綺麗なくびれを手に入れたい!ウエストに効果のあるダイエット方法

お腹周りは特に脂肪がつきやすく注意が必要な部位です。だからこそ、ウエストダイエットにはコツがあって、ただの運動だけでなく筋力アップや代謝アップのために工夫を凝らしていくことが大切になってくるわけです。

お腹痩せ=ウエスト痩せではない?

お腹痩せが出来れば自然とウエストも細くなると思っている人も中にはいるかもしれませんが、それは間違いです。お腹が痩せたからと言ってウエストにきれいなくびれが出来るわけではなく、ただ、その分が細くなるというだけです。

綺麗なウエストのくびれを作るためには、メリハリのある筋肉、体形がポイントになってきます。ただ、ついた脂肪を燃焼させるだけでなく、鍛えるべきところは鍛える、これによってバランスの良いウエストラインを実現することが出来ます。

また、筋肉をある程度つけていくことで代謝もアップしていくため、ダイエット後のリバウンドを防ぐというメリットも得られます。まずはお腹痩せとウエスト痩せが全くの別物であること、この点を押さえておきましょう。

脂肪でウエストが太くなる

脂肪がお腹周りにつくと自然とウエストは太くなっていきます。お腹周りは人間の体の中でもとりわけ脂肪がつきやすい場所のため、ちょっとした生活習慣、食生活の乱れでもこの状態は引き起こされていきます。

例えば、運動を普段からあまりしない人、そして外食が多く栄養バランスが偏った食事ばかりを摂っている人は、それだけお腹周りに脂肪がつく要因が多くなります。一度ついてしまった脂肪はその期間が長ければ長いほど、セルライトへと変化してしまう恐れがあるため、早め早めの対処が肝心です。

セルライトは老廃物や水分、脂肪細胞が複雑に絡み合った塊のことです。ここまでくるとダイエットがさらにつらいものとなるため、そうなる前の対処が必要になってきます。

腹筋はウエスト痩せには効果なし

よく、お腹周りの脂肪には腹筋が効果的だという話を耳にしますが、ウエスト痩せに関してはこれは例外です。先に挙げたように、お腹痩せとウエスト痩せは全くの別物で、一般的な腹筋によって鍛えられる筋肉はウエストのくびれには一切関係ない部分です。

ウエスト痩せを実現させていくためには腹筋というよりもお腹の側面部分、この部位の筋肉を鍛えていくのがベストです。ただの腹筋運動ではなくて体をねじらせる用意する動作で、この部位は鍛えることができます。

この動作は筋肉を鍛えるためだけでなく、皮膚のたるみを抑えてウエスト全体を引き締める効果もあるため、特におすすめです。動作自体は簡単なため、まずはこうしたエクササイズ、トレーニングから取り入れていくといいでしょう。

食事制限も大切ウエスト痩せのための食事とは

ウエスト痩せのためには適度なトレーニングも大切ですが、カロリー制限、食事の管理も必要になってきます。どんなにトレーニングを頑張ってウエスト部分の筋力をアップさせることが出来たとしても、その消費したカロリーを超えてしまうほどの食事をしていれば意味が在りません。

寧ろ摂取カロリーが増大してしまうことでリバウンドやダイエット失敗のリスクが高まります。ウエスト痩せを実現するためには、カロリーをできるだけ抑えた食事が大切です。

同時に栄養バランスが取れた食事を心がけることで、便秘など、胃腸の機能が低下することで起こるお腹太りの症状を軽減することが出来ます。適度なトレーニングと食事制限を平行して行っていくことがダイエットへの近道となります。

脂肪を燃焼するには有酸素運動と食事のコントロールが重要

脂肪を効率的に燃焼していくための方法として有酸素運動がおすすめです。有酸素運動とは、心臓に大きな負荷をかけずにできる運動のことで、簡単なものであればウォーキングやスイミング、ヨガなどが挙げられます。

これらのスポーツは無酸素運動とは違い、一定の心拍数で運動を続けることで体の中の脂肪を安定的に燃焼させることが出来ます。ここで脂肪の燃焼を促す成分、トウガラシ成分やカフェイン、クエン酸などを積極的に取り入れればさらにダイエット効果を高めることが出来ます。

食事のカロリーを抑えるだけでなく、脂肪燃焼を促すことに重点を置いていくこと、そして有酸素運動を無理なく継続的に続けていくこと、これがウエスト痩せには重要になってきます。

ウエスト痩せ効果のあるダイエットって?

ウエスト痩せに効果のあるダイエットとしてよく知られているのが、フラフープやダンスなどのエクササイズです。ウエスト痩せはどちらかといえば筋力トレーニングよりも適度なエクササイズが最適です。

筋トレが全く意味がないというわけではありませんが、エクササイズの種類によっては楽しみながら運動を続けることができますし、それこそストレス発散の良い機会になります。

もちろん、それぞれの好みによって内容は異なってきますが、主に腰回りを大きく使うエクササイズが特におすすめです。教室やジムに通う他、動画を見ながら自宅でも楽しむことができるエクササイズ、まずは手軽なもの、道具を使わないタイプのエクササイズから始めていくといいでしょう。

筋肉量を増やそう!ウエスト痩せのコツとポイント

エクササイズの効果をより高める方法として、元々の筋力をアップしていく工夫が必要です。どんなに運動をしたところで、もともとの筋肉量が少なければ消費できるカロリーも限られていきます。

過去に運動をしていた、部活動を続けていたという人であればまだしも、運動自体を避けていた人の場合には筋肉量が不足して運動をしても十分な効果が得られないことがあります。

効率的に脂肪を燃焼させていくためにも、ウエスト周りの筋肉をバランスよく鍛えていくことから始めていきましょう。その為には先に挙げたように、ウエストをねじる動作を加えながら腹筋トレーニングをしていくこと、時にダンベルなどのアイテムを使いながら筋肉を鍛えていくことが大切です。

すぐに結果を出したい!短期間で効果がある方法って?

ダイエットは辛い運動や食事制限を長く続けることでさらなる効果を発揮していきますが、何も短期間で効果があらわれないというわけではありません。短期間でも十分に効果が出るとされているダイエットは食事制限と運動、筋トレをいくつか組み合わせた方法です。

ウエストダイエットの場合もそれは同様で、先に挙げた方法の他、サプリやエステサロンを使うのもおすすめです。運動や筋トレの前にはサプリで脂肪の燃焼を助ける成分を補給していきます。食事の前にも脂肪の吸収を抑えるサプリを取り入れることで、短期間でもダイエットの効果を実感することが出来るようになります。

自分一人でつらいダイエットをすることに抵抗があるという人であれば、プラスαでエステサロンの痩身エステを活用するのもいいでしょう。

道具を使ってウエストを絞ろう!おススメの器具とは

自分一人でウエストにくびれを付けていくのが難しいという場合には、ダイエット専用のアイテムを利用していくのもいいでしょう。ウエストの場合には脂肪の燃焼を促すための発汗スーツ、くびれを作るための引き締め下着、また筋トレ用のグッズもおすすめです。

発汗を促すタイプのアイテムであれば運動の時に使用することで相乗効果を期待することが出来ます。引き締め効果のあるタイプのアイテムであれば普段からつけることで、体形キープが可能です。筋トレアイテムに関しては素人でも簡単に筋力がアップできる仕組みが魅力で、それこそ、運動が苦手という人でも片手間に始めることが出来ます。

まずはどんなアイテムがあるのか、自分にはどのタイプが合っているのか、チェックしていくことから始めていきましょう。

漢方で脂肪を落とす!医薬品のおススメ

脂肪を落とすには食事制限や運動が欠かせないと先に挙げましたが、これ以外でもサプリや漢方を使えば簡単に気になるウエスト部分を痩せさせることが出来ます。サプリでも漢方でも欲しい成分だけをピンポイントに摂取できる点、さらにはカロリーの心配をしなくてもいいのでダイエット中には強い味方となります。

さらに漢方の場合にはダイエットだけでなく、健康の面でも効果に期待が持てます。代謝を良くするもの、デトックス効果のあるもの、さらには胃腸の機能を活性化して内臓全体の状態を改善していくものなど、それこそ健康にいい漢方ばかりなのでおすすめです。

漢方を活用する場合には、どの生薬がどのくらい含まれているのか、それぞれの効能をしっかりチェックしていくことが大切になってきます。