結婚式でお渡しする引き出物!親族・友人・上司への金額相場

結婚式で渡すことになる引き出物。基本的には目上の方にはより良いものを贈る傾向にあります。ただ、良いものと言っても全く使わないようなものをあげても意味がありません。きちんと送る人のことを考えて選ぶことが重要です。

今回はそんな悩みのタネである引き出物について、皆さんが悩むだろうところをピックアップしてまとめました。例えば、親族や上司、友人に贈るものはどの程度の相場が適切なのか、どんな商品が今トレンドなのかなどさまざまなトピックがあります。

ぜひ、これを読んで引き出物を贈るときに失礼のないようにしてください。ご祝儀という大金を貰っている以上、こちらもきちんとした対応をしてそれ相応のものを贈る必要性があります。正しい相場感覚を身に着けましょう。

引き出物の金額の相場は?

引き出物の金額の相場は、披露宴の食事の金額の3分の1ぐらいと言われています。15,000円の食事でしたら5,000円くらいが目安という事です。お祝い金の相場が30,000円くらいとして、お食事と引き出物で3分の2ぐらいお返し感じです。もちろん人によりますので、食事が30,000円だけど引き出物は5,000円にしたという方も、もちろんいらっしゃるでしょう。

また、一般的に、夫婦で出席される方と、親戚や上司には友人達よりも金額を高めに設定する事が多いです。引き出物はひと家族一つですので、夫婦で出席される方は二人で一つになるからです。親戚は高額のお祝いをいただいている場合が多いので、他の方よりも多くして、心持お返しを多くします。

上司はスピーチや乾杯の挨拶などお願いするすることが多いですし、上司との今後の関係にも関わりますので、他の方よりも気を遣う方が多いのです。もちろん、食事の金額に対する金額の比率も、親戚や上司に渡す引き出物を他の方達よりも金額を上げるかどうかの判断は、新郎新婦で相談して、最終的には招待する側が決定することになるでしょう。

大切なのは、おもてなしの心です。立場や環境は人それぞれ違います。相場やマナーなど参考にして、親御さんにも相談して、ご自身で決められるのが良いと思います。

引き出物に対する配慮

結婚式に来てくださった方に感謝の気持ち、そして夫婦となる挨拶の気持ちを込めて新郎新婦から引き出物を渡すのが通例です。地域の慣習や両家の考え方など、内容はそれぞれですが、多くは新郎新婦が考えてゲスト方々に贈るものです。引き出物は相手のことを考えて満足してもらえる内容の品物を選ぶことが大切です。

しかし、結婚式のゲストは性別や年代、新郎新婦との関係性、既婚未婚などそれぞれ環境や状況が違います。また関係性によってそのお祝いの金額にも差があるものです。ですから、引き出物はその方に適した金額のものを選ぶことが良いです。多くは親族の方々用、上司の方々用、友人向け用というように3パターンに分ける方が多いのが現状です。

引き出物の内容としてはおみ物は持ち帰っていただく際に大変な思いをさせてしまう、新郎新婦の名前入りの品物はその後使用しづらいなどの声が多いことから近年ではカタログギフトなどで好きなものをそれぞれ選んでいただくのが人気です。

そして、渡す相手によって金額設定を変えるということが多いです。あとは、贈り分けの方法として多いのが上司などに対して品数を増やすということを行っている場合もあります。いずれにせよ、相手に対して失礼のないように、そして感謝の気持ちが伝わる引き出物選びをするべきなのです。

引き出物の金額の相場って?

結婚式にはたくさんの大切な方が来て下さいますが、御友だち、上司、親族と、持って来て下さるご祝儀の金額もそれぞれにある程度決まっているものです。親族の場合は奥さんと旦那さんとお二人で出席される場合がほとんどで、そのために金額は大きくなるのが普通です。

ですから、親族の場合は金額的には友人と同じランクのもので良いのですが、年代によっても好むものは変わりますので、注意は必要です。御友だちの場合は結婚のピーク時には1年に何度も行くくらいにもなりますから、同じようなものをそれもたくさんもらっても困ります。

引き出物は新郎新婦が大切なゲストの方々のために一生懸命選んだものを送るべきですが、よほど、先頭きっての結婚でない限りは自分でほしいものを選んでいただけるカタログギフトが最適で歯ないでしょうか。親族の方々の場合は上品で自分ではなかなか買わないようなものが良いです。

上司の方に対しては、ご祝儀もおひとりで来られているにもかかわらず多い目であることが多いので、引き出物も少し高い目のものが良いでしょう。お友達や親戚が3000円くらいのものとするなら、5000円くらいのものが良いということになります。何にするかはいくつあっても困らないような上質なものが良いでしょう。

上司に贈る引き出物は何を選べばいいか

結婚式では、親族や友人だけでなく会社で日頃お世話になっている上司を招待することも多いです。結婚式で引き出物を贈るときの相場は、相手からいただくご祝儀の10分の1程度の金額とされています。地域や上司の会社での地位や役職、会社の決まり事などで金額は多少異なってきますが、同じ会社の同僚や部下とは差をつけて、ランクアップしたものを贈るのがマナーです。

上司が部下の結婚式に出席する際のご祝儀の相場は、5万から10万ぐらいになっています。そのため、5千円から1万円程度の引き出物を上司には用意しないといけないことになります。上司にスピーチや乾杯前の挨拶を依頼した場合には、その感謝の気持ちもこめて引き出物にお礼状を添えたり、お車代を用意するなどの気遣いも必要です。

お礼状は、新郎の上司の場合は、新婦が手紙を書きます。新婦側の上司であれば、新郎がお礼状をしたためるのがマナーとされています。お車代の相場は、主賓の方には1万円が平均相場です。

上司に贈る引き出物選びの注意点としては、スリッパや靴、靴下などの「踏みつけるもの」は選んではいけないとされています。履物関係がタブーであるのは、「踏み台」を連想させるためです。

引き出物の相場はどのくらい

引き出物は結婚式や披露宴の際に招待客からのご祝儀のお礼としてお渡しするのが一般的です。ただこの引き出物ですが、地域やその家々の慣習によってパターンが異なりますし、お渡しする相手によっても金額が異なってきますので注意が必要です。

友人や同僚などの新郎新婦と同列の立場の方々に対する引き出物は親族や勤務先の上司などに比べると、少し金額を押さえめにする傾向が多く、その理由は上司や親族よりもご祝儀の金額が低いため、それに合わせた金額でお渡しする方が多い為のようです。

友人や同僚などのご祝儀の相場は一般的に30,000円の場合が最も多く、そのご祝儀に見合う相場はおおよそ3,000円から7,000程度が一般的です。結婚式は沢山の出費が重なるため、できれば節約をしたいところですが、引き出物の金額を節約しすぎてお粗末なものを招待客へお渡しするのことのないようにしたいですね。

また過去に自分が出席した結婚式の相場を参考にするのも良いアイデアです。ここではご祝儀制の結婚式について説明しましたが、北海道のような会費制の結婚式の場合はまた少し事情が異なります。会費制の場合はご祝儀をいただくことがないため、引き出物もご祝儀制に比べると少ない金額で済ませるのが一般的です。

引き出物の相場は消耗品

結婚式で皆さん悩むのが引き出物。中にはもらったものの使い道に困る、という経験もあるのではないでしょうか。ここで相場となるものをご紹介していきます。引き出物はゲストが自分で持って帰ります、出来れば皆さんに喜んでもらいたいですね。そこでおすすめなのは、消耗できるものです。例えばタオルなどはいくらあっても困らないということで、喜ばれることが多いです。

品質の良いタオルは使い心地も良く、お気に入りの一枚になることも。バスソープなどを添えるのも良いですね、やはり普段自分では買わないものは喜ばれます。消耗品の良いところは、男性女性問わずに使えることです。ゲストの好みをしっかりと把握できている場合は、個人に合わせた物を選ぶと喜ばれます。

女性であればハンドケアセット、男性にはシューズケアセットなども良いです。またあまりかさばらずに、軽いものという配慮もあるとゲストも嬉しいものです。

披露宴後に2次会に参加する人や、どこかお店に入っていくという人も少なくありません。ですので帰る時のことまで含めて引き出物を考えると、素敵なおもてなしになります。消耗品を選ぶ際には、しっかりとゲストのことを考えることが大切です。

引き出物の定番

自分で好きなものを選択することができるカタログギフトは、引き出物の定番になっています。カタログギフトが人気の理由は、まず持ち運びがしやすいため招待客に負担をかけることがない点です。招待客の引き出物で嫌われるものは、重量のあるものや割れやすいものなど自宅に持ち帰るまでに気をつかわないといけないものです。

結婚式に来られる女性のパーティー用の高めのヒールを履いていることが多く、重たいものを長時間歩くのがとても苦痛に感じます。男性も披露宴後の二次会に参加される場合は、次の会場まで引き出物を持ち運びしないといけないため大変です。

カタログギフトのほかの利点は、招待客に品物を贈り分けする場合でもギフトの重さや大きさが同じであるため引き出物の金額の差を知られるおそれがない点です。カタログギフトは、価格ごとに掲載されている商品のランクが違っています。安いものは3000円前後からあり、高いものは数万円の価格の品物が掲載されています。

招待客にいただくご祝儀の額や関係性に応じて贈り分けを簡単に行うことができます。若い年代にはカタログギフトは人気がありますが、年配者の方はカタログギフトになじみがなく、昔ながらの縁起を担いだ品物を好むことがあります。その場合は、カタログギフト以外に何品か品物を付け加えるなどの配慮を行うと喜ばれます。

引き出物にインテリアを選ぶときには

結婚披露宴の引き出物にインテリアを選ぶということは、その後にも自宅に飾って使ってもらえるというメリットがあるものの、人によっては趣味や好みが分かれる部分でもあるので、気に入ってもらえなければ飾ってもらえずにそのまま箱に入れたまましまわれてしまうことにもなってしまいがちです。

引き出物は、会費制の結婚式となると全員に同じものを用意するということもありますが、その相手との関係によって値段を3種類ほどに分けて用意されることも多いものです。しかし、3つの区分で用意したとしても気に入ってもらえない人が出る可能性があるので、無難であることが使ってもらいやすくもなってきます。

せっかくの自分たちの記念となる結婚披露宴の引き出物と思うと、特別感を出したいと思って凝ったデザインのインテリアを選んでしまいがちです。しかし、凝るのはデザインではなくブランドやちょっとした使い勝手の良い工夫などの面で取り入れるようにし、ベーシックな色で形もシンプルなものが向いています。

また、引き出物をもらう人は3世代で暮らしている人もいれば一人暮らしの人もいるので、さまざまな生活様式の人にも合うようなアイテムを選んでみるといいでしょう。

質の良い物を選ぶのがポイント

人気が高い引き出物の一つに、タオルやバス用品があります。バスタオルやフェイスタオルは、手を洗ったりお風呂に入った時など毎日使うものです。使用頻度も高いので、一日に何度も使うことも多いと思います。タオルは何枚あっても困らない消耗品なので、ギフトとして人気があります。シャンプーやコンディショナー、石鹸、ボディソープなどのバス用品もとても喜ばれます。

引き出物にタオルやバス用品を選ぶ際には、普段使う物とは違う高級感のあるものにするのがオススメです。質の良いものは肌触りなども違いますし、せっかくギフトとして贈るのであれば普段使いのものよりもワンランク上の物が良いのではないでしょうか。

同じ金額で枚数を多くした方がいいのではないかと考える人もいるかもしれませんが、普段と変わらないタオルだと安っぽい印象になってしまうこともあります。タオルにはブランド物などもあるので、そういった物を選ぶとより高級感が感じられます。

また、様々なデザインがありますが、使う人の好みなどもあるのでベーシックな色やデザインを選ぶのが無難です。あまり個性的な柄だったり、鮮やかすぎる色だったりすると好みに合わずに使われないこともあります。

日常生活で使うことができる引き出物

結婚式の引き出物で昔から定番のものとして、食器やキッチン用品があります。食器やキッチン用品は、年齢や性別に関係なく頻繁に使用することが多いため、ゲストとしてもうれしい品物です。ハイブランドのマグカップやお酒が好きな方へ贈るのであればワイングラスなども喜ばれやすいです。

食器類を贈る場合の注意点としては、大皿などのかさばるものよりも小皿や箸置きなどの小さい物の方が収納スペースを考えなくてよいのでおすすめです。特に一人暮らしをしている方に大皿を贈っても使い道に困ることが多いです。そのため、食器類を贈るときには相手のライフスタイルや家族構成にも気を配る必要があります。

食器類を選ぶときには、なるべくデザインが個性的なものよりもシンプルなものの方がゲストに評判がよいです。また、毎日使うことを考えると食器洗い機や乾燥機に対応しているものやレンジで温めることができるものを選ぶと気が利いていると思われやすいです。

贈る相手が、主婦や料理好きな方であればキッチン用品もおすすめです。ただ、キッチン用品でも「縁を切る」イメージが強い包丁やキッチンばさみなどの刃物類は避けた方が無難です。年配者の方には、高価な和食器も人気があります。