美白は女性の永遠の憧れ!人気美白化粧水ランキングTOP10

シミや肌のくすみが1つもない美肌は、女性の永遠の憧れと言っても過言ではありません。その憧れを実現させるためには、美白アイテムを上手に使うことがポイントです。美白アイテムには美容液やパック、日焼け止めなど数多くの種類がありますが、その中でも化粧水は使用頻度が高いので、自分の肌に適したものを使うことで高い効果を期待できるアイテムです。

さらに、化粧水はその後に使用する美容液や乳液などの働きを高める効果もあるので、慎重に選ぶようにしましょう。美白化粧水は配合されている美白成分によって、シミを予防するタイプとシミを改善するタイプに分けることができます。自分がどのような美白ケアをしたいかによって、成分の使い分けも意識してみましょう。

シミができる2つの大きな要因をチェック

美白化粧水でシミやニキビ跡などをケアしたいと思ったら、まずは肌に黒ずみができるメカニズムを確認しておきましょう。そうすることで、シミの原因となる行動を避けることができるのでシミケアの効果を高めることが可能です。肌にシミができる最も大きな原因が、メラニン色素が生成されて肌に定着することです。

このメラニン色素は肌の中に作られる成分で、肌色を黒くして外部の刺激から皮膚を保護するという働きがあります。日焼けをすると肌が黒くなるのは、このメラニン色素の働きによるものです。肌のバリア機能をアップさせる働きがありますが、作られ過ぎると肌に定着してしまい、シミやソバカスとなって残るので注意が必要です。

メラニン色素の生成は日焼けだけではなく、摩擦や肌を強く押すなどの刺激でも作られます。洗顔や化粧水を使用する時に必要以上に肌を擦ったり叩くと、それがシミの原因になるので気を付けましょう。2つ目の大きな要因は、肌のターンオーバーの低下です。

ターンオーバーの低下は年齢を重ねると起きやすいですが、睡眠不足や食生活の乱れなどでも起こるので注意しましょう。女性の場合、生理による女性ホルモンのバランス変化もシミへと繋がっていくので、それを意識して美白化粧水を使うことが大切です。

美白をするコツ

女性なら誰しもが美白にあこがれているので、どういうケアをすればいいのか知りたいでしょう。美白化粧水はたくさん売られていますが、結局のところどれを選んだらいいのか分からない人がほとんどです。なかには、高級なイメージがある化粧水も存在しているので手に入れるのが難しいと考えている女性もいるようです。

では、どのようなことに気を付けながら美白化粧水を購入すればいいのでしょうか。まずは、美白化粧水にはどんな効果があるのかを把握しましょう。最大の効果は、シミやソバカスを予防してくれることです。細胞内で発生してしまうメラニンを抑える働きがあるのです。メラニン色素は紫外線を浴びると、肌の細胞の中で発生します。

美肌になるために必要な細胞を破壊してしまうので、メラニンを抑えることが必須となります。だからこそ、メラニンを抑えてくれる美白化粧水の使用が必須です。特に、日中は外出する機会の多い人は上手に使ってシミやソバカスをつくらないようにしましょう。

また、くすみを改善する効果も期待できます。くすみは肌を暗くしして、実年齢よりも老けてみられる原因をつくってしまいます。美白の大敵であるくすみも美白化粧水がケアしてくれます。

美白化粧水で効果が得られるシミ

シミやソバカス対策のために、美白化粧水を使用している人が多いです。ただしシミというのは様々な種類が存在しており、美白化粧水を用いる事で効果が得られるものもあれば効果が期待出来ないものもあります。なのでシミの改善を期待する際は、美白化粧水で効果が期待出来る種類であるかどうかを見極める事が大事です。

紫外線を浴びる事によって生じるシミとして多いのが、老人性色素斑と呼ばれるタイプだったりします。出来始めは薄く茶色がかっており、次第に濃くなって行くのが特徴的です。濃くなると皮膚全体が変化するため化粧品を用いて消すのは難しくなります。ですが出来始めの薄く茶色がかった状態であれば、化粧品での対処が可能です。

肝斑は女性ホルモンの乱れにより生じるシミであり、更年期の人に良く見られます。美白化粧水を用いる事で、この肝斑もある程度消す事が可能です。ですが綺麗に消すには、ピーリングやビタミンCイオン導入を併用する事がおすすめ出来ます。

炎症性色素沈着はニキビや傷、虫刺され等による炎症が原因で生じてしまうシミです。美白化粧水を用いる事で特に綺麗に消す事が出来る、シミの1つとなっています。ビタミンC誘導体が配合された商品を選べば、より綺麗にシミを消す効果が期待可能です。

美白化粧水でシミを薄く出来る

美白化粧水はシミに効果てきめんで、中々薄くならなかった頑固なシミも、目立たなくすることが出来ます。一度できたシミを完全に消すことは難しいことですが、出来てしまったシミの種類次第では、すっぴんでも目立たなくすることが可能なのです。

美白に効く成分は主にビタミンC、チロシナーゼ、ハイドロキノンなどシミの原因となるメラニンを排出し、肌を白く美しく出来るもので、美白化粧水にたっぷりと含まれています。メラニンが原因とされる老人性色素斑というシミにはこの美白化粧水が効果を発揮してくれます。シミが作られる前の予防に使うと早めにシミを目立たなくさせることが可能です。

また、ホルモンバランスの崩れや精神的なストレスが原因で出来てしまったシミにも美白化粧水は有効です。ホルモンバランスの乱れはメラニンを作ることを促進してしまったりするので、メラニンが作られてもすぐに排出を促せるように化粧水を使っておくとシミが作られにくく、たとえシミが出来てしまっても、すぐに目立たなくさせることが出来るのです。

また美白化粧水に含まれる保湿成分も、肌を潤しメラニンを作る一番の原因である紫外線のダメージを抑えてくれるのでとてもよいでしょう。

美白化粧水を継続して使うために重要なこと

美白化粧水には様々な種類がありますが、どのような基準で選べばいいのでしょうか。

まずは自分の肌質に合ったものを選ぶことが重要です。乾燥肌なのか敏感肌なのか、普通肌なのかなど、肌質に合わせた美白化粧水がありますので、必ず自分の肌質に合うものを選ぶようにすると効果も期待できます。もし自分の肌質とは違う肌質向けの化粧水を使ってしまった場合、思ったような効果が出ないかもしれません。

次に有効成分をチェックすることが大切です。ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分が含まれているようなものであれば、より高い美白効果を実感することができます。さらに保湿効果の高い成分が含まれているものを使うことによって、相乗効果も期待できます。

乾燥肌や敏感肌の人にとって特に注意したいのは成分の刺激性です。例えば香料や防腐剤など美白成分以外のものが成分欄の前の方に書かれている場合は、それらの成分が高濃度で入っている可能性があるので要注意です。

また、効果を持続させるために美白化粧水を継続して使うことを想定して、コストパフォーマンスがいいものを選ぶことも重要です。化粧水の金額を日割りで計算してみるなど、価格と効果のバランスが自分の納得のいくものであることが継続できるコツです。

使い方は意外と簡単

美白化粧水と言っても見た目は普通の化粧水とほとんど変わらないので、基本的な使い方も同じです。最初に洗顔料を使って皮脂や汚れを丁寧に落としてコンディションを整えます。メイクをしている場合や日焼け止めを塗っているときは、クレンジングを使用して余分なものをきれいに落とすようにしましょう。

必要に応じてダブル洗顔も行うと毛穴の奥まで汚れが落ちるので、美白効果が高まります。洗顔が終了したら、タオルで水気を拭き取ってから化粧水を適量手に取って顔全体に馴染ませます。とろみのある濃厚タイプの美白化粧水や拭き取りタイプなら、コットンにしみこませて使うのも有効です。

顔につけるときは指で軽くマッサージしたり、手のひらで包み込むようにすると適度に肌の温度が上がって有効成分が浸透しやすくなります。化粧水をしっかりつければ次のステップで使う美白アイテムの効果がアップしたり、洗顔で失われた水分を補ってふっくらした状態を維持できるので急がず時間をかけて使いましょう。

美白化粧水には普通の化粧水よりも多くビタミンCやビタミンE、アルブチンなど肌を白くするための成分が含まれているので、角質の奥までしみ込ませるようなイメージでつけるのがおすすめです。

美白化粧水を朝夜で使い分ける

美白化粧水を朝と夜で使い分けることによって美白の効果を高めることができます。わざわざ使い分ける意味あるのかなって思った方も多いのではないでしょうか。朝と夜では行動することも違いますので、それぞれに合った美白化粧水を使うことで最大限の効果を得ることができます。朝はお化粧をしたり外に出ると行動範囲が広いですし、外からたくさんの紫外線なども受けます。

そのため、スキンケアも大事になります。夜の場合はお化粧も落とし、寝たりなど行動があまりありませんのでしっかりと奥まで浸透するような美白化粧水を選ぶことが大切です。なぜ使い分けることによって効果が高まるかというと、朝と夜だと必要な成分なども違ってくるからです。

2つ使いということになるので、その分お値段もかかりますがご自分の肌のためならおしいと思わず買ってみてはいかがでしょうか。一度傷ついた肌を元に戻すのはとても大変なことです。

労力も必要ですしお値段も必要、そして何より長い時間をかけなければなりません。そのことを思うと美白化粧水にお値段をかけるのは将来的にみてお得になると思います。大人だけではなく、まだ肌の若い学生さんも早いうちからこだわることは大事です。

毛穴のケアも美白に大切

メイクをしっかり落とさなかったり基本のスキンケアを怠っていると、毛穴の中に汚れが詰まって開いてしまいます。一度開いた毛穴はなかなか元に戻らず、せっかくパックなどをして汚れを除去してもまたすぐに皮脂や汚れが詰まり、元通りになるのが問題です。

放置しているとそこから雑菌が繁殖してニキビや吹き出物ができたり、色素沈着が起こりシミの原因になります。美白化粧水はそんなトラブルを解決したり予防するためにも有効で、色素を分解したりメラニン色素が生成されるのを防ぐほか、毛穴を引き締めて肌色を明るくすることができます。

開いた毛穴は黒ずんだり影になって見えるので、ますます肌色が暗くなってしまい美白のためによくありません。美白化粧水を使えば少しずつ毛穴が引き締まって肌の表面が均一になるので、自然に色も白くなってように見えます。化粧水には毛穴を引き締めるためのコラーゲンやセラミドなどさまざまな成分が配合されているので、選ぶときに着目してみましょう。

毛穴の奥まで浸透して細胞を活性化させてくれるビタミンC誘導体やヒアルロン酸が入っているタイプもおすすめで、美白と同時にアンチエイジングにも役立って若々しい肌を保つことができます。

ふき取りタイプの化粧水のメリット

化粧水は保湿するのが一番の目的、という人は多いですが実は化粧水には他にもいろいろな効果があります。例えば古い角質ケアも化粧水で十分することが可能です。皮膚は常に生まれ変わっているので私たちの顔にはどんどん古い角質がたまっていきます。それをクレンジングや洗顔によって綺麗さっぱり落としているつもりでも、実は落ちきっていない部分もあるのです。

ふき取りタイプの化粧水では古い角質をスッキリ落としながらも保湿もすることが出来て、一石二鳥です。有名なアイテムとしては、クリニークの化粧水が人気でたくさんの人に愛用されています。コットンを使って皮膚に残った古い角質を落とすことで、肌全体がワントーン明るくなり、その後の乳液などの効果も倍増させることが出来ます。

よく、クレンジングや洗顔のしすぎは皮膚に必要な油分まで落としてしまう、と言いますがふき取りタイプの化粧水ならそのようなこともありません。ゴシゴシせずにコットンで優しく保湿すれば、肌への負担もなくメリットばかりです、古い角質があるとシミのように見えたり、肌全体が暗くくすんで見えがちです。美白を目指すなら、ふき取りタイプの化粧水を取り入れるのがおすすめです。

使ってみたい人気の美白化粧水

シミを消したり肌色を明るくしたり、エイジングケアから普段のスキンケアまで使える人気の美白化粧水TOP10を見てみましょう。第一位は資生堂の「HAKU」です。美白の憧れブランドで、高い効果が期待できます。

第二位はディセンシアの「サエル・ホワイトニングローション・クリアリスト」第三位は富士フイルム「アスタリフト・ブライトローション」第四位はアンプルールの「ラグジュアリーホワイトローションAOII」第五位はビーグレンの「QuSomeローション」で、いずれもメラニン色素を分解するための美白成分がたっぷり入っています。

第六位はファンケルの「ホワイトニング化粧液IIしっとり」第七位はオルビス「オルビスユー・ホワイトローション」、第八位はアクアレーベル「ホワイトアップローション」第九位はちふれの「美白化粧水W」第十位はコーセー「ヒアロチャージ薬用ホワイトローション」となっています。割とリーズナブルに手に入るタイプの美白化粧水なので初心者にもおすすめです。

どの化粧水もビタミンCやヒアルロン酸など美白に欠かせない基本の成分をベースにして、アルブチン、ハイドロキノン、セラミド、ハトムギエキス、トラネキサム酸、コラーゲンなどが使われていて、メラニン色素を分解したりシミを予防するための効果があるので自分に合ったものを探してみましょう。

美白化粧水をより効果的にするには

出来てしまったシミや将来の予防として、また肌全体を白くしたいために美白化粧水を利用する場合も多いことでしょう。そのような場合には、さらに効果的に肌の美白を促すために美白クリームを一緒に利用することもひとつの方法と言えます。

もちろん美白化粧水には、肌の色素沈着に対する有効成分が含まれておりそれだけでの効果もあるのですが、クリームを利用することでそれがより効果的に肌へ浸透する可能性が高くなるためです。化粧水とクリームは、まったく同じ効果を肌に与えるだけだと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、それぞれに肌に与える効果は異なっており、美白化粧水と美白クリームを同時に利用しても、同じものを繰り返しただけという効果だけにはなりません。肌は人によって異なりますし、必要とするケアも違っています。

そのため必ずしも美白化粧水とクリームを同時に使わなければならないということではなく、化粧水だけもしくはクリームだけを美白効果のあるものにし、他のものは別な効果を狙ったものを利用することも問題はありません。ですが、美白にポイントを絞って効果を狙う場合には、化粧水とクリームの両方を美白化粧水と美白クリームにすることで、相乗効果が狙えるため効果的と言えます。

美白化粧水と肌の管理

美白化粧水を使ってきれいな白い肌を手に入れたいと思っている人は、多いのではないのでしょうか。そのような人は、時間がある時にじっくりとお肌のお手入れをしてみると良いです。具体的にできるお肌のお手入れの方法は、コットンを使用することです。小さなサイズのコットンに美白化粧水をたっぷりと含ませます。美白化粧水を含ませたコットンを、肌の表面に置くようにします。

肌に置く時には、目元や口元を避けることが大事です。というのも、目元や口元は敏感な部分であるために、注意をしておく必要があるからです。コットンを使用する枚数については、それぞれの個人によって好みが異なっていますが、なるべく多く使った方が肌の表面をしっかりとカバーしやすくなります。

また、美白化粧水を含ませたコットンを使った後は、化粧水が乾燥してきたことに気が付いた時に、すぐに取り除くことが重要です。ずっとそのまま顔の上に置いておくと、肌に良い影響を与えることが難しくなってしまいます。

というのも、必要な肌の水分をコットンに吸い取られてしまう恐れがあるためです。美白化粧水をつけたコットンが乾燥したら、早めに取り除くと良いのです。また、丁寧にお肌のお手入れをすることも欠かせません。

紫外線にあたった日はどうすればよいか

紫外線はシミの一番大きな原因とも言われています。紫外線は夏場に一番多くなりますが、1年を通して出ていますので、出来れば毎日日焼け止めを使う事をお勧めします。美白化粧水も併用していきましょう。

美白成分としてアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体が配合されている美白化粧水は、メラニン色素を増やさないという事に効果があるのでシミを予防していくことにつながります。しかしそういったケアをしていてもシミが出来てしまうことが有ります。

特に紫外線に多く当たってしまったと思った時には、保湿ケアも行いましょう。美白化粧水も重要ですし、パックをしたりクリームまでしっかり使ったケアを行います。さらに、ビタミンCを多く取る事を心かげていきましょう。

ビタミンCにはターンオーバーに働きかける効果もありますし、内側からもアプローチしていく事でシミをできにくくすることが出来ます。もしなかなか十分な量を摂取できない場合には、サプリメントやドリンクなどのインナーコスメと言われているものを使っていく事もお勧めです。紫外線対策をしていても、多く紫外線を浴びてしまった時には保湿を心がける事と、ビタミンCをとるようにします。

美白化粧水を使うときの注意点

毎日のスキンケアで肌色を明るくしたりシミを消すことができる美白化粧水ですが、使う時にはいくつか注意するべきこともあるので知っておきましょう。まず、基本はあくまでも化粧水なので、どんなにしっとりしたタイプでも乳液やクリームの代用にはなりません。ステップを踏みながらほかのアイテムも使って保湿を怠らないようにすることできちんと美白ができます。

早くシミを消したいと思って大量につける人もいますが、必要以上に使っても美白効果はなく、つけすぎると逆に肌荒れを起こしたり後から使うコスメの成分が浸透できなくなってしまいます。焦る気持ちはあっても余分につけないようにして、適量を毎回洗顔後に優しく使いましょう。

濃いシミや範囲が広い部分は消すために化粧水をこすったり強く力を入れてしまいがちですが、これも肌に余計なダメージを与える原因になります。どうしても浸透させたいならコットンに美白化粧水を含ませて軽く肌に乗せるなど工夫をして、絶対にこすらないようにしましょう。

メイクや皮脂が肌に残っていると、せっかく化粧水をつけても毛穴が塞がっていて浸透しないので、最初のクレンジングや洗顔は念入りに行って肌の状態を整えることも大切です。

美白化粧水を使うポイント

美白ケアを行う方はふえています。透明感でシミの無いクリアな素肌は女性のあこがれでもありますし、お肌が綺麗な女性というのは男性からも清潔感があるとみられますし、好感度もとても高くなります。

ちなみに美白化粧水というのは、主にシミを予防する効果があると言われている成分が配合されているものです。代表的な成分には、アルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などが挙げられます。

これらの成分が含まれている美白化粧水を使うことで、紫外線を浴びたときにメラノサイトが刺激されてメラニン色素というシミの元が出来てしまいますが、それを増やさない効果が期待出来ます。あくまでも予防という事での効果です。

美白化粧水を使うだけではできてしまったシミを薄くしたり消したりするのは難しいと言われています。しかし、ハイドロキノンという成分には漂白作用が含まれているため、使い続けていく事でどんどん薄くしていく事も可能です。

使う時のポイントとして、白斑が出来る可能性がありますので、紫外線対策はきちんとしておく事です。日焼け止めを使ったり、ビタミンCを多く摂取するというのは効果的です。ハイドロキノンが含まれていない美白化粧水においても、同様のことが言えます。