繰り返す肌荒れは治る?考えられる原因と見直したい習慣

皆さんの中で、毎日きちんとスキンケアをしているのに肌荒れに何回も悩まされているという人は多いのではないでしょうか。肌荒れが生じると、見た目が汚くなる上にメイクノリも悪くなってしまいます。

毎日、憂鬱な気分で過ごさないといけないため、高額な化粧水や美容液などでスキンケアを欠かさずに行っている女性は多いです。実は、肌荒れに繰り返し悩まされる最大の原因は毎日の生活習慣や食生活だと考えられています。

というのも、生活習慣が間違っていると、胃の不調や便秘などが生じて肌にも害がもたらされるからです。そこで、ここからは肌荒れを絶対に治したいという方のために、具体的な肌荒れの原因と改善方法について詳しく説明していきます。

肌がきれいで得すること

肌荒れのないきれいな肌を維持することのメリットとしては、メイクをしなくても清潔感があり健康的なイメージでいられる点にあります。ニキビや肌にトラブルがあると、それを隠すためにファンデーションを厚塗りする必要がありますし、塗らないと肌のトラブルが目立ってしまいますが、肌が綺麗であれば隠す必要もありませんしメイクののりも良くなります。

肌が綺麗であればファンデーションを塗らなくても下地とパウダーを付けるだけで十分にきれいに見えますし、チークやリップなどの色も映えます。肌がきれいでないとチークやリップなどのメイクも清潔感を出すことは難しくなりますし、メイクはあまり映えなくなってしまいます。

肌がきれいな人の場合、生活が不規則でもそうは見えにくくなるメリットがありますが、肌がきれいでないと規則正しい生活をしているのにそうは見てもらえないデメリットがあります。

肌が綺麗であれば多少生活が不規則になっても良いイメージを持ってもらえますし、清潔感が自然と出てくるというメリットもあります。又、高い化粧品でケアをしなくても最低限のケアをするだけでよいため、化粧品にお金がかからないというのもメリットと言えるでしょう。

肌荒れは繰り返さないようにもしよう

肌荒れは肌が強い人であってもできてしまうものですが、それでも正しい対処をすれば早くに改善させることができますし、繰り返し荒れてしまうようなことも少なくなってくるものです。繰り返す肌荒れは治る場合と治らない場合があるものですが、治らない場合というのはアレルギーに反応していたり、排気ガスなどの外気に反応しているようなこともあるものです。

ですから治らない時は何に反応しているのか、考えられる原因と見直したい習慣を見つけてみましょう。そして繰り返すような肌荒れは皮膚科によって適切な処置を受けると良いです。そして繰り返す肌荒れもいつも習慣にしているものを改善させることによって繰り返さなくなるということがあります。

いつも好きで食べているものが実は肌に悪くて、それが肌荒れになってしまっているということもあるものです。そういった時は食べるのをやめることで元の肌状態に戻ることもあります。

ですがいったん荒れてしまった肌を元通りにするには長い期間が必要になることも多いので、その間は出来るだけ肌を刺激しないようにも心がけましょう。また、それはスキンケアにも言えることです。良いと思って使い続けていたものが実は良くないということは多いです。

肌荒れしない生活をすることも必要

肌荒れしてしまうのはスキンケアが合わないという事の他、栄養が足りていない、睡眠不足になっている、外気で肌が乾燥してしまっているなどといったことが挙げられますから、スキンケアに原因がないと思えるのであれば肌荒れのしやすい生活習慣というのを改善していくと良いでしょう。

そして肌荒れしやすい生活習慣というのは早寝早起きを守ることで改善していけるということもあるものです。早寝早起きをすることで朝食も時間をかけて食べられるようなこともありますし、便秘にもなりにくいでしょう。肌荒れは腸内環境が悪いと起こりますし、肌が荒れてきたのをきっかけに自分の健康を気にかけることもできるものです。

ですから肌荒れしないようにいつも腸内環境を整えておくことも必要です。栄養のある食事をし、睡眠不足で肌にストレスを与えないようにもすると良いです。また、きちんと入浴に時間をかけましょう。入浴はデトックスに良いですし体の代謝をあげるのにも良いので冷え予防にもなるものです。

血の巡りが悪いと肌色も悪くなりますし、肌の再生も悪くなるものです。スキンケアを変えなくても自分の生活を改善することで解決できることも多いので、生活習慣の改善をしてみましょう。

肌荒れのリスクとなる食生活を改善

食生活はそのまま肌に反映されるので、肌荒れを招くような食生活は避けてください。例えば暴飲暴食をすると胃腸を弱めてしまい、消化機能を正常に発揮できなくなります。栄養素の吸収を低下させますし、体内毒素を蓄積させるデメリットもあります。

毒素を排出させるためには、食生活から改善していく必要があるのです。便秘体質になると排出するべきものを溜める状態になり、肌がボロボロになりやすいです。急にニキビに悩まされ始めた人は、食生活に変化がないか考えてみましょう。偏食が強くなると栄養バランスが崩れやすいので、サプリで栄養補給をするなどして対処してください。

ビタミンを豊富に摂取していれば、肌荒れを防ぐことができます。野菜や果物をほとんど食べない人は、肌トラブルが起こりやすいので注意しましょう。肌がボロボロになっている状態は、バリア機能も低下しています。脂肪過多の食生活はニキビを発生させやすいので、動物性脂肪の摂取に注意してください。

青魚の油は動物性脂肪を溶かして、血液を綺麗にしてくれます。肌荒れに悩んでいる人は青魚をたくさん食べるようにすれば、サラサラ素材のDHAとEPAを摂ることができます。血液が綺麗になると肌荒れのリスクが減りますが、これは細胞が元気になるためです。

乾燥肌が原因によっておこる肌荒れ

乾燥肌の原因としては内部環境と外部環境でそれぞれ異なってきます。内部環境では加齢により女性ホルモンが減少してしまうと肌を乾燥させてしまうことになります。また肌の皮脂や汗などの量も加齢によって徐々に減少していくため保湿機能が低下してしまい乾燥肌になってしまいます。

その他にもストレスの多い環境や睡眠不足、喫煙習慣があると肌にダメージを与えてしまうためよくありません。無理やダイエットや不規則な食事内容も栄養バランスを乱してしまうため肌荒れの原因となります。外部環境では肌の間違ったお手入れはかえって肌にダメージを与えてしまいます

。洗顔料を使用するのは夜のみとして必要以上に皮脂成分を落とさないようにし肌のバリア機能を保つことが必要です。また低刺激性の良質なクレンジングを使用したり、洗顔後はしっかりと化粧水を塗布しなければ乾燥肌の原因になってしまいます。

さらには紫外線の強い時期や窓から日差しが差し込むようなときには肌を乾燥させやすくするため、UVケアなどでしっかりと肌を守ることが必要です。乾燥しやすい秋や冬は水分補給を行ったり、肌にとって適切な湿度を保てるように加湿器を使用するなどの工夫をするとよいでしょう。

肌荒れは敏感肌の人がなりやすいです

肌荒れを繰り返す人は普通の人より肌がデリケートな人が多く、健康な肌の人と比べると抵抗力がありませんが敏感肌の原因は一体何なんでしょうか。敏感肌の人はちょっとした刺激でかゆみや赤み、ピリピリ感を感じてしまうので、肌に合う化粧品を見つけにくいですよね。かゆくて掻きむしることも多いので、細菌に感染するリスクも心配でしょう。

敏感肌の原因は色々あり、複合的な要因が絡み合って起こることも少なくありません。まず代表的な原因が乾燥で、空気の乾燥はもちろん最近は夏でもエアコンがきいた室内で過ごすことが多いので肌はとても乾燥しやすい状態です。
お風呂上りや洗顔後は水分が失われるので、すぐにケアしないと肌は乾燥してしまいますよ。加齢も敏感肌になる大きな原因で、歳を取ると肌の表皮や真皮はどんどん薄くなっていきます。

同時にコラーゲンなどの弾性繊維も減少していくので弾力を失い、メラニン細胞の数も減るので紫外線に対する防御力が衰えて敏感肌になりやすいです。適切でないスキンケアも原因の1つで、肌に合わない化粧品やシャンプーなどを使い続けると敏感肌になってしまいます。洗い方も重要で、ゴシゴシとこすって洗っていると角質層の表面を傷めてしまいますよ。他ではアレルギー体質や生まれつきの肌の弱さ、ストレスなども敏感肌の原因に関わっています。

肌に赤みが出る原因

赤みが出てヒリヒリといたい場合は、肌が炎症を起こしていると思われます。肌が乾燥してしまい、バリア機能が低下している場合や、アレルギー体質、スキンケア用品が自分の肌に合っていないなどが原因だと考えられます。

アレルギー体質の人はバリア機能が低下しやすいと言われており、それで肌荒れにつながってしまうのです。バリア機能が低下すると、肌が乾燥してしまったり、外部からの刺激を受けやすくなり肌荒れになります。また、アレルギー体質は外部の敵を退治しようと免疫反応が過剰に出てしまい、肌が炎症を起こしてしまいます。

これが酷いと炎症からかゆみを引き起こしてしまい、そのかゆみのせいで肌を掻いてしまうので、それで炎症が酷くなるという悪循環に入ってしまう可能性もあります。そうなってしまう前に、原因を突き止めて対策を練っていく必要があります。赤みが酷い場合、まず最初にスキンケア用品が肌に合っていない可能性を考えましょう。

自分が敏感肌だと分かっている人は、特にこの可能性が高いので、使っているスキンケア用品を一度変えてみましょう。中には、シャンプーやワックスの成分によるアレルギーによって肌が炎症を起こしてしまう人もいます。

ニキビと吹き出物が出る原因

ニキビや吹き出物が肌から出てしまう原因には色々あります。荒れてしまった肌を治す為には、その原因を落ち着いて見極める必要があります。実はニキビなどが出てしまう肌荒れの原因は、内臓にある場合が多いのです。胃が弱ってしまうと自律神経が乱れてしまい、身体の免疫力が低下します。

すると、肌を守る力が弱くなり、炎症が起こりやすくなるのです。これによってニキビがでてしまいます。ストレスや食べ過ぎ、疲れによってニキビが出来てしまうのは、それによって胃腸が弱ってしまうからです。胃の不調のニキビは口の周りに出来る事が多いのが特徴です。他にも肌が乾燥してしまうから、スキンケア用品が肌に合わないという理由もあります。

肌の乾燥をどうにかするために、スキンケア用品を使いますが、これが肌に合わない場合は、逆に肌が荒れてしまう原因になります。なので、スキンケア用品を使っていてニキビや吹き出物が出てきてしまった場合は、すぐに成分の確認をして他の商品を使った方が良いでしょう。

それを使い続けても良い事はありません。肌荒れの原因は肌自体だけではなく、使っているスキンケア用品が原因になってしまう事もありますし、内臓が原因になっている場合もあります。

胃が悪い事で肌荒れが起こる?

胃が悪いと肌荒れが起こりやすいと言われています。特にニキビができやすくなるので、胃の調子が悪いと感じるとニキビができやすい方は注意が必要です。胃と肌、あまり関係ないように思われる2つですが、回りまわって関係していると言われています。

胃が荒れると自律神経が乱れて、免疫力が低下してしまうケースがあるようです。免疫力が低くなってしまうと、肌に炎症が起こりやすくなり結果、炎症によるニキビができやすくなるのです。暴飲暴食をした次の朝にニキビができていた・・という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。これも食べ過ぎによって胃の状態が悪くなり、肌が炎症を起こした事が原因です。

また風邪などで胃の調子を壊してしまう・冷え性なども、肌荒れを起こす要因になると言われています。消化不良や身体の冷えによって胃が働かないと、食べ物を消化する機能が衰えます。すると腸で吸収されるべき栄養素が、腸にまで行き届かなくなってしまうため栄養素不足から肌荒れを起こしやすくなるようです。

胃が悪くてできるニキビなどの肌荒れは、口の周りに起こりやすいという特徴があります。口周りに肌トラブルが出た場合は、胃の健康を整えるようにしましょう。

便秘が肌荒れを招く理由

便秘がちの人は肌荒れになりやすいとよく指摘されていますが、この理由が適切なのは腸内環境が便秘によって悪化しておりそれが肌の調子に影響を及ぼすことが明らかであるからです。便秘になることで腸の中が悪玉菌などが多く生息するような状況になり、いわば汚れた状態になっています。

すると、腐敗したガスで充満するなど有害物質を常に発しているような形になります。こうした有害物質は血中に浸透していき、全身に有害物質が駆け巡るような状況に陥ります。これが肌荒れの原因であり、便秘がちな人が肌トラブルに悩みやすい要因です。

有害物質が駆け巡ることで皮膚にもこれらの物質が浸透します。その時になんとかして外に出そうとする動きがターンオーバーの過程で強まります。なんとかして早く出そうとする動きが強く、それが肌荒れにつながってしまいます。

腸の中のことがなぜ肌荒れと関係するのか疑問に思っていた人も多いはずですが、血液中に出て行ってしまうことからも気をつけないといけません。便秘の段階では腸の中に毒素を溜め込んでいるという感覚を持つことで、この状況があまりいい状況ではないことに気づき、様々な便秘に対する対策が立てられるようになります。

肌荒れを防ぐ食べ物

肌荒れを防ぐ食べ物にはいくつかありますが、肌のターンオーバーを正常化させるものとしてはビタミンAとC、亜鉛などが一般的です。また血流をよくして栄養素を全身に行き届きやすくするための栄養素も必要であり、それがビタミンEや鉄分です。実はこれらのものを補給できる食べ物があります。

それが卵黄やレバーです。卵黄やレバーにはこれらの成分が多く含まれており、うまく補給していくことで栄養素を摂取できます。レバーが苦手であれば卵黄をできるだけ摂取していくことや足りない部分はサプリメントで補うのも1つのやり方です。

便秘で困っている人におすすめなのが食物繊維です。食物繊維を摂取することで腸内活動をより活発にさせて悪玉菌よりも善玉菌が活発になるような環境を作り出します。この時におすすめなのがごぼうなどですが、ごぼうサラダなどの形で例えばゆで卵と一緒に食べるなどのことをしていけばより効果的に肌荒れ対策ができます。

それぞれの栄養素に特化した食べ物は多くありますが、できるだけ少ない品目で補給していきたいのがポイントです。肉や魚をしっかり食べて、女性ホルモンの代わりになりやすい大豆イソフラボンなどを摂取していくことで肌荒れを防げます。

1日8時間の睡眠は必要

肌荒れを防ぐために欠かせないのは質のよい睡眠であり、熟睡することが重要となります。それに加えて必要な睡眠量として8時間を推奨します。8時間の睡眠が確保できれば、肌バランスを整えることができます。

睡眠が不足すると肌のターンオーバーが乱れてしまい、新陳代謝が悪化するのです。つまり肌に必要な栄養素がうまく吸収されなくなり、老廃物を溜め込むので肌をボロボロにしてしまいます。睡眠量は少なくても問題なしと考える人がいますが、それは身体が決めることです。自分では4時間睡眠で十分と思っていても、身体は8時間以上を欲しているかもしれません。

肌のゴールデンタイムと言われるのは、22時~2時までの4時間を指しています。睡眠時間が4時間を下回ってしまうと、ゴールデンタイムの途中で覚醒することになります。睡眠不足は肌状態に直結し、特に年齢を重ねるほどそれを実感するようになるでしょう。

肌の乾燥・くすみが気になり始めたら、睡眠時間が不足している可能性があります。睡眠時間は最低7時間、理想は8~9時間と考えておけば間違いありません。肌は内側から作られると常に意識をしておけば、美しい肌を維持できるはずです。夜ふかしが習慣化している人は肌が不安定になりやすいので注意してください。

シャワーより湯船に入るほうが健康的

肌荒れに悩んでいる人は、身体が冷えている可能性があります。湯船に浸かるのは面倒なので、毎日シャワーで終わりという人が増えています。たしかにシャワーは短時間で汗を落とせますが、肌にとってはよくありません。

湯船に浸かるほどの温浴効果は得られませんし、思いのほか汗や皮脂も残っています。汚れを完全に除去できていない状態になると、ニキビ・汗疹・かゆみの原因となりかねません。身体を温める、汚れを完全に落とすという意味でも湯船には毎日浸かってください。

毎日なにげなくお風呂に入っている人が多いですが、正しい入浴は健康・美容を促進してくれます。シャワーだけで済ませていると、肌が冷えることで代謝が悪くなるなど、大きなデメリットがあるのです。代謝が悪くなると老廃物が排出されにくいので、大人ニキビの原因にもなります。

湯船に浸かることは全身をバランスよく温熱してくれるので、特に下半身が冷えている人におすすめです。下半身が冷えてしまうと、あらゆる部位に冷えが及んでしまうので注意してください。冷えに負けないためには1日20分は湯船に浸かるとよいです。身体によい習慣全般は20分が目安と考えておくといいです。これは入浴だけでなく運動にも当てはまるので、肌荒れ対策のためにも覚えておきましょう。

肌荒れと栄養補給

毎日の生活において、忙しさを感じている人はたくさんいるのではないでしょうか。忙しい生活を送っているために、朝ごはんを食べる時間も十分に確保できないという人もいるものです。しかし、朝ごはんを取らないということは、あまり健康的であるとは言えません。

というのも、朝ごはんは1日の生活を送る上で必要なエネルギーを取る機会でもあるからです。朝は脳が活発に動く時間帯と言われているのですが、朝ごはんを食べてエネルギーを十分に取っていなければ、元気を出すことができません。体力的に弱々しくなってしまうだけではなくて、脳に栄養が行き渡らないために考える力も弱くなってしまう可能性があるのです。

その結果、作業に集中することができなくなったり、気分が沈んだりイライラとしてしまうようになってしまいます。それから、イライラを感じてしまうと、ストレスを溜めてしまいます。ストレスを溜めてしまうことは、きれいな肌を保つ上では向いているとは言えません。

きちんと肌を管理するためには、ストレスを対処する必要があるのです。朝ごはんを食べないことで、生活習慣が悪循環に陥ってしまい、肌荒れを起こしてしまう原因も出てきます。そのため、きちんと朝に食事をすることは欠かせません。

肌荒れの改善のために原因を把握しよう

肌荒れ改善のためには生活習慣から変えていく必要があり、一番大切なのは食生活を整えることです。肌は食べたものからできているので、食生活はそのまま肌状態に反映されます。例えば揚げ物が好きでよく食べる人はオイリー肌になりやすく、ダイエットで食事制限をしている人は乾燥肌になりやすいです。

暴飲暴食や無理なダイエットは肌荒れの原因になるわけです。胃の調子が悪くなってきた、便秘が続くようになった、などのケースも注意してください。規則正しい食生活が美肌を守るための基本なので、栄養が偏らないようにしましょう。

睡眠時間の不足はターンオーバーの乱れの原因になるので、最低7時間は眠るのが好ましいです。就寝中はターンオーバーや基礎代謝がリセットされて、肌修復が進んでいくわけです。肌を安定させるためにも、早寝早起きを意識すること、ゴールデンタイムまでには就寝することが大切となります。

入浴は湯船に浸かるようにし、シャワーだけで済ませないようにします。ゆっくりと湯船に温浴することは、全身を温めて代謝を高めてくれるのです。代謝が上がればダイエットを促進できますが、肌にも大きなメリットがあります。老廃物を追い出していくためにも、湯船に浸かってデトックスをしてください。