簡単に太ももを細くする方法を伝授!トレーニングからマッサージ・歩き方まで総まとめ

細い太ももに憧れはあるものの、細くするのは難しいとあきらめている方もいるでしょう。実はあきらめる必要はなく、簡単な方法で太ももを細くすることも可能です。では太ももを細くする方法には、どのような選択肢があるのでしょうか。

実は太ももを細くする方法は1つではなく、複数の選択肢が存在しています。例えば効果的なトレーニングを実践する方法もあれば、マッサージで細くすることも可能です。ほかにも毎日の歩き方に注意するだけでも、太ももを細くできます。

複数の選択肢があるからこそ、まずは自分が実践しやすそうな方法から試してみましょう。また実践する場合には、正しいやり方を把握することで効率的に太ももを細くする効果が期待できます。

太ももを細くする方法と悩み

あまり太っていると見られない人でも、少しでも悩んでいることがあるのではないでしょうか。例えば、体の一部分のパーツが太いことが原因となり、悲しみを感じているという人がいます。特に、太ももの太さに敏感になっているという人は少なくありません。

人と比べてみると自分の足が太くて嫌気がさしてしまうという人も珍しくないのです。洋服の下に隠れている足元が見られる機会は少ないのですが、自分の太さが気に入らずに耐えられないと思っている人もいます。

そのような悩みはあまり共有されることはないのではないでしょうか。しかし、実際には悩みを感じている人はたくさんいることで知られているのです。例えば、自分の足元の悩みを語っている口コミも少なくありません。

ダイエットに真剣に取り組んでいたとしても、足が細くならずに困っているという意見が多くあります。体型を見た時には一見細く見える人でも、太ももの太さに悩まされているものなのです。ダイエットをした時に体の全てのパーツが細くなっていけば理想なのですが、実際には足元だけが太いままであることも考えられるのです。

そのような悩みを持っている人の多くは、太ももを細くする方法を知ることに必死になることが少なくありません。

太ももを細くする方法は原因のむくみに対処して

細い脚に憧れるケースも多いため、太ももを細くする方法には注目度も集まっていますが、そのための方法にはさまざまなものがあり、中でも太ももが太くなる理由そのものに対処することで、より効果的に太ももを細くすることが可能となります。

そこで太ももが太くなるおもな理由の中でも、とくに注目したいのがむくみについてです。むくみは体内にある余分な水分が原因であり、本来ならば汗などで体外に排出されるのですが、それが下肢に溜まってしまうことで発生します。

そうなる理由としては、脚はポンプである心臓から離れているために血流悪化が発生しやすく、さらに重力の影響もあって水分が脚に溜まりやすい傾向にあるのです。また血流とリンパの流れを余計に悪化させる原因としては運動不足や冷え、水分の過剰摂取というものもあります。

それゆえにこういったさまざまな要因が存在しており、むくみは脚に発症しやすいといった特徴があり、それによって太ももが太くなってしまうという結果に繋がります。

よって太ももを細くするためには、むくみに対処することがお勧めであり、そのためにはまずは原因となっている運動不足や水分の過剰摂取といった改善出来る部分を改善し、リンパマッサージなどの実施が最適です。

太ももが太くなる原因

太ももが太くなる原因の一つに余分な脂肪がついてしまうことがあげられます。加齢による基礎代謝の低下、運動不足によるセルライトの蓄積です。セルライトは脂肪細胞に老廃物が混ざり、燃焼しにくくなっている状態です。

普通の脂肪は運動などで改善できることも多いのですが、セルライトになってしまった脂肪は燃焼されにくいものです。それが残ってしまうことで太ももが太くなってしまうのです。こうした状況になると見た目の問題だけでなく、血管の流れやリンパの流れが悪くなってしまうので、健康的な問題も起こりやすくなってしまいます。

これがむくみなどを引き起こし、更に太ももが太くなってしまうということもあるのです。長時間のデスクワーク、運動不足、ホルモンバランスの乱れ、糖質や脂質が多い食生活などによって脂肪が付きやすい状態になります。

普段の生活の中の習慣が太ももを太くしてしまうことになるのです。消費カロリーに対しての摂取カロリーが多いと脂肪になりやすいものです。

身体の部分の中でも太ももは、脂肪が付きやすい部分です。生活を見直すことや筋力をつけることなどで改善することはできます。セルライトになる前にしっかりと予防していくことが大切です。

筋肉が原因?太ももを細くする方法

太ももが太くなる原因として、むくみや脂肪のほかに筋肉があります。筋肉が原因の場合は、むくみや脂肪に比べて細くなりにくい印象がありますが、筋肉が原因でも太ももを細くする方法はあります。
筋肉が原因で太くなるのは、運動部であったり無酸素運動を行い過度に筋肉を鍛えることです。

無酸素運動によって鍛えられる筋肉はアウターマッスルとよばれます。有酸素運動によって鍛えられる筋肉がインナーマッスルで、どちらの筋肉も身体を支えるのに重要な筋肉です。しかし一度ついた筋肉は落としにくく、加齢によって衰えますが鍛え方では筋肉がつきやすくなります。

無酸素運動は普段の生活の中でもあります。自転車をこぐのも無酸素運動のひとつですし、階段を駆け上がったりするのも無酸素運動です。無酸素運動ではありませんが、女性であればハイヒールを履くことでも筋肉が付いてしまいます。

ほかにも、正しい姿勢や歩き方をしていないと体を支える足に負荷がかかり、力が入ってしまうために筋肉がつきます。太ももを細くする方法は、筋肉太りの原因となる反対のことをするのが効果的です。

無酸素運動ではなく有酸素運動をするようにしたり、正しい姿勢や歩き方をすることで筋肉太りになりづらくなり、続けることで細くなります。

理想の太ももの太さと測り方

ご自身の理想の太ももの太さの測り方は、まず自分の太もものサイズを知る必要があります。因みに日本人女性の平均的な太ももの太さは、45㎝から50㎝です。それでは、まずサイズを測る為にメジャーを用意しましょう。そして、立ち上がった状態の太ももの太さを測ります。

脚は非常に浮腫みやすいため毎日の推移を記録する場合は、毎回測る時間を決めた上で行うとより正確な数値を取ることができます。また、メジャーで測るときは、メジャーが曲がらないように平に巻きつけ、しっかりフィットした状態で測定する点に注意しましょう。

ご自身の太もものサイズが分かったところで次に行うのは、理想の太ももの太さの計算です。計算はとても簡単で、ご自身の身長×0.3をするだけです。

日本人女性の平均身長は、158.5㎝ですので、158.5㎝×0.3=47.5㎝となり、この数字こそが158.5㎝の女性の理想の太ももの太さということになります。160㎝の方であれば、160㎝×0.3=48㎝となりますし、175㎝の方であれば、175㎝×0.3=52.5㎝が理想の太ももの太さです。

それぞれの理想の太さを知ったうえで、毎日正しい測り方で記録を行いながら理想の太ももを手に入れましょう。

太ももを細くする方法

ダイエットで体重が減少しているにも関わらず、太ももが細くならない人がいます。これはセルライトと呼ばれる脂肪の塊が付いているからです。表面が凸凹しているので見た目も悪く他人の視線が気になるので、長いスカートで足を隠す人もいます。

セルライトは通常の食事療法や運動療法では解消し難いのが特徴です。セルライトが生じる過程で老廃物や脂質を巻き込んでいる上に硬くなっているのが原因です。その他にも冷え症の人やストレスを受けやすい人は血流が悪いので脂質や老廃物が溜まりやすく、セルライトが生じやすくなります。

ストレスは摂食障害を引き起こす可能性もあります。過食症になれば、セルライトを増やすだけでなく糖尿病や高血圧等の生活習慣病になるリスクも高まります。セルライトが減らないのには食生活にも原因があります。

体を冷やす食べ物を多く摂取していたり、むくみの原因となる塩分を過剰摂取している人は注意が必要です。セルライトを減らそうとダイエットで無理をすると結果が得られないだけでなく、健康を害する場合もあります。

セルライトが原因で何度もダイエットを挫折した経験がある人は今までのダイエット方法について見直してみる必要があります。

太ももを細くする方法と揉むこと

太ももを細くする方法を試す時には、セルライトを除去することを意識しておくことが欠かせません。太ももが太いことに悩んでいる人の中には、セルライトの存在が気になっている人も多いのではないでしょうか。

セルライトは放っておいても、自然に消えていくものではありません。きちんと除去するようにしなければならないのです。除去する時には、マッサージをする時に工夫をすることが欠かせません。まず、リンパの流れに沿って体を揉むようにすることが必須です。

リンパの流れに反してマッサージを行ったとしても、あまり効果を感じられない可能性があるので要注意です。リンパの流れは決まっているため、流れに応じた方向に揉むことが大切になります。

それから、揉む時にはセルライトをしっかりと刺激することも欠かすことができません。特に気になる部分には、力を入れるようにして揉むと良いです。その時にも、リンパの方向を考えながら、太ももをさするようにすることも忘れないようにした方が賢明です。

しっかりと太ももの中の老廃物が排出されていくと、無駄なセルライトも減っていくことが期待できるのです。マッサージをする際には、力加減にも気を配ること欠かせません。

正しい筋トレで太ももを細くする方法は?

太ももを細くする筋トレにはスクワットが一番効果的です。しかし正しいやり方をしないと筋肉がついてしまって細くしたいのに太くなってしまう可能性があるので注意が必要です。太ももは身体の中でも大きな筋肉がついて、筋肉が適度についていることによって痩せやすい身体作りにも効果が期待できるます。

間違ったフォームで行うとダイエット効果だけではなく、筋や腰を痛めたりして身体のトラブルの原因になってしまいます。正しいフォームは足を開きすぎず、顎を引かないようにしましょう。このとき視線は正面を見るようにします。

腰をおとすときは、後ろにある椅子に腰かけるイメージで行うと意識しやすくなります。かかとは床から離さずに、ひざとつま先はやや外側に向けます。内側にしてしまうと、膝を痛める原因となるので気をつけましょう。

腰を上げるときは膝を伸ばし切る必要はありません。負担がかからないようにゆっくりと立ち上がりましょう。太ももはお尻とつながっているため、スクワットをすることによってヒップアップにも効果があります。

スクワットをするとき、いきなりやり始めると負担がかかってしまうので、ハーフスクワットから始めてみるのも良いでしょう。

ズボラでも「ながら運動」で太ももを細くする方法

「ながら運動」で代表的なのが、座った状態で電話帳やクッションなど厚みのあるものを挟む方法です。ソファーなどに座った状態で、太ももの内側に電話帳などを挟み、力を入れて落とさないようにします。

1回あたり30秒ほど、1日数回行うと効果が期待できます。テレビを見ながら・本を読みながらできるので、簡単に行うことができます。ほかにも、横に寝そべったまま行うことができる足のばしも簡単です。横に寝そべり、方の下にひじをついた状態で、下になった足をまっすぐ伸ばします。

このとき、上の足は膝を曲げて立てます。下の足を床から斜めに浮かせましょう。太ももの内側で押し出すイメージで行うと効果的です。イメージができないときは、太ももの内側に手をかけたりして意識するようにすると、力が入りやすくなります。

横になったままの方法で注目を集めているのが足パカ運動です。この足パカも横になったまま行うことができます。仰向けに寝た状態で両足を床に対して垂直にのばします。のばした足を横にパカパカと開くだけです。

この方法では太ももの内側と後ろ側に効果があり、筋肉が付きづらいので細く見えると注目を集めています。

太ももを細くする方法として「ながら運動」がありますが間違った方法で続けていると、腰を痛めたり筋を痛めたりしてしまいます。継続することは大事ですが、自分の体調と相談して行いましょう。

太ももを細くする方法と運動

太ももを細くする方法を知りたいという時には、運動をすることに注目すると良いです。適切なエクササイズをする方法を知りたいと思っている人も少なくないのではないでしょうか。そのような時には、自宅や好きな場所で気楽に試すことができる方法を行ってみると良いです。

例えば、自宅でできる運動としてエア自転車があります。エア自転車をする時には、寝転がって自転車をこぐ真似をすれば良いだけです。とてもシンプルで簡単な動きなのですが、ずっと続けていると足がしっかりと鍛えられるようになるのです。

目標を定めた後に、決められた時間内で同じ速度で動いてみると良いです。そうすることによって、しっかりと足の筋肉を鍛えることができるようになります。

また、その他にもエア縄跳びをすることができます。エア縄跳びは、実際の縄跳びの縄を持たずに飛ぶ真似だけをするものです。飛ぶ時には、きちんと腕を回しておくことも欠かせません。

飛ぶ高さを調節したり、手を回す速度に変化をつけると良いです。これらの動きによって、しっかりと筋肉を鍛えることができます。エア自転車やエア縄跳びをする時には、準備をする時間が省けます。気軽にいつでも始められるところが魅力です。

意識するだけで脚痩せ効果アップ

普段の生活の中で、全く歩かないという人は少ないのではないでしょうか。間違った歩き方を繰り返すことで脚が太くなっている可能性があります。正しい歩き方を知る前に、間違った歩き方を知っておくと良いでしょう。

つま先に重心をかけている・内股もしくはがに股になっている・足を引きずりながら歩いている・足の指が浮いた状態で歩いているということが間違った歩き方として挙げられます。このような歩き方をしていると、血液の循環が悪くなり、むくみやすくなるため脚が太くなってしまいます。

正しい歩き方としては、まず、猫背にならないように気をつけるようにしましょう。顎を引いた状態で視線はやや上に向けることを意識するようにしましょう。そして、足を着く時にはつま先ではなく、かかとから着地しつま先に体重を移動させるようにします。

地面から足を話す時には、足の指で地面を押すように意識することで、浮き指を改善することが出来ます。小幅で歩くのではなく、大股で歩幅を広くして歩くようにします。大股で歩くことで、脂肪燃焼効果を期待することが出来ますし、股関節の動きもスムーズになります。

ただし、大股を意識しすぎると逆効果となるため、楽に歩ける程度の大股を意識しましょう。

ダイエットグッズを使えば効率よく太もも痩せができる

太ももを細くする為のダイエットグッズには様々なタイプのものがありますが、中でも人気が高いのがシェイプマシンです。近年の家庭用シェイプマシンは格段の進歩を遂げており、自宅で簡単にラジオ波や電気による刺激を気になる部分に与えることができます。

全身の中でも部分痩せが難しい太ももですが、高性能のシェイプマシンでピンポイントでケアすることで、効率よくダイエットを行うことができます。また、こうしたマシンはテレビを見ながらなど毎日のちょっとした時間で使えるので、忙しい方にも最適のダイエットグッズです。

できる限り安価なダイエットグッズで太もも痩せをしたいという場合には、装着するだけで太もも痩せ効果が期待できるものがおすすめです。装着するだけでダイエットに取り組めるダイエットグッズにはスパッツやレギンス、サポーターなど様々なものがあるので、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

運動が好きであったり体力に自信があるという方は、エアロバイクなどの太ももを集中的に鍛えられる器具もおすすめです。適度な運動はダイエットだけでなくストレス解消にも効果的というメリットがあります。

トレーニング器具を自宅で使う場合には、無理のない負荷から始めるようにしましょう。

太ももを細くする方法と塩分

太ももを細くする方法を試したいと思っている時には、食事の方法に気をつけたいと思っている人は少なくないのではないでしょうか。というのも、摂取するものによって、体に影響を与えることがあるためです。

美味しいものばかりを体内に取り入れるのではなく、バランスの良い食事をすることは太ももを細くする方法を気にしている人の間ではとても重要なポイントでもあるのです。

太ももを細くする方法を試したいと思っている場合には、塩分の量にしっかりと気を遣っておくことが欠かせません。というのも、食事をする際に塩分を摂り過ぎてしまうと、体をむくませてしまう原因となってしまうからです。

体がむくんでしまうことによって、体が太って見えてしまうこともあります。そのようなむくみを防ぐためにも、食事をする時には塩分を控えめにすることが重要なのです。

外食で食べる時には、塩分が多く含まれていることが珍しくありません。それらの食事を続けていると、むくみの原因になってしまうために避けた方が賢明であると言えます。なるべく自宅で食べることで、むくみを回避できるようになるのです。

また、自宅で食事をする時には、なるべく塩を使わずに料理をするように心がけておくと良いです。

太ももを細くする方法とタンパク質

太ももを細くする方法を試したいと思っている場合には、食事の管理を丁寧に行うこともとても大事なことです。というのも、ダイエットをしている時に十分な栄養素を摂取していなければ、健康的に痩せることが難しくなってしまうからです。

太ももを細くする方法を試す時には、きちんと安定した栄養素を摂取して、効果的に食事を取ることが非常に大事なポイントなのです。効果的な食事をしたいと思っている時には、タンパク質を中心とした食事を心がけるようにすると良いです。

というのも、タンパク質をきちんと摂取していると、筋肉を保ちやすくなるからです。人間の体は筋肉の量が減っていくと、脂肪が溜まりやすくなってしまいます。脂肪が溜まりすぎることを防ぐためにも、筋肉の量をしっかりと保つことは欠かすことができないのです。

筋肉量をきちんと維持していくためにも、タンパク質を中心とした食事を心がけることは非常に大事です。太り始めてから食事を変えるのではなく、常に食生活のバランスを良くすることを考えておくことが大事なのではないでしょうか。

好きなものだけを食べるのではなく、栄養価の高いものをきちんと摂取して、体を大事にすることも大事なのです。

霜降り状態の太ももを細くする方法

筋肉が発達することで、太ももが太く見えてしまっているという場合、そのほとんどは肥大化しやすい速筋が発達していることが原因である可能性があります。

速筋は瞬発力を発揮するのに有効な筋肉ですので、以前、短距離走やサッカー、バスケットボールなどの瞬発力が必要なスポーツをしたいた人は発達していることが考えられます。また、骨盤が歪んでいると、体のバランスを取ろうと無意識に行うことで、速筋が鍛えられることが考えられます。

速筋に脂肪がつくことで、霜降り状態となり、ますます痩せにくくなってしまいます。

太ももを細くするには、糖質・脂質を控えてタンパク質を積極的に摂取するようにしましょう。タンパク質は、筋肉の栄養源となりますので、筋肉を肥大化させる原因と思われがちですが、筋肉が衰えると脂肪がつきやすくなりますので、注意が必要です。

筋肉と脂肪がついているような状態の場合は、循環が悪くなっていることがほとんどです。その為、体の循環を良くするためにも体の余分な水分を排出させる作用のあるカリウムを多く含む食品を食べることをおすすめします。

カリウムは水に溶け出しやすいため、長時間茹でたりすることは避けるようにしましょう。