結婚式のスピーチや余興、受付をお願いした方へのお礼の仕方

結婚式の披露宴では受付や余興、スピーチなど周囲の人々の協力なしには成り立たないものです。善意で当たり前のように依頼を受けてくれた親しい間柄でも、しっかりと形でお礼をする必要があります。金額に関しては、一般的なお心付けの相場を知り、二人で相談したうえで自分たちの気持ちを上乗せする事も多く見られているので、相場はあくまで相場だと理解しておきましょう。

「結婚式の受付の依頼に対してお礼なんて求めていません」という人も親しい間柄であるからこそいらっしゃいますが、そのような方にも気持ちを形として表し受け取ってもらう必要があります。お礼をお渡しするタイミングやその際の礼儀もしっかりと理解しておき、お礼の気持ちとしてお渡しできる準備をしておきましょう。

結婚式の受付を依頼した方にはお礼を

結婚式の受付はまさに結婚式の顔とも言えます。そんな受付を依頼した方には、お礼をするようにした方がいいでしょう。お礼の形は様々ですが、のし付きのご祝儀袋に相当の金額を包んだり、感謝の気持ちを書いた手紙を封筒に入れて手渡すのもいいでしょう。

ゲストは貴重な時間を使って忙しいスケジュールを調整したり、遠方からわざわざ駆けつけてくれたりしてくれていますので、やはり気持ちを返さなければなりません。感謝の気持ちとして渡すべきものは、金一封やそれ相当のプレゼントを贈ることが多いでしょう。受付を依頼した方に渡すのは、両親あるいは親族がふさわしいでしょう。

受付は結婚式の顔になりますし、かなりの時間を立って仕事をしなければなりませんので、きちんとお礼をしましょう。友人や親しい同僚などでお互い様だとしても、やはり形で表すことはとても大切なことです。お礼として渡す金額の相場は、だいたい3,000円〜5,000円ぐらいです。プレゼントの場合も同等です。

渡す人からの気持ちですので、決まった金額ではありません。結婚式は一生に一度のものですから、最高の1日にしたいものです。協力して下さる方にはきちんとお礼をするようにしましょう。

引き出物とは別のお礼をするための準備

結婚式では、来てもらった人へのお礼の品として引き出物やプチギフトが用意されることになりますが、自分たちのために結婚披露宴で何か特別なことをやってくれたという人には、これらのギフトとは別に後から何かお礼をすることになります。

披露宴で司会進行をしてくれた人や、歌や踊りなどの余興をやってくれた友人、乾杯のあいさつをしてくれた上司など、後からお礼をするにも忘れてしまわないようにリストを作っておくと安心です。また、招待客の人の中には新郎新婦にはサプライズとして披露宴でプレゼントや歌を贈りたいと考えている人もいます。

この場合、当日になって司会の人に自分たちの時間を作ってもらえないか相談してくることもあります。事前のリストには入っていませんが、当日に何かしてくれた人へのお礼も忘れることができません。この点は、新郎がチェックしておく必要があります。

二人への余興として行われるものの、白無垢や色打掛といった和装からウェディングドレスやカラードレスのような洋装に着替えるには時間がかかることになり、ヘアメイクも和から洋に手直しをすることになります。

長時間席をあけてしまうことにもなるので花嫁がいない可能性もあり、新郎がお色直しをすることはほとんどないので、男性がしっかりと覚えておく必要があります。また、後から録画してもらったDVDで最終チェックをして、お礼のし忘れがないようにしなければなりません。

お礼するリストを作りましょう

結婚式・披露宴を挙げる時には、仲人や主賓、司会や受付などいろいろを周囲の方にお願いしますので、お礼もきちんとしなければならない事を、前段でご説明させていただきました。引き受けたことあるけど、そんなものなかったし、別になくても何も思わなかったとか、そんな他所他所しい事必要ないと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結婚式や披露宴は新郎新婦の結婚をみんなに祝ってもらう場であると同時に、今まで二人を見守ってくれたみなさんに感謝の気持ちを表す場でもあります。ここは一般的なマナーどおり、きちんとした方が無難です。もちろん、最終的に誰にどのようにお礼するかは、ご自身の判断にお任せします。

お礼をする事に決めた場合、同じ事をお願いされて引き受けたのに、他の人にはお礼があって自分にはなかったとなると、後々の関係に支障がありますので、お礼のし忘れのないように気を付けましょう。

あいまいな記憶だけに頼っていると、本当に忘れてしまいますので、きちんとノートなどにリストを作って、誰々にいつ何をというように、細かくまとめて準備しておきましょう。結婚祝いのお返しも結婚式後にしなければならないので、そちらと一緒にまとめておくと良いですね。

結婚式でのお礼は渡す相手によって異なります

結婚式の主賓とは、新郎新婦の上司や恩師またはご両家両親の知人などから選んで、両家それぞれの筆頭ゲストが主賓です。またゲスト代表で結婚式冒頭に祝辞を述べる重要な役割を担いまたほぼ同格なゲストに乾杯の挨拶を依頼することが多いでしょう。

このような主賓へのお礼は、最も高い席を用意することで礼儀は尽くしているのですが祝辞や乾杯の挨拶の準備や労力、足を運んでくれたことに対して「お車代」を手渡すとされています。もし当日ハイヤーなどを手配してある場合は金一封としてお車代は渡す必要はありません。

結婚準備で色々と忙しい中で新郎新婦がすべて取りしきることは不可能で、式場のスタッフや両親、そして最近結婚した友人などから情報をあつめて失礼のないように対処しなければなりません。また主賓に引き出物を渡す場合は他のゲストよりランクの上げたものにするなど配慮が必要です。

渡し方も難しく、他のゲストがいる中でできるだけ目立たないように渡さなければなりません。受付で渡す方法もありますがご両親が感謝の気持ちを添えて渡すのが一番良いでしょう。そして受付やスピーチや余興を準備してくれたゲストにも金一封やそれに同等する金品を渡すことを忘れないようにしましょう。

結婚式で新郎新婦が直接お車代を手渡すことは忙しくて難しいはずです。お車代にお礼の言葉を添えたメッセージを同封したり、新婚旅行のお見上げを直接渡しに行くときにお礼を述べてもよいでしょう。

受付のお礼の相場

結婚式は一般的にゲスト2名に来賓者の受付をお願いします。お友達や会社の仲がいい人などからお願いしますが、他のゲストよりも少し早く来てもらわないといけなかったり、会社関係の人の受付には気を使うこともあるのでお礼として現金やプレゼントを渡す人が多いです。

例えばお車代などと同じように封筒に新札を入れて渡したり、その人の趣味に合わせたものを贈る人もいます。金額の相場としては、関係性にもよりますが3000円から5000円ぐらいが多いです。受付はやったことがない人からすると緊張しますし、両家の顔にもなるので結婚式の雰囲気を出すためにとても大切です。

また、多額のお金をお預かりする責任もあります。普通のゲストとして参加するよりも荷が重いことを認識し、心からお礼を込めてお渡しするようにしましょう。また、合わせて席に置くメッセージにもお礼を書いておくのもおすすめです。

受付をしてくれる人は早めに来ても席に座るのは一番最後になってしまうので、席に座ってすぐに新郎新婦からのお礼のメッセージがあると和むでしょう。結婚式はたくさんの人の協力があって初めて成立するものです。しっかりお礼の気持ちを伝えて清々しい式にするのがおすすめです。

結婚式を成功へと導いてくれた方への感謝

結婚式で受付やスピーチ、余興をお願いした方へのお礼はお車代に加えて心付けを差し上げるケースがあります。受付は長時間立ちっぱなしで心身ともに大きな負荷がかかる役割を新郎新婦に成り代わってお手伝い頂いています。

スピーチや余興は必ずしも人前で話したり歌ったりする事が得意ではない方が新郎新婦のためを思い、心温まる言葉や楽しい芸で盛り上げてくれている事もあります。このように新郎新婦の大切な門出である結婚式を成功へと導いてくれた方へ感謝の意を込めてお車代や心付けを差し上げます。

現金で渡す場合は出来る限り新札を用意し、ご祝儀袋に入れて「お車代」や「お礼」と書いて手渡します。お車代はその方の自宅から式場まで飛行機や電車などの交通機関やタクシーを利用したと想定した往復の金額からだいたいの金額を算出します。

いちばん良いのは、お金の話をしても失礼の無い関係であれば本人から金額を聞き実費を算出する事ですが、失礼に当たる関係の場合は推測でも構いません。実際に渡す金額は交通費については満額程度出せるのが望ましいですが、無理であれば半額程度でも失礼に当たらないのが一般的です。

心付けはお手伝いをして頂いた対価としてお車代と合算して現金で渡す事もあれば記念品や贈答品、お礼のお手紙なども含まれます。新郎新婦の収入によっては厳しい額である事もありますが、その場合は少額でも構いません。お車代や心付けはあくまでも気持ちで行うものであり、心から礼を尽くしてご挨拶をするのが大切です。

礼儀としてお礼を渡す!

結婚式は、たくさんの人がお祝いに駆けつけてくれるため、新郎新婦だけで対応することが難しいです。そのため、受付係をしてくれる人を、招待ゲストの中から選ぶ必要があります。受付は、披露宴での「顔」となり、長時間立ち仕事をしなければいけません。感謝の気持ちを込めて、お礼を渡すようにしましょう。

結婚式に来てくれるゲストは、忙しいスケジュールを調整し、二人の門出を祝うために会場に足を運んでくれます。特に受付係は忙しい中、二人のために時間や労力を割いて対応してくれます。そんなゲストのために、感謝の気持ちとして金一封あるいは金品に相当するものを渡すことが、一般的とされています。

お礼を絶対にしなければいけないという訳ではありませんが、結婚式に招待した側の礼儀として渡すことが習慣化されています。お礼を渡す際は、ご祝儀袋やポチ袋を用意し、リストを作成したあとで数量を確認します。

ご祝儀袋は1万円以上、それ以下の金額の場合は気持ちだけという意味合いを込めて、ポチ袋でよいとされています。金額が5万円以上、10万円以上と包む金額に応じて格式が変わるので、あらかじめ袋を用意しておき間違いがないようにする必要があります。

出席できないゲストへのお礼

結婚式には出来ればお世話になった方や仲良しの人には全員来てほしいですが、仕方ない事情で来られない場合もあります。例えば妊娠していたり小さい子供がいる、仕事の都合などで来られないゲストが事前にお祝いを下さることもあります。そんな時にはそのまま口でお礼を言うだけでなくお返しをするようにしましょう。

その人の結婚式に既に出席している、していないは関わらず気持ちの伝わる贈り物を渡すのがおすすめです。まず会社の上司などの目上の人に対してはその人の趣味などにかかわるものがいいでしょう。ゴルフが好きならゴルフグッズや、あまり趣味がわからない場合にはギフトカードなどでも問題ありません。

お友達の場合は基本的に商品券などの類よりももので返すようにしましょう。また、手紙を一緒につけるのがおすすめです。結婚式に来れないにも関わらずお祝いをしてくださる方はとても丁寧で優しい人が多いです。

また、関係性的にも今後もずっと続いていく人が多いでしょう。きちんとお祝いをしてくださったことに対して感謝し、お礼の気持ちを表現しましょう。結婚式は一生に一度色々と忙しい時期ではありますが、ここは手を抜いてはいけないシーンだと思います。

結婚式の受付をしてくれた人へのお礼

結婚式で受付を担当してくれる人は、他のゲストよりも早めに会場に到着して受付の手順などを確認する必要があります。もちろん面倒に感じるというよりは善意で協力してくれている人が多いですが、そのためにかかる手間や拘束時間などを考慮すると、どうしてもタダで頼むわけにはいきません。

相場として、受付を担当してくれた人には一人当たり最低3,000円、できれば5,000円の現金をお渡しするように準備しておきましょう。たまに1,000円程度のお礼を考える人もいますが、二次会ではなく披露宴の受付の金額としては安すぎてしまいます。

金額的に考えると、お金を包む袋は立派なものでなくポチ袋程度でかまいません、受付を頼む相手柄なので目上の人というより親しい友人である場合が多いはずです。そのため形式的な袋よりも、雑貨屋さんなどで販売されている可愛いポチ袋や、自分で手作りした袋などもお勧めです。

また基本的には現金がお勧めですが、3,000円程度であればクオカードでも常識の範囲内です。嗜好が偏りがちな金券は避け、誰でも使う機会があるものを選ぶようにしましょう。渡すときにはお礼の言葉を添えて、親族から渡してもらうようにあらかじめ準備しておくことが大切です。

結婚式の受付などをした人へしっかりとお礼を

自分たちのために結婚式のお手伝いをしてくれた方々に対してはしっかりとしたお礼を述べるだけでなく、謝礼を渡すことも忘れてはなりません。相場もきっちりと決まっており、その範囲内で渡しておけば問題ありません。

それよりも丁寧なお礼を言うことで相手としては、受付の手伝いをしてよかったなどと思ってくれます。これがお金を出したのだからという態度が出てしまうと祝福してくれないものです。自分たちのために時間を作ってくれたこと自体に感謝をし、それに対するお礼であることを新郎と新婦はしっかりと認識しなければなりません。

またこうした受付をお願いするのは新郎新婦と親しい間柄であることがほとんどです。このため、事前にほしいものを聞いておいてそれを渡すのもおすすめです。両家の両親が事前に済ませてしまうケースもあるため、これとは別に新郎新婦がお礼を言える形にしておくことで配慮を重ねていくことにつながります。

実際に受付を経験している人は、どれだけ緊張するかがわかっています。そうした経験をお礼に活用できるのも特徴です。自分たちの結婚式を支えてくれたいわば裏方であるため、その裏方に最大限のねぎらいを見せることが求められます。