結婚式を親族のみの食事会で行う場合のマニュアル

結婚式は必ずしなければならない、そんなことを思っている人はいませんか。実は、最近では結婚式を行わないカップルが増えてきています。ただ、何もしないというのも寂しいものなので代わりに親族だけの食事会をすることが多いです。新しい試みですからどのようにすればいいのかわからない人も多いでしょう。

今回は親族のみの食事会をどのように切り抜ければ良いのかについてまとめていきます。通常、ご祝儀としてもらえる会費はどのように徴収するべきなのか、会場の選び方、どのような服装にすればいいのかなど多くの方が感じる疑問点を解消します。ぜひ、右も左もわからない人はこれを見て参考にしてください。想い出に残る親族のみの結婚式にしましょう。

親族だけで行う結婚式に注目!

披露宴や結婚式を自分たちらしく行うカップルもいますが、そうした形式にこだわらないカップルが増えてきています。例えば、二人が結婚したことをお互いの家族に紹介する機会として、「食事会」を行います。食事会は、レストラン・料亭などで、双方の両親が会食をすることを目的に催されます。

お互いの家族をお披露目する場になるため、プライベートな空間を確保できる個室を利用することが一般的です。披露宴と異なり、華やかな演出や豪華な会場装飾はせずに、家族や親族を招いて和やかな時間を持つことが出来ます。

基本的に結婚式や披露宴はたくさんの人を招待するため、一人一人に十分な時間を持てないことが多いですが、食事会は親族のみの会なので一人一人と密な時間を過ごすことが出来ます。しかし、何もしなければ本当に集まって食事をするだけになってしまうので、新郎新婦が「結婚の挨拶」で開宴し、新郎新婦あるいは両親から「感謝の挨拶」を伝えます。

感謝の挨拶は行った方が、会全体の雰囲気が締まります。あくまでも「食事」がメインになるため、多くの演出を行うことは難しいですが、演出も加わると一気に盛り上がります。ウェディングケーキの用意&ケーキ入刀が行われることもあるようです。

食事会を行う意味とは

結婚というのは結婚したい相手が見つかり、お互いの同意があれば結婚できるものですが、それでも結婚することによって今まで全く関係ない人たちと親戚になるので、家族や親族の同意というのは必要になってくるでしょう。

ですからいろいろな感情があって心から祝福してもらうことはできなくても、表面上だけでも仲良くやっていくためには食事会というのを開くと良いです。食事会は親族への結婚報告と親睦を深めるのが目的ですから、何が食べたいかということより、ふさわしい場であるかどうかを意識して会場選びもしていくと良いです。

けれど、アレルギーや食べられないものはないかということもあらかじめ確認しておくと親切に思われます。結婚式の前に食事会を行う人もいますが、両家の親族で予定が合わない時や、なかなか都合がつかない時であれば結婚式の後に食事会を開催しても良いでしょう。

式の後ですから両家共に心が穏やかになっていることも多いですし、楽しい気分で食事をとることができるものです。高齢の人が多いのであれば、できるだけ会話が弾むように、お庭がある懐石料理のお店にしたり、食べやすいものが多い和食が品も感じられて良いでしょう。失礼にもならないです。

親族のみの食事会のメリット

結婚する二人が仲が良いのは当たり前ですが、その両家まで仲が良くなるとは限りません。なんの共通点もないような家族が親戚になるようなこともありますから、関係が悪くならないようにするためにも親族のみで行う食事会というのは必要です。

親族のみで食事をすることで気兼ねなく話したいこと、聞きたいことを聞けることも多いですから、時期と場所を選んで機会を持つようにすると良いでしょう。そして食事会は親族への結婚報告と親睦を深めるのが目的ですから、場所や時期は両家の意見を取り入れて決めるのが適切です。

結婚する本人は早くに食事会を行いたいと思っていても、両家のどちらかで体調の悪い家族がいたり、都合が悪い時期になっているということもあるので、両家の意見を優先させてみましょう。

また、結婚式までに一度でも両家で顔を合わせる機会というのは持ちたいものですが、どうしてもそれができないようであれば、挙式後に親族のみで集まれる機会というのを確保するようにもしましょう。お互いのことは経歴などで知ってはいても、実際に会うまではどういった家族なのか不安に思うことというのは多々出てくるものです。ですからそうした不安を取り除くためにも食事会は必要です。

親族のみの結婚式では会場選びが大切

最近は盛大な結婚式よりも、ごく身近な方だけで集まって挙式を行いたいという方も増えています。近年は再婚率も増加していますので、1度は盛大な結婚式を経験したけれども、2度目は両家の親族のみで落ち着いた挙式にしたいと考える新郎や新婦も少なくありません。

ごく近い親族のみでの挙式になると落ち着いた家庭的な雰囲気の中で式を行うことが可能になってきます。会社の上司の方やご友人がたくさんいらっしゃる式では新郎や新婦が挨拶廻りで忙しく、ゆっくりこれから家族になる親族の方と話しをする時間も持てないものです。

親族のみの結婚式であれば、新郎新婦の要望はもちろん、親族の方の希望も反映しやすくなります。自由度が高いので、食事のより広い選択肢の中から選択することが可能になってきます。食事の内容も和食か洋食かご親族の希望を聞きながら決めることが可能になります。

会社の上司の方やご友人が一緒だと若い方が多くなりますので洋食を選びがちですが、親族のみであれば、祖父母世代がより楽しめる食事に出来るように、和食を選ぶのも良いでしょう。会場選びに関しても、親族の方が来やすい場所を優先的に選ぶことが出来ます。大きな会場を選ぶ必要はないので、雰囲気重視で決めるのも良いでしょう。

親族のみでもマナーを大事に

親族のみで結婚式を行うときは、大きな結婚式場を選ぶようなことは少なく、小さなパーティー会場や、もしくは簡単な式と、レストランで食事会をするだけにするようなことも多いものです。

こういった食事会の時は式の時に着ていたようなドレスでは身動きがとりにくくなってしまいますから、ワンピースやスーツなどが好ましいでしょう。スーツもビジネススーツだと味気がないので、華やかさを出すためにアクセサリーを付ければ、食事会に相応しい服装にもなります。

また、親族のみの食事会をするのであれば、式に着るドレスもアレンジが利くものを選べば、食事会の時もアレンジして着ることが可能です。式に着るドレスも、パニエを外したり、シンプルなマーメイドライン、プリンセスラインのドレスであれば、飾りやショールなどでアレンジして食事会用のワンピースとして利用することが出来ます。

あまり着替えるための時間がなかったり、ずっと式の時のドレスを着ていたい人であればこうした利用方法もあります。身内だけの食事会であっても大事な場ですから、普段着で登場するのだけは避けたいですし、出来るだけ女性らしいスカートやワンピースの服で出るようにもしましょう。

参加してくれるゲストに礼を尽くすために

結婚式を親族などごく内輪で行う場合には、招待状は必要でしょうか。出席するゲストも少ないですし、口頭で伝えれば済んでしまうような気もします。ですが、新郎新婦の門出を祝う結婚式はやはり特別なものです。小規模な食事会形式の結婚式であっても、招待状を送ることで改まった気持ちでその日を迎えることができます。

また、祖父母など高齢の世代には、招待状がないということがマナー違反と考える人もいるかもしれません。単に形式を重んじるというのではなく、招待した側がゲストに対して礼を尽くすという意味もあるからです。招待状は専門業者に依頼したり、自分達で市販のペーパーアイテムを使って作る方法などがあります。

少ない枚数から受け付けている業者もありますし、様々なデザインから好みに合ったものを自由に選ぶことができます。招待状に記載する内容は、結婚式及び食事会を開催することを伝える内容と開催場所、開催日時などです。開催場所までの地図や交通アクセスを示した情報などがあるとゲストが訪れる時に役立ちます。

招待状は初めにゲストの目に触れるアイテムなので、必要最低限の項目を抑えた上で自分達らしさを出したオリジナリティのあるものがおすすめです。

結婚式を親族のみで行うときの注意点

結婚式というのは段々簡素化されているものです。それは結婚式にお金をかけるのではなく、その後の新生活や新婚旅行にお金をかけたいと思うような人が増えてきたからでもあるでしょう。ですから親族のみで結婚式を行うという人もいるものです。

しかしながら親族のみで結婚式を行うにしても、引き出物というのは必要です。そうでないと記念になるものがなく、いくら身内であっても失礼になってしまうでしょう。ですから最低限の引き出物は出すようにもしましょう。ですが引き出物というのはその土地でも、年齢によっても選びたいもの、数などは異なってくるものです。

ですから両家の意見をある程度聞いて、納得できるものを選ぶようにしても良いです。ですが意見がまとまらないようであれば、引き出菓子を選択してみても良いです。お菓子であれば引き出物としての役割を果たすこともできますし、形としても出すことが出来るでしょう。

引き出菓子はベームクーヘンなどの焼き菓子が一般的ですが、親族のみで行うときに高齢の人が多いようであれば洋菓子か和菓子どちらがいいのかの希望を聞いて、好むほうを選んでみても良いです。お菓子もそれぞれ苦手なものがないか聞いておくと不満も出ないものです。

当日までに用意しよう

当日までに用意しておくものはある?

結婚式ではないのだから、親族のみだからと準備や用意するものとしては会場の手配や食事のみでいいのではないかと思われがちです。しかし、自分達をここまで見守り続けてくれた親族を招くからこそできる限りのおもてなしの準備は必要です。まず、食事は事前に会場と打ち合わせで決まっているはずなので、必要だと思われるものを用意しましょう。

例えば、会場入り口のウェルカムボードやゲストがスムーズに着席出来るように席札、お食事のメニュー表は最低限用意しておくと良いです。ウェルカムボードは、新郎新婦の似顔絵や白無垢またはウェディングドレスで撮影した記念写真などがおすすめです。

2人の門出や仲の睦まじさがイメージできるものが良いです。席札やメニュー表は、親族だけであれば準備数も少ないので手作りすればコスト削減になりますし、何より感謝の気持ちが伝わります。

手土産は用意した方が良い?

基本的には用意した方が良いでしょう。その会場のお菓子を引き菓子にしたり、飲み物や日用品ギフトでも良いでしょう。もし、会場での手配が出来なかったり心に残るものをお渡ししたいのであれば、手作りのお菓子や違う店舗の品をご用意してもオリジナリティが出て良いです。

当日の手土産は、ご祝儀金額に関係なく、いらしてくれたことへのお返しとしてお渡しすればいいのです。ご祝儀に関してのお返しは金額によって後日ご用意してお渡ししましょう。

親族のみで行う食事会による結婚式の進め方

親族のみが集まって、食事会をすることを結婚式とする場合は決められた手順で進める必要はありません。むしろ、その気軽さが大きな魅力でもあります。基本的には新郎新婦の希望を取り入れ、それに合わせて進行する方法を考えていきます。

食事会を結婚式として行うことをアピールしているレストランや会場はプランがいくつか用意されていたり、相談に乗ってくれたりする場合もあるので聞いてみると費用も手間も軽くなる可能性もあります。ドレスなど衣装がある場合は、親族に先に着席してもらい、集合した後に新郎新婦が入場する形が一般的です。

その後、新郎側の親族代表からスピーチと乾杯の挨拶から始まり、食事会をスタートさせると進行がスムーズです。歓談があり、お色直しをする場合は新婦が席を立ち、準備が整い次第入場します。親族のみの食事会ではお色直しをしないケースが多いですが、いろいろなドレスを着たいという希望を取り入れる会場もあります。事前にお店側に相談する必要があります。

その後、歓談の時間があり、新婦が手紙を読む場合はその時間をとります。その後で、新婦側の親族代表がスピーチをして閉会となるのが基本的な進行方法です。しかし、形にとらわれることを好まない新郎新婦も増えているため、進行方法を考えずにただ会話を楽しむ食事会にするケースも少なくありません。

食事会は両親への気持ちを伝える貴重な機会

親族のみの食事会の場合、和やかな雰囲気で食事を楽しみ親睦を図ることが出来ることは魅力的ですが、結婚式場での披露宴などと違い司会進行役が不在なため、ただ食事を楽しんで終わりとなることもあるかもしれません。

けれどせっかく二人の結婚を披露する大事な会ですので、結婚式のような様々な演出はなくとも大事なことはきちんと行いたいものです。どんな結婚式でも必ず行われるのが、式の最後に花嫁が両親へ感謝の気持ちを伝える手紙を読み上げることではないでしょうか。

普段は照れくさいので面と向かって両親に伝える事が出来ない気持ちでも、結婚式と言う一生に一度の大切な場でならば伝える事が出来ます。そのため親族のみの食事会であっても、最後に両親への感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

今まで育ててくれたことの感謝や、これから新しい家庭を気付いて行くことへの決意など、正にこの機会を逃せば伝える事が出来る機会など訪れないはずです。一生に一度のチャンスを無駄にするのはあまりにも勿体ないことでしょう。感謝の気持ちを伝えられて嬉しくない両親など存在しませんので、一生の記憶に残る感動的な素晴らしい食事会になることはまちがいありません。