美白を極めたいなら美白洗顔料にこだわろう!美白になる方法まとめ

世の中の美白ブームの影響で、陶器のように透明感のある白い肌に憧れるという女性はとても多くいらっしゃいます。ただどのようなスキンケアを行えば白い肌になるのか分からないという方も多いです。そもそも美白を極めたい場合、美白洗顔料にこだわる必要があります。

その理由は、洗顔料を使う事で日焼け・間違ったスキンケアで溜まったシミの元となるメラニンを除去できる上にターンオーバーの乱れで溜まった古い角質・角栓をきちんと取り除けるからです。そのため、美しい肌に生まれ変われるというわけです。

そこで、ここからは初めて美白洗顔料を使うという方の為に、効果的な洗顔料の選び方、美白になるためのケア方法などについて紹介していきます。

美白を保つ洗顔ケア

年齢を重ねると肌のくすみが目立ちやすくなり、透明感を取り戻したいと美白化粧品を活用している方は少なくありません。しかし肌のくすみの原因は肌表面に蓄積している古い角質やシミなので、肌のターンオーバーを正常に戻してきれいな素肌を取り戻すためにも、スキンケアの基本である洗顔に力を入れてケアを行う必要があります。

洗顔を行う際に多くの方は洗浄力の高い物を選びがちですが、洗浄力が高すぎると肌の潤いが不足してしまい、結果過剰に皮脂が分泌されて毛穴の黒ずみになったり、肌のゴワつきにつながります。

そのため年齢を重ねた肌には、低刺激タイプを選び泡立てネットを利用して濃密な泡を作り、指ではなく泡で顔全体を綺麗に洗うことを心がけることが重要になります。肌表面の古い角質がきちんと落とすことができれば、その後に美白化粧品を利用して肌内部に美容成分を補給する場合に、通常よりも角質層まで美容成分が浸透しやすくなります。

美白ケアを行うためにも、毎日の洗顔やクレンジングを正しく行い、肌のコンディションやターンオーバーを正常に戻す意識を常に持つことが重要となるため、ゴシゴシ洗わずに優しく丁寧にケアを行うことをおすすめします。

美白に効果がある洗顔

洗顔でお肌のくすみやシミなどを解消したいけれど自分にあった方法がわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。お肌のくすみやシミなど、トーンが下がる原因でもある色素沈着とターンオーバーについては、美白を意識して洗顔することで改善が可能になります。蓄積されたメラニンや古い角質を取り除くことで効果があるのです。

強い紫外線を浴びてメラニン色素が過剰に増えたり、肌に刺激が多い間違ったスキンケアを続けることでメラニンが溜まり、色素沈着が起こります。肌の新陳代謝が衰えると色素沈着が残ってしまい、シミなどの原因になってしまいます。

また、古い角質や角栓も肌の生まれ変わりであるターンオーバーがうまく行われないと、くすみや黒ずみになってしまいます。溜まった古い角質や角栓を正しい方法で除去することで美白に効果があります。

それではどうすれば洗顔で美白が可能になるのでしょうか。くすみや黒ずみの大きな原因である角栓を分解する洗浄力があるものを選んだり、肌表面の古い角質を取り除いて新陳代謝を促すピーリング洗顔が美白には効果的です。肌への負担や刺激を少なくして、蓄積されたメラニンや古い角質・角栓をしっかり取り除ける洗顔が美白につながる方法なのです。

色素沈着は美白にとっては大きな敵です

色素沈着は、肌が刺激されたことにより表皮にあった色素細胞から必要以上にメラニン色素が多く分泌された結果、表皮や真皮に沈着してしまうことが原因であらわれてきます。紫外線を不断に浴び続けたり、肌の生まれ変わりがまともに行われなかったりした場合に、跡がそのまま残り、色素沈着となって消滅しにくくなることがあるのです。

敏感な肌状態では、ニキビや肌荒れが非常に起こりやすくなります。少しでも早く元の状態に戻ってほしいと望むのですが、実際には決して簡単には解決する問題ではありません。女性の場合、化粧やオシャレをする上でのモチベーションが下がってしまうことが多いようです。

まずは敏感肌対策から着手するのが適切です。色素沈着にストップをかけるためには、健康的な肌作りと、そして紫外線対策の二つをしっかりと行わなければなりません。洗顔を丹念に行うのはもちろん、低刺激のスキンケア製品を使うこと、またメラニンを排出しやすくする美白に血行促進効果をプラスした低刺激スキンケア製品を使用するのが大事です。

さらに外出するときは、日焼け止めを塗って、汗をかいたらあらためて塗り直すようにします。サングラスや帽子といったアイテムも使って、効果的な紫外線対策を行うことがポイントです。

美白肌を維持するために必要な事

美白肌を維持するためには、効果のある洗顔料を選んで使い続ける必要があります。ですがそもそも美白肌を手に入れるには、肌のトーンが下がる根本原因であるターンオーバーの乱れにきちんと対処しなければなりません。

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、くすみが生じやすくなるので厄介です。しかも女性の肌は繊細なので、美しさを維持するには肌に悪影響を与えない様に注意する必要があります。肌のターンオーバーが乱れる要因は様々存在していますが、特に大きいのが生活習慣の乱れです。

現代女性は男性顔負けで忙しく働く人が珍しくないので、寝不足で疲労が蓄積している人が少なくありません。寝不足による疲労の蓄積は肌に悪影響を与える大きな要因なので、改善する必要があります。同様に夜更かしも肌に悪影響を及ぼすので出来るだけ避けて、規則正しい生活を送る様に心掛けるべきです。

美白肌を手に入れ維持するには、ストレスを溜め込まない様に注意する必要があります。仕事や私生活でストレスを溜め込んだままにしていると、ターンオーバーに乱れが生じるのでストレスは溜め込まない様に気分転換をはかるべきです。他にも偏った食事を摂り続けているとターンオーバーに乱れが生じるので、栄養バランスを考慮した食生活に改善する必要があります。

乾燥対策をして美白を目指そう

お肌のトーンが暗くなるのにはいくつか原因があり、紫外線を浴びすぎた日焼けや血行不良また古い角質が溜まっているからということ以外に、乾燥も肌をくすませる大きな原因のひとつとなります。そのため美白を目指すなら肌が乾燥しない生活をすることや正しい洗顔方法も重要になってきます。

肌がカサカサし、つっぱる乾燥肌の症状は、肌の水分や油分が減ってしまうことによって起こります。エアコンや季節によって乾燥する空気や紫外線・加齢もその原因になりますが、間違った洗顔とスキンケアのほか生活習慣が乱れることでも乾燥肌になることがあります。美白のために肌の潤いを保ち、乾燥しないように生活や洗顔・スキンケア方法を見直すのがおすすめです。

外出するときにはUV効果のある化粧品やマスクを、部屋では加湿器を使うのも良いでしょう。また十分な睡眠を取り、ストレスを溜めないようにします。

また乾燥肌にならない美白を目指せる洗顔方法に重要なのは、ぬるま湯を使うことと擦らないこと。熱湯や冷水は使わず温いお湯を使い、洗顔料はネットを使ってモコモコに泡立てます。泡が触れるのみのタッチで擦らず洗い、ぬるま湯でしっかり洗い流したら、擦らないように清潔なタオルで水気を吸い取らせましょう。

血行不良の原因は「血管の老化にあり」

血行不良はお肌の健康の大敵です。肌のくすみ・クマの原因となっている場合があります。

血行不良の原因は「血管の老化」にあります。運動不足や、不規則な食事、身体を冷やしているなどが原因で血管は老化し弾力性が失われ、スムーズに血液が流れなくなってしまいます。さらに脂質が多いなど、偏った質の悪い食事生活を続けてると血液はドロドロになり、ますます血行不良が進行してしまいます。

血行不良の改善には、生活習慣の見直しが大切です。栄養の偏らない食事を規則的にとること、定期的な運動はもちろん効果的です。もっと手軽に改善を行いたい!という方には半身浴や蒸しタオルを使った方法がおすすめです。

半身浴は、血液やリンパの流れを良くし、代謝アップの効果も期待でき、血行不良の改善にとても効果的です。半身浴の方法は、37度前後のお湯にお腹あたりまでつかります。30分以上入浴することが大切ですので、本を読んだり、お気に入りの音楽をかけるなど、リラックスしてゆっくりと時間を過ごしてください。

蒸しタオルによる方法は、顔のくすみ・クマに対して効果的な改善法です。蒸しタオルは電子レンジを使うことで簡単につくることができます。水を固く絞ったタオルを用意し、電子レンジで1分間ほど加熱すれば完成です。このタオルを数分間、顔にのせて使用します。タオルが冷めたと感じたら、終了となります。

お米のとぎ汁には「多くの美容成分あり」

お米のとぎ汁洗顔は、少し引いてしまう洗顔方法ですが、その効果はかなりのもの。是非とも一度体験してみてほしい洗顔法です。

お米のとぎ汁には「ビタミンE、ビタミンB1・B2、セラミド、ミネラル」など美容効果の高い多くの成分が含まれています。ビタミンEは、抗酸化作用があるため肌に悪い活性酸素を防ぎ、肌荒れ改善・血流が良くなり、くすみ対策に有効です。

ビタミンB1は糖質を燃やしてくれ、エネルギーに変換する成分。ビタミンB2は、皮膚の保護や再生・維持する機能を持ちます。ミネラルは肌の調子を上げてくれますし、セラミドは保湿には欠かせない成分です。

さらにお米のとぎ汁には、お米の微粒子によって古い角質を取り除く「ピーリング効果」があるともいわれています。洗顔に使用するとぎ汁は、「しっかりといだ」とぎ汁を使います。表面のゴミなどを洗い流すため、最初の数回はサッと洗い流すよう簡単にとぎます。次に、お米同士が軽くこすれる程度に力をいれて数分間とぎます。このとぎ汁を別の器などに取り出して使用します。

とぎ汁はそのままではなく、ぬるま湯を入れて「温度を上げる」「薄めて」使用します。また洗うときは力を入れすぎて肌を傷つけないよう、軽くなでるような感じで行うことが大切です。

美白になるための洗顔料

美白に効果的なものには酵素洗顔とピーリング洗顔の2種類あります。肌のくすみや黒ずみで肌のトーンが下がってしまう原因は、毛穴に角栓が詰まってしまうことが考えられます。酵素洗顔は、この角栓を分解する働きがあります。酵素の配合濃度によって自分の肌質に合った洗浄力を選ぶことが可能です。

肌質の弱い人でも自分に合ったものを選び毎日使用することができる特徴があります。肌の弱い人は、特に気になる部分にのみ使用するといった方法でも効果を得ることができます。

また、ピーリング洗顔は、表皮の古い角質を剥がして肌の新陳代謝を促す効果があります。ピーリングは肌の角質を取り除くので肌に少し負担を与えてしまいますが、肌のトーンを明るくしたり、毛穴の引き締め、ニキビの改善に効果的です。角栓が目立ち肌のごわつきが気になる人や1回で毛穴をすっきりさせたい人にはおすすめです。

ピーリングの成分には様々ありますが、AHAと呼ばれるフルーツ酸は低刺激で効果も抜群です。乾燥肌や敏感肌向けのマイルドなタイプのものもあるので、肌質に合わせて選ぶことがポイントです。

酵素・ピーリング洗顔のどちらも肌を明るくする美白の効果が期待できますが、乾燥をまねいてしまいがちなケアでもあります。十分な保湿効果のある成分の含まれたタイプのものを選ぶことが大切です。

美白洗顔を実行する利点と注意点

美白になるための洗顔法は幾つかありますが、酵素洗顔もその内の1つです。顔に黒ずみやくすみが生じる原因の多くは、毛穴に詰まった角栓だったりします。そんな厄介な角栓は酵素により分解する事が出来るので酵素洗顔を行う事により、気になる黒ずみやくすみを改善する効果が得る事が可能です。

しかも酵素の配合濃度を変える事により、自分の肌に合う洗浄力を選ぶ事も出来ます。お陰でデリケートな肌を持つ人が美白肌を目指す事も出来るといった点も、魅力的です。しかも色合いだけでなく、肌のざらつきを改善してすべすべにする効果も期待出来ます。

そんな酵素洗顔ですが、デメリットと言うべき注意点も存在しています。角栓を綺麗に洗い落とそうと酵素濃度を高くし過ぎたり洗い過ぎたりすると、肌にダメージを負わせる危険性がある事です。具体的には肌に不要な角栓や角質だけでなく、必要なタンパク質まで洗い落としてしまいます。その結果、肌の水分量が不足する事態を招く恐れがあるので注意が必要です。

肌の水分量が不足すると、皮脂が過剰に分泌される様になります。お陰で肌がテカテカしたり多過ぎる皮脂の影響で美白効果を得るつもりが逆に黒ずみを助長させるケースもあるので、酵素濃度を高くし過ぎたり洗顔を過剰に行うのは避けるべきです。

美白になるための洗顔

美白になるためには正しい洗顔方法や洗顔料を選ばなければなりません。まず正しい方法ですが、一番はじめに手を清潔にします。手はきれいに見えても雑菌が付いています。その手のままだと洗顔料の泡立ちが悪くなってしまいます。次に30度ぐらいのぬるま湯を使用して顔を2回から3回素洗いして肌を温めます。

そうする事で毛穴が開き皮膚についている汚れが落ちやすくなります。その後洗顔料をしっかり泡立てます。これは美白のための重要なポイントでもあります。泡立ちが弱いと肌への摩擦が大きくなり毛穴を広げてしまったり、汚れが落ちにくかったりします。十分に泡立ったら皮脂の多い額と鼻の部分から洗います。

泡を顔に乗せたら、顔と手の間には常に泡がある状態にして優しい力で泡を回すようにしながら洗います。ここで力任せにゴシゴシと洗ってしまわないように気を付けましょう。すすぎ残しがないように30度ぐらいのぬるま湯で30回以上すすぎます。

柔らかいタオルで優しく拭き取ったら、3分以内に保湿をするようにしてください。美白になるためには気をつけなければならないことが多くあります。また酵素洗顔は毛穴の詰まりやくすみ、ニキビなどが気になる方が行うと良いでしょう。

ピーリング石鹸の利点と欠点

きちんとスキンケアをしているのに肌がごわごわするという人や、肌がくすんでいたり毛穴の開きが気になるという人はピーリング洗顔がおすすめです。ピーリング石鹸とはフルーツ酸が含まれている石鹸のことを指しますが、メリットは普段の洗顔と同じように使うだけで古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを正常に戻す効果を得ることができます。

特に難しく考えなくてもいつも通りに洗顔を行えばよいので、手軽に角質を取り除くことができますし、ピーリングスクラブのように刺激も強くないのでピーリングをするのが初めてという人にも向いています。ピーリング石鹸の価格も1000円から3000円と幅はありますが、石鹸ひとつとしての値段は高くてもエステでピーリングを受けることを考えれば安価であることも魅力です。

反対にピーリング石鹸のデメリットは保湿効果に劣るといった点です。もともと古い角質を取り除くことが目的なので保湿効果は期待しないほうがよいでしょう。特に敏感肌の方や乾燥肌の人はピーリング石鹸を使ったあとにしっかりと保湿を行わなければ肌トラブルを招いてしまう恐れがあるので、ピーリング石鹸で角質を落としたあとは十分な保湿を心掛けましょう。

美白効果のあるピーリング洗顔が向く人

肌がくすんでトーンが暗くなったように感じるときにピーリング洗顔をしてみると、肌表面に蓄積された古い角質を一回でスッキリと取り除くことができるため、一度で肌が明るくなる美白効果を感じられることが少なくありません。また角質や角栓が取り除かれるためピーリング洗顔をした洗い上がりの肌が柔らかくスベスベになるのも感じられるでしょう。

角栓が目立つ人や以前より肌が硬くなったという悩みがある人には即効性を感じられる美白方法ですが、それだけに肌への負担もあるためやりすぎは禁物です。肌の弱い人の場合は特に注意が必要です。しかしいくつものタイプの美白ピーリング洗顔料が売られていて使い方にも違いがありますが、洗い流すタイプの製品であれば肌への負担も比較的少ないので美白に使いやすいでしょう。

ピーリング洗顔をすると古い角質や角栓をとりのぞくことができるため、肌のトーンを明るくする美白効果を期待する人やシミ・シワの改善をしたい人に向いていますが、油脂肌で毛穴やニキビの悩みを持っている人にも改善が期待できることがあります。

どの肌タイプの場合でもピーリング洗顔をした後は、表面の角質が取れて柔らかくなった肌を保護するよう化粧水や美容液を使い肌を十分保湿するのが大事です。

洗顔料ランキングサイトがあります

色々なメーカーから膨大な数が販売されている美白効果がある洗顔料の中から、最もコストパフォーマンスのいい商品や利用者からの評価が高い商品を選びたいという方に推奨できるのが、美白にきくおすすめ洗顔料ランキングをまとめているブログやホームページです。

実際の利用者がランク付けしている場合が多く、上位に位置している洗顔料を使えば高確率で美白効果やターンオーバーの乱れの除去効果などが得られるようになっています。ドラッグストアや百貨店で店員さんに商品ごとの説明を受けるのより、圧倒的に短時間で分かりやすく人気と実績の両方を持っている商品がどれなのかが分かるものと認識しておいて構わないでしょう。

口コミ形式で実際の購入者や愛用者の声が確認できるといった洗顔料ランキングサイトも存在しています。べた付かないかどうかや皮膚トラブルが発生しないか、アレルギーを持っている人間でも安心して利用できるかなどが口コミからも調べられるようになっていますので大変便利だと言えます。

商品のリサーチだけでなく商品の販売先ウェブサイトのリンクが張られているようなブログやホームページもありますので、そのまま商品を購入することも検討してみてください。

正しい洗顔には「こすらないこと」が大事

どんなに優れた洗顔料を使っても、正しい洗顔方法を行わなければその効果も半減してしまいます。「顔をつよく擦る、時間をかけすぎる」などの方法は、必要以上に肌を傷つけたり、本来肌に必要な成分まで洗い流してしまうことがあります。正しい洗顔手順を身につけることはとても大切です。

「正しい洗顔手順」では、まず手を十分に洗い汚れをおとしてから、30~35度程度の「ぬるま湯」だけを使った素洗いを行います。熱すぎても冷たすぎでも肌にはよくありません。洗顔料を手に取り、まず手の中で泡立てます。ふっくらとしたきめ細かな泡を作るのが理想的です。泡立てネットなどのグッズがあると簡単に泡立てが行えるため、おすすめです。

おでこ・ほほ・まぶた・鼻・口に泡を乗せ洗っていきます。大切なのは「顔をこすらない」ことです。泡が汚れを吸着してくれるのでこする必要はありません。泡を広げるような感覚で、やさしく洗いましょう。

ぬるま湯を使って、泡を洗い流します。ここでも顔はこすらず、お湯をかけるような感じで洗いましょう。泡の洗い残しがないように注意が必要です。肌荒れの原因となります。清潔なタオルを使い、やさしく抑える感じで水分をふき取ります。ここでもタオルでゴシゴシとこするように拭かないようにしましょう。「肌をこする」のどの段階であってもNGです。

美白のための洗顔で気を付けたいこと

美白のために良いと思っていた洗顔が逆効果である可能性をもたらす落とし穴、それは意外なところにあります。まず美白洗顔料をたっぷりと泡立てて使用することは決して間違いではありませんが、泡立てすぎに注意する必要があるのです。泡立ちが良いイコール界面活性剤が多く使用されていることをまず把握します。

近年の泡洗顔ブームで、手のひらから溢れるほどの量の泡で洗顔することが良いというイメージがありますが、実際に豊富な泡が美白の願いをかなえてくれる訳ではないのです。泡はあくまでもお肌との摩擦を防いでくれる役割を果たすだけですので、過剰な量の泡は必要ありません。理想的な泡洗顔の泡の量はレモン1個分が目安となります。

泡の量を重要視するあまり、泡立ちが悪いかと使用量を増やしてしまうと肌負担のリスクも無視できません。それほどお顔を洗うのに泡が必要ではないという認識を持つことが美白のケアにおいても大切です。

お肌を指で擦らないように気を付けながら優しく泡を転がしていき、最後はすすぎの残しがないように十分にお顔をすすいで正しいケア方法を行ってください。毎日行うことで意外な間違いに気づくことが美白へと近づく第一歩になります。