置き換えダイエットで気楽に痩せよう!その方法や選ぶ食品について

置き換えダイエットはとても人気があり、気軽に始めることができるものから本格的に断食を行うものまでいろいろなものがあります。自分にあったダイエットを探して続けることで痩せると同時にきれいになることができるということです。

置き換えダイエットで効果を出すためには

置き換えダイエットで効果を出すためには余計なカロリーを摂取しないことが大切です。また正しいやり方で行わなければ効果を実感することができないので、きちんとルールを守って行うようにするといいです。正しいやり方で行わなかったときはリバウンドの可能性もあるので、正しい方法を確認して行います。

置き換えダイエットは1日3食食べているうちの何食かを特定の食品に置き換えるというシンプルなダイエット方法です。それ以外には間食をせずに置き換え以外の食事のときはヘルシーなものを選んで食べるようにするといいです。

プチ断食などで3日間置き換えダイエットのみで過ごすというときには、事前に準備期間と復食期間を設けるようにすることが大切です。

1日3食のうちどの食事を置き換えるべき?

1日3食のうち、1食または2食を置き換えにするのが置き換えダイエットですが、どの食事を置き換えるべきかというと、それは自分の都合に合わせて大丈夫ということです。

置き換えは基本的に食事の代わりに置き換え食を食べるということなので、いつでも大丈夫ですが、おすすめは夜ご飯の置き換えです。夜は消費カロリーも少ないですし、内臓を休めることもできるので、夜ご飯を置き換えにするといいです。

基本的にはいつでも置き換えをして大丈夫ですがどうせならさらに痩せやすい時間の夜にすると翌日に体重の減少しているなどやる気を続けやすい効果もあります。きちんと続けることができるように自分の食事の都合に合わせて判断するといいです。

どのくらい置き換えればいいの?

置き換えダイエットはどのくらい置き換えたらいいのかという人もいますが、1日3食食べるうちの1食、または2食を置き換えるようにします。そうすることで摂取カロリーを抑えることができるようになり、体にある皮下脂肪などから消費していくことになって痩せることができます。

なので間食などをやめて置き換えを食べるようにするといいです。はじめは慣れないしおなかがすくので3食のうち1食、夜だけを置き換えにして、慣れてきたら3食のうち2食を置き換えにしていくといいということです。

慣れないうちは無理をせずに徐々に慣らしていくようにします。週末を3食すべてを置き換え食にするプチ断食というダイエット方法もありますが、基本は3食のうち1食または2食です。

何でもいいわけじゃない!栄養価をチェックしよう

置き換えダイエットで利用できるものもいろいろなものがありますが、市販のものを利用して置き換えダイエットを行っている人も多いです。市販のものでも栄養価がよりよいものを利用してダイエットをすることで、健康にも美容にもよい結果を実感することができるようになります。

おいしいものを選ぶのもいいですが、市販のものを利用するときは原材料やカロリー、栄養価をチェックして納得することができるものがあったら購入して利用するといいです。

鉄分、ビタミンなどがきちんと含まれているもので、野菜の成分なども含まれていると確認できるものを選ぶようにするといいということです。酵素ドリンクで置き換えをするときにもきちんと栄養価を確認するようにします。

1食置き換えて満足!に注意

1食置き換えて満足することができるという置き換え食がありますが、それだけでは満足することができない場合もあります。置き換えダイエットは1食、または2食を置き換えてカロリーの調整をして痩せることができるダイエット方法です。

1食置き換えるだけで満足して間食をしていたり、置き換え以外の食事のときにたくさん食べてしまうというのはよくないです。きちんとカロリーや栄養バランスを考えて食事をしていなければ、置き換えダイエットの意味がなくなってしまいます。

美味しいものを置き換え食以外で食べるのもいいですが、野菜やお肉、お魚などきちんと栄養バランスが取れる食事をすることが大切です。カロリーの高いものばかりを食べていて、1食置き換えしているからダイエットになるということはないので気をつける必要があります。

腹持ちがいいおススメの食材とは

置き換えをするときにおすすめの食材はいろいろとありますが、まずグリーンスムージーなどがおすすめです。グリーンスムージーは家で自分の好みの野菜や果物を作って飲むこともできるので、自分の悩んでいる状態に合わせて野菜などを選んで作ることができます。おいしくて作りたてを飲むことができるのがいいです。

おからも置き換えにはとてもいい食材だといえます。腹持ちもいいですし、いろいろなレシピを探すことができるのでおからを使ったクッキーなどを置き換え食として利用している人もいます。

ほかにもささみを茹でで食べたり、卵白だけを使ったレシピなどもあるのですが、どちらも腹持ちがよくカロリーも低いということで利用されているといいます。バナナやこんにゃくなども腹持ちがよくで置き換えにはいいということです。

この食材はやめよう!控えた方がよい理由

置き換えダイエットに向いてない食材もあります。たとえば、カロリーが高い揚げ物、お菓子などを置き換えに利用してもダイエットにならないので避けるようにします。

油っぽいもの、カロリーが高いものなどではなく、カロリーが低いこんにゃくなどがいいのですが油揚げなどはそのままだと少しカロリーがおからなどよりも高いのであまりおすすめはできないです。また、バナナも食べ過ぎるとよくないといいます。

低カロリーの乳製品やお菓子などもカロリーが低いからといって食べ過ぎてしまうと太ってしまいます。置き換えでは消化のいいものを利用して行うようにしておくといいです。おいしいもので置き換えをしたいという人も多いですが、置き換え食以外でおいしくてカロリーのあるものを食べるようにすることをおすすめします。

気軽に取り入れられる!置き換えダイエット食品とは

置き換えダイエットには置き換え食の市販のものを利用することをおすすめします。お水や牛乳、豆乳、炭酸水などで溶かして飲むタイプの置き換え食や酵素の原液を薄めて飲むというものも人気があります。粉状のものを溶かして飲むタイプのものはいろいろな味のものがあってそのときの気分で味を変えることができるのでおすすめです。

酵素の原液は炭酸水やリンゴジュースなどで割って飲むようにするといいです。栄養もあって痩せやすい体質に改善していくことができます。市販のものは通販で購入することもできますし、お店の店頭などで購入することができるものまでいろいろなものがあります。自分が続けやすいものを選んで利用するようにします。

置き換えダイエット食品はどうやって選ぶべき?

置き換えダイエットの食品はどんな風に選ぶべきかわからないという人は、まずは自分が続けて購入することができる料金であるかを確認します。

置き換えダイエットはできるだけ長く続けたほうが体質改善にもなるのでいいのですが、あまり高額なものを購入すると途中で購入することに戸惑うこともあります。そのようなことにならないためにも自分が購入し続けることができる価格のものを選びます。

それから自分の生活のなかに取り入れやすいものを選ぶようにします。粉状のものはお水や牛乳などで溶かす手間がありますが、いろいろな味のものがあるので飽きにくいというメリットがあります。酵素ドリンクの原液などはお水でさっと伸ばすだけでもいいので簡単に作ることができるのがいいです。

おススメのダイエット食品ランキング

置き換えダイエットでおすすめの食品はいろいろとありますが、やはり酵素ドリンクや青汁、粉状の置き換えタイプのものがいいです。

たとえば、めっちゃぜいたくフルーツ青汁はたくさんの栄養があるものを原材料に使っているのでおいしくて健康と美容にもいいということでおすすめです。ほかにもイージースムージーグリーンやベルタ酵素ドリンクなども人気があって続けやすいものとして選ばれています。

イージーグリーンスムージーはスムージードリンクの中でも唯一、機能性表示食品として購入することができるのがおすすめの理由です。機能や安全性について根拠がある置き換え食として人気が高い食品です。

ベルタ酵素ドリンクはピーチ味で炭酸水で割って飲むとまるでジュースのようなので続けやすく、低カロリーということで選ばれています。