結婚内祝いでお返しに人気ギフトの相場やのしの書き方

「結婚内祝い」とは、周囲から頂いた結婚祝いのお返しのことです。内祝いの「内」は「家」を指しますが、古くは内輪のお祝いそのものを指していました。現在では内祝いというと、結婚祝をくださった方々へのお返しの意味が一般的となっています。

お礼としてのお返しですので、お祝い事について双方の親世代に事前に確認することが重要です。また、友人や職場などの間でやりとりする場合は、前例にならうことが間違いが少ないと言えます。

せっかくのお祝い事ですので心が通じるように、また、気持ちよく受け取ってもらえるように注意しましょう。そこで、結婚内祝いのお返しに人気のギフトや、金額の相場、内祝いに添えるのしの書き方など、さまざまマナーについてご紹介します。

結婚内祝いをする理由

結婚にともなって、内祝いをしたほうが良いのか、しなくても良いのか迷うという声もあります。なかには式をしていないのでお祝いをもらっていないから内祝いだけ贈るのはおかしいのではと考える人もいます。

そもそも内祝いとはなんでしょうか。それは身内でするお祝いのことで、結婚や出産、長寿などの慶びごとを周りの人たちと分かちあうための、いわゆる幸せのおすそ分けのことです。昔は宴席を設けて招待したり、赤飯などを配ったりしたものですが、いまではギフトを贈るようになっています。

結婚は喜ばしいことですから、その喜びを表すことをためらう理由はありません。両親や友人、会社など日ごろお世話になっている人にたいして感謝の気持ちを込めて贈り物を選びます。また、最近ではお祝いをもらった場合のお返しの意味もあるので、結婚祝いをもらったなら必ずするようにしましょう。

相手との関係によっては別の理由でお返しをするということもありますが、基本的には内祝いとして贈るほうがスマートです。結婚内祝いが絶対に必要かどうかという点では、贈る相手によって変わることもありますが、その結婚が喜ばしいことである、お祝いに感謝しているという気持ちを表す方法の一つとして必要なものと言えるでしょう。

結婚のお祝いのお返しを贈るタイミング

結婚にともなうお祝いをいただいたら1ヶ月以内には内祝いとしてお返しをすることが一般的です。お祝いごとの前後は、忙しい時期でもありますが内祝いを贈ることを想定して段取りよく準備を進めておくことが大切です。

内祝いを贈る相手が職場の関係者や職場の上司である場合には、日常的にも会う機会が多いですので、内祝いは早めに贈ることが望ましいでしょう。上司や職場の関係者にお祝いをいただいた場合には直接お礼を伝えることも大切です。

その際に、後日改めてご挨拶をいたしますという旨のお礼の言葉を伝えれば、お返しの内祝いを贈るつもりであることが先方にも伝わります。職場の関係者や上司などは今後もお世話になる間柄です。後日とはいえ、やはり1ヶ月以内には贈ることがベストといえます。

親戚や身近な友人などにお礼を贈る場合は、名入れの品物や先方の好みのものをチョイスする場合が少なくありません。名入れの品物や先方の好みの品物を揃えることには時間がかかる場合もありますので、事前にどのくらいの手間や時間がかかるか調べ準備をしておくことが大切です。

どうしても、1ヶ月以内に届けることが難しい場合には、親しい間柄とはいえ失礼のないように、お返しが手元に届くことが遅くなり申し訳ない事を伝えておくことが良いでしょう。

感謝の気持ちを込めてなるべく早く

結婚でお祝いを頂いたら内祝いをお返ししますが、頂いた時が結婚式の前後であれば挙式後の一ヶ月を目処になるべく早く用意しましょう。最近は式をせずに入籍のみの夫婦も増えていますので、その場合は入籍後一ヶ月以内にお返しするようにして下さい。

お返しをいつ頃するのかタイミングも重要ですが、それ以上に大切なことはお祝いを下さった方にすぐに感謝を伝える事です。直接お祝いをもらったならその場でお礼を述べて後日改めての挨拶をすることを伝え、もしも郵送で頂いたのであればお礼状をすぐに送るか電話をするようにしましょう。

初めてのことばかりなので分からないことも多いですが、お祝いをもらった時には住所や氏名、頂いた金額などのリストを作成し、結婚式の準備と並行してどんな品物を返すのか夫婦で検討してみて下さい。

結婚の前後は忙しいですから、慌しさにかまけてうっかり忘れてしまうということもありえます。忘れてしまっていた事に気が付いたら、そのときはすぐに手配をしてお詫びの言葉も必ず添えるようにしておきましょう。パソコンが普及して当たり前の時代ですが、手書きの方がやはりよい印象を与えます。忙しい時期だからこそ、余裕を持って祝福をして下さった方々に感謝を伝えましょう。

結婚内祝いで選ばれるギフトとは

結婚内祝いでは何をギフトとして贈れば喜ばれるでしょうか。タオルや食器や雑貨なども挙げられますが、定番として根強い人気のものは食品やお菓子などです。一部では「消えもの」は幸せも消えてしまうと敬遠する人もいますが、実用的で誰にでも喜ばれると人気があり無難でもあります。

食品やお菓子が無難であるというのは、相手の家族構成や嗜好がわからなくても贈ることが出来るという点です。保存のきくジャムや調味料、コーヒーや紅茶などはどの家庭でも消費するものなので無駄になることはありません。

選ぶポイントとしては、少しだけ「いいもの」にすることです。例えば、高級なチョコレートや有名店の焼き菓子など、相手が普段買わないものでもらったらうれしく感じるだろうと思うものです。ほかにも、新郎新婦の出身地の名産品を内祝いにすることも喜ばれます。

珍しい食品やお菓子なら普段食べられないものとして楽しんでもらえることでしょう。せっかくの結婚内祝いなので、もっと二人の特色を出したいと思うかもしれませんが、一番大切なのは相手への感謝の気持ちが伝わるものにすることです。こだわった記念品よりも、相手にとって役立ち楽しんでくれるものを選ぶようにするのがポイントと言えます。

内祝いにカタログギフトはどうでしょう

内祝いは結婚祝いをいただいた方へのお返しという意味が一般的とされています。結婚式にお招きできなかった方などへ贈るのが一般的ですから、内祝いを贈る時期も式の日取りが基準です。結婚式の後なるべく早めに、1ヶ月以内を目安にするといいと言われます。ただし、披露宴を行わない場合も、お祝いをいただいたら内祝いを用意しましょう。

内祝いには、いただいたお祝いの3分の1~半額程度の品物を用意するのが一般的です。しかし、お祝いの金額もまちまちで、一人一人の好みも違うとなると選ぶのが大変です。しかも選んだものが相手に喜ばれるとは限りません。

そんな時は贈った相手が必要なものを自由に選べるカタログギフトがぴったりです。カタログギフトは贈りたい価格帯ごとに選べます。種類も豊富で、定番のものからグルメ限定ギフト、温泉旅行やエステなどを体験できる体験型ギフトなど1種類に特化したものまで様々です。

カタログの装丁もギフトを選んだ後も使えるように、フォトアルバム型だったり風呂敷でラッピングして贈ったりとアレンジできます。また、半返しでお菓子や食器をプラスして送る場合も価格の調整がつきやすいのでとても便利です。贈る方も贈られる方も双方嬉しいカタログギフトを使ってみてはいかがでしょうか。

結婚内祝いの相場や人気のギフト

結婚祝いを頂いたら結婚内祝いをお返しするのが日本の文化・マナーです。では実際にお返しする際には現金でお返しするのでしょうか。それとも品物なのでしょうか。気持ちが大切ですが文化なのでルールがある一定存在します。

内祝いとはそもそもは幸せのおすそ分けです。始まりは家で嬉しい事があった際に近所の方に気持ちを品に変えて渡したことが始まりです。一緒に喜びを分かち合う事が目的であり、現金で返すのではなく品でお返しします。結婚式に出席して頂いた方には引き出物をお渡しします。これが内祝いにあたります。

出席できなかった方や招待していない方からお祝いを頂いた場合、頂いた額の3分の1または半額をお返しします。平均的に出席者は3万円、出席していない方は1万円がお祝いの相場です。その半額ほどの金額で品でお返しします。人気なのは消え物という残らない食品や日用品が定番です。極端に賞味期限が短い物は避け、日持ちする缶詰や日用品ならタオルが人気です。

1セットで用意する事が多いですが、1000円程の小物を数種類盛り合わせてお返しする事も現在は人気です。内祝いをお渡しする場合、のしやお礼状にもマナーがあります。のしの上に結婚内祝いと書き、のしの下に新しい家族の名前を書きます。お礼状にはお礼の言葉と新生活の状況、そして今後もお付き合いをお願いする内容を書き、最後に新住所を記載します。

結婚内祝いに人気のギフト

3000円台から5000円台の結婚内祝いのギフトとして選ばれているものを紹介します。まず最近増えているのが、カタログギフトです。これは、カタログで相手に送られて、贈られた相手がカタログの中から好きな物を選択して注文するというギフトです。

これの良いところは、相手が自分で欲しいと思っている物を選ぶ形であるため、贈る側があれこれ悩む必要が無いことです。人によって好みは異なりますから、その人事に欲しそうな物を考えるとなれば苦労しますが、その手間が省けます。

相手も、もらって嬉しくないものをもらうよりは自分が気に入った物を選ぶことが出来るため、結果的にこのギフトは贈る側と贈られる側双方にとってメリットが大きいギフトです。そして、この価格帯で選ばれる無難なものとしては、どのような家庭でも使用する機会のある日用品です。貰ってもゴミにならないので、無難として選ばれます。

具体例としては、タオルや洗剤などの日用品です。これらは確かに好みが分かれる物ではありますが、他の製品に比べると好みの違いが少ないため、贈られて迷惑を被るといったことがあまりありません。したがって選ばれることが多いギフトになっています。貰った側も変に気を使う必要がありません。

内祝いの人気

内祝いのギフトで5,000~10,000円の相場で人気なのは、カタログギフトです。カタログで選ぶことができるので自分が好きなものを選ぶことができます。人気なのはブランドの皿や果物、肉など食品も人気を集めています。カタログで選ぶことで家族構成や好みに合わせて自宅でゆっくり選ぶメリットもあります。

結婚式会場まで遠い人は重い荷物を持って帰るもの大変ですが、自宅に後日贈られてくるカタログギフトは荷物の負担もないので、高齢の人にも便利に利用できます。内祝いの人気では、ブランドの小皿セットや有名ブランドのジャムのセットも人気です。

ペーパーウエイトもオシャレなものがたくさん揃っているので、自分では買うことができないブランドでも内祝いの贈り物としては最適です。食器や調理器具は女性に人気があり、5,000~10,000円だと上質なものを揃えることができます。

有名お菓子メーカーの詰め合わせセットや、タオルも人気です。タオルは家族で使うことができ質の良いものを揃えることができます。何枚あっても困らないのでタオルも人気です。小さい子供がいる家庭や若い女性には、お菓子の詰め合わせも良いです。ニーズに合わせて広い世代に喜ばれるものを選ぶことがポイントです。

結婚内祝いでの水引とのし

内祝いには水引とのし紙をかけるのが一般的です。水引には、大きく分けて結び切りと蝶結びがありますが、結婚内祝いの場合は必ず結び切りを用います。

理由としては、結び切りは一度結ぶとほどけないということから、カップルが一生結ばれるようにとの願いと、また一度きりで二度と繰り返すことがないようにとの意味をこめるからです。色は金銀か紅白で10本のものを使います。のし紙は贈り物の目的と、贈る人の名前を書くものです。のし紙の上部は「寿」または「内祝い」とし、のし紙の下に新しい姓で名前を書きます。

姓だけを書く場合と夫婦の連名にする場合があります。連名にする場合は、新郎の姓名を中央に書き新婦の名前をその左側に書く方法と、姓を中央に書き、その下の左右にバランスよく新郎新婦の名前を書く方法があります。最近では夫婦の名前を並べた書き方の方が一般的です。

文字は、毛筆や筆ペン、サインペンなどを使って書きます。毛筆や筆ペンの場合は濃い墨を使ってください。太めで誰にでもわかるように楷書で書きます。ボールペンや細めのサインペンなどは使わないようにしてください。水引やのしには地域によってもマナーが異なることもあるため、迷った場合はギフト店やデパートの店員、お互いの両親などの目上の人に相談するようにしましょう。

お礼状を書くときのコツ

結婚祝いを頂いたらお返しとして贈るのが内祝いです。内祝いは一ヶ月以内に贈るのがマナーですので、計画的に前以って準備し、相手に失礼のないようにしたいです。内祝いに添えるお礼状ですが、文章を書くことに慣れていない人にとっては少し難しく感じるかもしれません。

現代はインターネットなどでも様々な例文を見ることができるので、それらを参考にすると良いでしょう。ただしそれに頼りすぎると、どこかで聞いたことのあるようなつまらない手紙になってしまいますので、あくまでも参考程度にするのがポイントです。

内祝いのお礼状になくてはならないのは、感謝の気持ちを表したお礼のことばです。頂いた商品を実際、どのように使わせていただいているかというような内容も含むと、より喜んでもらえるでしょう。お礼状は、相手の方との関係性や年齢層に分けて、その内容や硬めの文章にするのか、くだけた文章にしてより親しみを込めるのかなども違ってきます。

できれば相手のことを思いながら、そこまで気を使って書き分けるのが理想です。目上の人に対しては、今後の新生活に対する自分たちの抱負なども書くと、好印象を持ってもらえるのはないでしょうか。自分のことばで素直な気持ちを綴るのが一番です。