結婚式のご祝儀の相場はいくら?家族・友人・同僚へのお祝い金額

結婚式は結婚する2人の門出を祝うためのもので、喜ばしいことでもあります。社会人になると、人間関係の幅も広がり、結婚式に招待されるということも多くなるでしょう。そんな時に気になるのがお祝いのご祝儀です。

同じ結婚式に呼ばれた場合でも、家族や友人、同僚など人間関係により金額は異なりますし、自身の年齢によっても変わってきます。一概には言えませんが、ご祝儀の相場を知ることで恥をかくこともなくなるでしょう。

なお、地域により若干の違いがある可能性がありますので、可能であれば他の人に相談をしてみると良いかもしれません。結婚式は色々な年齢の人が出席するため、金額だけではなく、渡し方などもあらかじめ調べておくことをおすすめします。

結婚式の祝儀の金額や枚数は偶数を避ける?

結婚式の祝儀のマナーでよく聞くものに、金額や紙幣の枚数は偶数を避けるようにというものがありますよね。これから2人のスタートをお祝いする意味があるので、マナーについては十分に注意する必要があります。結婚式の披露宴でお祝いする時に気になるのが祝儀の金額で、数字が割れる偶数はよくないとされています。

結婚した二人が別れることを連想させる偶数は、結婚式では縁起が悪い数字なので避けるのが礼儀になっています。偶数は2で割り切れる数字なので夫婦が別れることにつながり、昔から日本では4や9は死や苦を連想するのでこれらの数字も祝儀の金額としては避けるのが一般的です。

一般的に結婚式のお祝いは1、3、5、7の金額を包むのがマナーです。しかし偶数が必ずしも悪いとは言えず、2はペアという意味もあるので2万円を祝儀として包んでも失礼にはあたらないでしょう。また偶数になる場合は枚数を工夫することで回避することも可能で、金額は偶数でもお札の枚数を奇数にすれば大丈夫です。

例えば6万円を結婚式の祝儀として包みたい場合、1万円札を5枚と5千円札を2枚と言う風に奇数にして包むと失礼にはなりません。このように偶数がすべてダメというわけではありませんが、基本的には偶数の金額は避けた方がよいかもしれませんね。

結婚式のご祝儀のお金は新札が基本です

結婚式のご祝儀マナーとして覚えておきたい点としては新札を用意することです。古いお札の場合には準備が間に合わなかったのかなと思われてしまうこともあるため、結婚式を心待ちにしていましたという気持ちを表現しにくいとされているためです。また、ご祝儀に入れるお札を新札することで新しい門出をお祝いするという意味合いもあります。

お札が新札かどうかだけでも関係性を見られてしまうこともありますので親族や会社関係の場合には特に気を付けたほうが良いでしょう。新札を用意する手段にはいくつかありますが、銀行で両替を行うことが一番確実な方法です。

両替時に記入する用紙の備考欄に新札と記入すれば用意してもらうことができます。郵便局で両替を行う場合には窓口で申し込みましょう。銀行によっては新札に両替できるATMもあります。

新札とは銀行で発行した未使用の新券のことで、使用しているけれど折り目のない綺麗なお札のことはピン札と呼びます。どうしても用意できない場合にはピン札を包みましょう。ご祝儀袋に入れるお札の向きはお金の向きを全て揃えご祝儀袋の内袋の表とお札の表を合せるようにします。お札の表は肖像画が描かれている面となっていますので注意して下さい。

結婚式の祝儀マナー

結婚式に呼ばれた時に準備するのは祝儀袋ですが、お金の入れ方が大切なので覚えておくことが大切です。若い人は特に初めての人も多いので、お札の向きを気にしないで新札を入れれば良いと考えている人がいますが、お札の向きで意味合いが異なってきます。

お札を入れる時は、祝儀袋の中袋に10000円札の肖像画の頭の部分が上になるようにおもてに入れます。中袋からお金を出した時に頭が正面を向いて出るようにするのが正解です。中袋にお札を入れたら、外側のご祝儀袋をたたむときは、長い方を上向きにするようにします。

これには上を向くという意味があり、結婚式のお祝いの時はおめでたい事なので、上の包袋は長い方を上に向けるようにしましょう。下を向けると不祝儀の意味合いになりお葬式や亡くなった人に対する礼儀なので注意が必要です。お金は新札を用意します。

新しい門出をお祝いしてという意味合いと、お金を用意していましたという意味合いが込められています。しわの状態で間に合わせで入れると慌てて用意した感じになり失礼にあたるので注意が必要です。祝儀袋の中袋が包むタイプの場合は、正面を向けて開いた時に肖像画が正面を向くように入れるようにすることが大切です。

年代別、結婚式のご祝儀金額

結婚式に招待されたけれど祝儀の相場がわからない、そんな方の悩みを解消します。職場の同僚か先輩か、友人か親戚かによっても金額が変わります。

20〜30代だと、同僚や知人•友人で3万円から1万円、兄弟や親戚で5万円から10万円の間の金額が相場です。最も多い意見は、同僚や知人•友人は3万円、きょうだいや親戚は5万円となっています。40〜50代だと、同僚や知人•友人で3万円、兄弟や親戚で5万円か10万円が相場です。

割り切れる数字は別れを連想させるので、結婚式にふさわしくないということが一般的です。20〜30代で相場どおりの金額は無理だという場合は、2万円を包むとき、1万円札1枚と五千円札2枚というように、割り切れない枚数にするなど工夫する方法もあります。

4は死9は苦を連想する、と縁起を気にする方も多くいますので、これらの数字を避けた金額を包むことも大切です。3万円包みたいけれど予算が足りないので2万円しか準備てきないなど、それぞれの事情もあります。そんなときは祝儀に1万円包み、残りはプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。祝儀の相場を気にすることも必要ですが、大切なのは相手を祝う気持ちです。

20代が結婚式に用意したい金額

結婚式に出席することになったら手ぶらで行くわけにはいきませんので、ご祝儀を持って出席しなくてはなりません。ご祝儀は相手への気持ちでもありますので、いくらという金額が決まっているわけではありませんので、この金額にしなければならないという決まりはありません。

会費制であれば指定された金額を持って行くようになりますが、会費制ではない場合には、いくら決まりがないとはいっても常識的な金額にする必要があります。20代の人が友人や知人、同僚に渡すご祝儀の目安としては3万円が一般的ですので、3万円包んでいくといいでしょう。

用意するお札は新札で準備するようにし、3枚用意しておく事です。もしも一万円札が二枚しかなかったからと言っても、一万円札を二枚用意し、五千円札を二枚して、合計で四枚用意するのはマナー違反です。

それではお札が四枚になり、偶数になってしまいますので、夫婦の別れを意味してしまい縁起でもありません。相手に失礼になりますので、お札の枚数は偶数で用意するのが一般的になります。結婚式に招待されるのは数か月前にはわかる形になりますので、早めに新札を用意するようにし、ギリギリになって慌てないようにしなくてはなりません。

親族間でも相場の金額を渡す

親族の結婚式に出席する場合、いくら親族だからと言ってもご祝儀は渡すのが一般的ですので、準備してお祝いの気持ちを伝えなくてはなりません。親族なのだから許してくれるだろうという考えではいけませんので、相場に合わせて渡した方がいいですので、お金の準備をする事です。

20代の人が親族に渡すご祝儀の目安としては、相場の6割が50000円となっており、2番目に多いのが30000円で1割程度の人が準備している金額です。その次に多いのが10万円と続きますが、1割をきっていますので、ここまでのお金は無理に用意しなくてもいいでしょう。

半数以上の人が50000円を渡していますので、一般的な金額といえます。いくら親族でもそのまま現金で渡すわけにはいけませんので、新札でご祝儀袋に入れて渡す事です。ご祝儀袋に関しては、金額に合わせた袋を用意した方がいいですので、金額に見合ったご祝儀袋を用意しましょう。

金額に対して豪華すぎるのはいけませんし、あまりにも簡素な袋でもいけません。金額に見合う事でバランスが取れますので、よくわからない場合には販売店で相談して、どの程度の袋を購入すればいいか相談をしてから購入すれば間違いありません。

30代の祝儀は2万円から3万円が相場です

結婚式の祝儀は式場の格式や新郎新婦との関係、地位や年齢、地域や習わしなどで異なるので、金額の目安について悩んでいる人は多いのではないでしょうか。いくらぐらい包んだらいいのか悩んでしまいますが、大切なのは贈る側の気持ちで金額についてはあくまで目安に過ぎません。ただどうしても判断がつかない場合もあるので、大体の相場の目安は知っておきたいですよね。

最近は晩婚化が進んでいて20代よりも30代で結婚する人の割合が増えていますが、30代で友人や知人、同僚に贈る祝儀の目安は2万円から3万円です。相場が知りたければ披露宴に出席する親しいゲストに聞いてみるのが一番で、同じ立場で招待されている人に聞いてみるとよくわかります。

友人や同僚の30代のゲストの祝儀相場は、2万円から3万円が一般的で3万円が全体の95%を締めています。2万円が2%、1万円が1%なので、多くの人は3万円を祝儀として友人や知人に渡していると考えていいでしょう。

新郎新婦の友人にあたるゲストの祝儀相場は1位が3万円、2位が2万円、3位が5万円ですが、ほとんどの友人は3万円を包んでいるのが実態です。社会人になって日が浅い場合は2万円でもいいでしょうが、30代ともなると年齢も考慮して3万円包むのが大人としてのマナーかもしれませんね。

30代の親族への祝儀は5万円が相場です

結婚式の祝儀はいくら包めばよいのか気になるものですが、特に身近な存在である親族に送る場合、目安がわからない人も多いのではないでしょうか。祝儀の基本は相手との親密度で、自分の経済力とのバランスを考えて送るものとされているので余計に悩んでしまいますよね。

一般的には風習や習慣で決めるものではなく、月収の5%以下が適切な目安と言われています。ただ個人の経済力だけで推し量ると世間の相場から外れてしまうこともあるので、大体の金額相場を知りたい人もいるでしょう。

30代で親族に送る場合の祝儀は5万円が最も多く、兄弟姉妹などに対しては5万円を包むのが妥当で全体の65%を占めています。次いで3万円の13%、10万円の4%となっていて、友人や知人向けの祝儀と比較すると身内ということで高めの金額です。結婚式の祝儀は贈る相手との関係性や会場などで相場は違ってきますが、おおよその目安は知らないと恥ずかし思いをすることになります。

特に親族に送る場合は親戚とのバランスの兼ね合いもあるので、金額は十分に配慮する必要があります。しかしながら一番大切なのは相手への気持ちなので、相場より少なめであっても品物をプラスしたりメッセージカードを添えたりすれば気持ちはしっかり伝わるはずです。

大人として常識的なご祝儀の金額

40代から50代ともなれば経済的にも安定して自立した大人としての責任もある世代です。役職も課長や部長クラスに出世している人も多く、ある程度の社会的地位を有していると考えられます。そのような世代であるために、結婚式のご祝儀の金額についても悩ましいところではないでしょうか。

基本的には自分の支出出来る範囲の金額で問題はないものですが、上記のように社会的地位が高い人であればご祝儀の金額が相場よりも低いと常識を疑われる可能性があります。友人や知人であれば3万円もしくは5万円、特に親しい大切な友人であれば10万円程度も考えて良いですが、一般的にはあまり見栄を張りすぎる必要はありません。

職場の同僚であれば3万円程度が相場と言えます。結婚式への出席をしない場合であれば1万円でも構いませんが、それ未満の金額はやはり少ないと思われてしまう場合があります。信頼している部下であれば3万円もしくは5万円が妥当でしょう。

もちろんこのご祝儀というのは気持ちの問題でもあります。3万円を基本線として、親しさや人間関係の深さなどで軽重をつけるのがベターです。また、会費制の結婚式であれば特にご祝儀は不要というケースもあります。前もって確認しておくことも重要です。

40代50代の人が親族にご祝儀を贈る目安

40代や50代になると親族に対するご祝儀の額が上がるようになります。これは40代以降になれば収入が増えることの他にも兄弟や姉妹に対して援助の意味を込めてご祝儀の額を増やすケースがあるためです。それでも30代までに見られた5万円のご祝儀が一番多く、それまでの年代に比べて比率としては一気に増えています。

その次に増えているのが10万円です。その次に3万円となっており、全体的に相場が上がっていることを意味します。知人や友人に対しての相場がそこまで変わらない一方、親族の結婚式となると事情が大きく変わるのが実情です。

また親族を招待する新郎新婦の中には最初からこうしたご祝儀を意識しているケースも見られます。ご祝儀が多ければそれだけ結婚式費用の自己負担分が減ります。5万円をベースにしておけば間違いはなく、誰かが10万円を入れてくれているだろうという感覚も当事者として持っています。

もちろんこれより多い額を渡すこともいいですが、将来的な付き合いを考えて金額を決めることが大事です。3万円だったとしても、今後密接な付き合いをしていくのであればそこで面倒を見ていけば金額のことは問われません。大事なことは金額よりもどのように付き合っていくかです。