簡単に取り入れられるいちじく酢

いちじく酢は、フルーティーな味わいが特徴で、ドレッシングや肉料理、貝類・イタリア料理やフランス料理・白身魚にも良く合います。まろやかで飲みやすく、体に良いお酢のドリンクで、ビネガードリンクにも最適です。

いちじく酢の原料はなに?

原料はいちじくで、果糖が含まれる商品もあります。いちじくからいちじくもろみを造り、さらに発酵と熟成を重ねて造られます。また、いちじくを米酢などの食用酢に1週間ほど浸して造られます。

いちじく独特の香りもあり、酸味は他の甘い酢と変わらないですが、まろやかで、いちじく酢のトロッとした特徴もあります。食物繊維が豊富で、塩とコショウとの相性も良く、料理に適し、特に女性好みの味になっています。

お好みで水・炭酸水・豆乳などに混ぜてドリンクとして飲むのもおすすめです。例えば、「無花果(いちじく)酢いーと」は、尾道産のいちじく「蓬莱柿(ほうらいし)」が原料で、これは、病気を予防する成分が含まれ、ヒアルロン酸が配合されています。

身体にどのような効果があるの?

「蓬莱柿」には抗酸化力の高いアントシアニンが豊富で、あらゆる病気の原因と言われる活性酸素を抑えます。炎症を抑える成分も含まれますが、特に慢性炎症は、メタボリックシンドロームや動脈硬化症などの生活習慣病、発がんにも関わるので、抗炎症作用がある「いちじく酢」はおすすめです。

また、血圧の上昇を抑え、肝機能を改善し、毛細血管を保護します。血小板凝固の抑制、動脈硬化などの生活習慣病予防などの効果もあると言われます。

飲む酢「無花果(いちじく)酢いーと」は、蓬莱柿が原料で、創業430年を誇る「尾道造酢」の酢です。ビネガードリンクで、希釈用なので3~5倍程度に薄めて飲みます。食物繊維も豊富で腸の働きを活発するので、お通じの効果も期待できます。

日々の食事に取り入れやすい味

いちじく酢を使った様々なレシピや、デザートがありますが、アイスクリームやヨーグルトにかけても美味しいです。酢の物やサラダのドレッシング、肉料理や、サバ・白身魚・焼きホタテなどのソースとして、また、炒めたキノコなどにかけてマリネ風にしたり、用途はいろいろです。

キュウリ・ナスなどの野菜の一夜漬け、カレーなどの料理の隠し味、ゼリーや寒天、シャーベットの材料としても相性抜群です。贈り物やお土産にも最適で、酢が苦手な人でも、いちじくが好きな人なら、いちじく酢はおすすめです。

いちじくは薬膳食材で体に良く、夏バテにも効果的です。やわらかい酸味と、優しい香りのいちじく酢は、普段の食事に取り入れやすいので、ぜひお試し下さい。

お酢が本来持つ効果は?

お酢には、食欲増進・疲労回復・殺菌・ストレス緩和・血液サラサラ・高血圧改善・便秘改善・ダイエット・美肌など、多くの効果があります。具体的には、消化の促進になり、胃もたれ予防にもつながり、疲れ目や、肩こりにも効きます。

殺菌効果で、チフス菌・大腸菌・サルモネラ菌なども殺し、風邪や口の中の雑菌も殺すので、口臭予防にもなります。また、自律神経を正常にし、カルシウムの吸収も高めます。寝る前に、コップ1杯の水にお酢大さじ1入れて飲むと、安眠効果で、ぐっすり眠れます。

他にも、血液サラサラ効果により、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・肩こり・冷え性などの予防と改善ができ、干しぶどうとお酢の組み合わせは、ダイエット効果が大きいです。

いちじくが本来持つ効果は?

いちじくには、美肌や便秘解消の効果がありますが、近年では、がん細胞を麻痺させる可能性やガン抑制に効果があると期待されています。活性酸素を抑え、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が強く、美肌やアンチエイジング食材として人気があります。

また便秘解消だけでなく、下痢止めにも良いので、便秘と下痢を繰り返す人にもおすすめです。腸内環境を整えてくれるので、肌荒れの改善にもつながります。

女性の健康にも良く、ホルモンバランスを整えることで、更年期障害や月経トラブル・不妊などの効果にも期待されています。鉄分も多いので、貧血・冷え性予防にもなります。いちじくは果物の中では、体を温める貴重な食材に属しているので、冷えからくる不調にも効果的です。

美容が気になる女性へ

いちじく酢は、酢の効果にいちじくの栄養が合わさり、PMS(月経前症候群)などの女性疾患の改善や美肌効果など、女性に嬉しい美容効果につながります。いちじくの栄養を効果的に摂取できる組み合わせは、女性ホルモンを整えるなら、いちじく・白きくらげ(またはシナモン)・豆乳がおすすめです。

ダイエットには、いちじく・グレープフルーツ(またはバナナ)、アンチエイジングなら、いちじく・ザクロ(またはぶどう・柿)などがあげられます。美容にとても良いので、女性にはぜひ試してほしいです。

一度に食べられなくても、いちじく酢をサラダやマリネなどのドレッシングとして、またはジュースなどにすると、気軽に美味しく摂取できます。

暑い時期にさっぱりジュースがおすすめ

いちじく酢を使ったジュースには、豆乳とハチミツで割ったジュース、水・バナナ・梨・小松菜に、いちじく酢を入れて、ミキサーにかけると、グリーンスムージーにもなります。食欲がない時も、さらっとして飲みやすいです。

また、豆乳といちじく酢は、豆乳もいちじくも女性ホルモンバランスを整え、月経不順や生理痛を和らげるので、女性におすすめしたいジュースです。ヨーグルトやミルクで割ったり、バナナなどの果物を加えても、美味しく、暑い時期にぴったりのジュースになります。

他にも、ソーダや酎ハイにしてもさっぱりしますし、ジュースを冷凍して、シャーベットにアレンジしても、夏は涼しいです。グレープジュースなどで割っても、美味しいですし、組み合わせ自由自在です。

サラダやお漬物にも使いやすい足

いちじく酢を使った、サラダを紹介します。いちじく酢・水・塩・胡椒に、オリーブオイルを入れて混ぜ、玉ねぎを加えてドレッシングを作ります。これを、食べる直前に、トマトとアボカドにかけて、サラダの完成です。

また、塩・酢・いちじく酢・砂糖でマリネ液を作り、プチトマトに漬け込んで冷やすと、マリネ風の出来上がりです。他にも、お酢の定番料理と言えば、酢のもの・酢漬け・ピクルスがあり、漬物だと、きゅうり・にんじん・大根・白菜などがあります。

ゆで卵をジッパー付きポリ袋に入れ、酢を注いで2日ほど冷やすと、卵のピクルスにもなります。青梅と氷砂糖にお酢を加え、広口びんで一年以上漬け込んで保存すると、さわやか味の青梅酢にもなります。

ネット通販で買えるの?

いちじく酢は、ネット通販でも購入でき、福岡県添田町では、ふるさと納税の返礼品にもなっています。ネット通販で、人気の商品は「飯尾醸造 いちじく酢 120ml」648円(税込)です。「無花果(いちじく)酢いーと」も同じ値段で人気ですが、6本セットも販売されています。

愛知県尾張旭市産いちじくを使用した「夢みるいちじく果実酢 」も人気で、800円(税込)です。広島の「尾道造酢 飲むイチジク酢」も500ml・1800mlを、宅配またはネット通販で購入できます。京都の飯尾醸造も、いちじく酢などの通販を行っています。

いちじく酢のギフトセットやレシピ本なども通販で購入でき、領収書が必要な場合は、注文画面の「通信欄」に記入することも可能です。

大手百貨店やセレクトショップでも売れているいちじく酢

大手百貨店やセレクトショップでも好評で、東急ベルセレクトでは「いちじく美人」が1080円で販売されています。伊勢丹オンラインショップ・ オンワード・マルシェ・福岡のチクチックなどでも取り扱われ、ドウシシャリカー・日産商事などのブランド店や、飲食店のドリンクメニューとしても人気です。

また、香川の「まちのシューレ963」は厳選された商品を扱っており、いちじく酢も販売されています。有機・無添加食品で有名な「オイシックス」も、厳選されたものばかりで、女性に人気があります。

他には、空港や温泉の土産コーナー・道の駅・物産直売所・阿蘇ファームランドのような自然健康館でも販売され、農協や一部の酒屋にもあります。