簡単エクササイズで筋肉をつけよう!二の腕に効果的なダイエット

二の腕を引き締めるためのダイエット方法にはいろいろなものがありますが、きちんと続けることができるもの、即効性があるものなど自分にあった方法を探すことが大切です。二の腕を引き締めることでダイエットの効果を実感することができます。

即効性のある二の腕ダイエット

即効性のある二の腕ダイエットはいろいろなものがありますが、大体1週間ほどで効果を実感することができる方法が多いといいます。たとえば二の腕ねじりエクササイズは即効性のある二の腕ダイエットです。ねじる動きのエクササイズをすることで筋肉が引き締まっていき二の腕が細くなっていくということです。

腕をひたすらねじるだけなので呼吸と一緒に行うようにすることでインナーマッスルを鍛えることが可能です。胸を張って頭頂部が後ろに引っ張られるイメージで立ったら肩の関節と肩甲骨を使い、外側に向かって腕をねじるようにします。

このとき鼻から大きく息を吸うのがこのエクササイズのポイントです。そして同じように肩の関節と肩甲骨を使い内側に向かって腕をねじるのですが、このとき口から大きく息を吐くようにします。これだけで1週間という期間で二の腕を細くすることができます。

二の腕ダイエットに効果的なエクササイズ

二の腕を細くするためのダイエットにはいろいろなエクササイズがあります。二の腕は体の中でも痩せにくい部位だと言われており、食事制限などをしても痩せることがないので何とかしたいという人もたくさんいます。なので二の腕に効果があるダイエットのエクササイズを行うことをおすすめします。

簡単にどこでも行うことができる即効性のある二の腕ダイエットというと、後ろで手を振るだけというものがあります。このエクササイズは二の腕を持ち上げると下に向かってたるんだ部分がありますが、その部分に特に効果があるといわれています。

二の腕を引き絞めるためにはこの上腕三頭筋を効率よく鍛えるのがいいといわれているので、簡単でどこでも行うことができるこのエクササイズを行うことですぐに二の腕を細く引き締めることができるようになります。

二の腕にある筋肉を引き締めよう

二の腕ダイエットに効果的なエクササイズにはいろいろな方法があります。たとえばダンベルで筋トレを行うと二の腕をきれいに引き締めることができます。二の腕には力こぶができる上腕二頭筋、腕の外側にある上腕三頭筋の2種類があるのですが、上腕三頭筋に筋肉が少ない状態を二の腕が太いといいます。

なのでダンベルを使った筋トレで上腕三頭筋を鍛えることができればいいということです。まず床に膝をついて、ダンベルを持っていない方の手を床について四つん這いのような格好になります。

そして床についた腕は真っ直ぐ伸ばし、ダンベルを持っている腕は肘が90度になるような姿勢をします。肘の位置は動かさずに肘から先のみを動かすように気をつけながら、ダンベルを床と平行になるまで体の後ろ側へ持ち上げてダンベルを最初の位置まで戻して1回というエクササイズをできる回数だけ行います。

二の腕の裏側に刺激を与えて痩せやすくしよう

二の腕の裏側に刺激を与えて痩せやすくすることもできるといいます。先にも書いたように上腕三頭筋を鍛えることでたるみを改善して痩せやすくなることができます。そのためには上腕三頭筋に効果がある運動で刺激を与えることが大切です。

ワンハンド・フレンチプレスという運動はほとんど上腕三頭筋の筋肉しか使わない運動なので、より集中的に裏側に刺激を与えて二の腕に効果を期待することができます。ダンベル、またはペットボトルに水を入れて使うという方法でも大丈夫です。

1セット20回から25回位できるくらいの重さに調節をして行うか、普段あまり運動をしないという人なら10回行うことからはじめるといいです。はじめから無理をするよりも二の腕の裏側を意識しながらしっかりと行うことが大切です。

バランスボールによるエクササイズ

バランスボールをうまく利用することで二の腕を痩せさせることができるエクササイズもあります。バランスボールは場所を取るのが難点ですが、気軽に体の内側の筋肉を鍛えてることができて痩せやすい体作りに役立つということで人気がある器具です。

体の内側の筋肉と同時に二の腕ダイエットにも役立つバランスボールを使った腕立て伏せを行うことですっきりと引き締まった二の腕にすることができます。まずバランスボールに太ももを乗せて床に両手を肩幅くらいに開いて床につけます。

息を吐きながらゆっくりと上体の上げ下げをして腕立て伏せを行います。これを1セット10回として3セット行います。これだけの運動でもかなり二の腕に効果があるので毎日続けることで二の腕が引き締まって細くなります。

二の腕に脂肪を溜めないための運動方法

二の腕に脂肪があると太く見えてしまうので、脂肪を溜めないための運動を行うことも大切です。簡単で続けやすい方法があるのでまずはきちんと続けて行うようにするといいです。

二の腕の脂肪を落とすエクササイズ方法であり、二の腕の脂肪が溜まりにくくなる運動ですが、椅子に座って基本姿勢をとり、両手は軽く握って肘を90度に曲げて肩の高さまで持ち上げます。

そして肘はその位置で固定して腕を内側にゆっくりと倒していきます。肘を倒したら元の位置にゆっくりと戻していきます。これだけで十分二の腕に効果があるので筋肉を意識しながらゆっくりと10セット行います。きちんと筋肉を意識して行うことで二の腕をほっそりと引き締まった腕にすることができます。

二の腕ダイエットのためのマッサージ

二の腕にある筋肉の上腕三頭筋にはセルライトが溜まりやすいといいます。そのセルライトをなくすためには二の腕を温めること、エクササイズで腕の筋力を使うことが大切だといわれています。

運動をするだけではなく、お風呂で充分に温まった状態でマッサージを行ったり、軽く叩くのも効果があるので続けてみるといいです。二の腕にはリンパマッサージを行うのがおすすめです。保湿をするためにもボディクリームやオイルなどを塗って滑りを良くして行うようにします。

まず片腕を上げた状態で脇の下を円を描くように強めにさすります。そして手首の付け根部分をもう片方の手でしっかり握って手首から肘に向かって絞り上げていきます。同じように肘から脇まで絞り上げて、脇の下まで手がきたら4本の指で脇の下を押し上げます。

そして手首から腕の付け根まで腕の内側から外側にぐるりと雑巾を絞るような感じで揉んでいきます。最後にもう1度手の付け根から肘に向かって絞り上げるようにします。これを各5回行うことで二の腕ダイエットに効果があります。

二の腕ダイエットのポイント

二の腕ダイエットを行うときのポイントは先にも書いたように上腕三頭筋です。この部位を引き締めることで余計な脂肪のないすっきりとした細い二の腕にすることができます。

上腕二頭筋を鍛えると筋肉がわかりますが、普段はなかなか二の腕の裏側にある筋肉を意識することがないのでたるんでしまいます。なのでこの部位を鍛えることでほっそりとしたきれいな筋肉がついて引き締まっている二の腕にすることができます。

二の腕ダイエットのポイントは裏側を鍛えることです。二の腕の裏側は普段は意識していない人が多く、筋肉があまりなく脂肪などが溜まっている状態が多いです。なので裏側を刺激することが大切なポイントであり、二の腕を細くするために必要なことだといえます。

二の腕ダイエットのためには食事も気をつけよう

二の腕ダイエットのためには食事にも気をつける必要があります。ダイエットでは最低限消費カロリーよりも摂取カロリーが超えないように気をつけることが大切です。

高たんぱくで低カロリーな皮なしの鶏肉や牛のヒレ肉、魚介類、大豆食品などを使った食事を積極的に摂取するようにして、糖質が多い食事はなるべく控えるようにするといいです。無理な食事制限をする必要はなく、腹8分目の食事で塩分控えめの和食にすることをおすすめします。

またむくみなども二の腕を太く見せてしまう原因になります。なので余計な塩分を摂取をひかえるようにして、体が水分を溜め込まないように気をつけることが大切です。食事に気をつけるだけでも二の腕を細くすることはできるので意識して食べるようにするといいです。

エステを利用して楽にダイエット

自分だけではやはり二の腕を細くすることはできないというときにはプロの施術に頼るのもいい方法です。エステサロンの施術には痩身のプランに二の腕を細くする施術なども含まれているものが多いです。

なので一度カウンセリングを受けて二の腕の痩身にどのくらいの料金がかかるのか、どのくらいの期間通うことになるのかということを確認しておくといいです。エステならプロの施術でリラックスしながらほっそりとした二の腕になることができますし、余計な脂肪やセルライトなども解消することができます。

体全体のむくみなども改善することができるのできれいな二の腕になることができるようにカウンセリングで相談してプランを決めるといいです。