結婚式での主賓の祝辞、挨拶やスピーチの依頼の仕方やタイミング

結婚が決まったら結婚式を挙げる準備を行うことになりますが、その時に考えなければならないことは結婚式での主賓の祝辞、挨拶やスピーチの依頼の仕方やタイミングについてです。特に主賓の祝辞はとても意味があり式が始まって一番初めにスピーチしてもらうことが多いので、誰に頼めば良いかよく考える必要があります。

それだけに新郎新婦にとって最も頼りになる人に頼む必要がありますが、例えば職場の上司や学生時代の恩師、尊敬する先輩が当てはまります。

ただ主賓を決めるのはとても難しいことなので慎重に考える必要がありますし、依頼する仕方やタイミングに関して細心の注意を払わないと上手く行かないこともあります。ですからその点についてよく考えて主賓を決める際にはよく話し合ってから決断を下すようにした方が良いです。

式の雰囲気を壊さない主賓の選び方

近年の結婚式では主賓を決めないということもあるようですが、やはり結婚式の雰囲気を良くして盛り上げる為には主賓がいた方が良いでしょう。しかし、そうなると誰を選べば良いのか迷ってしまいます。

一般的には目上の人を選ぶことは多いですが、若い方の結婚式となれば参列者のほとんどが目上の人になります。だからと言って全員を主賓にすることはできません。というのも主賓になればゲスト側の最初のスピーチを任せることになるので、人数が多すぎると他の招待客を楽しませるどころか食事もできない状況にしてしまいます。

最も望ましい選択方法は新郎新婦から各1名を選ぶという形です。これなら挨拶をしてもらうにも、乾杯の音頭を取ってもらうにしても他の招待客に負担となりませんし、2人程度の挨拶なら主役が場を盛り上げて良い披露宴にすることができます。

反対に新郎新婦が各2名ずつ選ぶと合計で4人もいることになって、他の招待客に負担が大きくなるし主役が詰まらない披露宴になりかねませんので注意してください。

どうしても1人に絞れない場合は、その中でも最も偉い人に主賓の挨拶をしてもらう形にすると良いでしょう。そして、他の人には事前に来賓祝辞などで挨拶をしていただくことをお願いして了承を得ることも必要なので、全員に角が立たないように気を付ける必要があります。

礼儀を尽くして主賓を依頼しましょう

結婚式での祝辞や乾杯の挨拶は主賓にお願いすることになりますが、仕事の上司や偉い人に依頼することが多いのでお願いの仕方がわからず悩む人が多いのではないでしょうか。主賓をお願いする時は、断られることも想定して余裕を持って頼む必要があります。招待ゲストの中でも最も格が高いゲストが主賓で、一般的には仕事の上司や恩師、親戚などに依頼することが多いです。

結婚式での主賓の祝辞は最初の演出であることが多いので、新郎新婦はこの人ならと一番信頼できる人にお願いしたいものですよね。最も社会的地位が高い人にお願いするケースが普通なのですが、招待客の構成や新郎新婦との関係性によっては必ずしもそうとは言えません。

いずれにせよ主賓を依頼する時は、祝辞をお願いすることになるので礼儀を尽くしてお願いすることが大切です。また依頼にあたってはできる限り早い時期にすることが大事で、色々と話すこともあるので直接会ってお願いするのが賢明ですね。

遠方の人でなかなか会う機会がない場合は手紙や電話などで連絡を取り、依頼する際に招待状が出来ていない時は、当日はご祝辞を頂戴できれば幸いですと一言添えましょう。招待ゲストに招待状を発送する時期になったら、改めて祝辞依頼の付箋を同封して手渡しするのがマナーです。

早めに依頼することが重要

披露宴で主賓に祝辞をしてもらいたいと考えている場合には、出来るだけ早い段階で依頼することが重要になります。祝辞をする方もスピーチの内容を考えなければなりませんから、直前で依頼されるのは困ってしまいます。また、直接顔を合わせる機会がある時には、電話やメールではなくて直接依頼するのがマナーになります。

学生時代の恩師など遠方に住んでいる場合には、電話や手紙などで連絡を取っても大丈夫です。年輩の方はメールやSNSなどはマナー違反と考える人が多いので、避ける必要があります。それから祝辞の依頼は、まず結婚することを報告して結婚式に出席することを承諾してから行う事になります。

その際には、主賓として出席してもらいたいことも言い添えておきましょう。その上で、祝辞を依頼した旨を伝え、承諾してもらえた場合には招待状を発送する際に祝辞依頼の付箋なども同封します。招待状は遠方などの場合をのぞいては、出来るだけ手渡しするのが望ましいとされます。

祝辞を依頼する際に一番やってはいけないのは、事前の確認をせずにいきなり招待状と一緒に祝辞依頼を同封することです。マナー違反と感じる人が多いので、事前の確認は必ず行う必要があります。

カジュアルな結婚式の良さ

結婚式の披露宴で、職場関係の招待者が多い場合は職場の上席者に祝辞をお願いすることが一般的ですが、友人ばかりが出席者である結婚式や、カジュアルな結婚式であれば祝辞を友人に頼むことも時には可能です。結婚式の形も、結婚式場で行う場合もありますが、飲食店を貸し切って行う場合もあります。

そのような飲食店を貸し切って行うカジュアルな結婚式はしきたりにとらわれることは重要視されず、新郎新婦がアットホームな感じを望んでいる場合が多いです。通常の式場で行われる結婚式は、あいさつをお願いする際には祝辞や乾杯のあいさつ、友人スピーチ、万歳三唱と依頼する相手が多いです。

しかし、アットホームな結婚式で友人に祝辞をお願いする場合は、祝辞と乾杯のあいさつ、友人スピーチを1つのあいさつでまとめてもらうこともできます。

特に、通常の結婚式においての祝辞等の依頼については前もって早い段階から依頼しなければならず、依頼する人が主賓の性格を深く知らない場合や依頼者に対しての礼儀を失すると後々トラブルになることもあり、アットホームな結婚式の場合だと友人なので頼みやすく、大して気を遣わずにすみます。そのような、気楽な雰囲気が人気でアットホームな結婚式を挙げる人も増えています。

主賓になっていただきたい方には。

結婚式を挙げることを決めた後はお呼びする方を決定していきます。お仕事をしている場合、会社でお世話になっている方々にも来ていただく事になりますが、その中で一番偉い方が主賓ということになります。主賓になって頂くと祝辞も頂戴しないといけなくなるので前もって直にお願いをしなければなりません。

そして快諾をしていただいたなら主賓決定ということになります。そのほかにも来ていただきたい方々には前もって日時を連絡し、良いお返事をもらってから招待状の準備発送をします。主賓だけでなくスピーチや余興をしていただきたい方、受付をお願いする方などそれぞれにさきにお願いをしてから招待状を発送しましょう。

もし、いいお返事がもらえないときにも、来てほしい気持ちを心を籠めて伝え、それでも無理ならば無理強いはしません。結婚の準備はたくさんやることがあります。両家でも合わさないといけないこともたくさんあります。

おいていただく皆さんに祝福してもらえる良い結婚式にするためにも、主役の二人がよく相談しそれぞれの役目を担っていただく方々にどういってお願いするのかも決め、適確に1つ1つの決めるべきことに取り組んでいきましょう。基本に据えておかないといけないのは、来ていただく方は自分たちにとってとても大切な方々で、自分たちの新しい出発を見届けてもらうということです。

主賓をお願いする為には

メールや電話を利用したお願いをすると失礼に当たってしまいますし、行き違いになる可能性もあるので、主賓を頼む場合には直接会ってからお願いするのが良いでしょう。その方が返答も直ぐももらう事が出来るので、万が一断られてしまった場合にも次の主賓を直ぐに探す事ができます。

また直接会う方が礼儀正しく見られるので、主賓を受けてもらえる可能性も高くなります。顔を合わす事無く頼んでしまうと礼儀知らずに見られてしまって、断られてしまう事もありますが、直接お願いすると予定が詰まっていても調整をしてくれる等の配慮を期待する事が出来るのも良い点です。

人間同士でのやり取りになるので、顔を合わせてお願いするのと顔を合わせずにお願いするのでは、やはり温度差を感じてしまいます。直接会う事で、主賓に来てほしいと言う気持ちを伝える事が出来るのでお薦めです。

また面と向かって頼まれるとなかなか断りにくいので、メールや電話よりも効果的になります。普段から仲の良い人に頼む場合は尚更会ってからお願いする方が良いでしょう。仲が良いほど、礼儀を重んじて行動する事により主賓を引き受けてくれる事が多くなるので、礼儀を尽くした行動が大切です。

乾杯の挨拶は式の2ヶ月前に依頼する

結婚式の披露宴では乾杯の挨拶がつきものでゲストの中で一番格が高い主賓にお願いするのが普通なのですが、依頼方法がわからずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。主賓はすべてのゲストを代表して祝辞を述べたり乾杯の挨拶をする大役を担うので、誰に頼むべきなのか迷ってしまいますよね。

祝辞が終わった後にみんなで乾杯するための音頭をとるのが乾杯の挨拶なので、披露宴のスタートを切る大切な役割です。主賓は新郎新婦の上司にお願いするパターンが多いのですが、職場関係ばかりだと堅苦しいと感じる場合は、学生時代の恩師や親戚などにお願いすることもあります。

乾杯の挨拶は披露宴の始まりの挨拶なので、ユーモアがあって話し上手な人がふさわしいと言えるでしょう。誰に乾杯の挨拶をお願いするか決めたら依頼する必要がありますが、その際の大事なマナーは直接会って対面でお願いすることです。結婚が決まったことを報告して出席してほしい旨を伝え、OKをもらったら主賓として乾杯の挨拶を頂きたいとお願いします。

直接会ってお願いするのがベストなのですが、遠方の場合は手紙や電話で丁寧に礼儀を尽くして依頼するように努めます。メールなどで軽くお願いするのは失礼に当たるので、依頼の仕方にはくれぐれも気をつけましょう。主賓を引き受ける人は心構えが必要なので、最低でも挙式の2ヶ月前までにはお願いしておきたいところですね。

乾杯の挨拶は肩書の高い役職者に依頼

結婚式の披露宴では色々な人に色々な事を手伝ってもらわないといけませんが、中でも乾杯の挨拶は誰にお願いすればよいのか悩む人も多いのではないでしょうか。両家の兼ね合いや自身の人間関係も含めて考慮すべき点が色々あり、簡単に決めることができないものです。

乾杯の挨拶は主賓の祝辞に続いて行われるものなので、準主賓にあたるゲストの人に依頼しておくとよいでしょう。本人紹介と新郎新婦へのお祝いの言葉を述べてもらい乾杯の音頭をとってもらわないといけないので、貫禄のある役職に就いている人がオススメです。

会社に勤めている人なら準主賓は職場の上司にお願いすることが多いので、複数上司に出席してもらう場合は役職者で肩書きの高い人に頼みましょう。同じ役職なら新郎新婦により近い部署の上司にお願いするのが一般的です。

直属の上司より新人の頃にお世話になった人や新郎新婦の両方に面識のある人の方が良いと考える向きもありますが、会社組織は人間関係も含めて考慮する必要があります。

結婚式の乾杯の挨拶はこれから始まる披露宴のスタートを飾る大事な役割を担っているので、準主賓の中でも声が通って明るいイメージの役職者にお願いするようにしましょう。乾杯の挨拶を依頼する時は、結婚報告と同時か招待状ができあがった時に早めに伝えるのがマナーです。

乾杯挨拶をしてくれる方へのマナー

主賓の祝辞の後に行う乾杯の挨拶を上司に依頼する場合は、遅くとも招待客に招待状を贈る前にお願いするのがマナーです。上司に新郎新婦が直接会って依頼するのがマナーとなっています。上司が遠方に住んでいるなどの場合は、手紙や電話で丁寧に乾杯の挨拶を依頼します。

友人にスピーチや余興を頼むときにはメールやラインなどで簡単に済ませる方も多いですが、上司に対しては失礼にあたりますので気をつけてください。依頼するときは、結婚の報告をまず行います。その後に式へ参加していただけるかの確認を行い、承諾してもらった時点で乾杯の挨拶をしてもらえないか依頼します。

招待状は、承諾後に贈るという流れになります。いきなり招待状を贈ると同時に乾杯挨拶を依頼するのは大変失礼にあたるため注意しましょう。招待状を贈るときにも一言乾杯の挨拶をお願いする付箋を一緒に同封しておくと丁寧な印象を受けます。

披露宴の具体的な流れが決まったら、挨拶を依頼して上司に披露宴の規模や招待客の顔ぶれ、乾杯する時間や挨拶にかかる所要時間、主賓の人数等などの詳細を伝えておきましょう。また、主賓にはお車代を用意するのがマナーになっています。遠方から駆け付けてくれる場合には、宿泊費や交通費について事前に伝えておくのが礼儀です。

主賓として参列していただくために。

愛する人と結婚することを決めて次の段階は結婚式をどうするかということになりますが、会社の方を呼ぶ場合には直属の上司の方にお願いすることになるでしょうし、友人だけをお招きする場合では一番大切な方に主賓になっていただく事になるでしょう。

なぜ、その方に主賓になっていただきたいのかということをシッカリお伝えすることが重要です。結婚式に参列出席することオーケーでも、よほど慣れている方以外は主賓となると挨拶もしなければならないので荷が重いと感じられる方も多いのですが、なぜ、主賓になっていただきたいのかということをしっかりお伝えすれば大概の場合はその熱意に打たれて引き受けてくださるはずです。

しかし、どうしてもと固辞される場合は無理強いはしないでおきましょう。その場合は速やかに次に抜擢するならこの方という方にお願いします。その方にも同様に熱意をもってお願いしなければなりません。スムーズに決まらないこともよくあることです。

そういった役回りに慣れている方ならばそんなに荷が重いとは感じずに簡単に引き受けてくださるかもしれません。この方と決めていたのに断られてしまった場合は、次の人選は慣れていそうな方にするのも名案かもしれません。ご両親にもアドバイスを受けてみると良い知恵が生まれる可能性があります。