美白・美容ケアなら薬用で安心!売れ筋やニキビ赤み対策について

たくさんの美白化粧品が売られている中で、信頼できるものってどんなものですか?薬用承認が認められた薬用美白化粧品について、売れ筋の美白化粧品について、ニキビ跡の赤みについての情報をまとめました。

薬用美白化粧品で白いお肌を目指す

シミを防いだり、お肌のトーンをアップさせる作用のある美白成分には様々な種類のものがありますが、確実な効果を求めるのであれば薬用美白化粧品でのケアがおすすめです。薬用化粧品とは、医薬品ほどの高い効果ではないものの、厚生労働省により緩やかに効果を発揮すると認められている有効成分が製品に一定濃度配合されている化粧品のことで、医薬部外品とも呼ばれます。

具体的にどのような成分があるかというと、ビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスなどが挙げられます。ビタミンC誘導体はビタミンCを安定化させて肌への浸透を高めた成分であり、シミや肌の黒化の原因となるメラニン色素の生成を抑え、また排出を促進するという効果があります。

即効性はなく、長期的に使用することで徐々に効果を現しますが、肌への刺激性もなくまた抗酸化作用が高いため、肌荒れ予防としても有効な成分です。アルブチンは非常に多くの化粧品に使われている成分で、特にαアルブチンと呼ばれるタイプのアルブチンは高い美白効果があり、ワンランク上の美白ケアにおすすめの成分です。

プラセンタエキスは豚などの胎盤からとれる成分で、アミノ酸などを豊富に含み、美白以外にも肌の若返り効果も期待されますので、アンチエイジング対策としても用いることも可能です。

美白効果がある美容成分

美白効果がある美容成分はさまざまあります。有名な成分のハイドロキノンは、お肌の漂白剤ともいわるほど美白効果が高い成分になります。ハイドロキノンはシミの原因になるチロシナーゼの活性化を抑制する働きがあるので、シミやそばかすの発症を抑えることができます。

ハイドロキノンの重要な作用のひとつに、すでにできてしまっているシミを薄くする効果があります。効果が高い高濃度のハイドロキノンの美容クリームなどは、皮膚科などの医療機関で処方してもうことができます。ビタミンC誘導体も美白効果が高い成分になります。

ビタミンC誘導体は肌の奥にまで浸透していくことができるので、メラニンの生成を抑制させることができます。トランサミンは肝斑に効果があるお薬になります。肝斑ができる原因のプラスミンを抑える効果があり、メラノサイトの活性化をブロックさせるので肝斑の発症を抑える効果があります。トランサミンはビタミン剤と一緒に服用するとより効果を発揮することができます。

エラグ酸は化粧品などに配合されていることが多い美白成分になります。抗酸化作用があってチロシナーゼの働きを抑える働きがありシミやそばかすを抑制させる効果があります。美白成分はいろいろあるので、自分に合ったものを選ぶようにすることが重要になります。

美白化粧品で売れ筋のもの

美白化粧品の中でも、ドクターズコスメは人気となっています。ドクターズコスメは、医師が製品の監修を行っているため、美白に効果的な成分が豊富に含まれているのです。肌に対して働きかける成分を含んでいれば、お肌に付けたときの効果も高くなってくるでしょう。

ドクターズコスメの中には、ビタミンC誘導体が含まれているものも多くなっており、シミやそばかす、ニキビ跡などの様々な色素沈着を改善しやすくなってきます。ドクターズコスメを利用することで、色素沈着が悪化している方のお肌も改善しやすくなるでしょう。

ドクターズコスメについては、肌に働きかけられる成分が多く含まれていますので、毎日使うことでお肌の状態も改善しやすくなってきます。お肌のケアを行っても、効果を感じることが出来なかった方で、売れ筋のドクターズコスメを手に入れることでお肌の健康を守れるようになりますし、肌に負担なく美白効果を得ることが出来るのです。

美白化粧品の中でも、売れ筋のものを手に入れたいと考えたときには、ドクターズコスメに注目してみるとよいでしょう。ドクターズコスメを購入すれば、肌の色素沈着を改善しやすくなりますし、確かな効果を得ることもできます。

ニキビ跡の赤みを改善して美白になる

ニキビが炎症を起こすと、赤みがある跡が残ってしまう事があります。この状態の内にケアをしておかないと、色素沈着を起こして「しみ」の原因になります。早い内に跡を取り除き、美白の肌を目指しましょう。
赤みのあるニキビ跡は、毛細血管が破裂して血液が漏れてしまった状態です。

このまま紫外線を浴びると、生成されたメラニン色素によって色素沈着を起こしてしまいます。ニキビ跡を改善するためには、「紫外線を防ぐ」「炎症を抑える」「肌の新陳代謝を高める」という事が必要となります。

紫外線を防ぐのに役立つ成分は、美白成分です。美白成分の多くは、メラニン色素の生成を抑える働きを持っています。あまり刺激のない成分を選んだ方が、炎症を起こして敏感になっている肌には向いています。「アルブチン」や「プラセンタ」は、低刺激で安全性も高いです。

炎症を起こした肌は、新たな肌トラブルを招きやすくなっています。なるべく早く炎症を抑えましょう。「サリチル酸」には殺菌作用があり、炎症を鎮める効果があります。跡が残ってしまった部分を元の肌に戻すには、新陳代謝を高めて古い肌細胞を排出する事が重要です。保湿効果の高い成分である「ヒアルロン酸」や「セラミド」などが配合されている化粧品を選び、新陳代謝を活発にさせましょう。