結婚式での親族紹介の仕方!紹介する順番や挨拶例など

結婚式の親族紹介はどのようにやれば良いのか、初めての方は戸惑う事も多いのではないでしょうか。両家が初めて顔を合わせて結びつきを強める儀式なので、事前にしっかりと準備しておきたい所です。そこで、結婚式での親族紹介の仕方について詳しく調べてみました。

気をつけておきたいマナーや紹介の順番、代表者形式・自己紹介形式など紹介にもタイプが存在することなど、知っておくべき事を網羅しています。

また、どのような流れで進めれば良いのか、和やかな雰囲気を作る方法なども盛り込んであるので、上手に活用して結婚式のグレードをワンランクアップさせて下さい。それでは、結婚式での親族紹介の仕方について詳しくお伝えしていきたいと思います。

親族紹介は男性優先で年齢の高い順に紹介

結婚式では当日に両家の親族紹介がありますが、その際に気を付けなければならないマナーがあるのを知っている人はどのくらいいるでしょうか。親族紹介の時に不手際があると今後の親戚付き合いに悪影響が出る恐れがあるので、慎重に事を運ばなくてはなりません。そういう意味では絶対に成功させなければならないのですが、大事なのは順番です。

まず新郎側からはじめ、進行役の父親が親族全員を紹介す際は親族の名前と新郎との続柄を述べ、紹介された人はよろしくお願い致しますと一礼します。1人ひとりにエピソードをつけて趣向を凝らすのも悪くありませんが、スピーチではないので控えめにしておくのが賢明です。

親族紹介をする時は、マナーとして男性側の血縁の近い順、そして年齢順にするようにします。父、母、兄弟、親族の順に行い、進行役より年上であっても敬称は付けないのがマナーです。新郎側の紹介が終わったら新婦側の父親は、新郎側に対して必ず親族を紹介させていただきますと挨拶してからはじめましょう。

結婚式の親族紹介で兄弟姉妹の旦那さんやお嫁さんを紹介する時も上から順番に紹介するのがマナーです。兄弟姉妹は祖父母よりも血縁が濃いので、先に紹介するようにします。新郎新婦の実の姉や妹であっても旦那さんから紹介するのがマナーですが、姉夫婦の誰々ですという風に夫婦まとめて紹介しても構いません。

結婚式での親族紹介の順番で注意する点

結婚式は一生の思い出に残るものです。もちろんそれだけに良い式・楽しい式にしたいと思うのは当然ですが、一方で守った方が良い決まり事も意外に多くあります。

そして、そんな結婚式の決まりごとの中でも注意したいのが親族紹介です。お互いの親族どうしは結婚式の場で初めて顔を合わせることも多いので、失礼の無いようにしたいところでしょう。特に気をつけたいのが紹介する順番です。では、親族紹介の順番についてはどのような決まり事があるのでしょうか。

まず、守っておきたいのはどちらの家から紹介するかという点です。これは通常、男性側からという場合がほとんどとなります。男女平等の世の中とはいえやはり気にする方は気にするので、ここはおさえておいた方が良いでしょう。

そして次に気にしたいのはそれぞれの家の中での親族紹介の順番です。これは普通、父親・母親・兄弟姉妹・そして父方の親族・母方の親族といった順番で紹介していきます。これはその順番で紹介することにより本人との関係性を分かりやすくするという意味があるので、できるだけ守った方が良いと言えるでしょう。

結婚式は本人たちのためのものでもありますが、互いの親族が顔を合わせる場でもあります。決まり事はできるだけ守っておいた方がスムーズに進行できるので、親族紹介については決まりを守っておいた方が良いと言えます。

血縁関係が近い順に紹介

親族紹介の順番は、新郎新婦から一般的に血縁関係が近い順に行います。一親等の次は二親等、その次は三親等といった具合です。一番最初に紹介するのは両親で、男性側から紹介するので父、母という順番になります。

両親の次は祖父母です。兄弟姉妹がいる場合には祖父母も兄弟姉妹も二親等になりますが、祖父母は直系親族なので兄弟姉妹よりも血縁関係は近くなります。ちなみに兄弟姉妹は傍系親族です。父方の方から紹介するので、父方祖父・父方祖母・母方祖父・母方祖母という順番になります。祖父母の次が兄弟姉妹になります。

兄・姉・弟・妹といった年齢の順に紹介していきます。兄弟姉妹が結婚している場合には、その配偶者も一緒に紹介します。兄・兄の妻・姉といった順番です。兄夫婦の間に子供がいる場合には、甥や姪として一緒に紹介します。ただし、甥や姪がすでに結婚していて別世帯の場合には、三親等の親族の時に別に紹介するのが基本になります。兄・兄の妻・甥・姪・姉・弟・妹といった順番です。

その次が伯父や伯母ですが、父方や母方とはわざわざ言わなくても大丈夫です。従兄弟がいる場合には、伯父や伯母と一緒に紹介します。従兄弟が結婚していて独立している場合には、甥や姪と同様に別に紹介するのが基本です。

結婚式での親族紹介

結婚式は日本では昔から家と家との結びつきを重視してきたことから今後の両家のお付き合いのことも考えて親族紹介を行う場合が多いものです。親族紹介に関しては、どのくらいの範囲まで紹介するのか、何人まで紹介するのかなど、両家のバランスを等しくしておくことが望ましいため、事前に紹介予定の方の名簿を作成しておくようにしましょう。

時間の配分に関しても、ごく近い親戚と友人が集まる家族婚の場合は時間を多くとって問題はありませんが、来賓が多い中で長時間親族紹介に時間を割くことは難しい場合もありますので、式全体の流れを考えながら時間配分を調整するようにしましょう。

一般的に親族紹介では代表者形式で行われますが、両家の代表として父親が紹介をしたり、場合によっては司会の方にお願いをして紹介をしてもらいます。代表者形式にしておくと、自己紹介形式で紹介してもらうよりもスムーズに式が進行します。

また、紹介をする父親に当日親族紹介をしてもらうようにお願いをしておけば良いので、自己紹介形式よりも事前の打ち合わせも必要なく新郎や新婦の負担も減らすことが出来ます。家族婚では自己紹介式も良いのですが、招待客の多い結婚式では代表者形式が良いでしょう。

自己紹介形式の親族紹介のメリットと流れ

自己紹介形式とは、新郎新婦それぞれの親族が、自分で自分の名前を名乗る形式です。司会者に頼らず、それぞれの個性を出せることと、名前の読み間違えなど式典であってはならないミスを無くせるのがメリットです。ただ、場合によっては簡単な司会者や代表者を立てて、最低限の流れだけを仕切らせた方が滞りなくいくこともあります。

親族の中には大勢の前でスピーチを行うのが苦手な方もいらっしゃるでしょうから、自己紹介形式の親族紹介であってもサポート役は必要かもしれません。大まかな流れは他の親族紹介と変わりません。司会者が新郎の父に自己紹介を促し、順々に巡っていきます。媒酌人や式場スタッフに司会者をお願いしない場合は、新郎の父が開始の挨拶も兼ねることが多いです。

全体の順番は父方親族が先で、母方親族が後というのが暗黙のルールとなっています。父、母、新郎新婦の兄弟と進んでいき、その後は血縁の強い順で自己紹介を行っていきます。

親族紹介が終わると空き時間が設けられ、歓談や写真撮影のための時間にあてられることもありますが、自己紹介がどのタイミングで行われるかは式場や家族の好みによって違うので、事前に打ち合わせをしっかりしておきましょう。

親族紹介ではプロフィールが大事

親族紹介で欠かす事ができない事がプロフィールです。まず、結婚式を挙げる際に両家の親戚でどの方に声をかけるかという事を双方の両親に聞きながら席順なども決めていくケースが多いです。基本的に結婚式は自分たちで全て考えたいという方々も多いですが、失礼がないように席順などは必ず両親の意見を聞く事が重要になります。

そこで、席順などを決めながら大体のプロフィールを教えてもらう事ができます。結婚式で挨拶等を行う際に緊張されたりするケースが多いですので、結婚式前に大体のプロフィールは覚えておくと失礼がないため、確認しておくようにしましょう。

なお、プロフィールを大体把握しておくことで、紹介された時に顔とプロフィールが一致し、忘れるという割合が減ります。忘れないということは、結婚式が終わった後の親戚付き合いがスタートしたときは失礼にあたる事がないというメリットがあります。

なお、こちらのプロフィールも同時に簡潔に話す事を求められるケースが多いです。その為相手に明確に伝える事ができるように、簡潔にまとめて話す練習もしておくと良いでしょう。第一印象が大事である事から、結婚式がはじまる前に双方で失礼にあたる事がないように、準備をしておくことが大事です。

新郎側の親族紹介の流れと挨拶のやり方

親族紹介は、結婚披露宴がお開きを迎える前に両家を代表して行われますが、役割を担うのは新郎側のお父さんの場合が多いです。親族紹介は、挙式と披露宴の間の時間や結婚式が始まる前に行うことが一般的となっていますが、会場や当日のプログラムにより順番が異なります。

古くからのしきたりにより、血縁の濃い順または父方(男性側)から先に紹介されていきます。親族紹介の時は新郎新婦は衣装を着た状態で同席するのが一般的ですが、会場によっては新郎新婦が同席しない場合もあります。同席に関しては、全体の流れや両家の両親と話し合って決めることになります。

親族紹介には代表者形式と自己紹介形式があるのですが、代表者形式は両家の父親が代表者となり、親族をそれぞれ紹介していく形式です。それぞれの親族の名前や新郎新婦との関係を述べます。一方、自己紹介形式は親族一人一人が自分で名前を名乗って新郎新婦との関係を自己紹介してきます。

新郎側の挨拶のやり方は、「○○家(新婦側)の皆様、●●家親族をご紹介させて頂きます」と述べてから、順に紹介していきます。紹介の順番は事前に決めておき、親族に知らせておく必要があります。

一例ですが、新郎父親が「新郎の伯父○○でございます」と紹介してから、新郎伯父が「伯父の○○でございます。よろしくお願いいたします」と自己紹介をし、一言述べてお辞儀をします。親族が多い場合は一言の挨拶程度で済ませましょう。時間に余裕がある時は、新郎の和やかなエピソードなども織り交ぜると良いです。

親族紹介の流れ

結婚式の親族紹介には暗黙のルールが存在します。新婦側の紹介では、まず最初に新婦の両親から始まります。その次には新婦の兄弟がきます。このあたりは直系の系統なので最初に紹介するのが礼儀です。それぞれの軽い挨拶も混ぜながら進めていく方法もあります。そのあとは比較的どう紹介してもよいと言われています。

しかし一般的には年配の方から紹介することが多いです。そのため祖父、祖母などを紹介してから叔父、叔母と進行していきます。基本的には全て男性を先にするのも文化的には規定されています。また、必ず新婦からみた関係を紹介するようにします。名前は紹介してもいいですし、たくさんいる場合は省略してしまうこともあります。

紹介された人はその場で起立して一礼をします。できるだけ短くシンプルに済ませて全体の時間があまり長くなり過ぎないように配慮するのが適切だと思います。大切なのは結婚式を楽しく進行させることだからです。

またあまりにも遠戚の場合は無理に紹介する必要はありません。関係性がややこしくならない程度にとどめる方がスマートです。このようにわかりやすく簡潔にすると同時に、親戚にも失礼のないように配慮していく必要があります。

親族紹介は和やかに

結婚式の直前に親族控室に集まり両家の顔合わせ、親族の紹介、自己紹介となりますが、新郎が新婦側と、新婦が新郎側とそれぞれに少しでも、事前に親しんでおくと、場は更に和やかになりますので、結婚式当日までにそれぞれの親御さんと食事をしたり親戚の方々と会っておくとスムーズになります。

親族紹介はまずは新郎側から、そして新婦側の父親が行いますが、締めは新郎側の父親が両家を結びつけるような温かいエピソードを話すと良いです。新郎新婦のまだまだ未熟だけれど愛すべき点を披露し、見守っていただきたいという気持ちを皆さんに伝えれば好印象でしょう。

結婚は今まで全く関係がなかった2つの家が縁を持つということで、誠に不思議なものです。その不思議な縁を手繰り寄せてくれたのは自分たちの子供であるわけで、親族が増えることを無条件に喜んでよい瞬間といえます。一生に一度のその一瞬を和やかな良い時にしましょう。

みんなの心掛けで思い出深い感動的な良い時にすることが出来ます。でも、父親ばかりに任せて仕切ってもらうのではなく、新郎も格好よく、そして礼儀正しく、感謝の気持ちを皆さんに伝えましょう。それが一番皆さんの印象に残るものとなります。

失敗しない親族紹介

親族紹介は緊張の場面でもあります。これから親戚になろうという方々は、どのような人だろうかと期待と不安を感じます。親族紹介は進行役がいたほうがいいのか、自由に会話をしたほうがいいのか上下関係はあるのかなどの不明なことがたくさんあります。

もちろん家風や地域によって風潮がことなりますので、どちらにあわせるのが無難なのかと余計なことまで気にかかります。まずスムーズになごやかにすすめるにはやはり進行役がいると助かります。お互いに遠慮して気まずい思いをするのも疲れてしまいます。

進行役にはなるべく明るく社交的で常識を持った方が適役です。皆の前で話すことに慣れていてリーダーシップがある方がいれば、前もってお願いしておけばその方も快く引き受けてくださるでしょう。一昔前は夫側の親族に妻側が合わせていましたが、最近は平等にどちらとも歩みよる形で進めていきます。

親族紹介は一人一人が自己紹介でもいいのですが、進行役が簡単に紹介してから本人が一言挨拶がてら短くお話する形がまごつかずにスムーズに話がつながります。その際に一言お祝いの言葉なども添えるとお互いに親近感がわき、後に続く毛結婚式のときも和やかに進められます。