置き換えダイエットでカロリーを制限!失敗しない方法について

置き換えダイエットでカロリーを制限できるのは、いつものしっかり食べる食事よりも、大幅にカロリーダウンができるからです。すべての食事を低カロリーに置き換えるのではないため、好きな食事をほかの時間委はできるので、ストレスも少ないです。

置き換えダイエットって何?

置き換えダイエットというのは、毎日食べる食事の3回のうち、1回から2回を置き換え食にすることです。置き換えダイエットは、ドラッグストアに行くと、さまざまな置き換えダイエット食品が販売しています。しかし市販の置き換えダイエット食ではなくても、もっと近くにあるものでも置き換えはできます。

手軽さを優先してお金もかけることができるなら、健康食品を利用するのも良い方法です。置き換えダイエットにはいろいろな種類があるので、この無の方法でトライをすることです。

置き換えダイエットは、1回の食事を低カロリーな食べ物や飲み物と置き換える方法なので、1日の総合的なカロリー計算をした時、その分が少なくなって、体重も減っていくという仕組みです。

置き換えダイエットの種類とは

置き換えダイエットの種類には、実に様残なレパートリーがあるので、一つだけの置き換えにこだわる必要もないです。置き換えダイエットでの最もポピュラーなのは、ドリンクを置き換えにする方法です。

スムージーや酵素ドリンク、野菜ジュースやシェイクなどを、食事と置き換えます。おやつ感覚で食べられる置きダイエットとしては、ダイエットクッキーや、ダイエットゼリーとの置き換えもあります。

もっとしっかりと食べたい人の場合は、ミール系のダイエット食を取り入れることができますので、しっかりと食べてダイエットに取り組むこともできます。置き換えといえばやはり、スムージーや野菜ジュースが、広く知られていますので、初めてのチャレンジにも向いています。

置き換えダイエットのポイント

置き換えダイエットのポイントとして、期間を決めて開始をすることです。今までしっかりと食べていた人が、置き換え食を始めると、最初はとても空腹感を感じやすくて、乗り越えるのも大変です。でもゴールを決めておくことで、ダイエット期間は頑張ろうという、目標を持ち取り組みができます。

おなかがすきやすくなりますので、1日を通してこまめに白湯やミネラルウォーターを飲むようにします。ハードなスポーツは必要ないものの、軽い運動やストレッチは、置き換え食と同時に実践をしたほうが、脂肪燃焼効率は格段に良くなります。

置き換え食以外は好きなものを食べることができますが、食べ過ぎないようにすることです。おやつは基本的に無しですが、食べたいときには野菜スティックや、ナッツをつまむ程度にします。

基本的に1日1食の置き換えで良い

基本的に1日1食の置き換えで良いのは、それが最も続けやすいからです。食事は子供のころから、1日に3回食べるのが普通の生活ですから、3回食べるとしても置き換えになると、物足りなさを感じます。

それは1回でも慣れるまでは大変なのに、2回ともなるとかなりダイエットでのストレスが大きくなります。ダイエットは長いランニングをクリアしてこその結果と一緒なので、すぐに挫折を使用な無理な置き換えは、長くは続けられないです。

1日のうちで1回だけでも置き換えにして、カロリーを減らすことができれば、すぐに結果は出ないとしても、長期的にはゆっくりと体重が減っていきます。すぐに減った体重は戻りますが、ゆっくりと減った体重は、簡単には戻らないです。

置き換えるなら晩御飯にしよう

置き換えるなら晩御飯にしたほうがいいのは、夜の時間の使い方として、夕食後はゆっくりと過ごして、あとは眠るだけだからです。食べたカロリーは睡眠時に少し使われるだけなので、高カロリー食を夕食に食べ続けると、エネルギーは消費しきれずに脂肪として体についてしまいます。

逆から考えれば、最も高カロリー食になる夕食を、最も低カロリーにできる置き換え食にすることで、無駄なカロリー消費にはならず、朝を迎えるころには体重が減っている期待が持てます。寝ている間も消費はありますが、日中ほどの消費があるわけではないので、夜をセーブする食生活は健康のためにも良いものです。

痩せる生活を目指すのであれば、置き換えを夜にして、ダイエットが終了をしてからも、夕食は控えめに資する習慣を維持します。

大事なのは栄養バランス

大事なのは栄養バランスであるため、置き換え食だけに依存をすることはないですし、他の食事で栄養をきちんとカバーできれば、結果オーライということになります。

もちろん置き換え食が、とても偏りすぎては良くないですが、置き換え食を食べるのは1日に1回か、多くても2回目でになります。なにを置き換え食品とするかは自由ですが、やはり最も身近で費用面もリーズナブルで簡単なのは、果物と作る野菜ジュースです。

グリーンスムージーや、フレッシュな野菜ジュース、青汁のジュースなど、手軽にできてすぐに飲むことができます。野菜や果物でたくさんの、食物繊維や酵素にミネラルを鳩首ができます。そのほかの1食から2食に関しては、好きな門を食べられますので、置き換え食では補うことのできない、たんぱく質や脂質など、総合的に栄養を考えての献立にします。

お金がかかりにくい方法でダイエットしよう

お金がかかりにくい方法でダイエットするのは、お財布にも優しいですし、無理がないやり方になります。置き換えダイエットドリンクや、置き換え食品はお店で購入ができますが、意外と価格は安くはないです。

でも置き換える食品というのは、実は身近な健康的な食品で代用ができるので、本当は置き換え食品を購入するまでもないです。最もリーズナブルで健康的なのは、置き換えダイエットの食事を、野菜や果物を使ったドリンクにすることです。

市販の野菜ジュースではなく、ミキサーやジューサに入れて、作り立てを飲む方法です。酵素もビタミンも豊富ですから、健康にも良い野菜ドリンクで置き換えができます。雑炊など白米やキノコに、野菜を入れた置き換え食を作ることもできます。

リバウンドしない置き換えダイエット法

リバウンドしない置き換えダイエット法は、バリエーションを持たせること、何か一つに偏らないほうが続けやすくなります。置き換え食品の健康食品を使うのも良いですが、そもそも置き換えダイエットは、1食を低カロリーにして、1日のすべての計算した食事カロリーを減らす方法です。

だから置き換え健康食品ではなくても、身近な食材をアレンジすれば、立派な置き換えダイエットをすることができます。朝は野菜や果物をミキサーにかけて、フレッシュなジュースにして飲み、ランチは通常食を楽しみ、夕食は雑炊を置き換えにしてダイエット食にするなど、工夫をすると続けやすくなります。

フレッシュな野菜ジュースは特に利用価値は高く、様々な野菜が利用できますし、1日に1回であればプチデトックスにもなります。

空腹感がある場合の対処法

空腹感がある場合の対処法として、あたたかい飲み物を飲むようにします。置き換えダイエットは食事を置き換えるタイプですが、ドリンクタイプなどは特に、お腹がすきやすくなります。咀嚼をしない分だけ脳への満足度が伝わらないですし、あっという間にのどを通過してお腹へ入り、お腹に溜まることもなく出ていきます。

おなかがした時には、白湯や水を飲むことで空腹感をごまかします。空腹時には軽い有酸素運動をしたり、ストレッチをするのも良い方法です。

どうしても治まらないときには、温野菜をよく噛んで食べると、噛むことでの満足感が出てきます。根菜は糖質が多いことから、葉物野菜や糖質や炭水化物を、できるだけ含まない野菜をよく噛んで食べるようにします。

置き換えダイエットに失敗する理由とは

置き換えダイエットに失敗する理由は、短期間に無理をしすぎること、強い空腹に耐えられないこと、ダイエットが終わったとたんに、一気にドカ食いをしてしまうことです。

置き換えダイエットはすべての日程での断食とは違い、あくまでも1日3回の食事のうち、1回から2回を置き換えるものであり、短期間とはいえ毎日すべてを置き換えにすると、必ずその強い空腹感はリバウンドを招いてしまいます。

強い空腹感を感じた時、周りにお菓子やすぐに食べられるものがあると、手が伸びてしまい安ので、ダイエットの際は環境も整えておく必要があります。置き換えダイエットが終わったら、素これダイエットが狩猟ではないです。気持ちのゆるみと終った開放感で、過食をしないように制する必要があります。