美肌には角質ケアが必須!拭き取り化粧水で簡単にお手入れしよう

昨今、女性の間で拭き取り化粧水が美肌ケアに欠かせないアイテムとして注目されています。そもそも拭き取り化粧水とは、化粧水の前に使用するプレ化粧水のことです。ケアに取り入れる事で、洗顔だけでは落としきれなかった毛穴の汚れをしっかり除去できる上に、皮膚の硬くなった角質を柔らかくする作用もあります。

つまり、その後の化粧水を浸透させやすくできるので美容効果が高いアイテムと言えます。拭き取り化粧水のことをまだ知らない人が多いですが、ドラッグストアではたくさんの種類が販売されています。

そこで、ここからは興味がある人に自分に合った拭き取り化粧水の選び方、効果的なケア方法、注意点などについて詳しく説明していきます。

拭き取り化粧水がスキンケアに必要な理由

肌は28日周期でターンオーバーを繰り返していますが、何らかの原因でそのサイクルが狂った場合、くすみやニキビなどの肌トラブルになるケースがあります。拭き取り化粧水は余分な角質はメイク落としでは落とすことのできない汚れを除去してくれる役割がありますので、日頃のお手入れにプラスすることでクリアでくすみのない肌に導くことが出来ます。

拭き取り化粧水は、リーズナブルなもので1000円以下で購入することができます。安いもので試してみてから肌に合っているようであればそれを使い続けても良いですし、いくつかの製品を試してみるのもおすすめです。

拭き取り化粧水では汚れだけでなく余分な角質も除去することが出来ます。そのため、使い続けていると美容液やクリームなどの浸透を補助してくれる役割も期待できます。

角質や汚れがたまった状態の肌では美容成分も浸透しにくくなりますが、拭き取り化粧水でしっかりと余分な角質や汚れをふき取った後で美容成分が配合された美容液やクリームなどを塗ることで、美容成分が肌に届きやすくなるメリットがあります。ふき取り化粧水は敏感肌の人の場合、強くこすると肌にダメージが起きやすくなりますので、優しくふき取るのがポイントです。

拭き取り化粧水はプレとして使う

様々なコスメがあり、スキンケアで何を使うかというのを選択していく事も重要な事です。基礎化粧品の中で、拭き取り化粧水というものがあります。通常の化粧水はコットンを使ってパッティングしながら使うか、手にのせてお肌につけていきますが、拭き取り化粧水はコットンにしみこませてふき取りながら使うという特徴が有ります

。強くこすってしまいますとお肌に負担が掛かりますが、優しくふきとるようになでるように古い角質なども一緒にとる感覚で使っていきます。しかし拭き取り化粧水にはうるおいを浸透させると言った効果はほとんどなく、どちらかというとその後に使う化粧品の効果を高めると言った効果が期待できるものです。

そのため、潤い成分がしっかり配合されているものをその後に必ず使うようにしましょう。中には化粧水のみでお手入れを終わらせてしまう方もいますが、油分がふくまれていないため蒸発してしまい乾燥しやすい状態になります。

拭き取り化粧水を使った後にできれば保湿効果のある化粧水を使い、続いて乳液やクリームで潤いを閉じ込めていきましょう。間に美容液を入れるとさらに効果が高まります。目的に応じて保湿や美白などの成分を選んでいくと良いでしょう。

拭き取り化粧水で毛穴の汚れを除去

洗顔やクレンジングをきちんと行っているつもりでも、毛穴の中に入り込んだ皮脂汚れやメイク汚れは落としきれていない方は少なくないため、毛穴の中に汚れが蓄積することで肌のザラつきや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

そこで毛穴汚れを綺麗にする方法として、おすすめなのが拭き取り化粧水を利用する方法です。拭き取り化粧水には肌の角質を柔らかく整える成分が配合されているので、小鼻など黒ずみが特に目立つ部位に拭き取り化粧水をたっぷりコットンに含ませて、コットンを押し当てて約10秒ほどおいたら擦らないように優しく拭き取るだけで、毛穴の汚れをスルッと落とすことができるメリットがあります。

肌のザラつきが気になる時に使用することで、肌表面の古い角質を除去して肌のターンオーバー機能を正常にすることができるので、スキンケアを行う際にも保湿成分や美容成分を肌内部まで浸透させやすくするので、ふっくらとして弾力のある素肌に整えることが出来ます。

ただ頻繁に拭き取り化粧水を利用すると、肌の表面の角質を取りすぎてしまう恐れがあるので肌の乾燥が進行しやすくなります。そのため間隔を空けてお手入れを行うようにすることが重要です。

拭き取り化粧水がおすすめな方

拭き取り化粧水はその名前からも分かる通り拭き取って使用する化粧水です。メイクや肌の状態によってはクレンジングを使用しても完全には落とせないことがあります。角栓や毛穴の汚れが残った状態を続けるとそれが肌トラブルの原因となってしまうことも珍しくありません。

また、翌日のメイクをその状態の上から行うことで化粧のりが悪くなったり、肌トラブルを悪化させてしまったりすることもあります。そこで拭き取り化粧水を使用して角栓や毛穴の詰まりを除去することは非常に重要であると言えます。

拭き取り化粧水を使用するとスキンケアの浸透力を高めることが出来ます。古い角質や毛穴の汚れが残っているとそれがスキンケアの浸透を妨げてしまうからです。拭き取り化粧水を使用することでスキンケアの通りを良くすることが出来ます。

そのため、自分にとって重要なスキンケア用品を使用しているという方には特におすすめです。拭き取り化粧水にはその性質上、たくさんの保湿成分が使われていないこともあります。しかし、拭き取りを行った後に保湿成分を含む通常の化粧水を使用することで保湿効果を高めることもできます。その後に使用するものを含めた選択が重要と言えます。

拭き取り化粧水の選び方

拭き取り化粧水はその名前からもわかる通り、肌をふき取るように使用します。主な目的としてはクレンジングや洗顔で落としきれなかったメイクや毛穴の汚れ、角質などを取り除くことが挙げられます。他にも軽めのメイクを落とせるものもあるようです。

自分が拭き取り化粧水を使用するにあたって何が目的なのかを明白にしておくことをお勧めします。基本的には洗顔後の肌に使用するものが多いのも特徴です。

拭き取り化粧水は毛穴の汚れなどを落とすために使用されるため、洗浄力に関して1つのポイントがあります。洗浄力が低いと拭き取り化粧水を使用するメリットが薄れてしまうこともあるからです。とはいえ、拭き取り化粧水はその性質上、保湿成分があまり含まれていません。そのため、洗浄力が強すぎると肌に必要な成分まで落としてしまうこともあります。

特に乾燥しやすい方は保湿成分の含まれているものがおすすめです。ただし、拭き取りを行った後で保湿成分の多い通常の化粧水を使用することでこのデメリットはある程度抑えることができます。どういった成分が含まれているのかについては肌とのマッチングがあるので、自分に合うものを見つけるまでは色々と試してみるという方法もあります。

安心して拭き取り化粧水を使いたい

乾燥肌・敏感肌の人は、必ず保湿成分が含まれている物を使うようにしましょう。では、どんな成分が入っている物を使うと良いのでしょうか。まずヒアルロン酸ですが、もともと体内にある成分で年齢とともに不足していきます。角質層の水分量を高めながら高保水効果でキメをふっくらとさせる効果があります。エイジングケアでもよく聞かれるセラミドは、水分を保持する力があります。

乾燥する肌を守るために大切な保湿成分ですが、セラミドも年齢とともに減少していきます。食べ物にも含まれているコラーゲンは普段から意識して摂取している方もいるのではないのでしょうか。ハリや弾力を保ってくれる働きがありますが、真皮と呼ばれる肌の奥に存在するため食べ物から摂っても肌に塗っても真皮のコラーゲンが補われるというわけではありません。

角質内で水分をキープする保湿成分として働いてくれます。保湿成分が含まれているだけでなく、肌に負担をかける原因となる成分を避けて使うことも大切です。アルコールは、殺菌作用や消臭作用があり、落としきれていないクレンジングや皮脂、汚れを拭い去ることができます。

アルコールには肌表面の水分を奪ってしまう可能性があるため乾燥肌・敏感肌でお悩みの方は注意が必要です。界面活性剤が含まれている場合、汚れを落とすことに効果があっても肌を荒らしてしまう可能性があります。肌に刺激がある成分を極力避けながら、保湿成分が含まれている拭き取り化粧水を選びましょう。心配な場合はパッチ・テストを行ってから使うと安心できます。

拭き取り化粧水の選び方

肌を健やかに保つためには化粧水が欠かせません。化粧水は薬局やドラッグストアなどでも販売されており、手軽に購入できるスキンケア用品です。一口で化粧水といってもいろいろな種類がありますし、どれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。種類によって効果が異なってくるため、悩みに合わせたものを選ぶようにしましょう。

拭き取り化粧水は化粧水の一種なのですが、スキンケアの一番最初に使う一般的な化粧水とは異なる効果があります。薄い化粧を落とす効果やクレンジング後の化粧の残留を防ぐなどの効果があります。汚れの除去やピーリング効果、洗顔などの役割もありますし、目的に合わせて選んでいくことがポイントです。

プチプラの拭き取り化粧水を選ぶ場合、値段の安さだけでなく配合されている成分や効果などもきちんと確認しておきましょう。配合されている成分によっては肌への刺激が強いこともありますし、敏感肌の人や肌が弱い人などは注意が必要です。

値段が安すぎるものだと添加物などを多く浸かっていることもあります。添加物が多いと肌への刺激が大きくなることはもちろん、化粧水としての効果も実感しにくくなるでしょう。また、口コミで評判が良いかどうかも大切なポイントです。

初めて使用するときには

拭き取り化粧水は保湿や潤いを与える目的の化粧水と違い、肌に残った汚れや角質を取り除いてくれるものなので肌に負担がかかります。ですので初めて拭き取り化粧水を使用してみようと思っている方は美容成分が配合されているものや低刺激タイプのものがおすすめです。拭き取り化粧水に配合されている成分にはAHA酸やアルコールなどがあります。

AHA酸は角質を除去したり、肌のターンオーバーを整える作用があり、アルコールにはべたつく肌をスッキリさせる効果がありますが肌の乾燥を招きやすかったり肌トラブルの原因となることもありますので、初めて使用するときにはこれらの成分の含有量が少ないものを選ぶといいです。

またヒアルロン酸には肌の潤いを保つのに効果のある成分ですので、ヒアルロン酸などの保湿成分が入っているものを選ぶといいです。アルコールは乾燥肌や敏感肌の方には肌トラブルの原因になることがありますが、殺菌効果やベタつきを抑える効果がありますので、脂性肌の方はアルコール入りのものを選ぶことで肌をスッキリさせることができます。

拭き取り化粧水はさまざまなメリットがありますが皮脂を取りすぎることもありますので、初めて使用するときには低刺激タイプのものから使ってみることをおすすめします。

拭き取り化粧水で角質ケア

古い角質を落としきれないでいると、ニキビやくすみの原因になってしまいます。そんなお肌のトラブルを解消するのが、拭き取り化粧水を使った角質ケアです。

拭き取り化粧水で余分な角質を取り除くことにより、ニキビができにくくなったりくすみが取れて顔色も明るくなります。使用するコットン選びはとても重要、やわらかく毛羽立ちにくい封入タイプのものを使用することをおすすめします。

端を加工していないカットコットンは経済的ですが、毛羽立ちやすいのが難点です。貼り合わせたものをはがしながら使うセパレートコットンは、汚れたら新しい面に替えられて便利ですが、カットコットン同様使用するときは繊維が残らないよう気をつけましょう。

サイドシールド、ラウンドシールドなど両端または四方を貼り合わせたコットンだと、繊維残りもなく型くずれしにくいのでおすすめです。

不織布で挟んでいるため、敏感肌の方によっては肌に合わないこともあります。そんなときは、未漂白で肌に優しいオーガニックコットンを使用することをおすすめします。拭き取り化粧水をたっぷり含ませるため、選ぶのは厚手のものが良いです。手に力を入れず、肌のうえを優しく滑らせるように拭き取ります。

拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水を通常の化粧水のように使用している方は多いですが、使用方法はまったく異なるため人によっては、拭き取り化粧水と通常の化粧水をダブルで使用する必要が出てきます。まず拭き取り化粧水は洗顔を行った後などに使用することで、通常のスキンケア化粧品の美容成分の浸透を良くする導入剤の役割を担っています。

洗顔だけでは落とすことが出来ない古い角質や毛穴に詰まってしまう皮脂や黒ずみを、柔らかくしてコットンに吸着させる効果があるので、使用する際にはゴシゴシ擦るのではなく黒ずみやざらつきが目立つ部位にコットンを押し当てて、優しく拭き取るようにするだけでも十分に汚れが除去出来ます。

ケアを行った後は急激に肌が乾燥しやすくなっているので、通常通りに化粧水と乳液、クリームを順番に使用していくだけでお手入れは完了です。定期的に拭き取り化粧水をスキンケアに取り入れることで、肌のくすみやゴワつきの原因となる古い角質除去が行えるので、透明感のあるふっくらとした素肌に仕上がります。

ただ肌のコンディションが悪い時に無理に拭き取り化粧水を利用すると、コットンを擦る際に肌に摩擦を生じてしまうので負担をかける危険があるので注意が必要です。

合わせて使いたい石鹸ピーリング

拭き取り化粧水は肌の古い角質を綺麗に除去することができるメリットがありますが、拭き取りだけでは全ての古い角質が除去できるわけではないので、ピーリング効果を補う方法として合わせて利用したいのが石鹸ピーリングです。

石鹸ピーリングとは通常の洗顔石鹸の中に、古い角質や皮脂汚れを溶かすピーリング成分が配合されているスキンケアアイテムです。通常の洗顔石鹸のように泡立てネットでしっかり泡立ててから、顔全体に泡を乗せて優しくマッサージを行うだけで通常は落としきれない汚れも、浮かせてすっきり洗い上げることができるメリットがあります。

医療機関で使用されているケミカルピーリングや、ピーリングジェルに比べて刺激が少ない特徴があるので、敏感肌の方や乾燥しやすい肌質の方でも安心して利用出来ます。

肌のゴワつきやザラつきが気になる時は、先に拭き取り化粧水を使用して肌質を柔らかくしてから、石鹸ピーリングで優しく残った汚れを洗い流すことで二段階のお手入れで、肌に古い角質や皮脂汚れを残しません。毎日のケアで使用すると肌が乾燥しやすくなるので、間隔を空けて肌のザラつきが気になった時に合わせて利用すると、ふっくらとした健やかな肌質になります。

ピーリングジェルやクリームを併用

毛穴に詰まった角質や黒ずみは、拭き取り化粧水だけでは綺麗に汚れを落とす事が出来ない場合が多く、特に毛穴に詰まった角栓は皮脂が固くなっている状態なので、まずは角栓を柔らかくして落としやすくすることが大切です。

毛穴に詰まった角栓は、皮脂で出来ているので固い皮脂を柔らかくするためには、皮脂に限りなく近い油分が含まれたスキンケア化粧品を利用する必要があります。保湿クリームやオイルを利用するのも一つの方法ですが、オイルだけでは取り切れない古い角質も多いので、皮脂や角栓を溶かすピーリング成分が配合されているジェルやクリームを活用することをおすすめします。

事前にホットタオルをあてて、毛穴を開かせておき適量のピーリングジェルやクリームを肌のゴワつきやザラつきが目立つ部位になじませ、指の腹を利用してクルクルと丁寧にマッサージをします。

ピーリングジェルには毛穴の汚れだけではなく、老化によってくすみがちだった素肌も、効率よく古い角質を除去させることができるので、ピーリングケアを行った後は、通常よりもスキンケアの保湿成分や美容成分が肌内部に浸透しやすくなります。そのため拭き取り化粧水と併用することで肌質をより改善させることが可能です。

拭き取り化粧水の効果を高めるための角質ケア

拭き取り化粧水の効果をさらにアップさせるためには角質ケアをしっかりと行うことが大切です。汚れやくすみなどを除去するという意味でも角質ケアは定期的に行いましょう。古い角質、毛穴につまった汚れや化粧品などを取り除くことが出来るピーリングがおすすめです。ピーリングには種類があります。たとえば石鹸でのピーリングははじめてピーリングを行う人でも安心です。

成分がマイルドなので毎日のスキンケアにも取り入れることが出来ます。ジェルやクリームタイプのものには洗顔後の肌にジェルやクリームを馴染ませてマッサージとともに古い角質を取り除くことが出来るのが人気です。美容液やローションなどにもあるので敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人でも安心してピーリングを行うことが出来ます。

効果を実感するまでには時間がかかる場合もありますが、普段の基礎化粧品を使うときに取り入れるだけでいいので簡単で続けやすい方法だといえます。拭き取り化粧水もピーリングもやりすぎると肌が傷ついてしまう場合もあるので気をつけましょう。

ピーリングを行った日は拭き取り化粧水の使用を控えたり、日焼けをした日など肌が敏感になっているときには使用しないなど使い方にも気をつけることが大切です。

拭き取り化粧水と使用方法

拭き取り化粧水を使うことに、魅力を感じているのではないでしょうか。確かに拭き取り化粧水を使っていると、肌をきれいに管理することができるようになります。しかし、間違った方法で管理をすると、肌をいたわることが難しくなってしまうために注意が必要になります。

まず、気をつけておきたいことは、拭き取り化粧水を使用する時には新しくて清潔な状態のコットンを使用することが挙げられます。使用するコットンが汚れていたり不衛生な状態であると、顔に汚れが移ってしまう可能性があります。

顔が汚れないようにするためにも、コットンは毎回お手入れをする前に新しいものを用意しておくことが欠かせません。使うたびに、新しいものと取り替えることが必須になります。

それから、コットンで拭き取り化粧水を使う時には、手に力を入れすぎないことも大事です。手に力を入れすぎていると、肌に負担をかけてしまう原因となってしまいます。肌は繊細な部分であるためにも、手の加減を弱めてお手入れに励んで行くことが求められます。

それから、拭き取り化粧水をコットンにしっかりと含ませておくことも欠かせません。十分な水分が含まれていないと、肌に潤いを与えにくくなります。

拭き取り化粧水を使用するタイミング

拭き取り化粧水はピーリングケアが行えるなど、肌表面に蓄積しやすい古い角質を一緒に除去して美容成分が浸透しやすくなるメリットがあります。ただ敏感肌の方や乾燥肌の方が毎日のスキンケアに拭き取り化粧水を利用してしまうと、コットンを肌に使用する際に摩擦が起こってしまい、肌を傷つけてしまう危険があります。

そのため肌のコンディションがあまり良くないと感じるときや、通常のスキンケアでも肌がしみると感じた時は無理に使用することはやめて、肌を休ませることを第一にすることが重要になります。そのため拭き取り化粧水を使用するタイミングとは、肌のゴワつきが気になるときや透明感がなくくすみが目立つ時にケアを行うことで、効果的にピーリングケアが行うことが出来ます。

毎日の仕様は肌に負担をかける恐れがあるので、一週間に一度のペースで拭き取り化粧水を使用し普段は通常のスキンケア化粧水を利用して肌に潤いを与える方法をとっている方が増えてきています。

また拭き取りをする場合もコットンでゴシゴシ擦るのではなく、肌にコットンを押し当てて肌の古い角質に化粧水をなじませて、最後に優しく拭き取るようにするだけでも肌への負担を最小限に抑えることが出来ます。