美容と健康にも良い「豆乳おからクッキー」で置き換えダイエット!

ネット通販では、様々なダイエットをサポートする食品が販売されています。その中のひとつに「おからクッキー」があります。ダイエットクッキーの最大のメリットは満腹感です。短期集中で痩せたい時には、豆乳おからクッキーの置き換えダイエットをすると効果が得られます。

豆乳やおからは栄養も満点なので、ダイエットで起こりがちな栄養不足に陥る心配もありません。しかし、方法を間違うと体を壊す危険があるため注意が必要です。ここでは、置き換えダイエットの方法と注意点について、人気の食品、豆乳おからクッキーが適している理由についてなど詳しく紹介してきます。短期間で手軽に痩せたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さい。

おからクッキーで置き換えダイエット

自宅で手軽に始められるダイエット方法と言うと、食事制限を真っ先に行う方はかなり多いです。ただ食事制限というと普段食べている食事を極力減らしたり、一食分をあえて食べないなど体への負担が増える極端な方法をとってしまう方は少なくありません。

体を健康に保つためには一日きちんと三食食事をとることが基本とされているため、一食分減らしたり食事を極端に少なくするのは体に必要な栄養素が届かなくなり、かえってリバウンドの危険が増える恐れがあります。また食事が減ることで満腹感がなくなり体はストレスを感じやすくなるため、置き換えダイエットを行うことで十分な満腹感を得る方法が注目されています。

置き換えダイエットでは主にダイエット食品やドリンクを普段の食事に置き換える方法が一般的ですが、ドリンクでは腹持ちが悪く朝行っても昼前にお腹が空いてしまうデメリットがありました。

そこでおすすめなのがおからクッキーを利用する方法です。おからクッキーはカロリーの少ないおからをベースに作られているクッキーなので、通常のクッキーよりも風味は蛋白ですが、たっぷり食べてもカロリーは少なく適度に甘く香ばしいので美味しく食べることが出来るメリットがあります。

置き換えダイエットに向いているおからクッキー

置き換えダイエットは一日に食べる三食の食事のうち一食から二食をダイエットドリンクやダイエット食等に置き換える方法ですが向いている人と向いていない人がいます。短期間で効果を求めたい人にはあまり向いていません。効果が出るまでに多少の時間がかかるので気長に構えることが必要です。置き換えていない普通食でカロリーの多い食事をとってしまうことにも気をつけましょう。

できれば栄養バランスのとれた和食がおすすめです。便秘がちな人はおからクッキー等の食物繊維が多いものと置き換え、野菜を意識的に摂取することで便秘がひどくなることを防ぐことが出来ます。食事は栄養分だけでなく水分も含まれているので、水分も意識的に摂取する事も大切です。

シェイクやスープ等のダイエットドリンクは摂取するのが簡単で置き換える人も多いのですが、目でも食事を楽しみたい人には物足りずストレスになってしまうことも少なくは無いのでできるだけストレス無く、長続きさせるには自分にはどのようなものがいいのか始める前に選んでおきましょう。

ドリンクよりおからクッキー等の歯応えがあるものであれば咀嚼することで満腹中枢が働き、満足感が得られることもあります。

噛むことで満腹中枢が刺激される

置き換えダイエットで良く知られているのは、ダイエットドリンクではないでしょうか。様々なドリンクが市販されており、味のバリエーションも豊富にあります。しかし、置き換えダイエットをする際には、ドリンクはあまりおすすめできません。ドリンクだとあっという間に飲んでしまいますし、噛む必要がないので満腹感を感じにくいからです。

満腹感を感じるには、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激される必要があります。満腹中枢が刺激されると脳は、もう食べなくてもいいという指令を出すので食欲をコントロールすることができます。人の身体は、よく噛むことで満腹中枢が刺激されるようになっています。

つまり、あまり噛まないと満腹中枢が刺激されず、空腹感を感じたままの状態が続いてしまうのです。咀嚼回数が増えることで少ない食事でも満足し、体もリラックスします。ダイエットの大敵は、ストレスではないでしょうか。

空腹だと食べ物のことばかり意識してしまい、イライラしてしまうことも少なくありません。我慢できずにドカ食いしてしまい、リバウンドしてしまうこともあります。置き換えダイエットをする時には、ほとんど噛まないドリンクではなくよく噛むことができる食品がおすすめです。

おからクッキーダイエットと痩せること

激しい運動に取り組むことは苦手であるけれど、頑張って痩せたいと希望している人は多いのではないでしょうか。そのような時には、食事を制限していくと効果を感じられる可能性があります。普段食べている食事を改めるようにして、適切なものを体に取り入れていると、バランス良く痩せられる可能性があるのです。

例えば、食べている食事の置き換えを行うことは、可能である方法の一つです。おからクッキーを食事に置き換えてダイエットをすることは、高い人気が集まっています。特に人気がある種類としては、豆乳が使われているおからクッキーがあげられるのです。

人気がある理由には、食べやすさがあります。痩せたいと思っている時にはカロリーの低い食べ物をイメージしがちな人も多いのですが、全ての食材が味の薄くて味わいがないという訳ではありません。それどころか、豆乳で作られているおからクッキーは、ほんのりとした甘みを含んでいるために美味しく食べることが可能になっているのです。

楽しみながら健康的にダイエットに取り組むことができるために、痩せたいと思っている人の味方となっています。おからは積極的に取りたい栄養素もたくさん含んでいるため、健康にも良いです。

ダイエットしながら栄養分を摂取できる豆乳おからクッキー

置き換えダイエットにはドリンクタイプ等の様々なものがありますが、豆乳おからクッキーがおすすめです。持ち運びができ、一個で30kcal程度のものが多いのでどうしても食べたくなった時に、食べることが出来ます。

あえて食べごたえを良くしているのでブラックコーヒーや紅茶等の飲み物を飲みながらよく噛んで食べれば少量でも満腹感を得ることができ、お腹のなかでも膨らむので持続効果もあります。栄養分も多く、豆乳には貧血予防の鉄分や葉酸、良質なタンパク質や美肌効果のある大豆イソフラボンやビタミン群が含まれています。

おからには水に溶けない食物繊維やオリゴ糖等が多く含まれているので便秘解消に効果的です。カルシウムも多く含まれているので空腹時のイライラも解消できそうです。

自分で作ることも出来ますしインターネット等でも販売されており、チョコレート味や紅茶味のものもあり程よい甘さの味付けがされているのでダイエットの為に甘いものを我慢している人にも満足感があります。色んな味を探して試してみるのもいいのではないでしょうか。

ダイエットで痩せたけれど肌の状態が悪くなってしまったり便秘がひどくなってしまっては辛いので栄養分をとりながら上手にダイエットするには豆乳おからクッキーはおすすめです。

市販品の値段や材料をチェック

おからクッキーは市販品もありますが、自分で手作りする事も可能です。市販のクッキーであれば1袋あたりにつき、約260円程度で購入できます。少し価格が高いと感じるかもしれませんが、1食分の食費と考えるとそこまで高くはないでしょう。

市販品の場合どのような原材料を使い作っているか、気になるという方もいるかもしれません。商品によっては国産のおからと北海道十勝産の豆乳と国産原料にこだわっていたり、人工甘味料・保存料が無添加というものもあります。このように原材料にこだわって作られている商品であれば、安心して食べ続ける事ができるでしょう。

手作りクッキーであれば原材料を自分で全て選べるので、さらに安心感はアップします。手作りしたいという方は、どのような材料を揃えれば作れるのかチェックしてみましょう。おからクッキーですから、まずおからを準備します。おからの他には薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩といった材料が揃えば、おからクッキーは手作りする事が可能です。

たった5つの材料で作れるシンプルなクッキーですので、普段お菓子つくりをする事は無いという方でも、おからクッキーであればチャレンジしやすいのではないでしょうか。

ダイエットだけじゃない豆乳おからクッキーの効果

ダイエットが目的で豆乳おからクッキーを食べていたら肌の状態がよくなったような気がする、という人もいます。豆乳は水に浸した大豆をすりつぶし、水を加えて煮詰めた汁を濾して作られます。原材料の大豆には大豆イソフラボンが含まれており、大豆イソフラボンはお肌にハリやツヤを与える女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをします。

大豆イソフラボンは加熱しても栄養分が壊れないのも強みです。また豆乳にはビタミン群も多く含まれており、脂肪の抗酸化を防ぎホルモンの働きをよくしたり、新陳代謝を促し血行促進を良くする若返りビタミンと呼ばれているビタミンEや吹き出物や肌荒れを防ぐビタミンB1・B2・B6等も多く含まれています。

他にも貧血予防に効果がある鉄分や葉酸、良質なタンパク質等も含まれているのも特徴で、カロリーや糖質、脂質なども少ない優秀な食品の一つです。

一度に大量に摂取したからといって大きく効果が出るものでなく毎日適量摂取するのが好ましいものなので、豆乳おからクッキー等で毎日摂取するのが効果的とされています。他にも豆乳には大豆オリゴ糖が含まれているので腸内環境を整え便秘などにも有効的だともいわれています。

豆乳には健康に良い成分が豊富

豆乳は健康に良い飲み物として知られていますが、それはなぜなのでしょうか。実は豆乳には、血液中のコレステロール値を正常にする効果や便秘を解消してくれる効果、更年期障害を緩和する効果、骨粗鬆症予防などさま健康に良い効果が期待できるからです。豆乳にはサポニン・レシチン・大豆たんぱく・オリゴ糖・イソフラボン・カルシウムなどの栄養素が含まれています。

サポニンやレシチン、大豆たんぱくには血液中のコレステロール値を正常にし、血液の老化を防いでくれる働きがあります。それが高血圧や動脈硬化を予防することにも繋がります。また、豆乳には腸内環境を良くしてくれるオリゴ糖も豊富に含まれています。オリゴ糖は小腸では吸収されずに大腸まで届き、善玉菌のエサになります。

それにより善玉菌を増やし、腸内環境を整えて便秘を解消してくれます。豆乳にはイソフラボンが含まれているのは有名ですが、イソフラボンは女性ホルモンに似た物質で女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

そのためイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの急激な減少によって起こる更年期障害を改善することができます。豆乳にはカルシウムも含まれているので、骨を丈夫にして骨粗鬆症を予防するのにも効果的です。

おからクッキーは低カロリーかつ栄養豊富でダイエット向き

おからはカロリーが低いのにお腹にたまるので、ダイエット効果があります。食物繊維が豊富だから腹持ちがいいのですが、おからは豆乳や豆腐を大豆から作るさいに出る絞りカスなので当たり前です。

普段食べているクッキーをおからクッキーに置き換えると、空腹感を感じることなくカロリーカットできるのでダイエット効果があります。もちろん食物繊維を摂取するとお通じが良くなるので、便秘解消によるスタイルアップも期待できます。おからは糖質や脂肪が少ないにもかかわらず、タンパク質を豊富に含んでいます。

タンパク質は肌や筋肉、髪の材料となるダイエット中に不足しがちな栄養素です。おからは美しく痩せるのに最適な食材と言っていいでしょう。おからに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと類似した作用するため美容に効果的です。

エストロゲンが不足すると肌質が荒くなったり、体のラインが男性的になってしまうことは知られていますが、おからを摂取することで女性らしく美しい体をキープすることができます。イソフラボンと似たおからに含まれる成分のサポニンは、活性酸素の働きを抑えます。

活性酸素は老化の原因となるため、サポニンを摂取することで若々しい体をキープすることができます。またサポニンは、血管を掃除する作用もあるため、美容の源である健康をサポートしてくれます。

おからクッキーはダイエットにも健康にも良い食品

置き換えダイエットに用いるものとして有名なダイエットドリンクですが、液体なのでどうしても排出するものが少なくなってしまい便秘がちになってしまうというデメリットがあります。

しかし、おからで作ったおからクッキーであればそのような心配はなく、栄養価が高いので健康にも良いです。糖質や脂質は低く、カロリーも普通のクッキーと比較すると半分~3分の2程度と非常に低くなっています。プレーンな味ばかりだと飽きてしまうかもしれませんが、最近では様々な味のものが販売されているので飽きずに続けることができます。

低カロリーで良質のたんぱく質を含んでいることで注目されているのが豆乳です。おからも元は同じダイズの一部で、豆乳にはあまり含まれて居ない食物繊維が豊富で、女性の美の健康の強い味方となってくれます。そして、おからの成分であるレシチンは、血管に付着したコレステロールを溶かして血の巡りを良くしたり、固まるのを防止する働きがあります。

この働きにより動脈硬化を予防することが可能で、脳の情報伝達に関係している神経細胞の材料となるので物忘れの防止にも役立ちます。さらに、サポニンには血管に付着した脂肪を除去して活性酸素の働きを抑制し、腸に作用して便通を良くする効果があります。

これらの働きによって、生活習慣病・老化防止・発がん抑制・エイズ発症抑制といった効果が期待できます。このような健康効果があるおからを原料とするおからクッキーは、ダイエット効果はもちろん、健康にも様々な効果がある優れた食品であると言えます。

一日に摂取する量の目安

おからクッキーを利用して行うダイエットは、いつも食べている食事の中で主に炭水化物をおからクッキーに置き換えて摂取カロリーを減らすことが目的。このダイエットを始める前に、まずは一日におからを摂取する目安の量を押さえておきましょう。

一日の摂取の目安としては50g前後にしておくと良いでしょう。50gというのは、約一食分の量です。つまり、こうしたことから見てもおからクッキーの置き換えダイエットは、一日一食にするのがベストな方法と言えます。おからを使ったクッキーの多くは、1枚で30キロカロリー前後。1食7枚程度食べたとしても、210キロカロリー前後なので非常に低カロリーです。

女性が1日に摂取するカロリーの目安は年齢あるいは体重や生活習慣によって違ってきますが、約1,500キロカロリーから2,000キロカロリー。そのため、食事や感触を豆乳おからクッキーに置き換えれば、大幅なカロリーカットができます。

なお、豆乳おからクッキーの原料に使われるおからには、食物繊維についてはごぼうのおよそ2倍も含まれています。おからに含まれる食物繊維は水分を含んで便の量を増やし、排便を促進する不溶性なので便秘の解消にも効果的です。

味の良さは長く続ける上で重要

置き換えダイエットで豆乳おからクッキーを選ぶ時は、味のバリエーションが豊富なものを選ぶのがおすすめです。おからクッキーがいくら美味しいとはいっても、毎日食べるとやはり飽きてしまうという人もいると思います。数種類の味があれば飽きずに食べられるので、長く続けることができます。また、味の良さはとても重要です。

美味しくないと続けることができませし、美味しければダイエットそのものが楽しみにもなります。ですからおからクッキーを選ぶ時には、多少値段が高くても自分の好みに合った美味しいものを選ぶことが重要です。せっかく買っても無駄にしてしまうことを考えれば、その方が結果的に割安になります。

それから大袋入りのものよりは、個包装になっているものの方が使い勝手が良いです。値段が安いからと大袋入りを買ってしまうと、ついつい食べ過ぎてしまうということにもなりかねません。一度開封してしまうと賞味期限なども気になるので、早めに食べてしまいたいという心理も働きます。個包装の方が衛生的ですし、持ち運びにも便利です。外出先などにも携帯することができます。

おからクッキーを選ぶ際には、人工甘味料を使用しているどうかもポイントです。保存料や添加物が多いものは健康的とは言えないので、無添加のものの方が安心できます。

豆乳おからクッキーのダイエットをする時は栄養に注意

豆乳おからクッキーのダイエット法は栄養価が高いのがメリットですが、だからといってそればかり食べていればいいわけではありません。やはりいくら大豆製品とはいえ、それだけで一日に必要な栄養素をすべて網羅するのは不可能と考えてください。おからで摂取可能な栄養素は、大豆たんぱくをはじめとしてアミノ酸やミネラルなど多岐にわたります。

また女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に摂取できるのも、豆乳おからクッキーを使ったダイエットをするメリットです。ただしそれだけ栄養が豊富な食べ物であっても、人間が1日に必要とする栄養素には到底届きません。それに摂取カロリーにしても、それだけでは成人女性に必要な1,500~2,000kcalをはるかに下回ってしまいます。

その状態が長く続けば、たとえ痩せることができても健康状態に大きな影響が出てしまうでしょう。他にもおからは食物繊維が豊富ですが、こちらも適量なら消化に良い作用を与えます。だからといって過剰に摂取すれば、体質によっては消化不良をおこして体調不良につながりかねないので注意が必要です。

豆乳おからダイエットは、多大なメリットをもたらしてくれる反面使い方を間違えれば健康面にデメリットが出ることもあります。そのため実践する時は、くれぐれもおきかえのルールを守ったうえでおこなうようにしましょう。

おからクッキーで置き換えダイエットする時のポイント

豆乳おからクッキーで置き換えダイエットをするときの注意点としては、置き換えた場合に食べる量についてです。ヘルシーで栄養豊かな豆乳おからクッキーですが、好きなだけ食べてしまうとダイエットに支障をきたすケースがありますので、カロリー計算をして許容範囲の個数を食べるのがポイントです。

又、置き換えダイエットですのでおやつで食べるのではなく朝昼晩どれかの食事と置き換える必要があります。空腹感を我慢できるか不安という方は、初めは普段の食事の量を減らしておからクッキーと併用し、徐々に豆乳おからクッキーのみにしていくと空腹感をさほど感じることなくダイエットを成功させることが出来ます。

スタートする時に普段の食事と併用する時にはご飯を食べずにおかずだけにするなどの工夫が必要ですし、併用をやめておからクッキーのみに置き換えた際にも食べすぎないように注意が必要です。

飽きるのを防ぐ工夫としては、いくつかのメーカーのものや違う味のものを用意しておくのがおすすめです。たとえばプレーン味とココア風味、メープル風味などいくつかのフレーバーを用意しておきローテーションで食べるようにすれば飽きずに毎日続けることが出来ます。

おからクッキーで無理なくダイエット

ダイエットに付きものなのが、ストレスです。食事の量を減らしたり、甘い物や脂っこい食べ物を制限したりしてイライラしたことはありませんか。誰でも満腹まで食べている量を減らしたら、物足りなく思ってしまいます。食べることでストレス解消していた人の場合、制限されると苛立ちを覚えることも。減量にともなうストレスで一番心配なのは、続かなくなってドカ食いしてしまうことです。

リバウンドを防ぐためにも、無理のない方法を選ぶことが成功につながります。たとえ減量できても、自分を抑え過ぎていると効果が出ているのは短期間だけ。長続きさせるためにも、ストレスにならない方法を選ぶことが大切です。おからクッキーなら、満腹感が得られます。ダイエットの大敵になるクッキーを食べるため、おやつ感覚で口にすることができるでしょう。

栄養バランスを考えたクッキーと言っても、ダイエットをするなら体の内側からスッキリ痩せられるようにすることです。今まで以上に趣味に熱中したり、友人たちとの時間を楽しんでみてください。

頭の中がダイエットでいっぱいにならない、あまり普段の生活と変わらない方法なら無理なく続けることが可能です。体重計や鏡で自分自身をチェックするのが楽しくなる、それでいて日常生活も充実しているダイエットに挑戦してみませんか。