結納品や結納金、服装マナーなど基礎知識まとめ

日本には昔から決まっているマナーがたくさんあります。結婚する際に行う結納もその中の一つです。マナーや基礎知識を知らないことで恥をかかないようにするために、事前にしっかりと勉強しておきましょう。そこでここでは結納についての様々な情報を紹介していきます。

結納の日取りや会場の決め方、当日の流れ、結納品や結納金など知っていて役に立つことばかりです。特に結納品や服装のマナーなどは知らないと恥をかくおそれがありますので、きちんとチェックしておきましょう。

スムーズにそして気分よく結納を進めていくためにパートナーと一緒に情報を共有することも大切です。ここで学んだ知識をパートナーに伝え、当日までにお互い整理しておくと安心です。

六曜に基づいて決めるのが一般的

結納を行う時期は一般的には結婚式や入籍を行う時から3~6ヶ月前にするようです。結納品や形式は住んでいる場所によっても違うことが多いですが、時期は概ね挙式の半年前から3ヶ月前を目安にして、日付を選ぶようにしましょう。

昔から言われているように、おめでたいことをする時には「よい日」を選ぶのが日本の伝統です。昔からある「六曜」という考え方を使い、「良い日」を選ぶのです。最近では家族が休める日を優先したり悪いとされている日でも気にしない方も増え、予約が取りやすかったり割引があったりするので仏滅でも執り行われることは多くなってきましたが、一応知識は身につけておきましょう。

大安は一日中吉とされる日で、全ての祝い事に良いとされています。友引は一般的には大安の次に良い日とされていますが、正午は凶とされ、不祝儀には避ける日です。先勝は午前中が吉とされる日で、急ぎごとや願い事交渉事などに良い日とされています。

先負は午後からが吉とされるので、祝い事は午後が良いでしょう。赤口は祝い事や新規のことは慎むべきといわれていますが、正午あたりの時間のみ吉です。仏滅は何事も慎むべき日のことで、大安の反対です。地域によっては六曜を重んじるところもありますので、周囲の意見も聞きながら日取りを決めるとよいでしょう。

結納の会場はこうやって決めよう

結納の場所として考えられるのは新婦の実家、ホテル、料亭などがあげられます。まず新婦の実家で行う場合にはホテルなどと比べると費用が抑えられるというメリットがあります。しかし新婦側で準備を行わなければなりません。食事会とは異なり結納という儀式があるため、結納品の準備なども行わなければならないので、不慣れな場合には大きな負担となるでしょう。

結婚式を行うホテルで結納をする人も多く見られますが、結婚式の会場を両親と一緒に下見することができるというメリットがあります。ホテルの多くには結納プランなどが用意されていることも多く、費用はかかりますが準備はすべてお任せすることができるので準備の手間が省けます。

料亭も同じように料理の準備を省けることができ、上質な料理を食べることができるでしょう。結納の場所を決めるのは基本的には新郎が決めるのがよいと言われています。結納については地域の風習やしきたりなどもかかわってくるので、場所の手配についてはあらかじめ婚約者や両親とよく相談してから決めた方がよいでしょう。

会場を決めるにあたり重視するポイントとしては、両家が集まりやすい場所であるかということです。両家の実家が遠方の場合には交通機関のアクセスが良いところや、宿泊先もしっかりと選んでおく必要があります。正式な儀式であるため、ある程度格式のある会場を選ぶことが大切です。

結納品を交わす会場を決める

結納とは、元々新郎側が新婦側の自宅へ赴き、結納品を交わしたり、結納金をお渡しするものでした。しかし、近年では結婚の考え方も結婚式のスタイルも多様化しています。新婦の家に行くよりも、両家が気を使わない形でホテルやレストランなど会場を決めて結納を行うカップルも増えています。

ただ、結納は両家の中のしきたりなどもありますので、ご両親にどのようなスタイルが良いと思うか相談をしてから決めるのが良いでしょう。また、場所に関しても地方から都心部へに出て働いている新郎新婦の場合、ご実家が遠方であることも少なくありません。両家にとって負担のない形で場所を決めることが一番です。

新郎新婦が住んでいる都心で行うのか、新婦のご実家の都道府県で行うのか、またはご親族の中に長距離の移動が難しい方がいる場合はその方の行きやすい場所に設定するなど気遣いも必要になってきます。

結納は結婚式の半年から1年前に行いますので、結納を行う会場の予約も結婚式の日取りから逆算して抑えたり、ご親戚の方の都合を聞いたりと事前準備が必要になります。新郎側にとっては結納品や結納金の準備もありますので、日程の調整は余裕を持って行うようにしましょう。

正式結納に使われる結納品

結納は結婚式の3~6か月前にとり行います。昔ほど日柄にこだわらず関係者の都合のいい日を選んで、行うことが多いようです。やり方は土地によっても違いますが、大きく分ければ関東と関西で異なります。関東では男女双方で結納品を取り交わす交換型。関西では男性側から女性側に結納品を納める納め型が一般的です。

今ではほとんど見られませんが、正式には仲人が両家を行き来して結納品を相手の家に運び結納品を取り交わします。略式では両家が一堂に会して取り交わします。関東では略式が多く行われています。
正式結納の結納品は次の9品目になります。目録は品名や数を記入したものです。

長熨斗は、のしあわびのことで不老長寿を象徴します。金包は結納金を包んだもので友白髪は白麻糸のことで夫婦ともに白髪になるまで添い遂げようという意味を持っています末広というのは末広・純白の扇子2本を一組にします。純潔無垢を意味するとともにめでたさが、末広がりになることを願います。

勝男武士はかつお節のことで長期保存ができるのでいざという時の備えを意味します。強い男性の象徴です。寿留女はするめのことでかつお節と対の祝肴で女性を表し、幾久しくの意味を持ちます。子生婦は板昆布2枚を包みます。よろこぶに通じ子宝に恵まれることを祈ります。

家内喜多留というのは清酒または酒肴料として現金を包みます。これが正式結納に使われている品になります。

昨今のスタンダードな形

日本では古くから新しく親族となる両家が、酒を酌み交わして祝う習慣がありました。その祝いの席で出された酒肴を結いのものと呼び、これが結納に変化したという説があります。そして近年家同士の結びつきを祝う品を交換する儀式になりました。

かつて結納は当たり前の儀式でしたが、現在では都市部を中心に省略される傾向が強く首都圏や北海道、東海や関西地域では2~3割程度です。一方で東北、北陸、四国、九州では半数程度のカップルが結納を行っておりしきたりをどの程度重んじるかは、地域や家によって変わってくるのが実情となっています。

形式は仲人が両家を結納品を持って往復する正式結納から簡略式まで様々です。仲人の有無や形式を両家で、よく話し合う必要があります。正式結納は仲人または仲人夫妻が使者として両家を行き来し、結納品を取り交わす伝統的な結納の形です。時間と手間がかかることから現在ではあまり行われてはいません。

略式結納は、仲人と両家が一堂に会して結納品を交換するものです。時間は短縮されますが進行と口上は、正式結納とあまり違いがありません。簡略式結納は仲人を立てず両家がひとところに集まって行うスタイルになります。進行役は男性側の父親がつとめます。昨今のスタンダードな結納の形といえます。

結納品の準備を当日までに行っておく

結納を行わないというカップルも年々増えてはいますが、まだ日本では結納の習慣が残っている地域が多いので新郎や新婦のご親族のご意向なども聞きながら決めるようにしましょう。2人だけで決めてしまうと後々になってしこりが残ることにもなります。

日本の伝統でもある結納ですので、ご両家で行うことを決めた場合は当日までに流れや準備を確認しておくようにしましょう。準備すべき結納品やご祝儀は地域やご家庭によって異なってきます。特にご祝儀の金額は地域差が大きく、結納品の品数も変わってきます。

出来れば事前にどのくらいの品数、どのくらいのご祝儀をお渡しする予定なのか先方へお伝えしておくと、新婦側もそれに合わせてお返しを準備することが可能になります。当日は両家の格を合わせることが大切になりますので、新郎側、新婦側双方で準備を進めるようにします。

厳密には、扇子を用意したり、ふくさを用意したりと事前に用意をする物が多いものですが、事前に双方で省略出来るものは省略する方針であれば用意しなくても良いでしょう。仲人を立てる場合は介添人が進行してくれますが、近年は両家だけで行う場合も多いので、進行役もなく和やかに結納を済ます場合もあります。

結納品には関東式と関西式がある

結納品は地域の風習や慣習によって異なり、大きく分けると関東式と関西式の2種類があります。関東式は東日本で行われている結納で、関西式は西日本で行われている結納です。なお、沖縄県は西日本ですが、結納は東日本の方式で行われます。

関東式の結納と関西式の結納の大きな違いは、関東式は男女双方が結納品を贈るのに対し、関西式は結納品を贈るのは男性だけになります。女性は結納品を男性に贈らずに、品物を受け取ったら男性に受け書を渡します。結納品も関東式と関西式では異なり、関東式での独自の品目には鰹節や白い麻糸などがあります。

関西式での独自の品目には白髪の老夫婦人形などがあり、目録を添付することはありません。また、関西式では婚約指輪も結納の時に男性が女性に贈ります。白い扇子やスルメ、昆布などの品目は関東式と関西式の共通の品目になっています。

関東式と関西式では結納の品目の名称も異なっており、結納金は関東式では金宝包や御帯料と呼び、関西式では小袖料という名称で呼びます。結納の品目の飾り方も東と西では違っており、関東地方では1つの台の上に全ての品目を置きますが、関西地方では品目を一つずつ台の上に置いて飾ることになります。

結納はいろいろなものを用意

結納の日に用意しておくものは結納金・結納品・結納返し・目録・受書・当日の衣装・必要な場合は家族書と親族書になります。結納金や結納品は、男女それぞれの家で用意をします。会場費・仲人へのお礼などは両家で折半するのが基本です。

結納の際に用意する結納品には結納金を包む金包、お祝い飾りの末広や友白髪、喜ぶの意味が込められた昆布などの食品があり、それぞれに縁起を担いだ意味があります。地域によって内容に違いがみられますが、関東式と関西式に分けるのが一般的です。品数はどちらも9品目が正式とされ最近では7品目や5品目、3品目に簡略化する傾向になっています。

飾り方は関西式のほうが細工を凝らした豪華なものです。関東式に結納品を交換する場合は、両家で品数をそろえるのがしきたりですが女性側は省略し男性側のみ結納品を用意するケースも増えているので、事前に両家でよく話し合いましょう。デパートや式場、インターネットで結納の品を購入すると便利です。

結婚の支度金となるものが結納金になります。金額は月収の2~3倍が目安となっています。本人の経済力や今後の出費のことを考えて二人で話し合うのがいいでしょう。結納の後で行われる食事の祝い膳の用意もしておいてください。

仲人と打ち合わせを行う結納の時の服装

結納式での服装は男女ともに準礼装・略礼装を着用します。これは略式の結納を行う場合も同様です。大切になってくるのは両家の格を同じにすることです。結納品を持っていく仲人を交えて、両家で事前に話し合いを行うことが重要になってきます。

男性の場合、黒の上下に白黒の縞かシルバーグレーのネクタイを合わせたブラックスーツ。これが最もポピュラーなもので昼夜兼用ができます。また昼に着用する準礼装としてディレクターズスーツもあります。黒、紺またはグレーの上着にモーニング用のスラックス(グレー地に黒の立て縞)を組み合わせます。

ネクタイは白黒の縞か、シルバーグレーにします。新郎の父親や仲人の男性側も同様にしてください。女性の場合和装ならば振袖・訪問着・付け下げ、洋装ならばシルキーなワンピースかスーツが適当です。アクセサリーはパールなど派手すぎないものを身につけましょう。

母親や仲人夫人は和服ならば色留袖・色無地・訪問着がよいでしょう。洋服ならばワンピースかスーツですが、本人よりも控えめで落ち着いた雰囲気を心がけるようにしてください。これも仲人夫人と打ち合わせするのが大切です。結納を交わす本人よりも、仲人が目立ってしまっては本末転倒です。

両家でよく話し合い金額を決めましょう

結納の行い方は地域によっていろいろです。両人の出身地が違う場合は、両家でよく話し合って結納の形を決めていってください。たとえば結納品はふつう女性側が部屋に飾っておくものなので、女性側のしきたりに合わせるという方法も一つの方法になります。

関西型に合わせて結納金を多くおさめた場合は、別の名目で女性側から相応の金額を男性側に返し形式は関西型、実質は関東型にするという方法も行われています。男性側のやり方に合わせるという昔からの考えもありますが、あまりそうした男女観にこだわらず話し合って調整したいところです。話し合いは仲人に間に入ってもらい、言い分を直接相手に押し付けるようなことは避けてください。

結納金の金額は男性の給与の2・3倍が妥当なところです。結納返しは、結納金の半額を御袴料として返す関東式の習わしがありますが最近は結納金の額を抑えて結納返しを省いたり、10万~20万円程度の品物で返すこともあります。

一般に関西では行いませんが1割程度を、結納返しとして返す方法も行われています。また両家が納得すれば結納金と結納返しを省略して、記念品の交換を行うスタイルも出てきています。結納返しも両家でよく話し合って、決めるようにしてください。