生活をしているほど痩せにくいですので、まずは規則正しい生活をしていきましょう。

睡眠をしっかり取って正しい生活リズムにしよう

睡眠は、体を成長するためにも大事なのですが、痩せるためにも大事です。睡眠をしていると、脂肪分解作用がある成長ホルモンが多く分泌されるようになります。分泌量が多くなることによって睡眠中でもカロリー消費をするようになり、7時間睡眠で300kcalほど消費します。

寝不足だと、90kcal程度になってしまい、その差210kcalの消費ができないことになります。多少の差かもしれませんが、210kcalの消費は簡単にできることではないので、短期間で痩せるためには無駄にしたくありません。

また、規則正しい睡眠をすることにより、スムーズな消費を可能とする体づくりもすることができるため、寝不足気味になるよりも、十分な睡眠をすることが良いです。

野菜スープで痩せやすい身体に

短期間で痩せるためには、食べ物を変えることも必要となってきます。食べ物でおすすめしたいのが、野菜スープです。野菜スープには、いろんな栄養が豊富に含まれるようになり、栄養不足解消を可能としています。この栄養不足解消をすることで、痩せやすい身体にすることができます。

栄養が不足状態になると、体は危険だと判断してしまい、消費を少なく吸収を多くするようになります。この減少により、痩せにくく太りやすい体にしてしまうため、リバウンドしたり停滞期が訪れてしまいます。

短期間で痩せる場合、停滞期が訪れないようにすることと、リバウンドをしないダイエットをしていくことが大事です。野菜スープで栄養を補給して、痩せやすい身体にしましょう。

ランチは我慢せず好きなものを選んで大丈夫

ダイエットをしていると、ランチの量を抑えたり、食べないようにする人が多くいらっしゃいます。カロリー摂取量を抑えるようにするためにも必要だと考えてしまうけれども、実はランチを抑えることはよくありません。厳しいダイエットをしていくためにも、ランチだけは我慢することなく好きな物を食べるようにすることがおすすめです。

昼食と夕食の間隔は長く、少量だとお腹が空いてしまいます。お腹をすかせることが良くなくて、空けば空くほど食欲が増してしまい、夕食のダイエットメニューでは足りないと感じやすいです。それが、不満に感じストレスを発生させてしまうため、続けにくい原因となります。

食べすぎるのは良くないけれども、完食防止と夕食が満足できるようにするためにも、ランチは我慢しないで食べるようにしましょう。

毎日歩く習慣を身につけよう

運動しないで痩せるダイエット方法はあるけれども、短期間で痩せる場合は運動が大事です。食事だけで痩せるには限界があり、長期間ならそれでも良いけれども、短期間では不十分となります。

そのため、更に痩せられる可能性を高める必要があるので、運動をしていくことが必要となります。運動といっても、激しいことをしなくても良くて、ウォーキングするだけでも十分です。

普段歩いている距離に多少プラスするだけでも痩せられる可能性を高めますので、まずは通勤や通学の際に歩く習慣をつけるようにしましょう。毎日歩く習慣をつけるだけでも痩せられて、太ることを予防できますし、また健康維持にもつながりますので、毎日通勤や通学でいつもより長めに歩いてみましょう。

夕方にむくみを取るマッサージをしよう

痩せるのは脂肪燃焼だけでなく、むくみ解消することも大事です。特に短期間ダイエットをする際は、むくみ解消ができているのかどうかで変わってきます。解消することができていると、血液そしてリンパの流れを良い状態を保てている証拠でもあり、脂肪燃焼しやすい身体になっている可能性が高いです。

そのためむくみ解消をしていくことが良いのですが、できれば夕方にむくみを取るマッサージをしていくことがおすすめです。なぜ夕方なのかというと、それはできるだけ老廃物を溜め込まないようにするためです。むくみをそのままにしていると老廃物が十分に排出することができなくて、どんどんと溜まっていきます。

この老廃物が脂肪と混ざることによりセルライトができてしまい、痩せにくくなります。できるだけセルライトを作らないためと、脂肪燃焼がしやすい身体の維持をしていくためにも、毎日夕方にマッサージをしてむくみ解消することがおすすめです。

20時以降は食べないように気をつける

痩せるためにも、できれば20時以降食べないようにすることがおすすめです。なぜ20時以降食べないようにすることが良いのかですが、それは食べ過ぎ防止とカロリー消費ができるようにするためです。20時以降に夕食となると、昼食との間隔が空きすぎてしまう、空腹感が強くなります。

空腹感が強くなることで、食欲が増してしまい食べ過ぎをする可能性を高めてしまいます。食べすぎてしまうことにより、痩せるどころか太る可能性を高めてしまうためよくありません。また、朝食との間隔が短くなることで、消費しなければいけないカロリーが余るようになります。

カロリーが余れば脂肪となってしまいますので、痩せにくい状態となります。更に、リズムが崩れてしまうことでも太りやすい体質となりますので、痩せるためには早めの夕食にしましょう。

食事を食べる順番にもこだわろう

ダイエットするための食事は、何を食べるのかだけでなくどのような順番で食べるのかが大事です。食べる順番としてよいのが、野菜類を食べてからタンパク質系、そして炭水化物です。野菜を最初に食べることにより、血糖値上昇を抑えることができます。

また、低カロリーの野菜を最初に食べることにより、空腹感を減らして食欲を抑えることができるため、食べ過ぎを抑制し、カロリー摂取量を抑えられます。最後に炭水化物にすることで、血糖値上昇を抑えられるだけでなく、食べる量を抑えられます。

炭水化物は、血糖値を上げやすく太る可能性を高めてしまいますので、できるだけ摂取量を抑えたほうが良いけれども、一切摂取しないことは身体にとって良くないため、抑える方法として最後にすることがおすすめです。

太る原因を減らすだけでも痩せられる可能性を高められますので、食事の順番を気にしながら食事をしていきましょう。

就寝前の入浴がオススメ

就寝直前に入浴してしまうのは、睡眠を妨害してしまうため良くないと言われていますが、実は痩せるためには就寝前の入浴が効果的です。睡眠中はカロリー消費が少ないと思われがちですが、睡眠時はカロリー消費が多いです。

カロリー消費が多い時に、消費しやすい身体にしておくことによって更に痩せる可能性を高められます。入浴することにより身体を温めることができるので、消費しやすい身体にすることができます。入浴しないで寝るよりもしたほうが痩せられますので、就寝前の入浴がおすすめです。

ただし、身体が温まることにより眠れなくなる場合もありますので、その人によっていつ入浴するのかコントロールすることも大事です。身体をキレイにするだけを目的にするのではなく、夜入浴してダイエット効果を高めましょう。

デトックスで体内からきれいに

短期間でダイエットする時だけでなく、長期間ダイエットでも大事なのがデトックスです。デトックスができているのかどうかによって、痩せやすい身体になるのかどうかが違います。デトックスをするをすることにより、本来の身体を取り戻すことができます。

本来の身体を取り戻すことにより、今までよりもカロリー消費がしやすくなり、脂肪燃焼がうまくできるようになります。また、デトックスすることによって健康維持や美肌を手に入れることも可能としています。

痩せるだけではなく、健康は美容にも良い効果を持っているため、デトックスすることがおすすめです。ただし、デトックスだけでは短期間ダイエットができるわけではないので、様々な方法にプラスしてデトックスをしていきましょう。