結納と顔合わせ食事会の違いは?相場や会場選び、服装マナーまとめ

結婚が決まると、結婚式の前に顔合わせ食事や結納を行うのが一般的です。片方だけ行う人達もいれば、両方行う人もいます。結納とは、正式に婚約を調える儀式です。古くからのしきたりにそって結納品などを取り交わしたり、女性宅で催すなど、地域によってやり方はいろいろです。

最近では式場やホテルのパックを利用するパターンも一般的になっています。顔合わせ食事会は、結納品など用意せず婚約指輪などの記念品を取り交わすこともありますが、特に決まりというものはなく、料亭やレストランを利用して両家の親睦を深める意味合いが強いです。

今回や、結納と顔合わせ食事会の具体的な違いと、相場や会場選び、服装マナーについてご紹介します。

結納を上げる人が少なくなっています

時代の流れと共に結婚に対する考えや流も大きく変化しています。結婚となれば本人だけの問題ではなく、両家の親や親族との繋がりが生まれてきます。婚約が成立すると言う意味あいで行われる儀式が結納になります。

贈り物を納めあう儀式で、新郎家側から新婦側に結納品を納めるのが一般的で、本来は縁起が良いとされる帯や着物地を贈るのがならわしですが、現代では結納金として現金を贈ります。結納金の相場は給料の3倍とよく言われますが、相場は様々です。

結婚式の3ヶ月から6ヶ月前の吉日を選び、時間も午前中もしくは11時から15時くらいまでの明るい時間帯に行います。昔は結婚式をあげるために仲人さんを立てることが多かったのですが、最近は仲人さんぬきで結婚式をあげる人も多いため、結納も簡素化され新郎家が新婦の家を訪れ、新郎・新婦・両家の親で行う場合が多いようです。

料亭やホテルなどを借りて、食事会も兼ねて行うこともあります。最近では結婚式をあげない人も増えていることから、結婚までの儀式を行う人は少数派になっています。結婚に対する考えが変化し、結婚によって家と家の結び付きを重要視するのではなく、2人で新しい家庭を作ると言う核家族化の考えに変わってきているようです。

結納に関するお金の理解は必要

結納金や結納品には相場がたります。まずは、正しい相場を理解する事かり始めましょう。なぜ相場を知る必要があるのでしょう?金額が極端に多すぎだったり少なすぎだったら、お返しをする側も困惑してしまうからです。

また、一般的な額を理解している親御からは、非常識な家庭だと家族単位で理解を示してもらえず、今後のコミュニケーションにも影響がでる可能性があるからです。では、具体的に結納金はいくらぐらいが妥当かですが100万円が好まれる傾向で、次いで50万円になります。

キリの良い数字や奇数が一般的ですので、端数になっていないか注意が必要です。ですが、地域性もある為両家の考えに、相違が発生する可能性もあります。金額については内々で事前に確認しておくのも良いです。両家の顔合わせ含めの家庭もあるので、何事も慎重に、ことを進めるのは大事です。

続いて結納品の相場ですが、これにも地域性や両家の考えもある為、一概な額はありませんが約2万円から10万円程が相場になってきます。何品準備するかでも大きく金額が変わるのが特徴です。金額同様、両家の意向を確認するのを、おすすめします。結納に関する金額の相場を正しく理解する事で、円満な場にしましょう。

結納金の相場は100万円くらいです

日本の結婚は家と家のつながりを重んじる傾向があり、二人だけの問題だけでなく儀式がからんでくるので面倒だと感じている人も多いのではないでしょうか。結婚の約束をお互いの家で公にするための儀式が結納で、男性側から納めるようになっています。

男性の誠意の表れや女性側の家に対する感謝の気持ちを形にしたものが結納ですが、内容や金額には決まりがなく両家の考えや土地の風習によって様々です。結納品は関東式と関西式があって地域によって異なりますが、最近は結納のスタイルが簡略化されていることもあって数は少なくなっています。

大事なのは関東や関西に関係なく両家で思い違いがないように事前に相談しておくことで、専門店などで相談して揃えると2万円から10万円くらいで購入することが可能です。男性側から女性側へ婚礼の準備金として贈られる結納金は決まった金額がないので、家柄や本人の経済力に見合った金額で男性側が決めるのが通例です。

一般的な相場は100万円くらいで、100万円から150万円未満が66%、50万円から100万円未満が25%、平均で91.1万円という全国のデータがあります。縁起物なのでキリの良い金額にすることが多いのですが、50万円や70万円などの奇数にしたり末広がりを意味する80万円にする人もいます。

結納の良いところと問題点

最近では、結婚式をしないというカップルも増えてきています。そんな中それ以上に行われなくなっているのが結納という行事です。ただ、結納には良いところもあります。ではこの行事の良い点とはどんなところで、そしてどんな問題点があるのでしょうか。

まず結納の最大のメリットは、事前に両家の距離が縮まるということでしょう。最近よくあるのが、両家の両親も結婚式で初めて顔を合わせるというものです。しかしこれですとなかなか話す機会が作れず、お互いの理解が深まりません。先

に合って話をする場を作ることで互いの距離が縮まりますし、文化や風習の違いも知ることができるので結婚式でトラブルになったりといったリスクを減らすこともできるのです。また、結納をするということで本人たちにも結婚するという自覚が生まれるのも大きな点だと言えるでしょう。良い意味での緊張感が芽生えるのは結婚生活を迎えるにあたって良い影響が期待できます。

ただもちろん問題点もないというわけではありません。例えば結納を行うためにはやはりお金が掛かってきます。その分結婚式に掛ける費用を削らなければいけない可能性も出てくるかもしれません。またお金だけでなく準備に手間や時間もかかるのでそれはしっかりと覚悟しておいた方が良いと言えるでしょう。

結納は料亭やホテル、結婚式場で

結納は本来は両家がそれぞれ使者を立て双方の家に結納品を納め、受書を持ち帰るものでした。それを簡略化したのが男性側の仲人が両家を往復するもので、正式な形として長く定着しています。正式な形の結納も行われていますが、現在多くみられるのは両家が一か所に集まり仲人の立会いの下に結納を行うものです。

さらに簡略化して、仲人を立てずに本人たちと双方の両親だけで行うケースも珍しくはありません。両家が一か所に集まる場合男性側が女性宅に出向くのが、正式な形に最も近いといえます。最近では料亭やホテル、結婚式場などを利用するのが一般的になっています。これらの会場では祝い膳の支度など、式の準備に手間がかからないことがメリットです。

料亭の一室を借りた場合は日本的な雰囲気で式を行うことができます。祝い膳の味や雰囲気にこだわりたい人に人気です。ホテルや結婚式場での式は、挙式予定の場所で行うことが多くなっています。祝い膳も和食・西洋料理など選択肢が豊富です。

これらの場所で行うデメリットといえば、それなりに費用が掛かってくる点にあります。本来ならば女性宅で行う式になりますので、女性側が支払うという感じになるのですが、そこのところは両家でじっくりと話し合いをしましょう。

緊張するので事前に準備

食事会は形式ばらないといっても両家が一堂に会し、正式に挨拶を取り交わす場です。会場・両家の装い・結婚準備金や婚約記念品の有無など、最低限の準備は事前に済ませましょう。当日は緊張して話題が途切れがちになることが多いので挙式・披露宴の相談や趣味、家族の話など二人から積極的に話をします。

進行役は男性か男性の父親で、食事の前に婚約記念品の交換などささやかな儀式を取り入れるのがお勧めです。婚約の意識も高まりその後の食事も、和やかに進められるでしょう。食事会を成功させるためには、結婚式の3~6か月前落ち着いて食事のできる個室を予約します。両家が着ていくものや手土産などを決めましょう。

そして当日の進め方を決めます。最初と締めの挨拶、乾杯、進行役記念品交換の有無などを決めておきます。結納や挙式スタイルなど両家への確認事項をまとめ、当日話し合うとスムーズに結婚準備に入れます。

また当日の食事会の会計の仕方をあらかじめ決めておくと、当日が大変にスムーズになります。食事会が終わった後は両家の親にフォローを入れておくことも忘れないでしましょう。帰宅後にお礼の電話、3日以内にお礼状を出しておけば完璧です。文面も事前に考えておくと大変に便利です。

結納の日取りは休日の午前中が理想的

日本では婚約すると両家の顔合わせの食事会で結納をすることが多いので、日取りをどのように決まれば良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。結納の形式は年々緩やかになっていますが、結納金や婚約指輪、結納返しを交わすには準備が必要でその舞台となるのが食事会です。

両家の顔合わせを行う会場は料亭、レストラン、ホテルなどが多いのですが日柄のよい土日は混雑する可能性があるので早めに手配する必要があります。結納をする場合の顔合わせ食事会にふさわしい時期はカレンダーの六曜になりますが、なるべくなら仏滅よりは大安がいいでしょう。

親世代や祖父母の世代になればなおさらで、両家の家族が不安を持たずに参加できるよう、食事会の日取りはあらかじめその点を考慮しておくことが重要です。結婚の準備を円滑に進めるには両家の顔合わせはなるべく早いタイミングでするのがオススメで、多くのカップルは遅くとも挙式の7、8ヵ月前までに食事会を実施しています。

家族や2人の仕事の都合を考慮すると土日祝日がターゲットになり、お祝い事は午前中に行うものという考え方が根強いです。そのため特別な事情がない限り、日取りの設定は大安などの土日祝日の昼食がベストと言えるでしょう。

結納パックが用意されている会場で

仲人を使者に立て両家を往復する正式結納は、必然的にそれぞれの自宅が会場になります。略式・簡略式結納はかつては女性宅で行うのが一般的でしたが準備が大変なことや、住宅事情から最近はホテルや料亭などを利用するケースが増えています。

式場やホテルには室料から祝い膳までセットになった結納パックが用意され、しきたりに不慣れでも結納を行うことができます。また女性宅で儀式を行った後祝宴は、外食にするのもいいでしょう。ホテルや結婚式場・料亭やレストランなどは手間がかからず予算や好みによって選択することができます。

費用が頭割りしやすくパックを利用することで、手軽に式を挙げることができます。ですが場所によってはそれなりに費用が掛かってしまいます。時間にも制限がありますので、自分たちのペースで進まないこともあります。

このパックというのは室料・料理・飲み物代・装花代・結納品・介添え料など式と会食に、最低限必要な内容がそろっていることが多くなっています。介添え係りが席順・進行・口上まで丁寧に世話をしてくれる会場もありますので、このような親切な会場を選んで行いましょう。結婚式を挙げる式場で行えば、結婚式場の下見にもなります。

結納の食事会は当日の服装を合わせる

結納は日本の結婚の際の伝統で新郎側から新婦の側へ贈られる金品になります。ただ、お互いにお金や品物を贈り合うことが負担になることもあり、最近では代わりに食事会をするカップルも増えています。正式な結納の場では正装をすることが求められます。

新婦は振り袖を着たりと負担が大きいものですが、顔合わせを兼ねた結納の食事会であればワンピースなどよりカジュアルなスタイルでも良いでしょう。ただ、必ずご両家どのような服装で会場に行くか合わせておくことをおすすめします。

どちらかが正装で、どちらかがカジュアルな格好になってしまうとバランスが悪く、結婚式の前からぎくしゃくしてしまうようなことがあってはいけません。もしどちらかが留め袖を着られるようでしたら、両家合わせる必要があります。

ご両親が留め袖などお着物を着られるようでしたら新婦は振り袖とは言わなくても訪問着など着物に合わせるなど両家のスタイルを尊重するようにしましょう。当日には記念写真を撮ることも多いので、あまりにバラバラな格好だと不自然な形の写真になってしまいます。両家初めての顔合わせの場合は特に、事前に服装を合わせるように事前に調整しておくことが大切になります。

結婚が決まったら結納の段取りを開始

結婚が決まると、決めていかなければならないことが山のように待っています。結婚式に向けた日取りを決めたり、式の会場や招待客のリストアップなどの作業と平行して、結納も行う必要があります。

最近では結納を省略するカップルも少なくありませんが、地方や結婚するご家族の考え方によっては省略することが考えられないという場合もあります。結婚を決めた2人の結婚だという考え方もありますが、日本では結婚は古くから家と家が結びつくものだという考え方も根強いものです。

これから長い人生一緒に歩むご親族との関係も考えた上で結納の段取りを進めていくようにしましょう。まず、段取りは2人で行うことが重要です。どちらか片方の親族だけの都合を考えて日取りを決めてしまうと、後々にまで溝を残すことになり兼ねません。

両家の都合や風習、習慣などを尊重することが大切になりますので、お互いの親戚と密に連絡を取り合いながら決めていくようにしましょう。結婚までの道のりは決めていくこと、やらなければならないことが多いものです。その中でも結納は最初の大きなイベントになります。

結納の段階で両家のご親族の家族構成や状況を知ることが出来ますし、二人で協力して準備を進めていくことで、結婚式への準備もスムーズに進みます。