結婚式・披露宴での新郎のウェルカムスピーチ例文

結婚式や結婚披露宴などで新郎が参加者に感謝の気持ちを伝えるウェルカムスピーチは、最近では一般的になってきています。新郎新婦の新しい門出に忙しい中集まってくれた友人や上司、お世話になった人達に感謝の気持ちをしっかりと伝えるためにもしっかりと内容を練ったウェルカムスピーチを用意したいものです。

とはいえ一生に一度しかない舞台での挨拶で、どんなことを話せばいいのか迷ってしまうことも多くあるでしょう。ここでは結婚式や披露宴でのウェルカムスピーチについて、何のために行うのかということから、どのような雰囲気でどのようなスピーチをすればいいのかを、実際に例文も挙げつつ解説していきたいと思います。

参加者の人たちに喜んでもらえるようなウェルカムスピーチを目指して勉強していきましょう。

お祝いに駆けつけてくれた人に

披露宴の最後には、締めとして新郎が謝辞を述べるなどスピーチをすることが多いと思います。最近では披露宴の最後ではなく、冒頭に挨拶をするウェルカムスピーチを行うカップルが増えています。新郎だけではなく、新婦がスピーチをする場合もあります。

ウェルカムスピーチの目的は、ゲストに対して感謝の気持ちを伝えることです。結婚式には親族や親しい友人、会社の上司や同僚、学生時代の恩師など二人に縁のある人々がゲストとして集まってくれています。ゲストは二人を祝うために、わざわざ結婚式場にまで足を運んでくれていますから、それに対してまず感謝を伝える必要があります。

遠方から駆けつけてくれた人もいるのではないでしょうか。結婚式に参加するためには、ただ訪れればいいというわけではなく、祝儀を包んだり、ドレスアップしたりと手間や時間、お金がかかっています。ですから自分達のためにお祝いに駆けつけてくれた人に、「ありがとう」という気持ちを伝えるのがウェルカムスピーチになります。

ウェルカムスピーチは基本的に、挙式が終わって披露宴が始まる際に行います。ウェルカムスピーチの内容や構成は人によって違いますが、披露宴が始まってすぐなので大きく注目されるイベントです。

ウェルカムスピーチが結婚式を良い雰囲気にする

結婚式で感謝の気持ちを伝えることは重要ですが、式の最後に言う謝辞の前に、アットホームな印象を与えるウェルカムスピーチをすることは非常に大切です。謝辞はどうしても、式の最後でまじめな内容になってしまいがちなので、会場の雰囲気を和ませる役割があるウェルカムスピーチを最初に述べておくことで、式自体の雰囲気も大きく変わってきます。

結婚式当日は、出席者が式の雰囲気を作るのは難しいので、主役である新郎新婦が会場の雰囲気作りをすることが大事です。ウェルカムスピーチは一般的には、新郎側があいさつするものですが、式の雰囲気を左右する大事なあいさつなので、新婦も協力して2人で考えるべきです。

この最初のあいさつが成功すれば、緊張もほぐれ、最後の謝辞も幾分か気分的に楽になります。また失敗したとしても、それがかえって会場の笑いを誘う結果となることが多いです。よって、あいさつは考えないといけないですが、プログラムには組んでおくことが結婚式の雰囲気を良くさせる結果になります。

本番では、新郎新婦は緊張でそのような余裕はないかもしれないので、ウェルカムスピーチは事前にしっかりと考えておく必要があります。できればカンニングペーパーを見るのではなく、簡単な文章で良いので暗記してあいさつすることで、周りに与える印象も良くなります。

ウェルカムスピーチでさらにハッピー

これから新しく家族となってやっていく自分たちがどうしても来てほしかった人々が今ここにこうして集まって着席してくれていることに最上の喜びを感じているということを伝えられたなら、一瞬でみんなは二人を応援していきたくなる気分へと盛り上がります。

ウェルカムスピーチはすらすらと話せれば頼もしく感じますし、詰まりながらでもほほえましく思え、これからの二人の前途をおおいに祝したい気持ちになるものです。今までは息子や娘として親に守られてきた立場が、これからは1つの家の主となり主婦となります。

責任重大で、心細くても頑張っていかなければならないことにたくさん直面して乗り越えていくことになります。新郎の父親のスピーチにはゲストの皆さんへの感謝の気持ちと、これから主となってやっていく息子へのエールも含まれ、それを会場のみんなが感じ取って心を動かされるのです。

ですから、父親のスピーチは決まりきった言葉のなかにも、そして少し付け足される息子、娘への言葉にも愛情が満ち溢れ、そこで主役の二人と並んで立っていることだけでも、十分父親の思いは皆さんに伝わります。結婚式はみんなでハッピーになる喜びの瞬間です。スピーチに込められた思いを汲んで和やかな幸せな時を過ごしましょう。

ウェルカムスピーチのポイント

ウェルカムスピーチは新郎が代表して行っても良いですし、新郎新婦二人で行っても構いません。その際にスピーチの内容がかぶってしまわないようにする事と、長い挨拶になってしまわないよう簡潔にまとめるよう気をつける必要があります。ウェルカムスピーチの例文です。

「本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にお越しいただき誠にありがとうございます。先程教会で挙式を執り行い、夫婦となることができました。このように本日の良き日を無事に迎えることができたのも、皆様方のおかげだと改めて感謝致しております。

本日は日頃お世話になっている皆様方にごゆっくりおくつろぎいただき楽しんで頂ければと、ささやかではございますがこの席をもうけさせていただきました。楽しいひと時を過ごして頂けると嬉しく思います。御礼かたがた簡単ではございますが、挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございます。」

これはあくまでも例文ですので、この文章に新郎新婦の想いを込めた素敵な挨拶を考えることができれば、参列される方々の心を掴み、良い結婚披露宴になります。緊張は誰でもしますし、スピーチの内容を忘れてしまう事もありますが、一生懸命伝える姿勢に感動があります。

ウェルカムスピーチでは必ず結婚式の報告をする

ウェルカムスピーチには、結婚式を無事に済ませて晴れて夫婦になった旨を報告するパートを、必ず入れるようにします。それは、披露宴が結婚式で夫婦になった2人を披露する場で、招待客全員に無事に夫婦になれたことを報告して感謝の気持ちを示す意味があるためです。

さらに、披露宴の出席者が全員結婚式に出席していた人とは限らないことから、出席者がすぐに結婚式をイメージできるように報告するという実務的な意味もあります。そのため、報告の内容には結婚式の場所や様式(教会式、神前式、人前式)等が分かるフレーズを適宜含めます。

例えば、披露宴を行うホテルで教会式で挙式した場合は「当ホテル内のチャペルにおきまして」などです。海外で挙式して、日本で後日改めて披露宴を行う場合は「○月○日、ニューカレドニアの△△教会にて」のようにアレンジすればよいでしょう。

既に入籍手続を済ませて夫婦の新生活を開始している場合は、結婚式の報告の代わりに「私たちは○月○日、△△区役所に婚姻届を提出し、夫婦二人の生活を始めましたことを皆様にご報告申し上げます」と、より新しい情報を報告します。

結婚式の報告の文言の後に、無事に夫婦になれたことについての二人の思いや招待客への感謝の意を示すことも可能です。ウェルカムスピーチ全体とのバランスを考えて、この部分のボリュームを調整します。

ウェルカムスピーチで披露宴の趣旨を伝える心構え

ウェルカムスピーチを行う上で、披露宴の趣旨を説明することは大切です。それは、披露宴の出席者には遠方からの来賓や休日に会場まで足を運んでもらっており、出席者からの祝儀ももらっているので、礼儀として披露宴の趣旨を説明します。

率直な気持ちで、本日は日頃からお世話になっている出席者に感謝の気持ちを伝えたいことと、自分たちの晴れ姿を見届けて欲しいという内容を伝えることが一般的です。その他、自分たちの馴れ初めを知ってもらい、環境が変わってもこれまで同様変わらずに付き合っていって欲しいという気持ちを伝えることが大事です。

披露宴はあくまでも新郎新婦が主賓ですが、披露宴を行うことで普段言えないような感謝の気持ちを改まって伝えることができ、大事な人生の節目を言葉で報告できる役割がウェルカムスピーチにはあります。

特に披露宴の後半は、新郎新婦の家族に対する感謝がプログラム上にも取り上げられる流れが一般的なので、披露宴の開始直後にウェルカムスピーチでその趣旨を説明することが出席者に対する大事な配慮になります。

このウェルカムスピーチで趣旨を説明する際に注意すべきなのは、披露宴は一生に一度きりなので盛大に行いたかったなどの、あまりにも出席者に対する配慮がないような趣旨の内容のものは避けるべきです。

結びの言葉は簡潔の言葉で大きな声で締めましょう

新郎によるウェルカムスピーチは今では披露宴に欠かせない演出の1つになりましたが、結びの言葉をどのように締めるかで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ウェルカムスピーチがこれから始まる披露宴の雰囲気を決めると言っても過言ではないので、締めの言葉はとても大切になってきますよね。

でも新郎にとっては初めてのことなので、どのようにまとめればいいのかわからないという人がいて当然でしょう。

上手くウェルカムスピーチをまとめるには、結びの言葉として楽しんでいってくださいとか、よろしくお願いいたしますという簡単な言葉でスピーチを締めると良いです。全体としてウェルカムスピーチは1、2分程度にまとめるようにするのが基本なので、締めの言葉があまり長いと間延びしてしまいます。

短く簡潔に述べるのがポイントで、大きな声ではっきり話すことですね。大勢の前でのスピーチは緊張しますが、小さな声でぼそぼそと話すと聞き取り辛く場の空気も悪くなるので、本番ではできるだけ大きな声ではっきりと話すようにしましょう。

限られた時間ではございますが楽しい時間を過ごしていただければと存じますと述べ、それではどうぞ、お開きまでよろしくお願い致しますと話せばしっかり締まりますよ。

フォーマルなウェルカムスピーチのやり方

ウェルカムスピーチの堅い版としてフォーマルなものが挙げられます。対象としては自分よりも目上の人に対する挨拶です。どれだけ親しいかも重要ですが、そこまで親しくなければフォーマルなもので大丈夫でしょう。そうしないと場がしらけてしまい、ずっと恥ずかしい思いを抱いたまま席に座る羽目になります。

発表内容は持ち時間がどれくらいあるかにかかります。新郎や新婦にあらかじめどれくらいの時間があるのか確認した上で、それを少し超えないように話します。超えてしまうと後に控えている余興が潰れてしまう恐れがあるので必ず時間一杯かそれより少ない時間に抑えます。

内容はその人がどんな人なのか、どういう印象があるのか、その人でなければなしえなかった功績など素晴らしい点を評価します。エピソードは2~3個盛り込むと、話しに入り込みやすいので、場の雰囲気が締まります。

1つだけだとふわふわしたスピーチになり、新郎新婦が頼まない方が良かったと恥を変えてしまう可能性があるので気をつけましょう。最初は短めにして、後半に進むにつれて徐々にエピソードの質を上げるのがコツです。起承転結ではありませんが、クライマックスを後半に持ってくることで引き込みやすくします。

気心知れた仲間たちとのウェディングパーティー

挙式はホテルのチャペルで行い、挙式、披露宴ともに、ゲストは親族と仲がいい仲間たちのアットホームな形式。披露宴会場は料理に定評があり、これらを心ゆくまでゲストに堪能してもらいたいと考えている。

ウェルカムスピーチ文例

「みなさま、本日はようこそおいでくださいました。先ほど当ホテルのチャペルにて、みなさまからの祝福を受けながら無事に結婚式を挙げることが出来ました。ご列席いただきありがとうございました。

無事に結婚までたどり着けましたのも、皆様が支えてくださったおかげと感謝しております。本日お招きしたのは、私たちの学生時代の先輩方・友人・会社の同僚と気心の知れた方たちばかりです。初めてお会いする方たちもいるかと思いますが、せっかくの機会ですので、お知り合いを増やしていただければとても嬉しく思います。

いつもお世話になっている皆様と楽しい時間を過ごしたいと思い、今日まで準備をしてきました。美味しいお料理やお酒もふんだんに用意しておりますので、どうぞお楽しみください。料理もお酒も私たちが事前に試食しております。味は保証済みですのでご安心ください。

それではお開きまでどうぞお付き合いください。どうぞよろしくお願いいたします。」

悪天候時に便利なウェルカムスピーチ

近年では、結婚披露宴の冒頭に新郎がウェルカムスピーチを行う場合が増えてきています。訪れてくれた招待客に感謝の気持ちを込めてメッセージを伝えることことによって、誰もが気持ち良くその場の雰囲気を楽しむことにつながっているのです。お世話になった方々や親しい友人達を遠方から招く際には、天候は非常に気になる点といえます。

披露宴当日に雪や雨が降るなどの悪天候となった場には、その点に触れてスピーチを行うと好感が持たれやすいです。例えば、本日は足元が悪い中自分たちのためにお越しになって頂き、本当にありがとうございますという感謝の気持ちをしっかりと伝えることによって、招待客の大変さを和らげることにつながります。

本日は時間の許す限り大いに盛り上がってもらいたいという言葉で誠心誠意新郎新婦側の気持ちを表すことが大切なのです。悪天候の中でも祝福するためにわざわざ足を運んでくれた全ての人々に敬意を表することが新郎のウェルカムスピーチの目的といえます。

そのため、しっかりと事前準備を怠ることなく失礼のない内容のスピーチを行うことが求められているのです。このように、披露宴をより一層和やかな雰囲気に変えて盛り上げるためにも、ウェルカムスピーチは非常に重要な役割を果たしているといえます。