続ける前に知っておきたい青汁の副作用

青汁は健康に良いイメージが強いですが、人によっては下痢や便秘、食欲不振などの副作用が起こることがあるので注意が必要です。

一口に青汁と言っても含まれている成分が異なり、体調によってはアレルギーを起こすこともあるので、続ける前に副作用のことをよく知っておく必要があります。

青汁の摂取で副作用が高まる人の特徴とは

青汁は薬ではないので、誰でも気軽に飲むことができますが、中には飲んではいけない人もいます。持病がある人が青汁を飲む場合、主治医に相談する必要があります。青汁の摂取で副作用が高まる人には特徴があり、たとえば慢性病などを抱えている人はオススメできません。

慢性病による薬との相互作用により、臓器の機能低下をもたらす恐れがある人は、青汁の飲用は控えるべきです。青汁の成分は慢性病を悪化させるリスクがあり、服用している薬の効き目を悪くする作用をもたらす危険性があります。

不妊治療を行っている人も青汁の摂取で副作用が高まる可能性があるので、必ず医師に相談してから飲むようにすることです。万が一のことがあったら、母子共に大変なことになりかねないので、十分に注意しましょう。

摂取量には気を付けて!副作用の恐れも

最近は健康ブームも手伝って青汁を飲む人が多く、毎日飲むことで野菜不足を解消して健康的な生活を送ることができます。ただ、身体によいからと言って、飲み過ぎると悪影響が出るので気をつけないといけません。

摂取量には気を付けないと副作用の恐れもあり、過剰摂取すると下痢になりやすいです。青汁には食物繊維が豊富に含まれているので便秘気味の人には良いのですが、過剰摂取すると腹痛や下痢、吐き気などのトラブルを引き起こしやすくなります。

腸のデリケートな男性や高齢者、腸の機能が未熟な子供は、飲み過ぎには注意が必要です。また青汁にはビタミンが豊富に含まれているので、飲み過ぎるとビタミン過剰症になる恐れがあります。

特に栄養強化のためにビタミンを添加している青汁を飲む時は、定められた規定の量を超えない飲み方をするようにしましょう。

青汁の1日の適量とはどれくらい?

青汁は体によい健康飲料ですが、飲めば飲むほど健康になるというものではなく、適切な分量があります。薬ではないので、青汁には絶対これ以上飲んではいけないという決まりはありませんが、ものには限度があり、摂りすぎは体に毒です。

青汁にも1日にこのくらいという適量があり、具体的には1日に1~2包飲むのが適量になります。粉末青汁の場合、通常1包につき100mlから200mlの水で溶かすのが普通で、1日1杯か多くても2杯がベストです。

青汁は食物繊維が豊富なので、飲み過ぎると軟便や下痢になりやすくなります。また、飲み過ぎると青汁の成分カリウムが過剰になるので腎臓に負担がかかり、体にアレルギー反応に近い症状が出るケースもあります。

過剰摂取すると体に悪影響を及ぼすので、1日の適量を必ず守るようにしましょう。

大麦若葉が使われている青汁の副作用のリスクとは?

青汁を飲むに当たっては、適正な量を摂っていれば、基本的に副作用のリスクはありません。ただ、体質的に青汁が合わない人もいるので、不快な症状が出た時は一旦中断する必要があります。

健康な人が1日の量を守って飲む分には副作用の心配はないのですが、個人の体質で症状が出ることは十分に考えられます。青汁の原料と言えば代表的なものに大麦若葉がありますが、大麦若葉が使われている青汁の副作用のリスクは、飲み過ぎると下痢のリスクが高くなることです。

大麦若葉が配合された青汁を飲み過ぎると、下痢に悩まされやすくなるので注意しましょう。また大麦若葉にはカリウムが豊富に入っているので、過剰摂取すると腎臓に負担がかかり、カリウムが排出されにくくなります。

こんな人は青汁を飲むとき注意しよう

青汁は今や代表的な健康食品として多くの人が認知していて、年齢や性別を問わず沢山の人から愛用されています。ただ、一部の人については注意が必要で、たとえば、肝臓の弱い人はあまり飲みすぎないことが重要です。

なぜなら、青汁にはカリウムが沢山ふくまれているからです。カリウムには体内の老廃物を洗い流す作用があるので、大事な成分なのですが、肝臓が弱い人はカリウムを上手く排出することができません。

肝臓が弱い人が青汁を沢山飲むと、高カルシウム血症のリスクが高まります。妊娠中の人や薬を服用している人、病気治療中の人や子供、アレルギーのある人についても、青汁を飲む時は注意するようにしましょう。

薬を服用中の人は、薬と青汁の飲み合わせに問題がないか、必ず事前に主治医に相談してから飲むことが大事です。

妊婦さんに考えられる青汁の副作用のリスク

青汁は健康増進のために推奨されている飲み物ですが、現在妊娠している人が飲む場合、過剰摂取は良くありません。血管収縮作用のあるカフェインが含まれているので、過剰摂取すると早産や流産の危険性を招く恐れがあります。

青汁の主原料としてよく用いられている大麦若葉には、緑茶と同じくらいのカフェインが含まれているので、妊婦さんは副作用に注意が必要です。妊娠中にカフェインを沢山摂取すると、流産や早産の原因になります。

大麦若葉の青汁は、1日に1杯程度なら妊娠中でも問題ないのですが、それ以上飲むと早産や流産の副作用のリスクが懸念されます。妊婦さんが青汁を飲む時は、カフェインの含有量がゼロのノンカフェインの大麦若葉の青汁を利用するようにしましょう。

健康体でも青汁の飲みすぎでお腹を下す可能性も

胃腸が弱い人が青汁を飲むと下痢になるリスクがありますが、健康体でも青汁の飲みすぎでお腹を下す可能性があるので注意が必要です。青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、お通じを改善することが可能ですが、摂取しすぎると下痢の原因になります。

青汁を飲んで下痢になる人は、食物繊維の摂取量が多すぎるので、量を減らして様子を見ながら飲むことが大事です。お腹が緩くなる場合、水溶性食物繊維の難消化性デキストリンが含まれていない青汁を選ぶようにしましょう。

ケールや大麦若葉などの青汁の原材料として使用されている葉物野菜には、体を冷やす働きがあるので、摂りすぎると体が冷えて下痢になりやすいです。お腹が冷えて下痢になる人は、青汁を作る際、冷たい水ではなくぬるま湯や温めた飲み物を使用するようにすると良いです。

青汁を飲んで副作用が出てしまう原因

青汁には、便秘を解消して腸内環境を整え、妊娠しやすい体を作るなど、様々な効能が期待できるので天然の万能薬と言っても過言ではありません。しかし一方で、青汁を飲み過ぎたり体に合わない人が飲むと副作用が出るリスクがあります。

青汁を飲んで副作用が出てしまう原因は食物繊維にあり、腸内環境がよくなり過ぎると、下痢になってしまいます。またビタミンAやビタミンE、ビタミンKなどの脂溶性ビタミンが青汁には豊富に含まれているので、沢山飲むとアレルギー反応に近い副作用が出ます。

青汁にはカリウムも豊富に含まれているので、過剰摂取すると腎臓に負担がかかり、吐き気や不整脈、体の痺れなどの副作用が出ることがあります。防腐剤や安定剤、甘味料などの添加物が入っている青汁の場合、アレルギー体質の人が飲むとアレルギー反応が出る原因になります。

正しい飲み方で健康サポートを

青汁を飲む場合、正しい飲み方をすることが何より大事で、飲み方ひとつで得られる効果は違ってきます。栄養補給のために青汁を飲む時は朝食時に摂ると良く、朝食前の体は飢餓状態なので、このタイミングで青汁を飲むと栄養がスムーズに吸収されます。

ダイエット目的で青汁を飲む場合は、食事前に摂るのがオススメで、食事の前にお腹を膨らませておくことができます。便秘対策のために青汁を飲む時は、胃の中がからっぽの起床時に摂るのが効果的で、腸に刺激を与えて便通を良くしてくれます。

青汁で健康をサポートするには、目的に応じて飲み方を変えると良いのですが、大事なのは毎日決まった時間に摂取することです。それぞれの目的で飲むタイミングは異なりますが、目的に合わせていつも同じ時間に飲むようにしましょう。

食物繊維の取りすぎで健康リスクが高まる!

青汁は過剰摂取しすぎると体に支障をきたし、健康被害などが出る可能性があります。飲み過ぎると副作用のような症状が起こることがあるので、気をつけないといけません。

食物繊維が青汁には沢山含まれているので、便秘を改善して腸内環境を良くする働きがあるですが、たくさん摂れば良いわけではないです。色々な栄養が豊富に詰まっている青汁ですが、中でも特に豊富なのが食物繊維です。

食物繊維を多くたっぷり摂れるのが青汁の最大のメリットですが、過剰摂取すると食物繊維が働きすぎて下痢になります。下痢は胃腸に大きな負担をかけるので、青汁の取りすぎは腸内環境の悪化を招くことになります。

腸内環境が悪化すると栄養の吸収が悪くなり、健康リスクが高まるので、青汁を飲む時は適正な量を守って正しく飲むようにしましょう。