結婚式費用の見積もり、相場や節約ポイントをご紹介

一生に一度の結婚式は大切な人たちに改めて挨拶を行う場でもあり、多くの祝福を受けて結婚したことに喜びを感じる場でもあります。そんな結婚式を華やかで盛大に行いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし結婚式には「お金がかかる」という漠然としたイメージしかなく、実際にはどれくらいかかるのかが分からないという人もたくさんいます。たくさんの費用が必要になることは事実なのですが、だからこそ節約をすることができる部分もあれば値下げ交渉がしやすい部分もあるのです。

これらはある程度相場を知っておかなければできないので、実際にどのような費用がかかっているのか、そしてその相場と節約ポイントはどこにあるのかをいくつか紹介していきます。

結婚式にかかる費用の相場

どんな挙式スタイルにするのか、何着ドレスを着るのか、またどんな演出をするのかなど結婚式はかけようと思えばどこまでもお金がかかります。そのため予め予算を設定してバランスを取っていくことが大切なのですが、一般的には結婚式の費用はどれくらいが相場なのでしょうか。

2016年のデータでは、一番多かったのは300~350万円です。続いて400~500万円、その次が350~400万円というように上位を見ると300万円以上になっていることがほとんどです。300万円未満というのは第5位で比較的少数だと言えます。しかし結婚費用というのはこの総額すべてを新郎新婦2人で負担するのではありません。

総額-ご祝儀=負担額というようになるので、実際に新郎新婦が負担する金額はもっと少なくなります。実質の負担額で言えば50万円以上負担するというのが相場になっていますが、中には50万円未満で済ますことができている人もいます。

ゲストの人数が多ければそれだけもらえるご祝儀も多いですし、総額を上手に節約していけば負担額も減らすことができます。また親をはじめとする親族からは少し多めにご祝儀をもらうことができたり結婚費用を支援してもらうことができるという場合もあるので事前に確認しておくとより正確な予算を立てることができるでしょう。

予算に合わせて結婚式のスタイルを選ぶ

結婚式は専門式場がすべてではありません。様々なスタイルがありますし、その費用も実に様々です。「結婚式を挙げようと思ったら何百万もかかる」というイメージがありますが、実は結婚式のスタイルを変えるだけでも費用は大きく変わるのです。実際にどのようなスタイルがあるのか紹介します。

レストランウェディング

レストランを貸し切って行うレストランウェディングはゲストと近い距離で楽しむことができるとあって人気のスタイルです。お店の大きさによって収容人数は違いますし、お店の雰囲気によって実現可能な結婚式も変わります。

費用面だけではなくお店の雰囲気や大きさ、料理、対応など様々な観点から場所選びをする必要があります。普段レストランとして営業しているお店なのであれば料理単価も比較的抑えることができます。

少人数ウェディング

盛大に行うのではなく親しい人だけを呼んだアットホームな式にしたいという人に人気のスタイルです。ゲストの人数が少ないのでご祝儀としてもらえる額は少ないのですが、全体的な費用を抑えることができます。

フォトウェディング

結婚式を行い写真も撮る場合と、結婚式は行わず写真だけを残すという2つのパターンがあります。後者は挙式料や会場費などが一切かからないので予算がないという人や急ぎで結婚をすることになった人などに人気があります。

季節を選んで全体的にコストダウン

結婚式場のホームページや資料を見るとプランによって大まかな金額設定が行われています。そこにやりたいことをオプションのように追加していくという形になるのですが、実はこのプランの料金は季節によって変動することがあります。それはブライダルの閑散期です。

ブライダル業界における繁忙期というのは新しい人生のスタートにふさわしい春、涼しくて過ごしやすい秋、幸せな結婚ができると言われているジューンブライドの6月です。この時期は結婚式場が一生懸命営業をかけなくても予約でいっぱいの状態になってしまうので料金も高めに設定しています。

しかし汗をかくのでしっかりとしたメイクをしたりドレスを着たりするのが不安になってしまう夏や、寒くて交通の便が悪い冬などは挙式を避ける人が多いので閑散期となります。この閑散期の時期に結婚式を挙げてくれるのであればサービスをするという姿勢でいる式場も多いのでお得に結婚式を挙げたいのであればこの閑散期が狙い目です。

予め値下げされた価格で挙式を挙げることができるだけではなく、値段交渉もしやすいので大幅な節約をはかることができます。特別なこだわりがないのであれば閑散期の方が人も少なく落ち着いて結婚式を挙げることも可能です。

初回見積もり以下はないと思うべし

ブライダルフェアや式場見学などに行くと大まかなゲストの人数と希望の挙式スタイルから見積もりを出してくれます。この見積もりを判断材料の1つにして多くの人が式場選びを行うのですが、この見積もり通りに結婚式を挙げることができるわけではありません。

この初回見積もりというのは必ずかかる費用と衣装や料理も平均的な価格帯のもので構成されています。式場によっては最低ラインの単価で見積もりを出している所もあるでしょう。準備を進めていくうちに単価が上がることも十分考えられますし、見積もりには入っていなかったものを追加しなければならないことも多々あります。

人によっては初回見積もりから100万円以上も高くなったというような人も少なくはありません。結婚式の知識がない人は初回見積もりを見て「こんなに安く結婚式が挙げられるのか」と安心してその流れで契約をしてしまことがあります。

それでは後々後悔することになるので、見積もりを出してもらったら「最低でもこれだけの費用はかかる」という目で見た方が現実的です。そのため最低限のラインをより下げてもらう交渉をすることができれば実際に結婚式を挙げた時の総額を見てがっかりすることもないでしょう。

ペーパーアイテムは必ず手作りをする

結婚式にはペーパーアイテムが必要です。式場でオーダーすることができるペーパーアイテムには招待状一式、席次表、席札があります。すべてデザインを統一したもので販売されていることが多いのですが、1人分で大体1000円前後かかります。

数十万円の衣装などを見ていると1000円程度のものを安く感じてしまいますが、これがゲストの人数分用意されるとなると大きな出費になります。忙しいので手間を少しでも減らしたいという人には式場でオーダーをするというのが一番手っ取り早いのですが、節約をしたいというのであれば自分で用意をするのがおすすめです。

最近では自分たちで用意することができるようにペーパーアイテムを専門で販売しているお店もあり、1人分で500円以内で抑えることができるものもたくさんあります。

パソコンを使って入力したりプリントをしたりしなければなりませんが、難しい操作はありませんしテンプレートがついているので簡単に編集をすることができます。

招待状と席次表をセットで注文すれば席札をサービスしてくれるというようなキャンペーンやその他のアイテムをプレゼントしてくれるような場合もあるのでよりお得に準備をすることができます。式場にオーダーするよりも半額近く節約することができるのは大きいものです。

衣装代は大きな節約ポイント

結婚式に着る衣装を見ていると、どれも素敵に見えてきますし試着をしてしまうと全部着たいとどんどん欲が出てくるようになります。一般的には挙式に1着、披露宴に1着の計2着で済ませる人が多いのですが、あまりにも魅力的な衣装があるとお色直しを2回も3回も行ってたくさんの衣装を着ようとする人もいます。

一生に一度のことなので着たいものを着るのはとても良いことですしいい記念にもなるのですが、衣装代は決して安いものではありません。タキシードは相場として10万円前後になりますし、ドレスは20~30万円にもなります。どうしても着たいもの以外は試着して写真を撮るだけにしておきましょう。

1着衣装が減るだけで数十万円の節約になります。お色直しもしないとなるとせっかくの結婚式でシャッターチャンスを減らすことになってしまうので挙式用の衣装とお色直し用で2着までにとどめておくのがおすすめです。

また有名ブランドの衣装だとブランド名で価格が上がってしまうということもあるので、気に入ったデザインがあればブランド名として高いものではなく似たようなデザインで価格を抑えたものを選ぶようにしましょう。あとは着こなし方やアクセサリーなどの小物でカバーすれば十分素敵な花嫁さんになることができます。衣装担当のスタッフにアドバイスをもらいながら選ぶと良いでしょう。

隠れた節約ポイントはウェディングケーキ

結婚式は新郎新婦が楽しむ儀式ではなくゲストをおもてなしするための儀式なのにもかかわらず多くの人が料理単価を節約しようとします。そうではなく節約すべきポイントとしておすすめなのは料理ではなくウェディングケーキです。

ウェディングケーキの相場は2~5万円で、こだわればもっと費用がかかります。最低ラインの価格にするとあまりにもシンプルになりますし、こだわりすぎるのもお金がかかるのであれば節約の仕方が難しいのではないかと思われがちなのですが、実はウェディングケーキの構成をしれば節約が可能です。

まずはウェディングケーキの価格設定はほとんどサイズで決まります。最終的に切り分けてゲスト全員に配るのであればゲストの人数に合わせたサイズにしなければなりません。ここで基本料金がほぼ決まるのですが、実はゲストの人数よりも小さめのサイズで注文することも可能です。

ウェディングケーキは3~4層で作られているので、この層を減らして面積を広くすることができるのです。高さはなくなりますが大きいケーキには見られるので貧相な印象を与えることもありません。その他にもサンドしているいちごを桃に変えたりするのも節約ポイントです。わざわざ式場側から提案はしてくれないので自分から言うことで値下げに成功する確率は高くなります。

持ち込み料を忘れずに

少しでも出費を減らそうと自分たちで手作りをすることを考える人も多いでしょう。式場にすべてお願いするのは手間も省けますしとても楽なのですが、その分ブライダル価格としてたくさんのお金がかかります。

式場よりも衣装のレンタルショップに行った方が衣装が豊富に用意されている場合がありますし、引き出物もカタログから選ぶよりも雑貨屋で購入したもので構成した方が安く済ませられる場合があります。結婚式に欠かせないウェルカムボードもオーダーするのではなく自分たちで作った方がお金もかからないでしょう。

少しでも無駄な費用を抑えて料理などに費やしたいという考えの人もたくさんいるのですが、ここで忘れてはならないのが持ち込み料です。他社のものやお客さん自ら作成したものは式場で元々取り扱いをしているものではありません。

そのため管理費用として持ち込み料が必要となる場合がほとんどです。費用を抑えようとして一生懸命自作したり手配したりしても、持ち込み料と合わせると式場にオーダーしたとの変わらないようでは手間をかける意味がなくなります。自分たちで準備をすることで本当に得になるのかどうかを事前にチェックしておくことが重要です。

ブラダルフェアの特典を利用する

結婚式場では定期的にブライダルフェアを開催しています。より本番に近い会場装飾を行い、料理の試食ができたり引き出物などのウェディングアイテムを実際に手に取って見ることができるなど式場選びを行う上で参考にできることがたくさんあります。

参加費を取られるわけではないので気軽に参加することができますし、通常の会場見学よりも参考になるのでブライダルフェアにはメリットがたくさんあります。結婚式をより身近に感じ参考資料がたくさんあるのだけが魅力ではありません。

実はこのブライダルフェアに行って成約につながると大きな特典を受けることができる可能性があります。特典内容は式場によって異なるので一概には言えませんが、例えば衣装を1着無料にしてくれたり、挙式費用を無料にするなど数万円~数十万円の値引きにつながるものがたくさんあります。

無料で料理単価をワンランクアップさせることができる場合もあるのでより質の良い結婚式を実現するためにはとても魅力的です。これらはブライダルフェアだからこそ受けられる特典なので通常の成約では受けることができません。少しでもお得に成約をし、たくさんの参考資料を獲得するためにもブライダルフェアへ参加をするというのはとても有意義です。

お金をかけるべき所と節約すべき所を明確に

結婚式にはお金がかかるのは事実です。しかしどこにお金をかけるべきか、どこを節約すべきかをはっきりさせることはとても大切なのです。そもそも結婚式というのは新郎新婦が楽しむパーティーではありません。昔からある冠婚葬祭の儀式の1つであり、身近な人々に夫婦となったことを報告し挨拶を行う大切な場です。

好きなドレスを着て楽しい演出を取り入れることが重要なのではなく、列席してくれるゲストを夫婦としておもてなしすることが最も重要なのです。それを考えればどんなことにお金をかけるべきなのかが自ずと見えてくるでしょう。

多くのゲストが楽しみにしている料理や待ち時間に退屈な思いをさせないためのウェルカムドリンク、お土産品として用意される引き出物などは出費を抑えようと無理に節約をすべきではありません。

しかし自分たちのために用意する衣装や演出は予算とのバランスを考えて費用を抑えることができますし、会場装飾に関しても豪華絢爛なお花を用意していては出費もかさんでしまうので、あまりお金のかからない葉や蔦などを上手に使ってボリュームを出すなどの工夫をすれば費用を抑えることができます。

工夫次第で節約をすることは十分可能なので、削らなくてもいい所まで削らないように注意しましょう。