結婚式の喜ばれる引き出物や人気ギフトの価格相場

結婚式でゲストの方々に配られるものに引き出物があります。昔、宴席の出席者にお礼の馬を庭に引き連れていったことから始まり今では新郎新婦の感謝の気持ちを込めた品物として必ず引き出物が配られるようになりました。ゲストの方にとっても引き出物はその結婚式の楽しみのひとつでもあります。

時代によってその内容の人気には変化がありますが、現代の人気の高い引き出物は、カタログギフトがあげられます。

年齢や性別、生活環境が違った様々な方が参加する結婚式において同じものを配ることで全員が満足することが難しいことがその理由としてあげられます。たくさんの品物が載っているカタログから好きなものをそれぞれ選んでいただくのが現代の風潮に良くマッチしているのです。

気の利いた引き出物

結婚式の引き出物で喜ばれるものは、やはり軽いものやかさばらないものです。結婚式の招待客は普段は着慣れない着物やドレス、礼服や靴で参加されます。遠距離からいらっしゃる高齢の親戚もいますので、とにかく持ち帰っていただく道中に負担にならないものが好印象でです。

一昔前は夫婦円満の意味合いがある丸いお盆や縁起物の鯛などもありました。また、重く割れやすい食器類や台所用品も各家庭の負担になります。最近はカタログギフトも多く持ち合えるものはカタログのみという引き出物もあります。ただ、それだけだとちょっと味気ないと思われる方もいるでしょう。その場合は消え物で後々邪魔にならない、焼き菓子が喜ばれます。

招待客が自宅に帰ったあと、くつろぎならが家族と結婚式の話をする時に、お茶菓子にしてもらえるようなものがよいです。好き嫌いがなさそうなスイーツやその土地の名産でおいしいと評判のものや、ちょっとおしゃれな焼き菓子があれば、家族にもよいお式だったことが伝わるでしょう。

お土産として喜ばれ、また食べればなくなってしまうのでご家庭の負担になりません。引き出物は新郎新婦の自己満足にならないように、招待客の事情を考えたうえで決めましょう。

ゲストに合わせて引き出物を選びたい

引き出物を選ぶ時には金額の相場も参考にしながら選ぶことになります。一般的な相場は披露宴の飲食費用の三分の一を目安にすると良いと言われていますが、実際の金額の平均としては引き菓子も含めると約6000円ぐらいになることが多いです。

友人や同僚だと約4000~5000円、目上の方や親族だと金額が少し上乗せされて約6000~7000円ぐらいが目安になります。

全国各地のしきたりで引き出物の数も少なくなればそれほどお金はかかりませんが、5品を越えるぐらいたくさん用意する地域だと1万円近くかかってくるなどかなり費用も高くなります。

また、会費制の披露宴を行うのであれば約2000~3000円程度と安くなりますので、結婚式や披露宴をどんな内容にするのか、そして両家の親はどのように考えているのかも予めアドバイスをもらっておくようにするとトラブルを防ぐ事もできます。

ゲストに合わせて贈り分けをすることも当たり前になりつつあるので、準備する際には費用も大切ですが品物もよく吟味するようにしましょう。ゲスト同士にも配慮して、外から見た時には同じような大きさにするように工夫もしておくと違いがあっても分かり難いので安心です。

引き出物の金額の相場

引き出物を選ぶ際にいちばん頭を使うのが、誰にどれくらいの金額のものを渡したらいいのかということではないでしょうか。何を渡すのかというのも悩ましいところではありますが、まずは金額を決めなければものを決めることもできません。

一般的に、引き出物の金額は披露宴の飲食費の3分の1を目安にすると良いと言われています。たとえば、招待客にひとり15,000円の食事を用意するのであれば、引き出物は5,000円くらいのものが妥当です。しかしこれはあくまでも友人などの場合で、親族や会社の上司には別のものを送るのが一般的です。

親族であれば、友人などと比べてご祝儀も高額であることが多いため、お返しとして引き出物も高価なものを渡すことが多いようです。今後も長く付き合っていくことになる人たちですので、挨拶の意味も込めて友人とは差をつけたものを渡すといいでしょう。

また、会社の上司となると主賓として来ていただいたり挨拶をお願いすることもあるため、お礼として少し高価なものを送ると丁寧な人という印象を与えられます。このように、引き出物とひとくちに言っても渡す相手との関係性やこれからの付き合い方によっても相場が変わってくるのです。

誰にでも喜ばれる引き出物

引き出物は、自分たちのお気に入りの商品を選ぶよりももらった人のことを考えて選ぶ必要があります。しかし、その人に気に入ってもらえるだろうと思って選んだものであっても、じつは持っているものであったり趣味が違ったということもあるものです。

けれども、カタログギフトならば好きなものを選んでもらうことができるので、確実に気に入ったものを手にしてもらうことに役立ちます。カタログギフトは、引き出物として今日では定番ともなりつつありますが、カタログにもさまざまな種類があります。

たくさんの業者が参入していることもあり、それぞれに掲載されている商品ラインナップは違っています。つまり、また結婚披露宴でカタログギフトをもらってしまったとしても、全く同じものがだぶってしまうという可能性は低くなります。

カタログギフトは、予算に合わせて選ぶこともできます。親族や上司など多めのご祝儀を包んでもらう可能性がある人には値段の良いものを選ぶことができますが、カタログ本には値段が記入されていないので安心です。

引き出物としてもふさわしいように、箱に入れた後にラッピングをして熨斗もつけてもらえます。自宅に帰ってから結婚披露宴の話をしながら、家族みんなで欲しいものを選ぶ楽しみも与えることができます。

人気のある食器やキッチン用品の引き出物

結婚式の披露宴でもらえる引き出物の中で人気があるのは、食器やキッチン用品など実用的な品物です。料理をする機会はほとんどの人があるはずですので、台所周りの実用的なものは少々色や柄が好みでなくても使います。一番人気の高いものは、引き出物の中では昔からの定番であるペアのマグカップやグラス、小皿のセット、大皿といったブランドの食器類です。

ブランド品は質がよくデザイン性があるので末永く使えます。また、普段使いではあまり購入しないのでもらえると嬉しいですね。他には、ブランドや今話題のフライパンや鍋も人気が高いです。1人暮らしの方でも十分使うことができます。

それと、上司や目上の方への引き出物なら、陶器や漆器などの和食器が喜ばれます。新郎新婦どちらかの出身地にちなんだ焼き物や漆器だと手に入りにくいものなのでおすすめです。また、雑貨の分野では人気のないキャラクター入りですが、小皿やレンジストッカーなどにさりげなく描かれているものなら、女性には受けが良いです。

結論としては、国内海外問わずブランド品は根強い人気です。食器やキッチン用品は女性がメインで使うものなので、ブランドに弱い女性好みのものに軍配が上がります。

誰もが使いやすいアイテムを引き出物に

引き出物を選ぶ際には、もらっても邪魔にならず活用できるものにすることが重要なポイントとなります。いくら思いを込めて選んだ品物でも相手にとって不要な物なら喜びも小さくなってしまいます。しかし、年代も背景も様々なゲストすべてに喜んでもらえるアイテム選びは難しいところです。

そこで取り入れていきたいのがタオルやバス用品など日常生活の中で誰もが活用していくことができるアイテムです。特にタオルは頻繁に取り換えるものですからいくつあってもよいですし、用途も豊富なので引き出物として活用しやすいものです。

質のいいタオルはなかなか自分で購入する機会はありませんから、こうした機会に入手すると嬉しさを感じる方も多いでしょう。引き出物に適した形で木箱に入ったものなど豪華なものもあります。消耗品は気軽に使えるという反面、贈り物としては額が低くなりがちというマイナス面もあります。

しかし、他の品物と組み合わせるなどという形で活用しやすいというメリットもあるのです。ぜひこういった形での活用も考えてみましょう。誰もが使えるものであり、贈り物としての形も整えやすいタオルなどの消耗品をぜひ引き出物に取り入れて喜びを大きくしていきましょう。

新郎新婦らしさが出るものが良い

インテリアや装飾品を引き出物として贈る場合は、新郎新婦らしさがでるようなものであれば、もらったほうも二人に共感しやすいです。とはいえ、あまりに個性的すぎるもので置く場所に困るようなものは考えものです。人気のものでめずらしいものと言ったら、名前入りのポエムがあります。

ポエムの作家さんが名前入りで、人柄や年齢などを考慮して詩をゲストそれぞれに考えてくれてくれるというものです。それがきれいな色紙に書いてあり、おしゃれなフレーム付きのものもあります。世界にたった一つしかない「こころ」を贈るということがコンセプトになっています。

もらった人は、それを見るたびに新郎新婦のことや結婚式の思い出がよみがえると好評です。ほかには、女性用と男性用のクッションや、フォトフレーム、目覚まし時計なども人気です。特にフォトフレームと目覚まし時計は、卓上で飾れるような小さいサイズでとてもおしゃれなものが喜ばれています。

インテリアや装飾品はそれぞれの家庭の趣味がありますので、それを考慮した場合インテリア専用のカタログギフトという手もあります。インテリアのカタログギフトは、有名なブランドや人気の生活雑貨店のものもあります。

もらったらちょっと引いてしまう引き出物

結婚式の披露宴に出席すると引き出物は必ずもらえます。食事に続いて楽しみなものです。大きな紙袋を椅子の横に置かれると何が入っているのだろうとワクワクします。しかし、家に帰って開けてみるとがっかりした経験があるかと思います。

本当に困るものは、新郎新婦の名前や顔写真の入った食器や時計のような雑貨類です。本人たちや親御さんたちはうれしいでしょうが、第三者にとって使いづらいものです。また、捨てにくいので押入れの奥に放置の状態になりかねません。

さらに、写真入りのクッキーだと食べづらいですね。美味しいなら別ですけど、大抵大量生産だから味には期待できません。それと、瀬戸物やお酒など持ち運びに要注意で重たいものは困ります。2次会などがあると邪魔になります。

また、家族で出席した場合、引き出物の中身が重なると迷惑ですね。特にバームクーヘンやロールケーキなど大きなお菓子はたくさん一度にもらっても食べきれません。そして、意外と今流行のカタログギフトも欲しいものがないと困りますが、荷物にならないので有難いという意見も多いです。

また、キャラクター付きのものや趣味の合わない雑貨は、使いたくないので人にあげるかバザーに出すかになります。

引き出物の引き菓子の選び方

引き菓子は、結婚式の引き出物と一緒に贈られるものですが、どんなものを選んだら喜ばれるのか悩んでしまうという方も多いでしょう。そこで知っておきたい引き菓子の選び方のコツとしては、まず賞味期限の長いものを選ぶということが挙げられます。

ゲストがそのお菓子を食べるタイミングはさまざまなので、常温で保存可能な日持ちのするものが良いと言えます。次に挙げられる選び方のコツは、小分けに個装されているものを選ぶということです。

家族のいるゲストなら切り分けるタイプのものでも良いと言えますが、そうでない場合は一度に食べきれないこともあるため、個装されているタイプのほうが喜ばれると言えます。さらに、結婚式にふさわしい華やかで見栄えの良いものを選ぶということも、引き菓子を選ぶ重要なコツになります。

パッケージなども豪華にすることで、結婚式の印象を良くすることができるでしょう。よく選ばれているお菓子に関しては、バームクーヘンが定番であり、層がいくつも重なった生地が末長い幸せを表しているとして人気があります。

そして金平糖も好感が持たれるお菓子であり、作るのに長い時間がかかることから、じっくりと家庭を築いていく姿を現していると言われています。さらにマドレーヌやラスクといった焼き菓子も日持ちがするため喜ばれる引き菓子だと言えます。

人によって引き出物を変える

引き出物は、結婚披露宴に来てくれた人全員に全く同じものを用意しなければならないということはありません。会費制の結婚式となれば、みんなから同じ金額をいただくことになるので同じ商品でも構いませんが、一般的な結婚披露宴の場合には招待客がそれぞれに気持ちを金額で包むことになります。

けれども、そこには常識的な金額というものが存在しており、新郎新婦との関係によっても金額が決まってきます。高額なご祝儀をいただくことになりそうな人には、それなりの値段がはる引き出物を用意する必要が出てきます。引き出物は、二種類から三種類ほど値段の違うものを用意しておくという贈り分けをするといいでしょう。

友人や職場の同僚など二万円から三万円程度のご祝儀をもらうことになるであろう人達の層をターゲットとした引き出物を一つ選び、上司などワンランク上の層の人たち、親せきのおじさんやおばさんなど近しい人たちの層といった具合に3つにしてみると、それぞれ失礼にあたらない値段での引き出物を用意することができます。

安すぎても失礼にあたりますが、ご祝儀の金額に対して高すぎる立派な商品を選んでしまうことも逆に失礼にあたるので、贈り分けは自分たちと相手との関係によってベストな価格帯の商品を選ぶ必要があります。