老けて見える原因のシミ!防いで薄くする厳選クリームをご紹介

年齢と共に肌は変化していきますが、その中でも多くの人が悩むのがシミです。シミはメラニン色素の残りで肌内部で酸化しなかなか取り除けずに肌に残ってしまうのです。シミがあると見た目年齢を上げてしまうのでしっかり予防、改善していくことが大切です。シミは作られすぎるメラニン色素、そしてそれが排出されない肌環境が原因です。

それを改善するために必要のないメラニンを作りすぎないように生成を抑制する、残ってしまっているメラニンを排出させるといった成分が配合されているクリームでケアしていくことはっても有効です。肌を毎日労わる、ケアしていくことがとても大切であり、その際に適切な成分の化粧品でケアすることがいつまでも若々しい見た目でいるための必要です。

シミは種類ごとにできる理由が異なる

シミというのは主に顔にできる茶色い斑点で、一度できてしまうとなかなか元通りにはなりません。種類が非常に多いのですが、それぞれに出来る原因は異なります。

一般的にシミと呼ばれている代表的なものが老人性色素斑で、点々と細かい茶色い点々が頬周辺に出来るものです。原因の大半は紫外線によるものですので、過剰に紫外線を浴びるとその肌を守ろうとしてメラニンが生成されます。

通常は代謝と共に消えていきますが、代謝されなかった分が茶色いシミとなって残ってしまうのです。紫外線対策をすることで予防効果も高まります。ソバカスは幼少期からできるもので遺伝的要素が強いのですが、紫外線の影響で増えたり濃くなりやすい特徴があります。

30代40代の女性にできやすく、女性ホルモンとの関係があると言われているのが肝斑です。妊娠や更年期などからできるタイプのシミで、通常のケアではかえって悪化させる可能性もあり見極めることが必要です。

炎症後色素沈着は、ニキビや肌に合わない化粧品、虫刺され跡、傷跡が原因で炎症が治ったあとに炎症を起こしていた部分に出来てしまう濃い色の斑点です。年齢や性別問わずできる上に、顔以外でもできる可能性がありますので、炎症が出来た時には慎重なケアを心がけなくてはいけません。

シミができる原因

シミは全部で6種類あります。どの種類のシミかを把握することで、美白成分で直すことができるかどうかが決まります。化粧水の美白成分が効果的なシミは次の通りです。老人性色素斑といわれるものは、紫外線が原因となっています。日中に外に出ていることが多い人は気を付けましょう。シミの中でもこのタイプは多くなっています。

次に、炎症性色素沈着があります。ニキビの後や傷の後、虫さされがそのまま残って色素沈着してしまうものです。ニキビをつぶしたり、肌に負担をかけないようにしましょう。その他、肝斑と呼ばれるものがあります。頬のところにぼんやりとできてしまうタイプです。

これらは美白成分でケアできるのですが、そばかすや脂漏性角化症、花弁状色素斑は美白成分で対応することができません。レーザー治療などを実施すれば治療できる可能性があります。シミとなってしまわないようにするには、メラニンの生成を抑制することが重要です。

クリームの中には、このメラニンを抑えてくれるものがありますので、活用することをおすすめします。まずは、自分がどのようなタイプになっているかを確認しましょう。美白成分で対応できるものであれば、クリームを活用してください。

美白成分は種類によって効果も違ってくる

シミを改善するためには美白成分が欠かせませんが、その種類は様々で効果の現れ方にも違いがあります。厚生労働省が美白効果がある成分として認めているものは約20種類ありますが、大きく分けるとシミができるのを予防する効果、出来てしまったシミを改善する効果の2つに分けられます。そのため自分がシミに対してどのような対処をしたいのかによって選ぶ成分が変わってきます。

予防に効果的な成分としては、m-トラネキサム酸・マグノリグナン・アルブチン・ニコチン酸アミド等の成分で、改善の場合はビタミンC誘導体・プラセンタエキス・4MSK・リノール酸Sといった成分を選ぶようにしましょう。また、厚生労働省では認可されていませんが、美白効果があるとして化粧品などによく使用される成分にアスタキサンチンが挙げられます。

アスタキサンチンは海老や蟹など海洋生物の赤い成分で、酸化防止や肌の保護といったエイジングケア効果が高いことで知られています。そのためシミの悩みだけでなくトータル的な肌のケアが行えることで注目されている成分です。毎日の肌のケアにエイジング効果も得たい人の場合は、アスタキサンチンが配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。

シミに効果があるクリームの選び方

シミに効果がありエイジングケアもできるクリームの選び方を知っておく必要があります。シミに効くクリームは、パッケージに美白や医薬部外品(薬用)と記載されていること確認します。美白と表記できるのは国に認められた美白成分が配合された医薬部外品のみなので、これらの表記があればシミに効くエイジングケアを意識したクリームと言えます。

さらに目的にあった美白有効成分、肌質にあっている、使い続けることができる価格なども選ぶ際には確認すべきポイントです。目的に合ったものとは、しみを予防したいのか、今できてしまったしみを薄くしたいかなど目的が異なると美白成分の選び方も変わってきます。

予防するならアルブチン、薄くするならメラニンの排出促進効果がある成分、予防と薄くするという両方の目的であればビタミンC誘導体などの成分が配合されているものを選びます。肌質が敏感肌や乾燥肌の場合には、セラミドやヒアルロン酸など高保湿成分が配合されているものを選び、シミに効果があるクリームは使い続けることも必要なので、買いやすい価格のクリームを選ぶことも大切です。

美白効果が高くても価格が高価であるものでは続けて使うことは難しく、購入しやすい価格のもので長く使い続けることができると高い効果が期待できます。

低刺激のアイテム選びは成分表チェックが重要

年齢を重ねていくと、目元や頬に肌のくすみやシミなどがあらわれやすくなってきます。このような肌トラブルは紫外線によるダメージの蓄積と肌のターンオーバーの低下が考えられます。そのため、肌が非常に敏感な状態になっていることがあるので、スキンケアアイテム選びを慎重にすることが大切です。

シミを改善するための美白クリーム選びも同様です。美白成分にはアルブチンやトラネキサム酸、プラセンタエキスやビタミンC誘導体などさまざまな種類がありますが、それぞれ特徴が変わってくるので成分表をチェックして購入するようにしましょう。アルブチンはハイドロキノン誘導体とも呼ばれていますが、ハイドロキノンと比較して肌に与える刺激が少ないことが特徴です。

ですが、シミを薄くする働きよりも予防する働きに優れているので、紫外線予防と一緒に使用するのがおすすめです。シミを薄くする働きに優れた成分にビタミンC誘導体がありますが、敏感肌や乾燥肌の人が使用すると肌を刺激する可能性があります。

ですので、同じくシミ改善に優れているプラセンタエキスなどをメインで使用するのがおすすめです。さらに香料やアルコール、保存料が配合されていないものを選ぶことも、重要なポイントになってきます。

シミを目立たなくするクリーム

シミは年齢を重ねるごとに目立つようになり、老けて見えてしまうなどで悩みになることもあります。女性の場合は化粧で隠して目立たなくしますが、手間もかかり苦労します。このようなシミには種類があり、美白成分の効果がある場合とそうでない場合があります。

一般的には紫外線が原因と考えられ、紫外線を多く浴びてしまうことでメラニンが過剰に生成され、ターンオーバーが遅れることによってメラニンが肌の内部に残ってしまうためです。シミに効くというクリームを正しく使用することで、メラニンの生成を送らせ、外に排出して目立たなくすることができます。

クリームにも種類があり、値段が大きく違うことがあります。どれが良いのか悩みますが、その差は有効成分の配合量に違いがあるということです。そのため値段が安いクリームでは肌に均等に行き渡らないことがあり、効果もそれほど期待できないこともあります。しかし有効成分が少ないといってもたっぷりと塗り込めば良いということにもなります。

シミに効くクリームの正しい使い方からすると、シミを消すというよりも予防することができると考えられます。このようにクリームはいくつか種類がありますが、自分にあったものを探して正しく使うといいです。

敏感肌専門ブランドなので安心です

DECENCIAのサエルホワイトニングクリームクリアリストはポーラとオルビスが共同開発を行ったスキンケアシリーズの一つです。DECENCIAは敏感肌専門ブランド、サエル(saeru)は美白ラインを意味しており、敏感肌の人でも安心して利用が出来る、高い保湿力を期待出来ます。一般的に、敏感肌や乾燥肌の女性は、美白スキンケア商品を避けがちになるのではないでしょうか。

外からの刺激をなるべく与えないようにしたいなどからも、美白に憧れていても中々試す勇気がないなどは多いと言えましょう。その点、DECENCIAは敏感肌専門のブランド、口コミの中でも敏感肌の自分でも利用が出来たなどの評判を見かける事が多いのです。

また、DECENCIAのサエルホワイトニングクリームクリアリストは今までに数々のベストコスメ大賞にもランクインしており、ランキングサイト内では第一を獲得しています。主な特徴としては、バリア機能を角層の透明度をアップする、美白を効かせる肌作りが出来るなどがあります。

バリア機能については、DECENCIAブランドの代表的な機能とも言える、ヴァイタサイクルヴェールをサエルにも採用しており、セラミドを補給すると同時に産生、さらに膜を作り出す事で水分の蒸散を防いでくれる、外部刺激から守ってくれるなどの利点を持ちます。

心地よい使用感が魅力の美白ジェルクリーム

資生堂のエリクシールホワイト・リセットブライトニストは紫外線による肌色印象の変化を予防してくれる、薬用美白ジェルクリームです。ちなみに、エリクシールホワイトは資生堂のブランドの一つ、リセットブライトニストが美白ジェルクリームの商品名です。

肌色の印象は、見た目年齢を左右するとも言われていますが、エイジングケアをしっかりと行っておけば、肌色が変わる前に対策を行う事が出来るようになります。紫外線はオゾン層の破壊などにより強烈な光線として地球上に降り注いでいるなどと言われており、肌トラブルを起こさないためにもしっかりとしたケアを行う必要があります。

リセットブライトニストには、資生堂が独自に開発を行ったブライトインパクトと呼ぶ成分を配合してあるのが特徴です。ブライトインパクトは塩酸リジンを初め、オリーブ葉エキスなどを使用しているもので、角質層の保護作用を期待出来ます。

外部からの刺激を保護する機能が備わっているので、メラニンの生成を抑える効果も期待が出来ますし、メラニンを作り出さない事で肌色を維持出来るメリットに繋がって来ます。メラニンの生成を抑える事で、シミやそばかすなどの肌トラブルを回避出来る、使用感が心地よいなどの評判もありお勧めです。

キュレルの美白クリーム

キュレル美白クリームは、セラミド配合化粧品として今話題の商品です。キュレル美白クリームは医療部外品です。乾燥性敏感肌を考慮に入れた低刺激性の美白クリームです。これは肌の乾燥により肌表面のバリア機能が低下し肌の角層が乾燥や肌荒れの影響を受けやすくなっている状態です。バリア機能が低下するわけですから肌は敏感になってしまいますよね。

ここに含まれる潤いの成分が内部奥深くまで浸透していきます。そのため肌本来のセラミドの働きを高め、ふっくら、もっちり肌に導きます。そして、植物由来の美白成分、カモミラETがメラニンの生成を抑制し、シミやソバカスを防ぎ、くすみのない透明感あふれるみずみずしい潤い肌へと導きます。

乾燥性敏感肌には、セラミドケアが必要とし、肌に必要な成分セラミドを補うことで紫外線や乾燥から肌を守り肌を強くする効果があるのでシミやソバカス、肌荒れに対して耐性を強くする作用が働きます。

つけ心地は、油分の少ないサラッとしています。夏場にもベタベタせず、気持ちよくつけられます。またメイク前の使用にも最適です。キュレル美白クリームは、美白化粧水、美白美容液、美白乳液、UVクリームがセットになったトライアルセットがあるので気軽に試してみましょう。

エイジングケアと美白ケアが同時にできる

年齢肌の悩みには様々なものがありますが、最も見た目年齢に影響してしまい深刻なものと言えばシミではないでしょうか。シミは、シミや摩擦などの外側からの刺激や加齢によるコラーゲンやセラミドやヒアルロン酸の減少や活性酸素の増加やホルモンバランスの乱れや肌の乾燥や生活習慣の乱れやストレスなどが原因となり、メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を起こすことでできてしまうものです。一度できてしまうとなかなか消すことが出来ませんので、積極的なケアに努める必要があります。

そこでおすすめなのがアスタリフト美白クリームです。アスタリフト美白クリームは、エイジングケアと美白ケアが同時にできるスキンケアアイテムとして多くの人に選ばれており、満足度の高さがうかがえる良い口コミがたくさんあります。

アルブチンなどの美白成分やアスタキサンチンやコラーゲンなどのエイジングケア成分がたっぷりと配合されており、肌馴染みが良く浸透力は保湿力が高いので角質層の奥深くまで成分や潤いがしっかりと行き届いて潤いとハリとツヤと弾力と透明感に満ちたもっちりとした輝く美肌に導くことが出来ます。

積極的にスキンケアに取り入れて、美白のヴェールに包まれて満ちていく潤いとクリアな輝きを実感してみましょう。

シミにグッバイ、皮膚専門家が開発した化粧品

化粧品は製造メーカーの方が専門家と一緒に作るのが一般的ですがアンプルールのラグジュアリーホワイトクリームAOも皮膚の専門家が開発した美白化粧品です。

この化粧品をおすすめする人は顔がくすんでしまっている、これ以上シミを増やしたくない、年々シミが濃く、大きくなってしまっているし何を使っても変化が見られない、過去の日焼けを後悔している、もうコンシーラーでシミを隠したくないしそばかすが心配、出産前後から両頬に影ができたという方は使って見ると何か肌にいい変化が出るかもしれません。

この製品は100%美白主義と謳っており、スポットとして気になる1点を集中して夜通し攻撃、しかも1日たった3秒、これは夜専用のケアでガンコなシミに狙いを定め言ってんの曇りもない素肌へ改善するために特殊ゲルが肌に密着します。

しかも新安定型のハイドロキノンをマイクロカプセル化しシミの根本原因であるメラニン製造工場まで継続的に確実に運んでくれます。この結果気になるポイントである肌の刺激も低減されている訳です。1点集中だけではなく全体の美白も万全です。

老けて見えるくすみに朝、夜ケアとして肌のトーンを明るくして、くすみを改善し透明肌を実現できるのです。点と面のWケアで100%美白主義が実現できるという訳です。トライアルキットも発売されておりお手軽に試せる点も嬉しいところです。

日ごろのUVケアは重要です

シミは年齢肌のサインの一つで、出来てしまうことで老けた印象になってしまいます。ファンデーションやコンシーラーで隠すのはすっぴん美人とはいえませんし、やはりできるだけ出来ない肌にするために予防をしていく事が大事です。

シミを予防することが出来るアイテムとして、まずは美白化粧品が有ります。有効成分にはアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などがあげられます。これらが配合されている美白化粧品を使う事で、シミの原因とも言われているメラニン色素を増やさないという事につながります。

また、それだけではなくUVケアで紫外線対策することもお勧めです。紫外線に効果があるのが日焼け止めです。SPF表示があるものは、紫外線をカットしてくれますので、日常的にもぜひ使ってください。海などのレジャーの際には着け直しをすることも重要です。さらに、日傘や帽子、サングラスを使う事でもUVケアができます。

夏場だけではなく紫外線は1年中ありますので、日焼け止めは1年を通して使う方が理想です。最近ではコスメにもSPF表示がされているものが増えていますので、選ぶ時にも意識して選んでいくと良いでしょう。日ごろのケアでお肌には違いが出てきます。

更なる相乗効果を手に入れよう

気になるシミ対策に効果的なクリームを使うだけでも徐々に改善が見られてくるのですが、他にもさまざまな基礎化粧品がありますので普段のスキンケアに取り入れていくことで更なる効果を期待することができます。基本になる化粧水でも様々な美白成分が配合されているものがありますし、美容液に関してもスペシャルケアとして取り入れていきたいものがたくさんあります。

どんな基礎化粧品を取り入れていく場合でも、重要なのはシミ対策ができるかどうかです。ビタミンC誘導体などの美白成分、そして低刺激で日常的に使いやすいかどうか、価格的にも手に取りやすいものを選ぶようにするとよいでしょう。化粧品やクリームに関しては価格は安いものでもいいので、特に美容液にこだわってみましょう。

そのときには、今できているものに対して働く成分かどうかをチェックしてみてください。乾燥するのも肌にはよくありませんので、保湿効果もあるとよりよい対策ができます。

化粧品は高価なものも多いので厳選して選ばないと続けられずに上手に対策ができません。購入前にはできればテスターがあれば利用して、使用感も確認しながら使い心地も値段も気に入るものを選んでみて下さい。

食事の面も考えていきましょう

シミをケアするアイテムとして、美白化粧品があります。特にアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体と言った成分はシミを予防することで効果を発揮できる成分ですので、これらが含まれている化粧品を選んで美白ケアを行っていきましょう。また、紫外線対策も重要ですので日焼け止めは1年を通して使うようにすると良いです。

しかしそれだけではなく、内側から働きかける方法として食事の面でも気を付けていく事が必要です。美白効果のある栄養素にビタミンCがありますので果物や野菜などから摂取していきましょう。

また、抗酸化作用のあるビタミンDはアーモンドにも多く含まれていますし、リコピンの豊富なトマトも効果的です。ちなみにリコピンは加熱することでより多く出てきますので、トマトも加熱をして食べる事をお勧めします。

普段の食事でなかなかこれらの成分を取れないという場合には、サプリメントやドリンクなどのインナーコスメと言われるもので対応していく事も出来ます。十分な量を摂取することが出来ますし効率も良いです。化粧品で外側から取り入れていくだけではなく、内側からも有効成分を摂取していく事でシミが出来づらいお肌になっていきます。

ピーリングも使っていこう

年齢肌のサインの一つに、シミがあります。老化現象の一つでもありますし、紫外線を浴びる事でメラニン色素が増えてしまいこれができます。予防する方法には美白化粧品を使ったり、紫外線対策で日焼け止めを使うなどの方法もあります。

アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体が配合されているものは、予防効果が期待出来ますので使っていきましょう。しかし年齢とともにターンオーバーの働きが崩れる事もシミが出来る要因となってしまっていることがあります。その場合ピーリングをスペシャルケアに入れていく事で、ターンオーバーがおくれがちなお肌に対応していく事が可能です。

ピーリングはエステサロンなどで行なったり、美容皮膚科で行うケミカルピーリングもありますが、自宅で手軽にできるジェルタイプのものもあります。ジェルタイプはくるくるとマッサージをしていくとぽろぽろと消しゴムの貸すようなものが出てきて、それにからめ取って老廃物などを排除していく事が出来ます。

ゆで卵を向いたようなお肌になりますし、それでまた化粧水も浸透しやすくなったりします。もちろん古い角質や汚れなどもおちていきますので、シミを予防することも可能です。シミ取りクリームと合わせて使っていきましょう。