神前式の衣装やかかる費用、当日の流れについて

近年では日本でもチャペルなどでウエディングドレスを着た西洋式の結婚式が一般的になってきていますが、伝統的な神前式も根強い人気があります。神前式の際には衣装や式を行う神社に支払う費用など、分からないことが多くあると思います。

また、プランナーなどと相談しながら自分の理想の形を作り上げていくことができ、ある程度融通が利く西洋式の結婚式と違い、基本的には神道の作法に則って行われる神前式では当日の流れも知っておく必要があります。

今回は神前式の際に着る衣装やその魅力、上手な選び方、全体でどれくらいの費用が必要かという点を調べ、神前式当日の流れについて説明していきます。一生に一度の結婚式で失敗しないためにも、是非参考にしてください。

奥ゆかしい日本人独特の魅力的な神前式

日本の伝統的な挙式スタイルに神前式があり、厳かな雰囲気があるので最近は若者の間でも見直されつつあります。神様が祀られている神殿の前で結婚を誓うので神聖なイメージが強く、三三九度や玉串奉奠など独特の儀式が執り行われます。

和婚ブームに伴う神前式の需要は益々高まるばかりで、ホテルや専門式場でも神殿を持つ会場が増えているほどです。挙式スタイルと言えばキリスト教式や仏前式が人気ですが、そんな中、神前式が評価されているのは日本ならではの独特の雰囲気を感じることができるからです。

バージンロードを歩くことはないのですが、雅楽の音に導かれて神殿に入っていく儀式は心が洗われるような清々しい気持ちになります。神前式が日本人にとって魅力的に映るのは、日本ならではの奥ゆかしさを実感できるからでしょう。いかにも日本的な感じが秀逸で、年配の人にも受け入れられやすいメリットもあって若者の背中を後押ししているのかもしれませんね。

神前式に出席すると誰もが感じるのが花嫁さんの美しさです。真っ白な着物に赤い紅をさした花嫁姿はとても絵になり、新郎の袴姿もとてもカッコよく見栄えがします。新郎が足下を気にする花嫁を気遣って手を引く姿が何とも素敵で、神社というシチュエーションでの和装はより一層素敵に映りますよ。

神前式の結婚式の特徴

結婚式といえばウエディングドレスを着てチャペルで実施するといったイメージが強いですが、最近では昔ながらの伝統的な神前式の結婚式も注目されて人気が高まってきています。

そんな神前式の結婚式は和婚や神社式などと呼ばれることもあり、基本的に和装で行われるケースが多く、キリスト教式の結婚式よりも日本の伝統的な結婚式であるため、厳かで日本人としての自覚をしっかり感じることができます。

また花嫁と花婿の当人同士はもちろんですが、神前式の場合はその両家のつながりをより深くするといった意味もあるため、親族の参列によって両家がより親しくなるといった利点もあります。けれども友人などは境内までとなり、結婚式そのものは参列できないケースもあるので注意が必要です。

しかしながら境内では友人たちはもちろんのこと、一般の参拝客や観光客もいるため、大勢の人たちからお祝いしてもらえる可能性もあります。そして衣装についてもドレスなどの洋装よりも、和装はなかなか自分一人では着用できない衣装ですし、しかも着用する人の体系も選ばないので、どのような体系でも綺麗に着こなせるというところも嬉しいポイントです。

ただし衣装が重いのはやや難点ですし、綿帽子をかぶったりすると身長も高くなるので、新郎と並んだ際にバランスが悪くなるケースもあるため、そういったところは注意しましょう。

厳粛な気持ちで門出を祝う

結婚式というとウェディングドレスを着て行う教会式のイメージが定着していましたが、最近では和の要素を取り入れた「和婚」が人気を集めています。神前式は神社や結婚式場などの神殿で行う日本の伝統的な挙式スタイルです。

神前式の魅力は、厳粛な気持ちで新たな門出を祝えるというところにあります。お宮参りや七五三、初詣など神社は日本人にとってとても身近なものです。人生の節目となる日には相応しい場所といえます。また、神前式の場合には白無垢や色打掛など和の装いをするのが一般的です。

和装は日本人であれば誰にでも似合いますし、綿帽子の花嫁衣裳に憧れていたという花嫁も多いのではないでしょうか。ただし、神前式は教会式や人前式に比べると、費用は割高になる傾向があります。ウエディングドレスの場合にはオーダーメイドのものやインポート物のレンタルなど値段が高いものもありますし、リーズナブルな価格のレンタルショップなどもあります。

値段の幅が広いので選択肢が多いのですが、和装の場合にはウェディングドレスほど種類が多くありません。それから神前式だと、神社によっては親族のみしか挙式に参加できない場合もあります。収容できる人数にもよるので、事前に確認しておくことが重要です。

厳かな雰囲気で進められる神前式

神前式は日本伝統の挙式スタイルです。日本ではキリスト教式のチャペルで挙式を行う方が圧倒的に多いのですが、近年では日本の伝統文化を見直して日本の着物を着たスタイルで挙式したいというカップルや、露出の多いウェディングドレスを着て盛大な結婚式をするよりも、ごく身近な親族だけで行う厳かな神前式を選ぶというカップルも増えています。

国際結婚の方の挙式も増えており、伝統文化を重んじたいと考える方の中では神前式は人気があります。流れとしてはとても厳かな雰囲気の中で式は進みます。普段神社に初もうでや七五三などでしか訪れることがないという方は、巫女の方や神主の方と話したり、式の進行を見る機会がないので初めてのことばかりで戸惑うことも多いでしょう。

しかし、巫女の方がしっかりとサポートしてくれますので、落ち着いて式を進めることが出来ます。式はそれほど時間がかかるものではありません。式そのものは三々九度や玉ぐし料の奉納、指輪の交換などで30分ほどで終了します。

お酒の杯を参列者全員で飲むという家と家を結びつける儀も行われます。式の時間は短いのですが、着付けやヘアセットなど準備に時間がかかりますので、朝から神社に赴く必要があります。

神前式の魅力

結婚式の形の中で、日本古来の伝統的なものといえば神前式です。由緒正しい神社で神様のまえで永遠の愛を誓い、結婚の許しを得る日本ならではの魅力があります。清々しい澄みきった空気感の中で、日本の技術と木々に囲まれたその場所はとても美しいオーラに囲まれている気分になります。

そして神前式の大きな特徴としては和装を身に着けることにあります。花嫁だからこそ着ることができる白無垢や色鮮やかな色打掛は、花嫁の美しさを更にアップさせます。清楚でありながら凛とした女性の強さを感じさせるその花嫁衣装は、輝きを放ち多くの人が目を奪われます。

そして普段目にしたり、体験することがほとんどない雅楽の音色や巫女の舞は神前式の醍醐味です。結婚の誓いを読み上げる新郎の頼もしさを感じ、両家の絆を改めて感じさせる神前式は、特に年配の親族からは好評です。そして、近年の和装ブームもあり、若い方たちの注目も上がっています。

日本の伝統や文化のすばらしさを改めて感じ、結婚というものの責任、幸福をしっかりと胸に刻むことができます。結婚式を行った神社はその後訪れるたびにその時のことを思い出し、更に夫婦として家族としての思いを感じ続けることができるのも良さです。

華やかな色打掛け

色打掛けは、神前式での結婚式で白無垢と同格の花嫁衣裳で挙式でも披露宴でも着用できます。カラーバリエーションが豊富で、縁起の良い柄や金糸や銀糸を取り入れた刺繍などがあしらわれ華やかさが魅力です。色打掛けは、「吉祥文様」や「季節柄」と言われる柄が施されています。

春は桜や桃など、夏はアジサイなど、秋には紅葉や萩など、冬には菊や松などの季節に合わせた柄は粋な色打掛けとして人気です。季節を問わない鶴や亀、松竹梅などのおめでたいモチーフの「吉祥文様」には、長寿や美しさ、幸せなどの意味が込められています。

同じ柄でも、色合いや模様の大きさが異なると印象が変わってきます。自分に似合う色打掛けを選ぶ際には、自分の体型に合わせて柄を選ぶことが大切です。一般的には、背が高い人は大きめの柄を、小柄な人は小さめの柄を選ぶと模様を美しく見せることができます。また、色打掛けは帯の上から羽織るため、帯周辺や背中の模様が綺麗に見えるものを選ぶことがポイントです。

色打掛けには色にも意味が込められています。赤には魔除けという意味もありますが、命という意味合いもあります。白無垢から赤の色打掛けにお色直しをすることで「生まれ変わり」を意味するとも言われています。

花嫁衣装に取り入れられることが多い金色は富貴や豊穣などの意味がありおめでたい色です。色や柄の持つ意味を参考に、どんな花嫁衣装にしたいかを考えながら自分に似合う色打掛けを選んでみてはいかがでしょうか?

白にはない黒の魅力!黒引き振袖とは?

花嫁の正装の一つに黒引き振袖があります。引きとは振袖の裾が長く引くように見えることからお裾引き、またはお引きずりと呼ばれる着物の種類の一つです。黒色の振袖は高級感があり、職人の色とりどりの刺繍が芸術品のように綺麗な着物です。柄も桜や梅など日本の模様から薔薇などの洋風まで多様にあります。

その中でも百合などの和柄と薔薇などの洋風を合わせた和洋折衷が人気です。ただの黒色だと思われがちですが、どんな色でも合う黒引き振袖は比翼や帯、半衿など小物類を変えて様々なテイストで楽しむことが出来ることが白無垢にはない魅力です。

着物の柄も鮮やかなものが多く、暗い雰囲気にはなりません。打掛けのように素敵な引き振袖ですが、外で歩く時は腰のところで着物をたくしあげるおからげが必要です。たくしあげ方は専門の介添えの人が教えてくれるため、安心して着ることができます。

室内の座敷では引いて歩くことが出来るため、憧れのお裾引きを体験することもできるでしょう。映画やドラマで見る黒引き振袖はなかなか着る機会がありません。一生に一度の晴れ舞台を華やかな黒とお裾引きで彩ってはいかがでしょうか?スタイリッシュに引き締まって見えるため、神前式で人気があります。

日本の神様の前で愛を誓う。

朱色の鳥居のある神社ではそこをくぐって神様に会いに行きます。長い参道を歩くだけでも気持ちが引き締まり、参詣をした後にはとても晴れやかな気持ちになることでしょう。神前式の良さはそういったところにあるのです。神様はみんなを受け入れてくれて悩みや決意なども聞いて下さいます。

神社は日本の至る所にあって、旅先でも、偶然にでも見つけると手を合わせに行きたくなる不思議な場所です。デートの途中や、お付き合いをしてきた節目の時に参詣している神社はあるのでは。底を自分の結婚式場として選ぶにはとても理にかなったことです。

神前式での新婦の装いは日本の礼装である白無垢などの和装がよく似合いますが、洋装でもいけないわけではありません。式の時は純白の衣装にし、披露宴の時は豪華な色打掛や好きな色のカラードレスにすることもできます。それは新婦がどうしたいのかということで決めることが出来ます。

最近は洋装でのみ、結婚式、披露宴を行うケースが増えていますが、一生に一度のこと、洋装和装どちらの衣装も身に着けてみるのも良い思い出になるでしょう。写真だけに残すことも出来ます。純白の衣装は花嫁さんだけに許された神聖なる色です。現在様々な神社で衣裳込の挙式パックを取り扱っています。多くの衣装から選ぶことが出来ます。

神前式に呼ばれた際の最適な衣装

日本では結婚式というと、ドレスにチャペルで実施するキリスト教式のものが多い傾向にありますが、もともとは神社で結婚式を実施する神前式が伝統的な結婚式であり、最近ではその魅力が改めて見直されてきており、神前式も人気が高まってきています。

けれども神前式となると、儀式などもある厳かな結婚式であるため、いろいろ分からないこともしばしばあります。もっとも儀式などは神社側のスタッフや巫女さんなどが主導してくれるのでとくに勉強する必要もないのですが、衣装についてはやはり気になるところです。

とくに主役の二人が和装であるケースが多いため、そうなると参列するゲストもまた和装でなくてはいけないのかと頭を悩ませることもよくあります。もっとも結論から言ってしまえば、ゲストの衣装については洋装でも和装でもとくに問題ありません。

それゆえに他の結婚式に呼ばれた時と同じで構わないのですが、ゲストでも親族で女性となると、やはりどちらかといえば洋装よりは、和装の方が相応しいとして選ばれる傾向にあります。とくに花嫁と花婿の母親となると留めそでがほとんどで、当事者の親でなくても年齢を重ねた既婚女性では留めそでが多いです。

ただし未婚の女性ならば振袖でも問題ないですし、訪問着ならば未婚や既婚に関係なく、どちらでも着用できる着物として重宝されています。

神前式の後の披露宴は同じ敷地内がいい

神前式を神社で行う場合は披露宴会場をどこにするか考えないといけません。神社から披露宴会場が離れているとゲストの移動手段を用意する必要がありますし、もし天候が悪かったりしたらゲストに負担をかけてしまいます。移動時間がかかると、それだけゲストを拘束する時間も長くなるので、疲れさせてしまいます。

神社に披露宴会場がない場合は、レストランや料亭に移動して披露宴を行わないといけません。その際は一人当たりの料理の金額、個室使用料、サービス料などが必要となり費用がかさんでしまいます。さらに、神社と披露宴会場の日程を合わせる手間もかかります。

神社にすべての設備が整っていれば、挙式から披露宴までのパックプランが利用できて色々な煩わしさが省けます。神前式が行える結婚式場の場合も、ほとんどの会場が施設内に神殿と披露宴会場の両方を持っているので問題ありません。こちらもパックプランが利用できて予算が抑えられます。

神社で挙式を上げる場合も結婚式場で挙式を行う場合も、新郎新婦の着替えや移動時間を考えると、挙式と披露宴会場は同じ敷地内の方がいいでしょう。会場主催のブライダルフェアなどを利用して、下見の時に検討してみてはいかがでしょうか。