結婚指輪の意味とは?指輪をはめる指にもそれぞれ意味があった

結婚指輪は結婚する際に、神様の前でお互いに交換し生涯の愛を誓う、約束するものです。結婚指輪は左手の薬指にはめます。左手の薬指には心臓からつながる大切な血管が通っているとされ、永遠を意味するのです。また心臓は心であることで、心に相手を感じる、そして思うということをする指であるのです。

そしてリングの丸い形も永遠を意味します。生涯その愛を貫くこと、どんな時もそのつながりを続けていくことを表現しているのです。

常に指にはめていることで、二人が離れている時も相手の存在を感じその愛、責任、絆を時間して生きていくことが出来ます。結婚指輪という小さなものの中には大きな意味が隠されているのです。いつの間にか自分の一部となるものといっても過言ではないのです。

結婚指輪の歴史

結婚指輪の歴史の始まりは古代ローマ時代にまで遡ります。当時の結婚は妻をお金で買う「売買婚」という形態が一般的だったため、婚約成立時に家族同士の契約の象徴として男性の家から女性の家に婚約指輪が贈られた事が起源でした。

キリスト教時代に入ると、神様に男女の結婚が誠実なものであり貞節を誓う意義が強くなります。現在のような「結婚指輪」を身につけたのは9世紀にローマ教皇ニコラウス1世が最初とされ、そこで指輪が結婚の証拠とみなされました。また、その誓いが強固であるという印として鉄でできた指輪を贈ったという記録も残っています。

日本では鎖国の影響もあってか、明治時代に指輪という装飾品が普及しはじめます。西洋では貴族が身につけるものとして馴染のある指輪ですが、当時の日本では男性が宝飾品を身につける文化がなかったことや、結婚式も西洋と異なる様式だったこともあり、普及には長い時間を要しました。

明治の終わりには結婚指輪の広告なども見られるものの、実際に慣習として定着しはじめたのは大正時代になってから。結婚指輪が一般的に広まったのは戦後、西洋の文化が日本に浸透してからのことで昭和40年代にはジュエリー会社の広告なども多く見かけるようになり、一気に結婚指輪の慣習が受け入れられるようになり、定着していきました。

結婚指輪の持つ意味について

結婚指輪は2人が大切に育んできたの愛の誓いの証であると同時に、結婚相手がいますと自分にパートナーがいることを周囲に知らせるための印でもあります。そもそも指輪が愛の証として扱われるのは、円というものは終わりがないものであり、輪の形は永遠を意味し、四季や満ち欠けする月など繰り返す自然を表すとも言われているからです。

運命によって導かれ出逢い、幾多の困難も乗り越え愛を育んで結婚に至った2人。お互いがお互いを想う大切なその気持ちが永遠にずっと変わらないように、という願いを込めて交換されるのが結婚指輪なのです。

結婚式で2人の愛の門出を祝ってくれるたくさんの人々の前で指輪の交換をするということは、2人が心と心を結ぶ固い誓いを堂々と証明することでもあり、それは人生でかけがえのない思い出となり互いの胸と指に輝き続けます。

結婚指輪は、基本的には毎日の日常生活でも常に身につけていることが多い物ですから、結婚後の生活の中で辛い時も悲しい時も、互いの心を見失いそうな時もそして幸せな時も、いつもお互いの存在と結婚した日の嬉しさや感動を、たとえ何年たっても何十年たっても思い出させてくれる、大切な2人の約束の形なのです。

愛の印には意味があった!

結婚指輪は結婚を誓いあった男女が左手の薬指にリングを嵌める愛の印ですよね。今では当たり前のように愛し合うカップルがペアリングをつけていますが、なぜ左手の薬指なのか理由を御存知でしょうか?その由来は古代ギリシャに遡ります。

左手の薬指には心臓につながる血管があることが信じられていて、相手のその大事な部分をしっかり掴むという意味で広まっていきました。現代でも行われていますが、挙式で愛を誓いあった二人が式後に左手薬指にリングを嵌めて愛を誓い合うことは古代ギリシャから行われていました。

また、それぞれの指は意味が変わってきますので覚えておくと良いでしょう。昔から愛は価値が高く、愛を誓い合うための儀式を終えてやっと愛を表現できるものと考えられていたことがわかりますよね。

実際にペアリングを嵌めることでカップルと婚約者をはっきり見分けることができますね。婚約者となって同じ物を身につけるためお互いが夫婦と認識することができて、離婚率低下にも効果が得るとも言われています。

外見からもひと目で既婚者とわかりますので浮気防止にもおすすめです。もし今あなたが新の愛を誓い合う大事なパートナーがいるのであれば、ぜひペアの結婚指輪で新の愛を確かめ合いましょう。

結婚指輪を左手の薬指にはめる理由

結婚する2人が結婚指輪をはめる指として、一般的に考えられているのは左手の薬指です。そして、そうなったのは古代ギリシャの考え方がきっかけになっていると言われています。この時代のギリシャでは、感情を司るのは心臓であると考えられ、心臓は体の臓器というだけでなく「ハート」を意味するものとされ、その点でも非常に重視されていました。

そして左手の薬指の皮膚の下には血管が通っていますが、この血管は心臓につながっていると信じられていたので、これは特別に大切な部位であると考えられていました。そのため、結婚指輪をはめるときにこの大切な部位を選べば、ハートとつながっているので、相手の心をつかんでそれにつながることになり、永遠の愛の絆を強めることができると思われることになりました。

そして、結婚式での結婚指輪交換ではめる部位としてこれを選んだ場合、結婚式で行われる永遠の愛の誓いをより強いものにすることが期待されるようになったのです。日本では、結婚式での結婚指輪の交換が定着したのはヨーロッパほど昔のことではありませんが、それでもヨーロッパのように結婚指輪の交換を行う指は左手の薬指とすることが現在でも多いと言えます。

式で結婚指輪をはめる指はどこ?

結婚指輪は通常、左手にはめる人が多いですが、実際には左右どちらにしても問題はないです。しかし、結婚式では気を付ける必要があります。結婚式でのセレモニーとしては参列者の前で愛を誓うという意味があり、左手の薬指にするのが正しい式の進め方となっています。そのため原則として暗黙の了解で左手にすることになります。

もし、怪我をしていたりどうしても指輪をはめることが出来ない事情がある場合は、事前に式場のスタッフに相談しておくことを忘れないように気を付けてください。また、式の中で婚約指輪をはめ直してもらうという、エンゲージカバーセレモニーという演出もあります。

エンゲージリングを結婚指輪と重ねてはめる場合が多くなっているからです。指輪交換をした後その上にエンゲージリングを新郎に重ねてもらいます。2つを重ねてはめることによって、2人で誓った愛に蓋をするという意味があります。

ロマンティックな演出をしたい、素敵な思い出のあるエンゲージリングも見て欲しいという方におすすめな演出です。指輪交換はメインイベントですので、くれぐれも当日まで左手に怪我をしたり、酷く浮腫んでしまったりすることがないよう気をつけましょう。

親指にはめる意味とは

親指に結婚指輪をはめる、また右手と左手ではそれぞれ意味があります。右手の場合、「権威や責任が得られる、指導力を持つ」という願いが込められます。結婚後の人生において、会社で出世したい、起業して成功したい等の目標や野心をお持ちで、ご夫婦でそういった人生をお望みなら、右手親指に指輪をはめるといいかもしれません。

また左手の場合、「信念や愛を貫く、自分の思いを実現させる」という願いが込められます。この結婚に対しての信念や愛を貫く、家族として幸せにするという思いを実現させる、という意味合いがあるのでしょうが、右手と同じく、結婚後の人生においての成功を願うことにも繋がっています。

ご夫婦共に結婚後も仕事を続け、社会的な地位を得たい等のお考えがある方は、親指に結婚指輪をはめるという選択をするのがいいのではないでしょうか。

ただし、一般的には一番サイズが大きくなりますので、ブランドやお店によっては費用が少しかさんだり、ファッションリングで慣れている方以外は違和感を感じたりするかもしれません。違和感については長くはめておくことで慣れていくでしょうし、大きい分失くす可能性も少なくなり、夫婦喧嘩のタネもなくなるかもしれませんね。

活力がほしいとき人差し指に

結婚指輪は一般的には左手薬指にはめるものとされていますが、人差し指に指輪をするという場合はどういう意味になるのでしょうか。

人差し指の指輪は一般的にインデックスリングと言われます。インデックスは索引、何かをさし示す物のことです。何かをさし示す力のように、活力が欲しいときにふさわしいものです。しっかり自立したい、あるいは人々を導きたいという願望がある人にも適しています。

活力にもいろいろありますが、右手の場合は、集中力を高め、行動力をもたらすとされています。飽きっぽさを克服したい、ひとつのことに意識を集中してものごとを押し進めたいときなどにぴったりと言えます。また、リーダーシップを発揮したいという場合にもよいでしょう。

一方、左手の場合は、積極性を高めるとされています。やりたいことはあるのだけれど、どうも積極的に動き出せない、そういう場合にふさわしい位置です。前向きに取り組みたいことがあるときに後押しをしてくれる力もあるとされています。

左右いずれの場合も、パワフルさを増してくれるといった意味合いがあると言えるでしょう。そのことが、心の中の願い、目標に近づいて行ける力につながっていくと考えられます。

中指は直感やひらめきの象徴

右手の中指には邪気を払うという意味があるので、お守りとしてつけるのも良いかもしれません。直感や想像力などのインスピレーションが良くなり、パワーを呼び込んで自分のものにすることが出来るそうなので、総合的な運気アップを狙う方にもおすすめです。

直感、意思のままに行動するときに、自分の思い描く結果に導くためにも効果的と言われています。思いのままに行動したいけれど踏み出せないという人は、この指につけてみるといいでしょう。

また金運上昇の効果もあります。魅力的になって素敵な異性を惹きつけるという言い伝えもありますので、恋人が欲しい人はこの指がおすすめです。

左手の中指に指輪をつけると協調性が高まると言われています。人間関係がスムーズになり、トラブルになりにくいという意味もあるので、恋人、友達や家族、また仕事に関係する人たちとのより良いコミュニケーションを望む人にはこの位置が最適です。

また、右手同様直感力を司るのでひらめきやインスピレーションが湧くのを助けてくれるそうです。他にも仕事の成功や家内安全を願うときにつけると良いそうです。パートナーと良い関係を続けられるよう、ここに結婚指輪をつけてみるのもいいかもしれません。

結婚指輪をはめる指は?

右手の薬指は精神的な安定を象徴しています。周囲の状況を把握する能力や創造性や第六感が向上し芸術センスが上がるので、本来の自分らしく、より良いものを生み出したいときにぴったりな位置です。アーティストやクリエイティブな分野で活躍したい人におすすめです。

また、肌を圧迫することでリラックス効果を生み出し心が安定します。落ち着いて行動することができるため、円満な人間関係を築きたい人にもおすすめです。

左手の薬指に込められた意味は、愛の進展と絆、が最も代表的です。古代ギリシャ時代から、愛情の静脈と呼ばれる心臓につながる太い血管があると信じられていて、命に1番近いとされ、とても神聖なものだったそうです。

そのため、男性も女性も左の薬指に指輪をはめることで、永遠の愛の絆を誓うという意味が込められるようになったと言われています。また、ふたりの願いを実現するという意味もあります。

互いの愛を深め、絆を深めるという意味があるので、片思いなど成功させたい恋がある時に就寝時だけでも身につけると助けになると言われています。左手には「信頼」という意味があります。薬指の意味する「愛情」と合わせると、結婚指輪をはめるにふさわしいと言えるでしょう。

チャンスをつかむなら・・・

結婚指輪をはめるのは通常左手の薬指ですが、では、小指に指輪をはめるのはどういう意味があるでしょうか。小指の指輪はピンキーリングと呼ばれます。ピンキーリングはチャンスや秘密を象徴するとされています。つまり、チャンスをつかみたい人、その願いを心の中でじっと秘密にしている人にふさわしいと言えます。

右手と左手とでは、意味が全く異なります。右手の場合は、自分をアピールしたいという望みをこめるのに適しています。自分の持てる魅力を最大限に発揮したい、自分の持てる能力を最大限に引き出したい、というようなときに右手につけると良いでしょう。

自分に自信が持てないという人はお守り代わりにつけてみてはどうでしょうか。また、本来持っている自信を増すともされています。自分という武器を活かすことでチャンスをつかみたい人にぴったりです。

一方、左手の場合は願いを叶える力を授けてくれるとされています。右手が「自分」であったのに対して、左手は「人との繋がり」と関係するとされています。人との信頼関係を結ぶことで必要な時に助けを得られたりして、願いの実現が近づくと考えられます。人と人との縁を大事にしてチャンスをつかみたい人に適しています。