簡単!手軽にできる縄跳びダイエットのメリットとデメリット

子どものころ、縄跳びをしていませんでしたか。あまり運動量が多いとは思わないで遊んでいたかもしれません。しかし、全身運動ですから、良いダイエットになります。痩せたいと思ったら、楽しみながら縄跳びをしてみませんか。

縄跳びダイエット方法とは?

縄跳びをするだけで良いなら楽しめるので続けられるとは思いませんか。子どものころに夢中になって遊んでいた人なら、とても良いダイエット方法かもしれません。ただ、久しぶりに大人になってからやってみるとかなりの運動量で驚くかもしれません。

やり方は、1日10分間縄跳びをするだけです。1分間に60回飛ぶペースで飛んでみてください。ただ、10分間と言ってもずっと飛び続けるわけではありません。3分飛んで休み、また3分飛んで休み、最後に3分飛びます。

休憩をはさむので久しぶりの縄跳びでも意外とできるかもしれません。これだけで十分ですが、慣れてきたらこの繰り返しの回数を増やしてみましょう。そうすれば、もっとダイエット効果が高くなります。

縄跳びダイエットにはどんな効果がある?

縄跳びダイエットは、なかなか痩せにくいと言われている部分が痩せる効果が期待できます。半そでからはみ出す二の腕がタプタプしていませんか。二の腕を引き締める効果があるので、二の腕をとにかくほしくしたいと思っている人は試してみると良いでしょう。

また、ジャンプをするので下半身痩せにも効果的です。下半身はなかなか痩せにくい場所の一つです。下半身全体を細くしたいと思っている人も多いでしょう。そういう人にも縄跳びダイエットは向いています。

下半身の中でも特に太もも痩せに効果があります。太ももは足の中でも特に痩せにくい場所なので、縄跳びを楽しみながら飛んで太ももが細くなるなんて気にしている人にとっては夢のような話かもしれません。

縄跳びダイエットに必要な回数

1日に何回もとなると大変だと思ってしまいますが、1日10分間を1回で十分です。ただし、最初から10分間飛ぶのは大変かもしれません。3分を1回と考えて最初は3分を1回だけ行うだけでも良いでしょう。慣れてきたら、2回、3回と増やしてみてください。3回やって10分間は飛ぶようにして見ましょう。

最低限必要な回数は、3分を3回です。これだけで十分ですが、どうしても慣れてくると物足りなくなるでしょう。その日の体調に合わせて3分を3回を最低ラインとして、回数を増やしてみてください。

そうすれば、もっと早く痩せられるはずです。慣れていない人は、3分3回を目標にしましょう。必要な回数をこなせるようにコツコツと続けてみてください。

縄跳びダイエットにベストな時間帯

夜しかやる時間がない、朝は運動したいと人によって運動する時間帯にはばらつきがあります。では、縄跳びダイエットをやるなら一体いつやると一番効果的なのでしょうか。忙しい人が多いでしょうけれども、朝に縄跳びダイエットをするのがベストです。忙しい人も10分間時間を見つけてやってみませんか。

朝は空腹状態なので、とても脂肪の燃焼効率が高いです。起き抜けでそのまま縄跳びをやるのは危険なので、コップ1杯の水や白湯などの水分を摂ってから始めましょう。起き抜けの身体は脱水状態ですから、必ず水分を摂取してください。

実は、有酸素運動である縄跳びを飛んだ後の6時間は脂肪が燃焼しやすいので、普通に生活していてもいつも以上に痩せやすくなります。

縄跳びダイエットのデメリットとは

とても簡単で、手軽にできるとはいえ、デメリットもあります。興味を持った人はたくさんいるでしょう。しかし、実際にやろうと思ってもどこでやるかで困っていませんか。家の中で縄跳びをしたくても場所がなかったり、下の階の人がいれば迷惑をかけてしまうでしょう。隣の人もドスンドスンと振動が伝わるかもしれません。

庭があるような人であれば、あまり気にせずに縄跳びダイエットできるかもしれません。近所の公園で縄跳びを飛ぶのも良いでしょう。しかし、それすら厳しい人も少なくないかもしれません。

手軽にできる良いダイエット方法とは言っても、特に都心ではなかなか住宅事情から考えても縄跳びが簡単に飛べないので難しい人は多いでしょう。

縄跳びダイエットは運動不足の人には不向き

ある程度の運動をしている人であれば、あまり問題はありませんが、運動不足の人には不向きです。縄跳びを飛ぶので、どうしても足腰に負担がかかります。子どものころに遊んでいた人が突然、縄跳びを飛ぶと昔とは違うと思うでしょうし、足腰に負担が想像以上にかかってしまったために、体を傷めてしまうこともあるかもしれません。

特に、体重が重たい人は足腰にかかる負担がより大きくなるので他のダイエット方法を選んだほうが良いかもしれません。ある程度痩せて足腰の負担が小さくなったり、運動して足腰を強くしてから縄跳びダイエットに取り組んでみてください。そうすれば、足腰を傷めることもありませんし、全身運動ですから、効率よく痩せるでしょう。

手軽にできるエア縄跳びダイエットについて

縄跳びを持っていない人もいるでしょう。安く買えますが、家の中で手軽にやりたいと思ったらエア縄跳びダイエットをやってみませんか。縄跳びを使わないのでより手軽にできます。また、縄跳びがどうも苦手だという人も縄跳びを持っていませんから、失敗して痛い目に遭うこともないので、安心してできるでしょう。

普通に前向きで飛ぶだけで良いので、エア縄跳びダイエットであっても問題はありません。普通に縄跳びをしていると思ってやってみましょう。

ジャンプはしますから、ドスンと振動が起こるので、周りのことを考えた上でやらなくてはなりません。ただ、エア縄跳びならば、ベッドの上などでもやりやすいでしょうから、足元に気を付けてやってみませんか。

エア縄跳びでも効果はあるの?

縄跳びダイエットなのに、エア縄跳びで本当に効果があるのか疑問に思っていませんか。エアであっても縄跳びを飛んでいるのとほとんど変わりません。縄跳びを持って行っている時と同じように行うので、たくさんカロリーを消費します。だから、エアであっても効果が無いわけではありません。

もちろん、二の腕痩せや下半身痩せ、特に太もも痩せに期待できるでしょう。エアで縄跳びを行っていますので、本当に縄跳びをしている時よりも体の動きを小さくしてしまえば、消費カロリーが低くなるので効果が出にくくなることはあります。

しかし、普通の縄跳びをしている時と変わらない動きでエア縄跳びを行えば、十分カロリーが消費できるので安心して取り組めます。

エア縄跳びの正しい方法

縄跳びダイエットであることには変わりません。だから、普通の縄跳びと同様に1分間で60回飛ぶペースで3分飛びましょう。そして、休憩をはさんでまた3分飛ぶの繰り返しです。手首を回すことも忘れないようにしてください。縄跳びを持っていると思って手首を回しましょう。

ただし、実際に縄を持っているわけではないので、手首を痛めにくいです。うまく縄跳びを飛んでいることをイメージして腕を回してください。そうすれば、普通に縄跳びを飛んでいる時とそん色ありません。

縄跳びダイエットの縄を持っていないだけです。だから、しっかりとジャンプすることも忘れないでください。エア縄跳びを実際にやってみると意外と疲れるでしょう。それくらいしっかりと体を動かしてください。

縄跳びダイエットを効果的に行うには

普通に前向きに飛ぶだけで十分効果はありますが、もっと効果的に行おうと思ったら、二重飛びやはやぶさもやってみましょう。最初は前向きに飛んで、次の3分間は二重飛びにしてみるのも良いでしょう。最後にはやぶさをやってフィニッシュしてみませんか。

もちろん、無理は禁物です。あらかじめ、二重飛びやはやぶさを試しにやって3分間できそうだと思ったら取り入れてみてください。体調に合わせて二重飛びやはやぶさを入れてみるのも良いでしょう。気分転換にもなります。

他の飛び方も交えてみることも考えてみませんか。効果的にはなりますが、体への負担は大きくなりますので気を付けてください。また、縄跳びの後はストレッチなどで体のメンテナンスをしておきましょう。