短期間で痩せる!ダイエットに効果抜群の食事やレシピ

女性であればほとんどの人がダイエットを試みたことがあるのではないでしょうか。戦時中とは違い食べ物に困る事無く、普段の食事だけではなくお菓子やお酒などの嗜好品にも恵まれている飽食の時代である今日では、多くの人がその体型に悩まされています。

そのためダイエットをしようと行動に移す人は多いのですが、実際に成功してその体型を維持することができている人は多いとは言えないでしょう。上手く成果を出すことができなかったり、せっかく痩せてもまた元の体型にリバウンドしてしまったりしてダイエットに失敗したという人もたくさんいます。

ではどうすれば痩せてその体型を維持することができるのでしょうか。様々なポイントがある中でも食事という観点からその方法を紹介していきます。

栄養満点のダイエットスープ

ダイエットスープはコンソメやトマトなどの味付けを行った野菜たっぷりの食事スープです。体重を落としたいという気持ちからつい食事を抜いてしまったり、カロリーにばかり目が行って栄養バランスを考えていなかったというような人も少なくはありません。

カロリーにばかりとらわれたダイエットは心も体もボロボロにしてしまいます。そこで栄養もしっかりとれてその上カロリーも抑えることができるダイエットスープはとても便利です。時間があるときにたくさん作っておけばいつもの食事の1品にもなりますし、忙しい時にでもすぐに食べることができます。

ダイエットスープのレシピは様々ですが、おすすめなのは水溶性ビタミンを含む野菜を使用したスープです。野菜にはビタミンが豊富に含まれていますが、火を通すと壊れてしまうものや煮込むと水に溶け出てしまうもの、逆に油と相性が良く火を通した方が効率よく栄養を摂取することができるものなど野菜の種類によって違うのです。

そのためスープを飲むことを考えれば火を入れてもビタミンが壊れにくく、更には煮汁にビタミンが溶け出るタイプのものにすると効率よく栄養を摂取することができます。じゃがいも、人参、ブロッコリーや白菜などが適していると言えるでしょう。味付けは薄味を心がけ、野菜のおいしさを味わうようにしましょう。

カロリーオフで満足感のあるこんにゃくステーキ

ダイエット中に脂がたっぷりのステーキは食べられません。なぜかというのはステーキそのものがたっぷりの脂肪を持っているというだけではなく、味付けの濃いステーキは白米やパンなどの主食とも相性が良いので炭水化物を過剰に摂取してしまう要因となりやすいからです。

しかしダイエット中に我慢ばかりしていると後々リバウンドを引き起こしてしまう可能性も否定できません。そこでおすすめなのがこんにゃくを使ったステーキです。海藻が原料となっているこんにゃくはカロリーが低いですし、弾力があるのでその食べごたえから満足感を得ることができます。

多少濃い目の味付けにしても摂取カロリーを抑えることができるだけではなく体内に老廃物がたまらないように排出を促してくれる効果も期待できます。こんにゃくに味が染みやすいよう切り込みを入れ、オリーブオイルで焼きます。

味付けをせず食べる時にステーキソースをつけてもいいですし、ソテーしているときに醤油などで味付けをしても良いでしょう。食物繊維を含むこんにゃくであれば多少炭水化物を食べ過ぎてしまったとしても体内に蓄積するのを防いでくれます。

お弁当のおかずにもなるので非常におすすめです。

朝食にうってつけのグリーンスムージー

グリーンスムージーは緑の葉物野菜やフルーツなどをミキサーにかけて作るドリンクです。どんな野菜や果物を入れて作るのかは人それぞれ好みがあるので異なります。なぜこのグリーンスムージーが良いのかというのは、野菜を効率よく摂取することができるという点にあります。

なるべく火を入れない方が栄養をたくさんとることができるという野菜はたくさんあります。しかしそれらを生野菜としてサラダなどにして食べるとなると量が多すぎて食べるのも大変です。

もちろんよく噛んで食べることで小顔効果も期待できますし、体重を落とすということ以外の恩恵も受けられるという魅力があるのですが、毎朝起きてから生野菜を食べるというのも大変ですし、時間があまりない忙しい朝に朝食の時間をゆっくりとるのは難しいという人も多いでしょう。

そんな人でもスムージーであれば野菜をミキサーにかけて飲むだけなので短時間で済みます。嚙み砕く必要もないので時間がかからないというだけではなく、すでに細かい状態になっているのでドリンクとして飲んでも消化吸収がスムーズなのです。

野菜だけでは青臭くて飲みにくいという人であればグレープフルーツやバナナなどの野菜を加えたり、豆乳を加えるなどのアレンジをすると飲みやすくなりますし、バリエーションが増えれば飽きることなく続けることができるのでダイエットにはうってつけだと言えます。

しらたきパスタでカロリーをカット

イタリアンの代表的な料理と言えばパスタがあげられます。しかしパスタはたっぷりの油を使っていますし味付けもしっかりとしているのでダイエット中に食べるのは躊躇われるものです。そんなパスタをダイエット中にも食べやすい状態にアレンジしたのがしらたきパスタです。

しらたきはこんにゃくと同様に海藻から作られているので食物繊維も豊富ですしカロリーが少ないという特徴があります。麺状になっているので見た目もパスタのようで違和感を感じることなく食べることができます。

ペペロンチーノや和風パスタなど様々な種類のパスタがありますが、どんな味付けにしてもしらたきは合います。その中でも特におすすめなのがカルボナーラです。カルボナーラは塩分と脂身がたっぷりあるパンツェッタと生クリーム、チーズ、卵から構成されています。

濃厚でおいしいと子供から大人まで多くの人に愛されている味ですが、非常にカロリーが高いというデメリットがあります。チーズの量を減らしたり、生クリームだけではなく豆乳を混ぜるなどの工夫をすれば全体的なカロリーを抑えることができるのですがそれだけでは不十分です。

そこで炭水化物の部分になるパスタそのものをしらたきに変えるとより大幅にカロリーをカットすることができます。パスタのようにしっかり茹でなくても軽く茹でて海藻くささを飛ばすだけでいいので調理も簡単です。

豆腐でかさましミートボール

ミートボールと言えば小さなハンバーグのようなものです。お肉たっぷりで小さな子供でも食べやすいですし、お弁当のおかずとしても人気がある料理です。単体で食べてもいいですし小腹がすいた時やパスタなどの料理の具材として使うなど非常に活躍の場が広い料理です。

しかしミンチ肉を使っているものですから気になるのはそのカロリーです。それを抑えることができるのが豆腐を使ったミートボールです。水気を抜いた木綿豆腐をダイス状にカットし。それに豚の細切れを巻き付けます。

表面に薄く小麦粉をまぶしてフライパンで焼き、照り焼きソースやケチャップなど好みの味付けをすれば完成です。お肉を使う量が減るのでカロリーが抑えられるだけではなく材料費も抑えられるので節約料理にもなります。

巻き付けた豚肉のうま味が中の豆腐にも染みわたり、食べると豆腐の柔らかい食感がまるで柔らかいお肉の塊を食べているかのような感覚を味わうことができます。ミートボールと同様にお弁当に入れてもいいですし、パスタの具材にも使用することができます。

お肉のみで作られたミートボールとは違ってずっしり感はありませんが、大きくて柔らかい食感があるので満足感は得られます。

お腹も心も満たされる鍋

寒い時期になると特に食べたくなるのが鍋です。鍋は食べ方によっては太りますが、気を付ければ心強いダイエット料理にもなります。

太る鍋の食べ方というのはまず最初に出汁選びから始まります。様々な鍋の出汁が販売されていますが、さっぱりとした和風だしだけではなくもつや豚骨風などこってりとして味が濃いものもたくさんあります。

こうした味の濃いものは少量のお肉を入れただけでも脂とマッチし非常にカロリーが高いものになります。イメージとしては丼一杯のラーメンが鍋という大容量で作られたのと同じようなものです。美味しい出汁によって鍋の具材だけではなくご飯やその他のおかずも食べ過ぎてしまう傾向にあります。

一方痩せる食べ方というのは和風だしなどのあっさりしたものです。できれば市販のものではなく自宅で作った方が塩分の調整ができるのでおすすめです。具材は野菜を中心にし、塩分の多い練り物や味付けがされているつみれなどは避けましょう。

お肉が欲しい場合には鶏の胸肉などの脂肪が少なくタンパク質が多いものがおすすめです。最後にしめとして雑炊をするという人もいますが、味の濃いスープの場合にはしないことをおすすめします。

野菜たっぷりであっさりとした出汁で作った鍋である場合には野菜の栄養がスープに溶け出ている可能性があるので、それらも摂取するという意味では雑炊はおすすめです。

脂肪燃焼させる麻婆豆腐

辛味がある唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれています。このカプサイシンは脂肪燃焼効果があるのですでに体内に蓄積されている脂肪を効率よく燃焼してくれます。

更に血行を良くしてくれるので体が温まり、汗をかきやすくしてくれるため汗として老廃物を体外に排出してくれるという効果もあります。これらのカプサイシンの働きはダイエットにおいてはとても重要なので多くのサプリメントにも使用されています。

このカプサイシンはわざわざサプリメントから摂取しなくても日常的に摂取することができます。とは言え唐辛子をそのままかじるのは気が引けるという人もいるでしょう。そのようなことをしなくても料理に頻繁に使われる鷹の爪や七味唐辛子などの薬味、豆板醤などの調味料からも摂取することができます。

カプサイシンを摂取することができる上にカロリーを抑えることができるというのが麻婆豆腐です。本来はひき肉と豆腐という組み合わせですが、ダイエット中は豆腐と白菜の野菜麻婆にするとカロリーを抑えることができます。

調味料として豆板醤を使用しますが、少し多めにして辛さを際立たせると食べる量を抑えることができる上にカプサイシンもしっかり摂取することができます。

野菜でかさましチャーハン

作るのが簡単な一品料理としてチャーハンがあります。いろんな味付けができて飽きることなく食べることができるのがチャーハンの魅力ですが、味付けのおいしさにいつもよりも食べ過ぎてしまうという人も少なくはないでしょう。

チャーハンを作ってみると、使用する米の量は普段お茶碗に盛って食べている量よりも多い傾向にあります。これでは炭水化物のとりすぎになってしまう可能性があります。

全体の量を減らすと満足感を得られないので、ダイエット中に食べるチャーハンとしておすすめなのが野菜でかさましをしたチャーハンです。

チャーハンに加える具材は決まっているわけではありません。そのためたくさん食べたい時には米ではなく野菜でかさましをすればたくさんの量を食べることができる上にカロリーを抑えることができます。

かさましとしては人参や玉ねぎなどもあげられますが、細かめに切ったレンコンやたけのこを加えれば食感も楽しむことができますし、ひじきを入れると食物繊維をたっぷり摂ることができます。野菜がないという場合には人参の皮や大根の葉などを使用すると節約料理にもなります。

ダイエット中だけれどたくさん食べたいという欲求を米で満たすのではなく栄養満点の野菜たちから満足感を得ることができるような工夫をすることがポイントです。

善玉菌を増やすキムチ納豆

体内に老廃物がたまるとそれが脂肪となって落ちにくくなってしまったり、腸内環境が悪化することで肌や髪の調子が悪くなるなどの不調にも繋がります。そのためなるべく老廃物をため込まないように腸内環境をととのえることが大切なのですが、それには善玉菌の存在が必要不可欠です。

善玉菌を増やすのに効果的なのは発酵食品です。代表的なもので言えば納豆がありますが、納豆に含まれるナットウキナーゼは腸まで届きやすい上に腸内にある少量の乳酸菌を大幅に増殖させてくれる働きがあるので乳酸菌を増やして善玉菌とすることが可能なのです。

乳酸菌は様々な食品に含まれていますが実は腸に届くまでの間にほとんどが死んでしまいます。つまりどんなに一生懸命ヨーグルトを食べていたとしてもそれが腸内に届いているとは限らないのです。だからこそ口から摂取した乳酸菌の量よりも腸内で増えた量の方が重要となります。

ではどうすれば善玉菌を効率よく摂取することができるのか、それはナットウキナーゼと乳酸菌を同時に摂取するということです。納豆とヨーグルトを一緒に食べても良いのですが、苦手だという人はキムチ納豆がおすすめです。

ご飯のお供にもなりますし、比較的食べやすいので習慣的に食べることもできるでしょう。難しい調理も必要なくキムチと納豆を混ぜるだけなのでそのまま食べても良いですし海苔を加えるなどのアレンジもできます。

筋肉をつくるささみのサラダ

体内の脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要です。筋トレをして体を鍛えることで筋肉をつくることができるのですが、実はトレーニングだけでは効率よく筋肉をつくることはできません。大切なのは原料になるタンパク質です。

タンパク質を含む食材は肉や魚など様々ですが、ダイエットにおいて重要なのは「脂を摂らずにタンパク質を摂る」ということです。タンパク質を摂るためだと言って脂がたっぷりのサーロインステーキを食べていても筋肉だけではなく脂肪もついてしまうので本末転倒です。

ダイエットを意識するというポイントを抑えるのであれば最適なのは鶏肉です。特にささみは脂肪が少なくタンパク質が豊富なので筋肉をつくるためには最適な食材だと言えます。

ささみはそのまま食べるとぱさぱさしている印象がありますが、酒と一緒に蒸していけばふっくらとジューシーに仕上がります。それを解してキャベツや水菜などの野菜と混ぜて食べることで野菜だけではなく肉も食べることができて満足感のあるサラダになります。

ここで大切なのはゴマダレなどのカロリーが高いドレッシングを使わないということです。ノンオイルのさっぱりとしたドレッシングで食べることでせっかく抑えたカロリーを余計に摂取してしまうのを抑えることができます。

サラダのバリエーションは様々で、葉物野菜だけではなくトマトやシソと一緒にカプレーゼ風にしても良いですし、冷しゃぶの感覚でレタスやえのきなどと一緒に食べても良いでしょう。

こってりおいしい春雨ラーメン

ダイエット食材として有名なものの1つが春雨です。春雨スープは簡単に作ることができるだけではなくカロリーも低いので食事に1品加えたいときや忙しいときなどに最適です。そんな春雨を使用したラーメンというものも今注目を集めています。

ラーメンと言えばこってりとした脂と濃い味付けがダイエットの大敵だと言われています。しかしダイエット中に一切口にしないとなるとストレスがたまってしまうという人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが春雨ラーメンです。

ラーメンの出汁は普通のラーメンと同じなのですが、麺を中華麺にするのではなく春雨にするというものです。それだけでもカロリーが抑えられるので罪悪感を感じることなくラーメンを楽しむことができます。しかしこの春雨ラーメンには2つの注意点があります。

まずはスープを飲んだりチャーシューを食べたりしないということです。ラーメンが高カロリーなのは麺のせいだけではありません。スープや脂身がおいしいチャーシューなどの具材も太る原因となっています。そのためラーメンを楽しむというよりは「ラーメン味の春雨を楽しむ」という認識で食べた方が良いでしょう。

次に春雨だからと言って食べ過ぎないようにするということです。実は春雨はでんぷんから作られているのでカロリーが低くても糖質をたくさん含んでいます。油断して食べ過ぎてしまうと春雨でも太る可能性があるので注意が必要です。

小腹がすいたら食べたいメレンゲクッキー

ダイエット中でも小腹がすいてしまうときがあります。一切のお菓子を食べないと決めていても疲れたときに甘い物を欲してしまう場合もあるでしょう。そんなときにおすすめえなのがメレンゲクッキーです。

ケーキやクッキーというのはたっぷりの砂糖とバターを含んでいます。これらは皮下脂肪の原因になる上に中毒性があるので少量では我慢することができなくなってしまいダイエットの妨げになります。しかしメレンゲクッキーは工夫次第ではカロリーを抑えたお菓子にすることが可能です。

材料は卵白、砂糖、小麦粉のみです。卵白はほとんどが水分なので卵黄のように脂肪分を含んでおらずカロリーが低い部分です。そんな卵白をしっかり泡立てるのですが、砂糖を加える量は「卵白をしっかり泡立てることができる程度」に抑えます。

味のためを考えると砂糖はたくさんの量を使用しなければならなくなってしまいますが、メレンゲクッキーはメレンゲが命なのでしっかり泡立てることができる程度の量だけにとどめておけばそれほどたくさんの砂糖は使用しなくて済みます。

そしてメレンゲに小麦粉を加えて鉄板に絞ったらオーブンで焼きます。軽い口当たりでサクッとした食感が楽しいメレンゲクッキーはさっぱりと食べることができるのでおやつとして最適です。焼き菓子なので冷蔵保存する必要もありませんし、正しく管理すれば1週間程度はもちます。

午前中は果物を食べよう

人間の体のサイクルは決まっており、朝8時あたりからお昼までの午前中は排泄の時間だとされています。腸が活発に動きやすく、体内にたまった老廃物を排出しようとする時間なのでその時間を守ってあげることで体内に老廃物がたまりにくくなります。

つまり1日のスタートだからと言って朝食をしっかりと食べてしまうと胃に負担をかけることになり、せっかくの排出サイクルを妨げてしまうことになります。体内をクリーンな環境にするためには午前中はなるべく胃に負担をかけないものを摂取することが大切なのですが、そこでうってつけなのが果物です。

果物は口から摂取して約30分程度で消化されます。消化に3時間以上かかってしまうお肉などに比べて非常にスムーズで胃にかける負担を最小限に抑えることができます。また果物に含まれているビタミンやミネラル、水分が老廃物を排出しやすいようにサポートしてくれます。

昔から「朝の果物は金、昼の果物は銀、夜の果物は鉛」と言われるのは、果物は食べる時間帯によってその効果が異なるということを示しており、1日のうちで朝に食べるのが最も体に良いということを表しています。

逆に、夜に果物を食べるというのは体を冷やしてしまう可能性があるので健康には良くないということです。

おやつは高カカオチョコレート

お菓子として子供から大人まで多くの人に愛されているのがチョコレートです。しかし一般的にお菓子として販売されているチョコレートは砂糖やミルクがたっぷり含まれている甘い物で、これらは太る原因とされています。

しかし本来チョコレートというのは苦みが強く、古くは薬として使用されていたほど健康効果が高いものだったのです。一般的には食べやすいようにカカオにたくさんの砂糖やミルク、添加物などを加えていますが、それらの量を抑えると健康効果が高いチョコレートになるのです。

色んな場面で使用されているチョコレートですが、それにはどれだけカカオが含まれているのかというのがパーセントで示されています。健康効果があると認められているのはカカオ70%以上です。比較的砂糖やミルクなどの添加物の含有量が少なく、本来のカカオの働きを期待することができるからです。

カカオには食物繊維が豊富なので便秘改善に効果があるだけではなく、抗酸化作用もあるのでエイジング効果も期待することができます。とは言えたくさんの油を含んでいるのでカロリーが高いことに変わりはありません。

1日25g程度が最適だとされているのでその量を守りながら毎日食べ続けることで体の内側から綺麗になっていくことができるでしょう。少量でも満足感を得ることができるのでおやつとしてもうってつけです。

寝る前にスプーン一杯の蜂蜜

甘い蜂蜜はとても幸せな気持ちにさせてくれるのですが、この健康効果はとても高いことが認められています。特にダイエット効果があると言われているのが寝る前にスプーン一杯の蜂蜜を食べるということです。

寝る前に何かを口にするというのはあまりよくないのではないかと思われがちなのですが、蜂蜜に関しては寝る前だからこそ効果を発揮してくれるのです。

人間は眠っている間に成長ホルモンが分泌されます。昔から「寝る子は育つ」と言われてきたのはこのためです。この成長ホルモンの中には脂肪燃焼効果が期待されており、蜂蜜には成長ホルモンを盛んに分泌させる働きがあります。

つまり眠っている間に効率よく脂肪燃焼を促進させることが期待できるということです。また蜂蜜の甘さや香りには睡眠の質を良くしてくれる働きもあるので、安眠することでより痩せやすい体になることができます。

スプーン一杯の蜂蜜が食べにくいという人であれば生姜湯に溶かして飲むというのも効果的です。生姜は火が入ると体を芯から温めて痩せやすい体にしてくれる効果があるので蜂蜜と合わせることで一石二鳥の効果を期待することができます。砂糖とは違って健康的な甘さを得ることができるので習慣化することをおすすめします。