結婚式でのお礼やお車代の金額や包み方・渡し方のマナーについて

結婚式や披露宴を挙げる時は、仲人や披露宴での司会や受付などを頼んだ方にお礼をしなければなりません。その相手に寄って、渡す人や金額、タイミングなどが変わってきます。例えば仲人に渡すお礼は披露宴後に別室で、両家の両親から渡すのが一般的です。司会を頼んだ相手には、結婚式前に両家の親から渡します。司会は大役で事前準備も大変だからです。

司会のお礼は3万円が一般的ですが、友人に頼んだ場合はご祝儀をくれている場合が多いので、お礼の金額に2万から3万上乗せします。こんな細かい決まりが他の受付や余興を頼んだ方へのお礼でもあるのです。

また、遠方から来られた方や、自分が必要だと思った相手に、交通費としてお車代を出すことがあります。これも親族か友人かで渡し方が違ったりします。結婚式でのお礼やお車代の渡し方のマナーについて、今回はご説明いたします。

お礼の気持ちを込めてお車代を渡す

結婚式では受付を担当して結婚式の運営を手伝ってくれた方や新郎新婦とゆかりのある上司や恩師など主賓となる方はもちろんのこと、乾杯の音頭や祝辞を依頼した方であれば自宅から式場までタクシーやハイヤーを往復で利用したと想定してお車代を渡すのがマナーとされています。

また、遠方からわざわざ来てくれた方には交通費、宿泊費の実費としてお車代を渡すケースもあります。新郎新婦と相手との関係によってボランティアベースでお手伝いして下さるという意思からお車代を渡すのを断られたり、逆に日頃からお世話になっている方であればお礼の意味を含めて失礼の無い範囲で増額して渡す事もあります。

肉親や親友など金額の話をフランクにできるような親密な関係性であれば交通費や宿泊費の具体的な金額を聞いて直に相談する事も不可能ではありませんが、目上の方に対してそのような話をするのは失礼にあたる事もあり金額や渡すタイミングなど頭を悩ませる事も少なくありません。

いずれのケースにおいても毎日の忙しい合間を縫って新郎新婦の新たな門出を祝福するために駆けつけ、無償の彩を添えて頂いたひとりひとりに心から感謝し丁寧にご挨拶をしながら対応する事が大切です。

結婚式のお車代を渡すタイミングについて

結婚式では親戚から友人、勤務先の関係者など様々なゲストを招待する必要が出てきます。ゲストの中には飛行機や新幹線を利用して遠方から来ていただく場合もあるため、そういったゲストに対しては交通費やホテル代等の宿泊費をお車代としてお渡しするのがマナーです。

また主賓や乾杯の挨拶をお願いするゲストに対しても、お住まいが遠方でなくてもお礼としてお車代の名目でお渡しすることもあります。それではお車代をゲストへお渡しするタイミングですが、主賓や乾杯のスピーチをお願いするゲストと遠方のゲストに対してお渡しするタイミングが異なってきます。

主賓や乾杯のスピーチをお願いするゲストにたいしては、ゲストの受付後に両家の親から挨拶もかねてお渡しするの一般的です。なるべく周りから目立たないようにスマートにお渡しするのが重要ポイントとなります。

遠方からのゲストに対しては受付係から受付時に直接手渡してもらうのが、もっともスムーズな渡し方といえます。その際に、せっかく用意したお車代をスムーズにお渡しできるように、また渡し忘れがないように事前にリストを事前に作っておき、受付係にそのリストに沿って手渡してもらうようにしましょう。

受付にお願いして配慮ある渡し方を心掛ける

結婚式において、特に遠隔地からの来賓はお車代を渡すことが礼儀ですが、周りの目がある中、人前で堂々と渡すのは配慮に欠けるために受付時にさりげなく手渡しで渡すことが必要です。それは、お車代は遠隔地からの来賓やあいさつを依頼した来賓など一部の人のみにしか用意されないため、渡された方が周りから見られると気を遣うからです。

お車代の渡し方としては、受付をお願いしている友人等から渡してもらう方法が一般的です。よって渡すタイミングとしては、受付時に来賓から祝儀をもらい、氏名や住所を記載してもらった後、席次表と一緒にお車代を渡すべきです。これは結婚式当日は、主役である新郎新婦が直接渡す時間はないために受付に渡してもらう必要があります。

もし、事前に来賓の方が新郎新婦と会う機会があれば、その機会に新郎新婦から渡す方法もあります。急遽渡すべき来賓が諸事情で結婚式会場に遅れる場合は、受付担当の人は、渡しそびれがないように新郎新婦の家族に渡し、来賓の到着が遅れる旨を伝え、来賓が到着後お車代を直接渡してもらうようにするべきです。

特に、お金の問題は後々トラブルに発展する可能性もあり、受付は結婚式が始まった場合は終了するので、その後は家族に引き継ぐことが無難であり注意が必要です。

受付のお礼は3000円から5000円が相場

結婚式ではお世話になった人に対してお礼の気持ちとしてお車代を渡しますが、受付を担当してくれた人にどのくらいの金額を渡せばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。お車代は実費としての意味合いも含んでいるので、渡す相手によって金額設定の線引きが難しいですよね。

お礼の意味合いの場合は祝儀相場との兼ね合いで金額設定を考えますが、実費の意味合いの場合は直接的で友達や親戚など事情のわかった関係であることが前提になります誰にいくら渡すべきか気になるところですが、受付を担当してくれた人の金額相場は大体3000円から5000円程度です。

一般的に受付を担当した友達にお車代としてお礼する場合、3000円から5000円の金額設定が多いです。結婚式の受付担当は、入口で芳名帳への記帳のお願いと祝儀を受け取る重要な役割を担っています。
通常、現金か喜ばれる品物でお礼をするのが普通ですが、お金を渡す場合の表書きは御礼と記して下に頼んだ側の名字も記入しておきます。

お車代は結婚式の成功をスタッフにお願いする意味も込めて、今日はよろしくお願いしますと言って、最初の挨拶時に渡しておくことです。お礼を手渡す時は頼んだ側の親から挨拶をかねて手渡しするのがマナーで、お金だけでなくその時に品物も一緒に渡すと良いでしょう。

遠方から結婚式に来てくれた人へのお車代

学生時代の友人などの場合、中には結婚や就職などにより遠方に住んでいる人もいるでしょう。そういった人たちを結婚式に招待し、参加してもらった際にもお車代をお渡しするのがいいでしょう。

遠方に住んでいる人たちの場合は往復の移動時間や必要な場合は現地での宿泊なども含めて予定を空けて結婚式に参加してくれているので、お車代を渡す担当の人にしっかりと感謝の気持ちと長旅に対する労いの気持ちを伝えてもらうようにしましょう。

遠方から結婚式に参加してくれた人にはいくらぐらいお車代を渡せばいいのかですが、一般的には往復の交通費と宿泊代を全額負担する金額を渡すのがベストだと言われています。出席者の中に遠方からの参加者が多数いて、全額を負担するのが難しい場合は、せめて半額は出すようにするのがいいでしょう。

もちろんお祝いの気持ちで来てくれている人なので、相場より少ないからといって文句を言われたりすることはほとんどないでしょうが、遠くから駆けつけてくれたその気持ちに対しての感謝の気持ちをしっかりと表すことが重要です。

相場があるからきっちりと交通費や宿泊費を調べてこの金額を渡さないといけないということではなく、相手に喜んで帰ってもらえるような心遣いが大切な要素です。

主賓などを依頼した際のお車代の相場

結婚式に主賓とした招待した人や乾杯の音頭をお願いした人などに対し感謝の気持ちをいくらか包むのが一般的です。気になるのは相場ですが、だいたい1万円から3万円と言われています。この値段は遠方から来た場合や近くに住んでいる場合に関係なく、そうした相場の設定になっています。

ただ遠方から招待した場合は下限の1万円では足らないため、3万円近くまで支払うのが理想的です。実費としてかかった費用をお車代として渡すのは生々しいため、キリのいい数字まで上乗せするのがおすすめです。例えば、2万2000円程度かかったとすれば3万円まで切り上げて渡すのが自然です。

乾杯や祝辞をお願いする場合も主賓と同等の扱いで問題ありません。乾杯の音頭は誰がやってもいいものではないですし、祝辞に関してもその結婚式をしっかりとしたものにしていくためにも会社の上司などにお願いするのがポイントです。

近場の人は1万円程度で問題ありませんが、遠ければできるだけ上限で支払うのが一番です。あとはご祝儀の相場と照らし合わせることが必要です。上司だからたくさん包むというのではなく、常識的な額を包むことで相手も受け取ることに躊躇をせずスマートに渡せます。

結婚式のお車代の基礎知識

結婚式に出席してくれる人の中には、遠方から訪れる人も少なくありません。例えば大阪にいる親せきがわざわざ東京まで結婚式に来てくれるとすれば、それなりの時間もかかりますが交通費もばかになりません。新幹線で往復する場合には一人当たり3万円ぐらいかかると考えておけば間違いないでしょう。

そのような人に対しては車代を出す必要がありますが、どのような封筒に包むべきかを知っておく必要があります。現金を出す場合には、ご祝儀袋やポチ袋を手渡すのがマナーになっています。基本的には水引きがついたものを使い、のしも必要になりますが、額がそれほど大きくなければのしや水引きは印刷したもので十分です。

例えば1万円程度のお車代であれば印刷されたものを利用しても失礼ではありません。水引きを取り付けるタイプの場合は、基本的に紅白のものを利用するべきです。紅白以外では、金と銀や赤と金などが使われることもありますのでいずれの場合も間違いではありません。

水引きの本数は通常5本になりますが結婚式の場合は10本のものを利用すると良いでしょう。水引きの結び方は蝶結びと結びきりの2種類がありますが、蝶結びの場合は何度でも結び直せることから何回行ってもよいものに使います。

結婚式の場合は何度も行うべきではありませんので結びきりの方を選ぶのがマナーです。包み方は、お札が上にくるようにして揃えているのがポイントになります。金額が記入されている部分が、左上に来るように入れましょう。

結婚式のお車代は主賓にはのしに入れましょう

結婚式のお車代は遠方からのゲストの交通費・宿泊費として用意します。ただし主賓・乾杯の方については遠方ではなく自宅からハイヤーを利用して往復してもらうことを前提にお礼ではなくお車代として用意しするのが一般的です。そしてお車代金額によって袋の包み方や渡し方などで間違えると失礼になることがあるので注意が必要になります。

金額が数万円程度になる場合は「水引き」と「のし」のついたもの選び、水引の種類としては、結び引きのものを選びましょう。水引の上にお礼やお車代を書くようにしてください。数千円程度渡す場合はぽち袋でもかまいません。

そしてお車代の渡し方に注意が必要で主賓や乾杯の音頭をしてくださる方にはお礼を兼ねて直接渡すのが一番良いのですが、渡す方と渡されない方が一緒にいることで目立たないようにして渡すのはなかなか難しいはずです。

一番理想的な渡し方は受付で渡していただくと周りの方にあまり気兼ねせずにスムーズに渡すことができます。受付で渡した場合でも式中に必ず挨拶をしておきましょう。また受付を担当してくれた友人などに渡す金額は3000~5000円が多いようです。頼んだ方の親からお礼を言って渡すようにしましょう。

結婚式のお車代の包み方

結婚式に出席してくれた遠方のゲスト用にお車代を渡すだけでも相当な予算を確保しておく必要がありますが、その上お金を包む袋も立派なご祝儀袋などを利用しようとするとさらに袋代のことも考えなくてはなりません。

基本的には、10,000円以上用意するゲストに対してのみご祝儀袋のような少し高級な袋に入れて包むようにし、10,000円未満の場合は手軽に用意できるポチ袋でかまいません。ポチ袋は100円ショップなどの身近で販売されており、安価で種類もたくさんあるため選ぶ楽しみも増えます。

無地のものもあれば、「ありがとう」と感謝の気持ちが書かれたもの、「御車代」と表記があるものなど様々あり、相手との関係性に合わせて数種類用意しておくことをお勧めします。最近では手作りのポチ袋を用意する人も増えていて、好きな色やデザインをセミオーダーで簡単に注文することができるため結婚式の準備に余裕がある人は是非試してみると良いです。

たくさん作っておけば、結婚式が終わってもお車代以外に他の用途で使用できる機会があるはずなので、何かと便利です。お車代として渡すときには、お金を入れてお気に入りのシールなどを貼るなどして可愛く仕上げると貰い手も喜んでくれます。

お車代の決め方

結婚式には遠方から出席してくださるゲストもたくさんいる場合があります。例えば東京で結婚式をする場合に北海道や大阪、九州などからゲストに来ていただく場合にはその交通費の一部負担としてお車代をお渡しするのが一般的です。お車代の金額は交通費としてかかった金額の、半額から全額が相場といわれています。

ただし、そのゲストとの関係性によって金額を決めることも大切です。例えば主賓のスピーチをしていただく方が遠方の場合には全額、もしくはスピーチのお礼も含め1万円ほどプラスした金額をお渡しするのがいいでしょう。

また、お友達の場合でゲストが遠方からの参列の方が多い時には半額程度でも問題ありません。やはり結婚式はお金がかかるものなので、お車代は重要ではあるものの無理をする必要はありません。

お祝い金もいただくから、と無理に全額お渡しする必要はないです。実際にお車代目当てで遠方から参列する、という人はほとんど存在しないのでそのあたりは安心しましょう。お車代の決め方や渡し方については少し気を遣うところではありますが、当日お忙しい中来ていただくことに対してしっかりお礼の気持ちが伝わるようにするのがポイントとなります。