美顔マッサージも同時にできる!人気クレンジングクリームランキング

顔の手入れをする場合、肌を健やかに保つためにメイクや汚れ、古い角質などを取り除いて保湿することが基本の肌ケアと、血行やリンパの流れを良くしてシワやたるみを予防・改善するためにマッサージなどを行う美顔ケアがあります。いつも健康的で美しい顔でいるためには、どちらのケアも大切です。

この肌ケアと美顔ケアの両方を一度にできるアイテムとして、クレンジングクリームがあります。一挙両得で時短にもなるということで、多忙な女性の注目を集めています。

ここではクレンジングクリームについて、化粧を落とすメカニズムや正しい使用方法、他のクレンジングアイテムとの違いなどを説明し、肌質別のおすすめ商品やクレンジングクリームを使った美顔マッサージの方法を紹介します。

クレンジング選びのポイント

メイク汚れを綺麗に落とすために必要なクレンジング化粧品は、普段どのようなメイクをするのかや、肌質に合わせて自分にあったクレンジング化粧品を選ぶことが重要になります。

普段からナチュラルメイクしかしないという場合は、洗浄力の高いクレンジング化粧品を利用する必要はありませんし、しっかりアイメイクをする方などは肌にメイク汚れを残さないように、洗浄力の高いタイプを選んで肌を綺麗に保つことが重要になります。

特にオイルタイプやリキッドタイプは、ゴシゴシこする事なくスルッと汚れを落とすことができるので人気がありますが、洗浄力が高く肌の潤いを保つために必要な皮脂などもしっかり除去してしまうので、メイクオフ後は肌が乾燥しやすくなる傾向にあります。

特に湿度が低くなる秋から冬の季節は乾燥肌が進行しやすくなるので、肌のカサつきやくすみが目立ってきたという方は肌に適度な潤いを与えつつ、メイク汚れも綺麗に落とせるクレンジングクリームがおすすめです。

またクレンジングクリームは顔全体のマッサージも行えるメリットがあるので、顔のハリが少なくなってきたという方や古い角質を綺麗に落としたいと思っている場合に利用すると、肌のコンディションを整えることが出来ます。

メイク落とし効果の高いクレンジングクリーム

クレンジングクリームとは、クレンジング剤の中でも特にメイクを洗い流す効果が高いクリーム状のテクスチャーのメイク落としです。特徴としてはウォータープルーフタイプのメイクなども簡単に落とすことのできる高いクレンジング力で、マッサージしながら顔全体になじませるとメイクだけでなく毛穴の奥に入り込んだ汚れまで落とすことが出来ます。

クレンジングクリームは、様々なメーカーから販売されていますが、リーズナブルなタイプでは1000円程度から購入することが出来ます。高級なものになると1万円近くするものもありますが、メイク落としの効果にはそれほど違いはないと考えられます。

しかし、クレンジングクリームと言っても様々な美容成分が配合されているタイプは美肌成分が高く、洗顔後もつっぱらずにメイクや汚れだけを落とすことが出来ます。

クリームタイプのクレンジング剤は、ジェルタイプやローションタイプに比べて油脂分が多く含まれていますので、基本的にはダブル洗顔が必要となります。ダブル洗顔をすることでクレンジングクリームをスッキリと洗い流すことが出来ると同時に肌の汚れも綺麗にオフことが可能です。インターネット上やドラッグストアで購入可能です。

クレンジングクリームの使用方法

クレンジング化粧品の中でも、テクスチャが柔らかいクリームタイプで、化粧下地やファンデーションに近い油分が配合されているため、メイクになじみやすくスルッと落とすことができるクレンジングクリームは肌に適度な潤いを与えつつメイクも綺麗に落としたいという方に向いています。

使用方法はさくらんぼ大のクリームを手のひらに出して、メイクをしている顔全体に優しく塗り広げて指の腹を利用して優しくマッサージをするようにしてメイクをなじませます。この時にクリームの量が少なすぎると指と皮膚に摩擦を起こしてしまい、ゴシゴシ擦ることで肌に負担をかける原因となるので、クリームは少し多めに取りマッサージを行うようにしましょう。

クレンジングクリームはそのまま洗い流しても、肌表面にぬるつき感が残ってしまうので先にティッシュを利用して汚れをティッシュオフしてから洗い流す必要があります。ティッシュオフをしたら常温かぬるま湯でしっかり顔をすすぎ、その後に洗顔料や洗顔石鹸を泡立てネットで泡立てて優しく顔を洗います。

洗顔は指で洗うのではなく、しっかり泡立てた濃密な泡で顔を覆うようにして洗い上げることで肌表面に残ったぬるつき感もすっきり落とすことが出来ます。

クレンジングクリームがメイクと馴染む仕組み

クレンジング剤には様々な種類が存在しますが、基本的に油と水の2つの成分が含まれています。手に取った時のクレンジングクリームは、水が油を包んでいる状態です。

しかし、肌にしっかり密着しているメイクを浮かせるためには、メイクと油を馴染ませる必要あります。肌の表面でクレンジングクリームとメイクを馴染ませていく内に、徐々に油が出てきて混ざり合う、転相と呼ばれる現象が起きます。

指でクリームを肌に馴染ませていると、重さや硬さが軽くなる瞬間が感じ取れますが、まさにその時に転相が生じているのです。なかなか転相が起きない場合、顔に付けるクレンジングクリームの量が多すぎて時間がかかってしまう場合や、元々の質感が固め可能性があります。

転相に時間がかかる時は、顔に付ける前に手の平に取った時、少し温めておくと馴染みやすくなります。クレンジングクリームの量は少なすぎると肌の摩擦が起き、乾燥や肌トラブルの元となります。必要以上に指で擦らず、肌に滑らかに馴染ませられる量を調節するのが大切です。

クレンジングクリームは油分と水分のバランスが良く、オイルタイプほど洗浄力は高くありませんが、肌への負担を少なくできるのが特徴です。

クレンジングクリームと特徴

クレンジングクリームを使う時に、製品の特徴を押さえるようにしている人は少なくないのではないでしょうか。それぞれの製品には異なる特徴があるために、求める効果を感じられるためにも特徴を知っておくことがとても大事になります。クレンジングクリームを使う場合には、拭き取りタイプのものと洗い流すタイプのものがあるということを知っておくことが欠かせません。

拭き取りタイプのものであれば、化粧とクレンジングクリームを馴染ませた後に、汚れが取れた後にはティッシュを使って汚れを拭き取ることになります。この場合には、無駄な水分を取られなくて済むようになるために、保湿力が維持できるところが魅力となっているのです。

それに加えて、洗顔をする時に水やお湯を使う必要がなくなるために、水場を見つけることなく化粧を落とすことができるようになります。そのため、外出時でも気楽に化粧を取り除くことができるのです。

その一方で、洗い流すタイプのクレンジングクリームを使うと、肌に馴染ませた後にぬるま湯で全てを洗い流すことができるところが特徴として知られています。そのために、不要な汚れを全て取り除き、洗い流せるところが魅力になっているのです。

クレンジングクリームと特徴

クレンジングクリームを使っている時に、特徴が気になったことがある人もいるのではないでしょうか。製品の特徴をしっかりと押さえておくと、適切な肌の手入れをすることが可能になります。

クレンジングクリームの特徴として知られていることの一つに、肌を保湿することができることが挙げられます。顔を洗った時には、水分が取られて顔が乾燥しがちになっていることを悩みに感じている人は珍しくありません。乾燥してしまうと、痒みを感じてしまうという人もいるものです。

しかし、クレンジングクリームを使っていると肌を保湿しながらしっとりと洗いあげることができるために、肌が乾燥していく心配をあまりせずに済むようになるのです。保湿を目指したいという人の間では、クレンジングクリームが支持されることが少なくありません。

また、クレンジングクリームを使った時には、洗い流すタイプではなくて拭き取りタイプのものであることも多くあります。拭き取りタイプのものであれば、お風呂や洗面所以外の場所で化粧を落とすことも可能になります。自宅に帰って部屋ですぐに顔をきれいにしたいと思っている人の間では、多くの人が使用していることもあります。簡単に手入れができるところが魅力です。

クレンジングクリームと肌の質

化粧を取り除く時には、きれいに化粧を取り除きたいと思っている人がたくさんいるのではないでしょうか。きれいに落とすためには、自分の肌質にあったクレンジング剤を使用することが欠かせません。合わないものを使っていると、肌に悪い影響を与えてしまうこともあるので注意をしておく必要があります。

一般的には種類として、オイルタイプのものとクリームタイプのものがあります。クリームタイプのものについては、洗う時に肌をしっとりとさせられるところが特徴となっています。

そのため、肌が敏感な人にも向いていると言えます。肌が敏感である人は、肌がつっぱることに悩みを抱いている人が少なくありません。クレンジングクリームを使って顔を洗うようにすれば、肌がつっぱることなく肌をきれいにすることができるようになるのです。

それから、クレンジングクリームは乾燥肌の人にも向いていると言えます。というのも、保湿効果を期待することができるためです。クレンジングクリームには保湿効果があるため、肌が乾燥しやすい人が使用しても困らないと言われることが少なくありません。肌の水分が気になるという人は、クレンジングクリームを使って顔を洗うようにすると良いです。

毛穴ケアにおすすめのクレンジングクリーム4選

ちふれの「パーフェクトメーククレンジング」は、メイクをしっかり落とせることはもちろん、毛穴に溜まった汚れまですっきりと除去してくれるクレンジングクリームです。ジェル状のクリームを肌に乗せるとオイルに変化していくので使いやすく、潤いや肌のバリア機能を保護しながら優しくクレンジングすることができます。

無印良品の「マイルドクリームクレンジング」は、天然の潤い成分であるアンズ果汁と桃の葉エキスが乾燥した肌に潤いを与えてくれるので、クレンジング後はみずみずしい肌触りを実感することができます。無香料に無着色、アルコールフリーの無添加処方なので、敏感肌の人でも安心して使えます。

ドルックスの「クレンジングクリームN」は、拭き取り専用のクレンジングで、メイクの落ち具合が優れているだけではなく使用後にはしっとり感も感じることができます。ジャスミンの香りが心地良い癒し効果を与えてくれる優しいアイテムとなっています。

イグニスの「ブランクレンジングクリームN」は、汚れをスピーディーに落とすクレンジング効果と米ぬかの保湿成分によるとろけるような感触が特徴的なクレンジングクリームです。ハーバルフレッシュの香りが品の良い一品になっています。

おすすめクリーム

多数のクレンジングクリームがある中で、どれが一番良いのか迷ってしまうことはないでしょうか。そんな人の為に、おすすめの人気クリームをご紹介します。一つ目はモイスティシモクレンジングクリームです。POLAが発売しているクレンジングクリームで、ジェルに近いテクスチャーなので刺激が少ない事が特徴になっています。

手の平に伸ばしてみるとオイル状に変わり、滑らかになります。お肌を守ってくれる力がありますので、メイクをしっかり落とすものの保湿はされたままです。洗顔終了後のつっぱり感はなく、非常にしっとりとした仕上がりになります。サクラエキスやオウレンエキスといった保湿成分が配合されているので、潤いを大切にしたい人にお勧めです。

DUOクレンジングクリームはクレンジングだけでなく、洗顔・角質のケア・マッサージ・トリートメントの5つの機能が備わっているのが嬉しい点ですね。洗顔ケアの時間を短くしたい人にもお勧めできる化粧品です。

なんと31種類のエイジングケア成分が含まれています。最後の三番目はコスメデコルテAQミリオリティリペアクレンジングクリームです。お化粧を浮かす事に加えて、同時にお肌へのハリも与えてくれます。

敏感肌におすすめのクレンジングクリーム

クレンジングクリームは刺激の強い界面活性剤の配合量も少なく、ソフトでコクのある使用感が特徴的で肌を優しく包み込んでくれますが、敏感肌の人はさらに適したクレンジングクリームがあるので、おすすめのトップ3を見ていきましょう。

まず敏感肌におすすめのクレンジングクリーム第1位は「ジェントルリファイナー/アテニア」です。主成分はエチルヘキサン酸セチルという聞きなれない成分ですが、これはエステル系の基剤で油剤の一種です。優れたエモリエント作用を持っていて、肌の表面を柔らかくした上で潤いを与えて蓋をしてくれます。非常に保湿力も高いのに植物由来なので肌にも安心して使うことが可能です。

続いて第2位は「ピュアクレンジングクリーム/Moonyu」です。主成分はトリチルヘキサノインも先ほどと同様にエステル系の基剤でエモリエント効果に優れていて肌表面に膜を張ることで潤いの蒸発を防ぐ効果があります。また、サラッとした油分成分なので、独特な油膜感もないのが特徴的です。

最後第3位は「MOISTURE CLEANSING CREAM/F organics」です。主成分のトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリンもまたエステル系の基剤で、合成の油脂ではありますが天然由来の油脂に比べて酸化しにくい特徴があります。実際の医療現場や医薬品でも用いられる安全性の高いクレンジングクリームです。

クレンジングクリーム選びのポイントをご紹介!

クレンジングクリームは安くて効果があるものを選びたいと考える女性は多いと言えましょう。クレンジングクリームはメイクをしっかりと落とせる、健やかな肌を保てるものを選ぶ事がポイントで、安いだけで選んでしまうとメイクが肌に残っているなど、見えない汚れのままでメイクを落としているかもしれません。

ランキングを利用する事で、安くて効果を持つクレンジングクリームを見つける事が出来るので、どれを使えば良いのか迷っている人は必見です。クレンジングクリームは洗浄力が穏やかなものが多いので、肌が乾燥しがちな時、肌が敏感に働いている時などにも便利です。ちなみに、このケアアイテムには洗い流すタイプと拭き取るタイプがあるので、違いを知っておくと便利です。

洗い流すタイプはウォッシャブルタイプと呼ぶもの、たっぷりと顔に塗ってメイクと馴染ませてから洗い流します。拭き取るタイプはメイクと馴染ませた後にコットンを使ってメイク汚れごとクリームで拭き取るタイプ、目元や口元などのような細かな部分までメイク落としが出来ます。

尚、ランキングサイトのトップ3に掲載してあるアイテムがどちらのタイプになっているのかをチェックしておきましょう。

クレンジングクリームとケア

クレンジングクリームを使って顔を洗った時に、化粧を洗い落とすだけではなくマッサージもしているという人は少なくないのではないでしょうか。化粧を洗い流す時には、クレンジングクリームを顔に塗る必要があります。その時にマッサージをしていると、顔の血液の循環を良くすることができるようになります。

美容に気をつけている人にとっては、顔の血液の循環が良いということは非常に大事なことです。というのも、血液の循環が良くなければ、顔が冷たくなってしまい血色も悪くなってしまうからです。その結果として、あまり元気ではない印象を人に与える可能性すらあるのです。

元気できれいな印象を与えたいという人は、丁寧にマッサージをして血液を循環させてあげると良いです。それから、クレンジングクリームを使って顔のマッサージをすることによって、リンパの流れを良くすることも期待することができます。人の体の中にはリンパが流れており、顔にも流れています。

リンパの流れが滞ってしまうと、病気を発症しがちになってしまうことも否めません。クレンジングクリームを使っていると顔を優しくなめらかにマッサージしやすくなるので、化粧を落とすついでに健康の管理もできるようになります。

美顔マッサージをしながらクレンジング

クレンジングクリームはメイクをスルッと落とすことができるだけではなく、顔のマッサージをする際に使用するクリームとしても利用することができるので、メイクオフを行いながら美顔効果が得られるメリットがあります。

市販されているクレンジングクリームはボトルタイプとチューブタイプがありますが、マッサージクリームとして利用したい場合は、大容量のボトルタイプの利用をおすすめします。

せっかくマッサージをしようとしても少量のクリームを利用した場合、マッサージを行う際に指の摩擦が原因で肌に負担をかけてしまう恐れがあるので、マッサージをする際にクレンジングクリームを利用する場合はさくらんぼ大の大きさのクリームで、優しく丁寧にマッサージを行うようにしましょう。

クレンジングクリームは油分が多く、水で洗い流そうとすると水道管の詰まりを起こす可能性があります。そのためメイクオフやマッサージを終えたら、そのまま水で洗い流すのではなくティッシュオフをすることが重要です。

ティッシュである程度のクリームを除去した後は通常通り洗顔料で顔を綺麗に洗い流し、スキンケアをして完了です。就寝前にマッサージを行えば、翌日のメイクの乗りも良くなります。

クレンジングクリームと乾燥

クレンジングクリームを使うことによって、メリットを享受することが可能です。例えば、化粧を落とす時に、肌を乾燥させることを防ぐことができるようになります。

顔を洗う時にオイルタイプのクレンジングを使用してしまうと、汚れはしっかりと落ちるものの顔がつっぱってしまったと感じたことがある人は多いのではないでしょうか。オイルタイプのものは、洗浄力が高いのですが肌の水分を取ってしまう可能性があるのです。

一方で、クレンジングクリームを使用して顔を洗うと、肌がつっぱる心配はあまりありません。個人差があるのですが、ほとんどの場合、肌を保湿しながら洗顔を行うことができるようになっているのです。そのため、肌が乾燥しがちであるという人でも安心してクレンジングクリームを使って、顔を洗うことができるようになります。

クレンジングクリームを使う時には、しっかりと肌になじませて汚れを取ることが非常に大事です。クレンジングクリーム柔らかい感触であるために、洗っている時に肌を傷つける心配もありません。顔に広げた後には、しっかりとぬるま湯を使って汚れを洗い流しておくと良いです。または、拭き取りタイプの場合もあります。そうすれば、きれいな肌を管理できるようになるのです。

デメリットもある、クレンジングクリーム

クレンジングクリームのデメリットは、オイリー肌の人の場合ニキビや吹き出物が出来てしまうケースが見られます。又、人によってはクレンジングクリームの成分にアレルギーを起こすケースもありますので注意が必要です。

アレルギーについてはクレンジングクリームに限ったことではありませんが、特にニキビやオイリースキン、脂漏性皮膚炎気味の人にはクリームの油分で皮膚トラブルを起こすことがあります。

クレンジングクリームは、他のクレンジング剤に比べるとずば抜けて化粧を落とす効果に優れていますし、一般的には大抵の肌質にマッチするように作られていますが、肌質によっては合わないケースも見られます。又、ダブル洗顔が必要なものが殆どですので、一度でメイクや毛穴の汚れを落としたい人にも不向きなタイプです。

最近のクレンジング剤は一度のクレンジングでメイクも毛穴の汚れも落とすことが出来るものが増えていますが、クリーム状のタイプはメイクを落とした後もう一度洗顔する必要があります。疲れているときや急いでいるときにダブル洗顔が面倒という人には適さないため、ダブル洗顔をするのを面倒と感じない人のほうが適した製品です。べたつくテクスチャが苦手な方にも不向きです。