結婚内祝いの人気のお返しギフト&のしやメッセージの書き方について

結婚内祝いとは、結婚祝いをしてくれた方へお返しをする事です。結婚式や披露宴に来ていただいて、お食事してもらったり引き出物がお渡しした場合は、それがお返しになっているので、内祝いの品を送る必要はありません。結婚式のみの参加で結婚祝いをいただき、お食事や引き出物でお返しができなかった方へは、内祝いは必要です。

また、結婚式や披露宴をせずに籍だけ入れたりした場合や、披露宴に呼ぶことができなかった方から結婚祝いをいただいた場合も、内祝いはきちんとしましょう。内祝いをする時期は、だいたい結婚式の日付が基準です。式を行わない人は籍を入れた日が良いのではないでしょうか。

その日から1ヶ月以内にはお返しするようにしましょう。さて、今回は、結婚内祝いの人気のお返しギフトや、のしやメッセージの書き方についてご紹介します。

結婚祝いのお返しはどんなものが良いでしょうか

結婚内祝いとは、結婚祝いをいただいた方にお返しする事です。結婚式や披露宴に列席されてご祝儀をいただいた方は、お食事や引き出物がお返しになっていますので、結婚内祝いの品を用意する必要はありません。結婚式などに列席されなかった方で、結婚祝いをくださった方に贈ります。

どれくらいの品を贈るかと言うと、半返しと言って結婚祝いでいただいた半分程の金額の品を贈るのですが、これもあまり高額のものを贈ると失礼に当たるので、相手の方との関係や地域の慣習などを考慮します。結婚式の当日から一ケ月以内に贈るのがマナーですが、早い時期に頂いた方には挙式前に贈っても大丈夫です。

結婚式が終わった後は、新婚旅行に行ったり、新しい生活が始まったり、バタバタしてゆっくりした時間が取れなかったりしますので、予めどんなものを贈るのかを決めて、結婚祝いをいただいた方のリストを作って準備しておきましょう。でも、どんな品を贈ったらよいのか、今まで貰った事もない方だと分からないですよね。

大丈夫です。インターネットで「結婚内祝い」で検索すれば、山ほどお店のリンクや内祝いの説明が一覧で出てきます。百貨店に行って店員さんに相談すれば、内祝いギフトのカタログを見せてくれたりくれたりします。その中から、あなたがお返しに贈りたいものを、お祝いをくれた方に贈れば良いのです。

結婚祝いのお返しのためのコツ

結婚祝いをいただいたら、一般的には1か月以内にお返しを贈ることが望ましいです。親しい間柄だからといって1ヶ月を過ぎるのは失礼になることもあるので気を付けるようにします。また、お祝いをいただいた場合は、お返しの品物だけを贈るのではなく、お礼の言葉を直接電話で伝えたり、メッセージカードを添えるなどの配慮も必要です。

一般的に予算は頂いた品物の1/2~1/3の金額が目安となります。高額すぎたり、安く済ませたりすると相手に不快な思いをさせてしまう場合もあるため気を付ける必要があります。結婚祝いをいただいてから準備をしていては、1ヶ月以内にお返しすることが間に合わない場合もあります。

お祝いごとの前後は忙しくなりがちですので、事前の準備が大切といえます。前もってどのような品物にするか、どこで購入するか、金額別に目星を付けておきましょう。親せき関係などは、その地域のしきたりや決まりごとがある場合もありますので、十分に両家に確認をしておき失礼にあたらないようにしておくことが大切です。

結婚はスタートですので、良好な親せき関係の始まりとしてもお返しへの準備は慎重に行うようにします。名入りの品物や相手の好みに合わせて品物を届けたい場合にも事前の確認や準備が必要です。メッセージカードや熨斗はどういったものにするかも考えておくとスムーズなお返しにつながります。感謝の気持ちを伝える為のものですので、相手への配慮を忘れないようにしましょう。

結婚祝いのお返しをしっかり準備する方法

まず大事なのが、頂いたお祝いやご祝儀に対してのお礼の気持ちをすぐに伝えることです。親しい友人ならば、メッセージサービスやメールでのお礼が一番早いのですが、親しき仲にも礼儀ありと言うように、出来るならば丁寧に電話などの形で伝えたいところです。

また、上司やお世話になった恩師、年上の親戚の方に対してはメールなど簡略な形式でのお礼は失礼に思われるかもしれません。目上の人からの結婚祝いやご祝儀に対しては、きちんと電話で本人の口からお礼を伝えるのがいいでしょう。

お礼を伝えたら、頂いた結婚祝いやご祝儀が誰からのもので、どのタイミングで頂いたのか、そして何を贈ってくれたのかを出来るだけはっきりさせて書き出しておきましょう。結婚式への出席の有無などもチェック項目の一つとなります。お返しを送る際に必要な住所も、このタイミングで調べておくと後々スムーズに事が運びます。

結婚祝いのお返しを送るためには、頂いたものの金額を調べることも必要になります。贈り物とお返しのバランスが取れていないのは不必要なトラブルの原因にもなってしまいます。金品以外での形ならば、インターネットで品物を検索し、おおよその金額を把握しておきましょう。お返しの目安金額がわかります。

相場から外れない金額にする

結婚祝いを頂いたら、ありがたく受け取るようになりますが、もらいっぱなしにしておくわけにはいきません。きちんとお返しをするのが礼儀ですので、結婚内祝いを渡すようにしましょう。多くの人から結婚祝いを頂いた場合、一人一人にお返しをするのは大変ですが、それぞれにお返しをするようになります。

お返しをする金額は、結婚祝いをくれた人すべてに同じ金額というわけではなく、もらった金額に合わせて決めなくてはなりません。全ての人が同じ金額をくれているわけではありませんので、同じ金額のものを渡すのは失礼になるからです。結婚内祝いの一般的な相場は、頂いた金額の半分程度から三分の一程度ですので、そのくらいの金額で用意しなくてはなりません。

誰にどれだけもらったかによって、金額を決めなくてはなりませんので、お祝いをくれた人をリストアップして、金額ごとに整理しておくといいでしょう。同じ金額の人で分けて商品を決めるようにすれば、1人1人に決める必要はありませんので、商品を選びやすくなります。

店頭で商品を選ぶ場合は、リストアップしてから行くようにしておけば、商品を早く選ぶ事が出来ますし、発送も手間取る事もなく行えるでしょう。

結婚祝いのお返しである内祝いののしはこう書く

本来の結婚内祝いは、自分たちの喜びを分かち合う意味で配っていましたが、最近ではお祝いを頂いたお返しという認識で渡されます。結婚祝いは、結婚する二人にお祝いの気持ちを込めて家族や友人、知人が贈るもので、結婚内祝いは新郎新婦がお返しをするものです。具体的には、結婚式で渡すご祝儀が結婚祝いとなり、帰りに渡される引き出物が結婚内祝いということです。

結婚内祝いは慶事なので、のしと水引が印刷された「のし紙」を使います。水引きは紅白か金銀のもの、本数は10本、結び方は結び切りを選びましょう。結び切りは端を引っ張ってもほどけない結び方なので、「一生結ばれる」という縁起の良い結び方で、婚礼に使われます。

結婚内祝いの表書きですが、水引きの上には「内祝」や「寿」として贈り物の目的を書きます。水引きの下には贈る人の名前を書きますが、結婚式の後に贈る場合は新しい姓のみか、夫の姓名とそれに並べて妻の名前を書きます。

印刷されている水引きやのしに、うっかり文字が重ならないよう気を付けましょう。また、水引きの結び目を縦の柱として、それを基準にしてバランス良く書くことで上手に仕上がります。サインペンでも良いですが、毛筆や筆ペンを使って楷書で丁寧に書きましょう。

結婚内祝いギフトや文例などについて

結婚祝いを頂いた場合にお返しをする結婚内祝いには、マナーを守って出すことになります。相場は3分の1から半額程度が目安となっています。結婚内祝いギフトの渡し方とお礼メッセージの文例を紹介しますと、ギフトは直接である必要はありません。

というよりも、そもそもが出席することができなかった人に渡す物で、遠隔地に住んでいる人も多いですから、ギフトを配送して送るので構いません。オンラインストアで購入することができたりと、最近は購入しやすいです。

挨拶の文例としては、最初に拝啓や謹啓などと書き時候の挨拶を入れて、丁寧な文章でお礼の言葉を述べていきます。ここまでの流れをまとめると、「謹啓、○○様におきましてはご清祥のこととお喜び申し上げます。この度は私共の結婚に際し過分なお祝いを賜りありがとうございました。」という形になります。

そして、お礼にお返しを贈る旨を記載します。「お礼の印に心ばかりの品をお送りさせていただきます。ご笑納いただければ幸いです」というようにまとめます。後は、結婚後にどういった状態であるのかということを書いていきます。つまり近況です。これらは各人の状況に応じて異なるため、自分の状況を書き記しましょう。

贈ると喜ばれる結婚祝いのお返し

結婚祝いをもらった場合は、お礼のお返しをどうするかで悩む人も多いです。結婚祝いをもらった人によってもお返しの内容は変えなくてはいけないのも頭を悩ます理由の一つでしょう。披露宴には招待できなかった人や、招待をしたけどご祝儀や結婚祝いを貰った場合もお返しをする必要があります。

結婚披露宴はしなかったけど、お祝いを貰った場合もお返しをすることが大事です。お祝いを貰った人のリストを作っておくとお返しを忘れることがありません。結婚内祝いの相場は、結婚祝いやご祝儀の半分から3分の1と言われています。ただし相場は目安なので自分が贈りたい物や、相手が興味を持ってくれそうな物を相場を気にすることなく贈ることが大切です。

最近は結婚内祝いとしてカタログギフトを贈る人が増えてきました。自分の好きな物を選べるのでとても人気です。カタログギフトはいろんな種類があるので、貰ったご祝儀やお祝いの額に合わせたカタログギフトを選ぶこともできます。

カタログギフトは贈る相手によって金額コースを変えても、周りの人にはわかりにくいので便利です。上司には1万円コースのカタログギフトを選び、友人には5千円コースのカタログギフトを選ぶことも可能です。

実用的なものはやっぱり喜ばれる

結婚祝いのお返しを贈るなら、せっかくならば喜んで使ってもらえるものを、と考える方も多いと思います。やっぱり実用的な生活用品は相手の方に喜んでもらえる可能性が高いです

。生活用品にもいろいろありますが、デザインなどが多様で、選ぶ楽しみがあるものの方が、贈る側としても贈り甲斐がありますし、もらう側もその選んでもらった手間を喜べるのではないでしょうか。そういう生活用品の代表が食器やタオルと言えるでしょう。

食器は、あまりにも主張が強すぎるデザインだったり、あまりにも変わった形だったりしない限りは、案外いくつあっても嬉しいものです。センスのいい、使いやすいデザインのものを選べば長く愛用してもらえること間違いありません。使う時に贈ってくれた二人のことを思い出して、幸せを祈ってくれるかもしれません。

タオルも、いくらあっても困らないものの一つです。サイズや色、柄などが非常に多様で、とても選び甲斐があるギフトと言えるでしょう。これもセンスのいいものを選べば、気に入って使ってもらえることでしょう。タオルというのはその感触の良さも大きな魅力です。その使い心地の良さに、贈った人の感謝の気持ちをこめることができます。

相手の好みに合わせて選ぶ

結婚祝いのお返しとして人気のギフトには、食品やお菓子などもあります。高級感がある物が人気で、老舗ブランドのつくっている食品や有名パティシエが手掛けたスイーツなどです。お酒が好きだという人には、日本酒やワインなどをお返しにしても喜ばれます。

結婚祝いのお返しを選ぶ際には、相手の好みの物を選ぶということがポイントになります。甘い物が好きな人にはスイーツがオススメですし、料理をするのが趣味という人にはブランド肉や調味料など食材を選ぶと喜ばれます。家族が多いご家庭には皆で食べられるようなものを選ぶ必要があります。

それから季節によっても、人気のギフトには違いがあります。暑い夏の時期には、涼しさが感じられる水ようかん・ゼリー・アイスクリーム・フルーツジュースなどが人気です。特にゼリーやアイスクリームは、お子さんのいる家庭に喜ばれます。冬の時期であれば、カニや鍋セットなどを送る人も多くなります。

ただし、健康志向の人には甘いお菓子などは敬遠されることもあるので注意が必要です。特に健康診断などで血糖値やコレステロール値が悪かった人などは、食事制限を行っている場合もあります。ですから普段の食生活をさりげなく聞いておくことが大切です。

結婚祝いのお返しに最適なもの

結婚祝いのお返しに何を選んだらいいのかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、コーヒーや紅茶、お酒などの嗜好品です。直接会って渡せる方はもちろん、遠方なので出席できないけれどお祝いをいただいた方に、消費期限を気にすることなく贈ることが出来るからです。

また保存期間も長いので、家族構成を選ばないということも大きなポイントです。なかなか自分では購入できない、こだわりの逸品や名店のセレクト品などは喜ばれるものです。センスのみせどころでもありますから、贈られた方が笑顔になるようなものを選ぶのも楽しい時間です。

コーヒーや紅茶は、朝食時だけでなく職場の休憩やブレイクタイムなど、さまざまなシーンで楽しむことが出来ます。お酒は体質にもよりますが、仮に贈られた方が飲めないとしても、家族や友人と楽しむことが出来るのでもらって困るということも少ないです。

また、贈られたお酒を一緒に楽しもうと、新たに集まる機会も増え絆も深まります。リラックスタイムを考えた結婚祝いのお返しをもらうのは、とても嬉しいものです。コーヒーや紅茶、お酒を楽しむときに、結婚式の幸せな姿を思い出してもらえるのではないでしょうか。