美しい肌は体の内側からのケアが大切!肌に良い食べ物まとめ

私たちの体は摂取した食べ物から作られています。栄養が少なく体に悪いものばかり食べていると健康にも美容にも悪影響を与えてしまいます。肌を丈夫に、そして美しく保つためには保湿などのスキンケアに加えて体の内側からケアしていくということが大切です。腸が健康な状態でないと栄養を吸収しにくくなってしまいます。

また、摂り入れるだけでなく不要なものを排出するということも重要となっています。このように美しい肌を作るためには、内臓の健全化と栄養の高い食べ物の摂取が必要不可欠です。それでは、肌にいい食べ物とはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは美容に効果のある栄養素とそれらを豊富に含んだ食材、また逆に悪影響を及ぼしてしまう食材とその理由をご紹介していきます。

身体の内側の健康と肌にいい食べ物が美肌の秘訣

幅広い年齢層で肌の悩みは尽きないものです。ニキビ肌、オイリー肌、アトピー性皮膚炎など、肌次第で第一印象も変わってきます。

肌の悩みがあると、ニキビにいい化粧水やアトピーに効果的な塗り薬など、目につきやすい肌の外側からケアすることばかり考えてしまいがちです。肌の外側からのケアも大事ですが、肌は内臓など内側の健康状態を写す鏡のようなものなので、本当に美肌を手に入れるには体内環境を整える必要があります。

身体の内側からのサインが肌の状態でもあるので、まずは体内を綺麗にするために「肝臓」「腸」「血管」の役割がとても重要になります。代謝や解毒などの役割がある「肝臓」ですが、肌にとって解毒はとても重要です。有害物質を分解して無毒化して体外へ排出してくれるからです。

「腸」は栄養素を吸収して輸送する働きがあります。「血管」は栄養を肌まで運んでくれます。せっかく肌にいい食べ物を摂っても身体の中が健康でなければ肌に栄養素が届きません。

また、肌にいい食べ物を食べることも重要です。低カロリーで栄養素たっぷりの「大豆製品」や、美容効果のある「豚肉」、肌を健康にする「たまご」、保湿と美白に「こんにゃく」など、肌にいい食べ物や栄養素をとることで、しっかり内側からケアして美肌をゲットすることができるのです。

肝臓の役割を知って機能を高めよう

私達は日々の生活の中で、ばい菌やウイルスなど体にとって有害となる成分を知らないうちに体内に取り入れています。肝臓ではそうしたウイルスなどを異物とみなして、適切に処理する役割を果たしています。イメージがつきやすいのは、アルコール分解です。

ばい菌ではなくても、お酒などのアルコールや薬品は体にとって有害なものとして肝臓が反応し、肝細胞の中でアセトアルデヒド脱水素酵素によって血液内に排泄されるという解毒作用があります。さらに体外から取り入れた物質だけでなく、体内で生成されたアンモニアなどの有害物質についても、尿素などの無害なものへ変えていきます。

しかしお酒の飲みすぎなどの生活をしていると肝機能がオーバーしてしまい、有害な物質な残り肝臓の疾患になりやすくなってしまいます。普段からアルコール制限などの自己管理をするだけでなく、肉、魚、卵、大豆などのたんぱく質が豊富に含まれている食材をしっかり摂取することが大切です。

さらにこれらの食材は肝臓の解毒作用があるということなので、体の老廃物も除去し肌荒れにも効果的です。肌にいい食べ物としてもメリットがあるため、美容と健康のために摂取することを心掛けましょう。

栄養が吸収されて綺麗な肌になる

肌によいものを食べていても、吸収されずに体外に排出されていたのだとしたら、どれだけよいものを食べても意味がありません。肌にいい食べ物を食べて摂取した栄養は、自分たちの腸が吸収してくれているので、いつも健やかな状態に保っている事が重要です。

体の中でももっとも長い臓器と言われていて、約6~8mほどもあります。胃や十二指腸で消化された食べ物は小腸でさらに分解されて栄養素が吸収されるようになっています。小腸でも酵素がたくさん作られているので、それによって運ばれてきた食物がほぼ分解されていっているのです。吸収された栄養素は血液によって肝臓などに運ばれていって、それ以外のものは大腸へと運ばれていきます。

腸の調子が悪くなると、栄養が体の隅々まで行かなくなってくるので肌にも必要な栄養が行き渡らなくなり、肌荒れなどのトラブルも引き起こします。免疫力なども低下して風邪を引いたりして病気になりやすくなってしまいますから、肌や体の健康のためにも腸をいたわってあげるようにしましょう。

腸内環境を整えようと最近よく言われますが、食事もバランスよく食べて暴飲暴食は避けて、睡眠もよく取るように生活も見直していって下さい。

肌にいい食べ物を上手に取り入れる

肌に良い食べ物としてビタミンや良質のたんぱく質の他にミネラル、大豆やトマトなどがあります。栄養のバランスを考えながらいろいろなものを食べることが大切です。肌は身体の内側から作られるものなので、身体の中の血管を健康に保つことが大切です。血管を健康にする食べ物としては玉ねぎやトマトが効果的です。トマトにはリコピンが豊富に含まれているので抗酸化作用が強いです。

シミを防いでくれて美白効果があります。紫外線から肌を守る効果もあるので毎日積極的に採るようにしましょう。血管を健康に保つことはコレステロールを正常に保つ働きもあります。毛細血管を通して肌に栄養がいきわたるので血行を良くしておくことが大切です。

特にコラーゲンとたんぱく質が関係しています。コラーゲンは肌の状態を美しく保つ働きがあり女性にも必要な栄養素です。たんぱく質は血液を作るうえで重要になります。鶏のささみ肉や納豆、豚肉も積極的に取り入れるようにしましょう。

肌にいい食べ物は、ビタミンやミネラル、大豆肉など栄養が豊富に含まれているものです。自分に合った料理法で工夫して食べることも大切です。肉や野菜、魚のたんぱく質をバランスよく食べることが良いです。

美容と健康を叶えるビタミン食材

ビタミンが含まれている食材は美肌効果があるという概念は多くの人が認知していますが、ビタミンの中でもさらに種類があり、体へのはたらきや効果はそれぞれ異なります。ビタミンAは、抗酸化作用があるため体内の酸化を防止するという役割を果たします。そのため、活性酸素を排除して肌荒れの改善が見込めたり、目の粘膜を保護して疲れ目の回復や視力の低下を防ぎます。

ビタミンB群は水溶性で、糖質や脂質、タンパク質の代謝を促したり、脳や神経のはたらきを正常に維持するという役割があり、人間の組織形成のためには欠かせない栄養素となります。うなぎ、牛乳などは代謝促進効果があるため、肌荒れの原因となる体内の老廃物を外へ流すという効果が期待できます。

レバーやあさり、ほうれん草などは赤血球の生成を助けたり造血作用もあるため、貧血気味の人はもちろん、肌の血色が悪い人は意識して摂取しましょう。青魚類は皮膚炎を予防する効果が期待できるため、特に肌が弱い人には大変おすすめです。

このようにビタミンB1は肌にいい食べ物として、美肌へ導くための栄養素が多く含まれているため、普段の食生活の中で意識して摂取するように心掛けると、美容だけでなく健康にもつながります。

食物繊維や乳酸菌で腸をきれいにしよう

体内に老廃物や毒素が溜まっていると、美肌を作る環境とは真逆の状態になってしまいます。便秘で悩んでいる女性は多いですが、便秘がちで肌荒れに悩んでいるという方は便秘を解消して老廃物を排出することが重要です。便秘を解消するには、食物繊維を摂るようにしましょう。

食物繊維には、腸内で水に溶けて血糖値の上昇を抑えたりコレステロールを排出する水溶性食物繊維と、腸内で水分を吸収しながら腸の動きを活発化させる不溶性食物繊維の2種類があります。こんにゃくは水溶性・不溶性のどちらの食物繊維も含んでいるのでおすすめです。他にキノコ類や芋類・豆類などにも含まれています。

ただし過剰摂取は腸の負担になるため、特にサプリメントなどで摂取する場合は気をつけましょう。腸を整えて老廃物を排出するという意味では、乳酸菌もおすすめです。腸は第2の脳ともいわれる大切な臓器で、健康をつかさどる以外に免疫機能もつかさどっています。

ストレスによる肌荒れで悩んでいる方は、ヨーグルトや漬け物などの乳酸菌を積極的に摂って免疫力をアップさせて、ストレスに対抗できるように心がけましょう。乳酸菌は色々な種類がありますが、人によってそれぞれ相性が違いますので、あまり効果が感じられない場合は違うものに変えてみると良いでしょう。

肌にいい食べ物

肌にいい食べ物としてはセラミド・βカロテンがあげられます。セラミドは人の角質層に存在していて細胞間を埋める物質で、水分や油分を含んでいます。セラミドは細胞間に行き渡って外部からの刺激や細菌から肌を守ります。水分、油分を保ち肌を保湿しメラニンの合成を防ぎシミ、しわの予防をします。セラミドが不足すると肌荒れの原因になります。

セラミドが多く含まれている食品の代表はコンニャクです。その他にも玉ねぎ、カリフラワー、里芋や白菜など白っぽい野菜は血流を良くしてセラミドが肌に届くのを助ける働きが期待されています。

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれ、βカロテンを含む健康な食生活は乾燥肌を防ぎます。含まれている食物はほうれん草や人参で、油と一緒に摂ると吸収される栄養素が多くなり効果的です。

βカロテンは腸で吸収されるとビタミンAに変わる脂溶性ビタミンです。ビタミンAは皮膚や粘膜を構成する物質なので健康な肌を保つためには必須なのです。また、強い抗酸化作用があるため紫外線の悪影響や老化からも肌を守ってくれます。

ビタミンAは過剰摂取すると体内から排出されないおそれがありますが、βカロテンは必要な分だけビタミンAに分解されるので安心です。プチトマトなら1日12個量を摂取する事が理想的です。

美肌作りにはリコピンや亜鉛を摂取しよう

美容に効果のある栄養素のひとつが、リコピンです。リコピンには細胞の酸化を防いだり、シミのもととなるメラニン生成酵素のチロシナーゼを抑制する効果があります。強い抗酸化作用があるため、紫外線から肌を守って老化を防いだり、コラーゲンの減少を抑制したり、肌を保湿する効果もあります。

リコピンの抗酸化作用は、同じく抗酸化作用を持つビタミンEの100倍以上もあるといわれています。シミの予防や美白効果が期待できる栄養素です。リコピンは体内で生成されないため、食事から摂取する必要があります。リコピンが豊富に含まれている食材といえばトマトです。ビタミンCも含んでいるので、積極的に食べるようにしましょう。

また、亜鉛も美肌づくりに欠かせない栄養素です。肌のターンオーバーを活発化させる働きを持つので、古い角質を速やかに排出させて新しい肌へと促します。肌のくすみ・ニキビ・シミ・そばかすなどの肌トラブルを改善したい方におすすめです。

亜鉛は牡蠣に多く含まれています。海のミルクとも呼ばれる牡蠣には、肝機能をアップさせるタウリンも含まれています。肝臓は体の解毒作用があるため、毒素を排出させるという意味でも肌に良い食材といえるでしょう。

大豆製品は腸と肌にいい食べ物

肌にいい食べ物の中でも、安価でどこでも手に入れられて、調理の手間も少ない食材として注目したいのは大豆製品です。大豆製品はバストアップ目的のために摂取する人も多い食材で、多数の人は女性ホルモンのエストロゲンに非常によく似ている大豆イソフラボンを体内に取り入れることを目的としています。

この大豆イソフラボンは、ホルモンバランスの乱れを整える効果があるため、ホルモンの乱れによるニキビなどを予防しながら、若返り効果として皺やシミなどにも非常に効果的です。さらには大豆製品には、水に溶けない食物繊維である不溶性食物繊維が豊富に含まれているため、胃や腸に入ることで水分を吸収して膨らみ、満腹感を得ることで腸が刺激されるという状態になります。

これがお通じにつながり、便秘の改善になったり暴飲を防げるという効果も期待できます。便秘が改善されると体内の老廃物が外へ流されるため、吹き出物なども肌荒れが改善されるという嬉しい美肌効果にもつながります。

大豆製品は納豆、豆腐が主で日々の食生活に無理なく取り入れやすいことが魅力です。摂取しすぎも禁物なので、毎朝お豆腐がたくさん入っているお味噌汁を一杯飲むくらいの量を目安にしましょう。

肌にいい食べ物は豚肉に注目

多くの人が大好きなお肉の中でも、美容効果を期待するなら豚肉を多く食べると良いです、豚肉には、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、体内に必要な栄養素がバランス良く含まれており健康を維持するだけでなく、肌にいい食べ物として注目を集めています。

体の内側では生成できない必須アミノ酸であるロイシンは、筋肉の分解を抑制しながら、筋肉の修復や強化するはたらきがあります。体の筋肉がしっかりしていると全身の新陳代謝が活発になり、体内に老廃物を溜め込まなくなるため肌荒れを改善、予防させるといった効果が期待できます。また、牛肉と比べると豚肉にはビタミンB1がおよそ10倍も多く含まれています。

ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える代謝促進の役割があるためダイエットに効果的です。さらに、皮膚や粘膜を正常に保つはたらきもあり、ニキビや皺、シミができにくい美肌に導く効果も期待できるでしょう。

美肌やダイエットというと野菜ばかりのことを考えてしまいがちですが、美味しくお肉を食べながら美容を実現できるため、日々の食生活も罪悪感なく楽しむことができるでしょう。豚肉の美肌効果に期待して、様々なレシピを試してみることをお勧めします。

肌にいい食べ物として卵があります

肌に良い食べ物として挙げられるのが栄養満点の野菜やビタミン豊富な果物ですが、その他にタンパク質が豊富なお肉や魚などがあります。そして忘れてならないのが卵です。卵は目玉焼きや茹で卵といった、そのものを食べるといったようなこともありますが、その他にお菓子や料理に混ぜて使うということにも利用できます。

ですからそのものを食べることが苦手だという人は、加工品によって卵を取り入れるようにしても良いでしょう。ですが卵も摂取しすぎると悪玉コレステロールの取りすぎにもなってしまうので注意です。肌にいい食べ物として卵も必要ですが、1日1個を目安とするのが最適です。それ以上は美肌のためにタンパク質を取るにも植物性たんぱく質などを意識するようにすると良いです。

植物性たんぱく質の食べ物としては麩などがありますが、麩はローカロリーでもあるのでおすすめです。おやつなどにも活用しましょう。体に良い、美肌に良いとされる食べ物であっても食べ過ぎてしまえば害になってしまうことも多いので適量を意識していくと良いです。

そうすることによって肌に良い効果を感じることもできるでしょう。また、卵もその他の食べ物も新鮮なものを選ぶということが必要です。

こんにゃくを食べて理想の美肌へ

こんにゃくにはダイエット食品というイメージが世間では強いですが、体への効果は他にもたくさんあります。肌の乾燥を改善する効果があると言われているこんにゃくセラミドという成分が豊富に含まれています。

セラミドとブドウ糖が結合された成分のことで、豊富な水分を含んでおり組織や粘膜の保護、細胞同士の情報伝達をする役割など、体の形成に重要なはたらきをします。このはたらきによって肌の保湿効果が高まるため、乾燥防止による皺の改善や、特に冬場の乾燥肌対策に効果的です。

こんにゃくを食べることによって、肌の外側からのクリームなどによる保湿だけでなく、内側からのケアで肌の状態が良くなっていきます。保湿効果はもちろん、セラミドが肌の組織を強くしていくため、肌にハリと弾力を与えたり、メラニン色素を抑制するはたらきも持っています。

メラニンはシミの原因でもあり、肌のくすみや一部分の黒ずみなど、気になっている人は多いはずです。こんにゃくセラミドにはこれらの色素を分解し、美白へ導く役割も果たしてくれるため、ファンデーションで隠す必要もなくなります。ヘルシーなだけではない、肌にいい食べ物であるこんにゃくの体へのもたらすたくさんの美容効果を実感し、理想の肌を保ちましょう。

肌にいい食べ物としてトマトに注目

野菜の中でも赤い実の代表格とも言われるトマトは、洗ってそのまま生で食べたり、スープや煮込み料理にも使えるなど、食卓では大活躍です。このトマトが持つ栄養成分として、リコピンが大部分を占めています。リコピンは自然に色素を持つカロテノイドの一種で、緑黄色野菜に非常に多く含まれています。

カロテノイドの中でも特にリコピンは活性酸素の作用を抑える抗酸化力が強力であることが特徴です。抗酸化力がはたらくと、血糖値を下げたり、動脈硬化の予防にとても効果的であるため、近年特に中年男性の間で深刻化している生活習慣病などの予防や改善を助ける役割があります。

嬉しい効果はこれだけでなく、トマトは肌にいい食べ物としても世界的に有名です。気になる皺やシミ、吹き出物をケアすることができ、さらには肌荒れしにくい体質になったり美白効果も期待できます。

リコピンをより摂取しやすいためにお勧めな食べ方は、脂溶性のため熱を通した煮込み料理や、ドレッシングをかけた状態のほうが栄養素を九州しやすいと言われています。体に良いからと言って過食になりすぎないよう、中サイズのトマトを1日2個までの基準で考えて、日々の献立を考えていきましょう。

内側から肌にいい食べ物を取り入れる方法

肌を健康的に保つ為には内側からケアしていくことが大切です。その為には先ず腸内環境を整え健康にしていくことで腸と肌の両方に働きかける必要があります。腸に必要なのは乳酸菌(ヨーグルト)・オリゴ糖(玉ねぎ)・2種類の食物繊維(不溶性食物繊維・水溶性食物繊維)おすすめはホットバナナにヨーグルトをかける食べ方です。

3つの栄養が全て摂れます。これらを毎日摂取し続けることで腸が元気になり肌も潤いシミ・そばかす・いぼなどが綺麗になってきます。腸が活発に整えられてきた次は肌にいい食べ物を摂っていきます。緑黄色野菜を生ではなく、蒸し煮にして食べて下さい。蒸し煮にすることで、野菜の栄養が肌に吸収されやすくなります。

味付けはオリーブオイルにバジルと岩塩を入れ、混ぜ合わせたものがおすすめです。野菜と油を一緒に摂ることでいい栄養がたくさん肌に吸収されます。後は塩・胡椒で味付けをして焼いた豚肉やミックスビーンズを合わせるとなお肌の保湿効果が期待でき乾燥肌やアトピー性皮膚炎にも効果があります。

肌だけではなくダイエット効果や女性ホルモンにも働きかける効果があるので生理前の憂鬱な気分や生理痛・更年期などにもこうかがあります。

大豆イソフラボンで美肌を目指しましょう

三群点数法とは、日常食べている食品を栄養の働き別に赤・緑・黄の3グループに色分けすることで、栄養バランスのよい食事が取りやすくなる方法です。赤は肉や魚・卵・大豆や豆製品・牛乳や乳製品などのたんぱく質で、体の中で血や肉になって健康な体を作る役割があります。

緑は野菜・いも類・海藻類・果物などで、体の調子を整える役割を持つものです。黄は穀類・油脂類・砂糖などで、エネルギー生成や体温の維持などの役割があります。もちろんどれも必要なものですが、美肌を目指すなら赤のたんぱく質を積極的に摂ることが重要です。

特におすすめなのは、納豆や豆腐などの大豆製品です。大豆の栄養素である大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンによく似ています。エストロゲンは肌の水分や皮脂を調整したり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成に深く関係するホルモンで、女性らしい美しくハリのある肌や髪を作ります。

また高い抗酸化作用もあるため、紫外線やストレスなどのトラブルから肌を守ってくれる働きもあります。加齢とともにエストロゲンは減少していいますが、エストロゲンに似た大豆イソフラボンを摂取すれば補うことができます。美肌を目指すなら、日々の食事の中に豆腐や納豆を加えるようにしましょう。