肌に負担をかけない!オーガニックコスメを正しく使うコツ

昨今、天然成分のみを使用したオーガニックコスメが女性の間で話題になっています。実際、ドラッグストアでたくさんの種類が販売されていたり、通販でも取り扱われています。そもそもオーガニックコスメとは、農薬や化学肥料などを一切使っていない有機栽培によって育てられた植物・精油を中心に作られた化粧品のことです。

一般的な化粧品と比較して、肌に大きな負担とならず優しくケアできることから、敏感肌や乾燥に悩まされている方に特に支持が多いです。ただしオーガニックコスメでもケア方法を間違えると肌へ負担となり、トラブルが生じる恐れがあります。そこで、ここからはオーガニックコスメを正しく使うコツについて詳しく説明していきます。

共通点はあるものの実は別物の無添加とオーガニック

オーガニックや無添加という単語は食品あるいは化粧品でよくみかけ、どちらも体に良いイメージがあり混同しがちですが売られている製品はきちんと使い分けられていますのできちんと内容を把握して商品を選ぶ必要があります。食品で使われるオーガニックは有機JAS認定を受けなければなりません。

その一方で化粧品の場合は化学物質を含まない有機原料からつくられたの製品の事を指します。これに対して無添加化粧品は防腐剤や着色料界面活性剤などの石油由来の化学物質・化合物が含まれていない製品を指します。無添加と聞くと化学合成成分が1つも使われていないイメージがありますが実際には含まれて製品もあるのです。

無添加化粧品とオーガニックコスメは中に含まれている原料や成分は違いますが、どちらも肌ににとっては刺激が少ない製品が多いのが共通点です。無添加化粧品は、全く添加物が含まれていないというイメージがありますがなるべく配合を抑えているだけで添加物が含まれている製品があるのが実情です。

またオーガニックコスメの場合にも原材料に予め含まれている合成添加物や植物アレルギーや刺激の強い植物成分が入っていないかなどに注意する必要があります。製造している会社は、様々な原料をそろえて配合しますが、その成分をラベルに表記する義務がない点は含んでおいたほうがいいでしょう。

無添加やオーガニック化粧品を使ったけれど、肌荒れしたという口コミをみかけるのはこのためです。そのため自社規制の厳しい会社の製品を選ぶ事が重要です。

天然由来成分で刺激がでにくいオーガニックコスメ

オーガニックコスメはイメージから言うと消毒や農薬を使っていない天然由来成分から出来ており香料や石油系、鉱物などを使っていない化粧品というイメージが先行しますが、厳密に言うときちんと定義されているものはありません。

しかし一般的には石油由来成分を排除したもの、動物由来成分は生きた動物から採取したものに限る、原料の70%以上がオーガニック栽培、無農薬栽培した原料のものを指して使われます。

この基準は日本オーガニックコスメ協会が定めた定義でこれを参考に各メーカーで製品化する際にオーガニックコスメと名乗りますが公式なものではないので実際のところは製造メーカー側の基準に委ねられているのが現実です。

種類もいろいろあり植物系は抗酸化物質を含んでいるものが多く、高いエイジングケアが期待できますし敏感肌の方が刺激の多い石油系のコスメを避けてオーガニック化粧品にした結果症状が改善されたという例もあります。

そしてオーガニック化粧品ですから当然収穫状況やその年の質によって成分を変える事があるのも特徴です。なので今年は中に入っているローズの香りが強いけど去年のものは少し弱かったという事があります。一定ではないのでそれを気にする方はいますが、それでも自然由来というのは刺激がない場合が多く魅力的に感じる方が多くいます。

オーガニックコスメを使うこと

オーガニックコスメを使うことに高い関心を持っている人は、少なくありません。使ってみるにあたって、良い点や悪い点を知っておきたいと思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

まず、オーガニックコスメの良い点は、肌をいたわりながら丁寧にケアをすることができる点があります。というのも、オーガニックコスメの中には、安心して塗ることができる成分のみが使用されているからです。安心できる成分のみが使用されて作られているために、不安になることなく使い続けられるのです。

しかし、安心できる成分が使われているからと言って、必ずしもそれらの成分が個人の肌質に合うとは限らないのです。品質が優れているとしても、個人の肌に向いていない場合もあるために注意をしておくことが必要です。合わないものを使っていると、肌に炎症を起こしたりかゆみを感じる場合もあります。

それから、オーガニックコスメは品質がとても高いことから、作る時に多くの費用が必要になることが珍しくありません。その結果、利用者たちが購入する時には、値段がやや高めに設定されていることも少なくないのです。限られた成分が十分に使われていることから、価格が高くなる傾向があります。

オーガニックコスメと使用感

オーガニックコスメを使うことに興味を持っている人は多くいるものです。実際に、使ってみたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。使用感については、それぞれの人によって異なっています。かなり満足することができたという人もいれば、それほど効果を感じることができなかったという人もいます。

あまり効果を感じることができなかったという人には、それなりの考えられる理由があるのです。まず、オーガニックコスメは安心して使用することができる成分のみで作られているために、肌に塗った時に優しい塗り心地になります。

オーガニックコスメ以外のものを使ったことがある人であれば、その塗り心地が物足りないと感じてしまうこともあるのです。オーガニックコスメ以外の化粧品には、オイルや刺激的な成分が使用されていることも珍しくありません。

そのような成分を使用されて作られた化粧品に使い慣れていると、優しい塗り心地のコスメにほとんど興味を持つことができないかもしれないのです。その結果、あまり使った気がしないと感じてしまうこともありえます。オーガニックコスメは肌に優しいために、使用感も刺激のあるものではありません。優しい肌触りが特徴です。

基準を確認

実は、日本で売られているオーガニックコスメには明確な基準がありません。そのため、安心できるオーガニックコスメかどうかを確認するには、メーカーが定めているオーガニックの基準をチェックすることをおすすめしています。まず、海外ではどのような基準になっているのでしょうか。

減容のなかで半分から9割が有機栽培になっているかどうか、石油を由来とした成分を使っていない、遺伝子組み換えが行われた植物原料は使用しないという基準があります。この3点について、日本で売られているオーガニックコスメで確認してみるとよいでしょう。

この基準を満たしているのであれば、海外の基準に達していることになるからです。また、基準だけでなく成分の表示もしっかりと確認してください。たとえば、香料、着色料、アルコールは肌への刺激が強くなっています。肌が荒れがちの人は、海外のオーガニックコスメの基準に加えて、これらの成分が入っていないことも調べてみるとよいでしょう。

もちろん、トライアルで使用してみて自分の肌で使用感を把握するのも有効です。その際には、腕の内側などの目立たないところでパッチテストを行ってみてください。荒れてしまうリスクを回避することになります。

オーガニックの認証機関

オーガニックコスメの認証機関は、海外に複数あります。製法や成分について基準をつくり、その基準を満たしているコスメのみオーガニックコスメのマークを付けることができます。マークがあれば認証機関のお墨付きがあることになるので、消費者は安心して購入することができるのです。

たとえば、エコサート・コスメビオ・ネイトルーなどがあります。他にも認証機関があるのですが、オーガニックコスメの基準については揃っていません。それぞれ独自の基準がありますので、マークそのものは参考程度に購入の目安にするとよいでしょう。メーカーがどのようにつくっているのかも重要です。

認証機関が認証しているから絶対いいと考えるのではなく、自分でしっかりと確認するようにしましょう。メーカーが公開している情報も合わせて把握してください。オーガニックコスメと似ているのですが、無添加化粧品とは異なります。

無添加の場合は、肌にトラブルを起こす可能性のある102の成分を使ってはいけません。ということは、102成分以外の石油由来成分なら使用してもいいことになります。しかし、オーガニックコスメでは石油由来成分を利用していません。この違いをしっかりと覚えておいてください。

オーガニックコスメと品質

オーガニックコスメを使うことは肌に良いと言われることが多いのですが、実際に使ってみるまでは肌質に合うかどうかはわかりません。一般的には、優しい成分で作られていることが多く語られるオーガニックコスメなのですが、個人が使い心地を良く感じるかという点は別の話になります。

オーガニックコスメを使いたいと思った時には、品質をしっかりと確認してみると良いです。中に含まれている成分の中に、個人の肌質に合わないものもあるかもしれません。

肌に合わない成分を身につけると、肌荒れの原因になってしまうこともあるため気をつけた方が良いと言えます。成分の名前が具体的にわからないという場合には、お店の人にしっかりと確認をしておくことが欠かせません。

また、購入した後には、使い心地をしっかりとチェックしておくと良いです。品質が良いと言われていても、実際に使ってみるとあまり肌質に合わなかったと感じる人もいるものなのです。

合わないものを使い続けることは、肌に負担をかけるきっかけとなることがあるため気をつけた方が賢明と言えます。オーガニックコスメを正しい方法で使っていると肌をきちんと管理できるので、品質に関してはきちんと見ておくと良いでしょう。

自分の肌に合うかチェックが必要不可欠

天然由来成分で安心のオーガニックコスメとは言え、自分に合っているかどうか、実際に試してみないと分からないということもあるのではないでしょうか。いきなり全てを切り替えるのは肌に負担が大きい場合もあるため、まずはパッチテストを試してみるのが安全です。万が一の肌トラブルを防ぎながら、オーガニックコスメの効果を存分に発揮させることにもつながります。

簡易的なパッチテストは、ご家庭でも手軽に試すことができます。普通サイズの絆創膏にオーガニックコスメを染み込ませて肌に貼り、赤みやかぶれ、かゆみなどのトラブルが出ないかチェックします。

この時、肌の柔らかい部分、デリケートで変化が出やすい二の腕や太ももの内側に貼ることがポイントです。水に濡らさないように気を付けながら2日後に剥がし、何ともなければ肌に合っている証拠です。体調などにもよりますが、少しでも肌トラブルが見られた場合には、肌に合っていないことも考えられます。

環境にも肌にも優しいイメージのあるオーガニックコスメですが、使用されている植物や基準も様々であり、合う合わないは個人差もあるためすぐに自分に合っているかどうかは分かりません。簡単なパッチテストを行い安全を確かめることで、敏感肌の人も安心して使用することができます。

オーガニックコスメに含まれている成分

オーガニックコスメには、植物や果物等の様々な天然由来の成分が含まれています。それぞれがどのような効果をもたらすのかを把握しておくことで、選ぶ際に自分が必要とする成分を見極めることができるようになります。

まず果物で代表的なものとして、ココナッツにはビタミンB群やミネラルが豊富に含まれていて、ふっくらとした健康的な肌作りをサポートしてくれます。たんぱく質分解酵素を含んでいるパパイヤは、肌を新しいものへと作りかえる働きがあります。また、レモンには豊富なビタミンCとフルーツ酸が含まれていて、明るく透明な肌へと導いてくれます。

オレンジから抽出したオレンジエキスは皮膚に滑らかで絹のような肌触りを与え、ブドウから摂れたグレープシードオイルは肌を引き締めて水分をたっぷりと与えてくれます。そして、オーガニックコスメに配合されている植物由来の成分には、月見草オイルがあります。月見草オイルは太陽のような色の種子から抽出されてもので、乾燥肌や敏感肌のケアに最適です。

敏感肌や乾燥肌に有効なものとしては、マカダミアナッツも欠かせません。マカダミアオイルは非常に貴重なもので、肌に素早く浸透し、肌の水分バランスを調節してくれるのです。さらに、伝統的な薬用植物として知られるカモミールは再生効果や抗炎症作用を持ち、敏感肌をしっかりとケアしてくれます。

この他にもオーガニックコスメには様々な成分が使われていますが、購入する際には成分をよく確認して、自分に合ったものを選ぶことが大切であると言えます。

大切なのは、基礎化粧品

オーガニックコスメが気になりだすと、一度に全てのスキンケアを自然派で揃えたくなってしまうものです。しかし、オーガニックなものは値段が高くなる傾向が強いので、一斉に手持ちのものをオーガニックに変更することはなかなか難しいという方も多いのではないでしょうか。

そんな時、真っ先に取り入れるべきオーガニックコスメには、どんなものが挙げられるのでしょうか。一番初めに揃えるべきオーガニックコスメは、肌に直接触れる面積が大きい基礎化粧品です。つまり、化粧水を始めとする『スキンケア用品』に注目すべきなのです。

下地にしっかりとオーガニックの化粧水や乳液などを塗布することが出来れば、その上に重ねる化粧品が自然派なものでなくても、肌へのダメージは最小限に抑えることができます。

また、一番最後に重ねる美容液や一部分にしか使わないポイントメイク用品などとは違い、基礎化粧品は毎日一定の量を直接肌に触れさせることになるので、一番如実に影響が出やすいオーガニックコスメだと言うことができます。

化粧水・乳液と揃えた後には、順を追って美容液や美容オイル、ポイントメイク用品と揃えていくのが理想的です。オーガニックコスメのオールインワンジェルなども市販されているので、コストを考慮しつつ上手に取り入れていけると良いでしょう。

オーガニックコスメで肌の手入れをするには

オーガニックコスメは肌に負担をかけない有機栽培や無農薬の原料をもとに作られた化粧品ですので、肌への負担が少なく肌を美しくしてくれる効果が期待できるのが特徴です。

オーガニックコスメを使ったスキンケア方法としては、オーガニック成分で作られた洗顔料をたっぷり泡立てて顔を洗い、その後オーガニック成分でできた化粧水や乳液で水分補給と油分を補います。これらのアイテムはオーガニック製品を選ぶことで肌トラブルを予防することが出来ますし、肌への負担もマイル後なのが特徴です。

その後必要であればオーガニック成分配合の美容液やマスク、パックなどを使ってお手入れを終了します。毎日このお手入れをしていると季節の変わり目や花粉の季節、体調が崩れない時などに肌が揺らぎにくくなりますし、肌に良いものを使っているという安心感も得ることが出来ます。

農薬や添加物などは配合しないほうが肌への負担は少なくて済みますので、できれば使っていないオーガニック化粧品を使ってかをするのが安心です。特に、敏感肌の方はオーガニック成分でできた化粧品だけでなくメイク用品などもありますので、なるべくナチュラルな成分でできた製品を使うのがおすすめです。

オーガニックコスメを取り除くこと

オーガニックコスメは、肌に良い成分のみが使用されて作られているために、安心して使用することができるようになっています。実際に使ったことがある人の間では、化粧の落とし方が気になっている人もいるのではないでしょうか。化粧の落とし方に関しては、それぞれのオーガニックコスメによって異なっています。

例えば、オーガニックコスメの中でも油分の少ないファンデーションは、洗い落とす時にお湯のみで化粧が取り除ける場合があります。一般的には、化粧はクレンジング剤を使用しながら落とすことがよくあるのですが、オーガニックコスメの場合であれば、お湯のみで洗い流せることも珍しくありません。そのような時には、丁寧に洗い流して汚れがきちんと落ちるようにしておくと良いです。

しかし、全てのオーガニックコスメがお湯で洗い流せるという訳ではないのです。製品によっては、きちんとクレンジング剤を使って洗うことが求められることも、少なくないのです。

クレンジング剤を使う時に刺激の強くないものを選びたい場合には、オーガニック製品を使ってみるという選択をすることも可能です。そのようなものは、肌に優しいので刺激を与えることなく洗うことができます。

オーガニックコスメと新鮮さ

オーガニックコスメを使っている時に、保管の方法に気をつけているという人がいるのではないでしょうか。きちんと保管をしておくことは、オーガニックコスメを使用していく上で欠かすことができないことです。というのも、保管方法を間違えておくと、新鮮な状態でオーガニックコスメを使うことができなくなるためです。

例えば、開封後には、なるべく早く使い切ることが大切になります。開封した後にもそのままずっと使い続けていると、中身のオーガニックコスメが酸化していることがあるのです。酸化した状態のものを使い続けるということは、肌にあまり良い影響を与えることができません

。肌をきちんといたわるためには、使用期限の切れていないものを使っていくことが非常に大切なポイントになるのです。もしも開封した後に製品が古くなっている場合には、すぐに使用することをやめた方が賢明です。

また、オーガニックコスメを開封して保存する時には、直射日光が当たらない場所に保管をしておくことも大切になります。直射日光が当たってしまうと、中身が溶けてしまったり変色してしまう恐れもあるのです。そのため、安定した気温の部屋の日光が当たらない場所に置いておくと良いです。

オーガニックコスメの正しい保管方法

オーガニックコスメは使い続けていくとかなりの効果が発揮できますが、保管する場所と方法には注意をする必要があります。まずオーガニックコスメは保存料が一切使われていないので、早く使い切るということは鉄則です。通常のコスメには保存料が入っていますが、オーガニックの場合には天然成分由来かあるいは全く入っていないこともあるので注意が必要です。

つかう時にはなるべく注ぎ出す場所に手を触れないようにしましょう。雑菌が繁殖してしまうと最悪の場合ケア用品そのものがダメになってしまうので、直接手を触れないようにつかうことが一番です。

容器の構造によってもかわりますが直射日光を完全に遮断できないタイプでも、そうでない場合でも常温での保管は避けるようにしてなるべく日の当たらない涼しい場所においておくことも大事です。

直射日光に照らされることによって、中の成分が変質してしまったり効果が薄れてしまうことも多いので、間違っても日当たりの良い場所に置くことが内容に気をつけていきましょう。オーガニックコスメは保管方法を間違わなければ、それなりに長い間つかうことができますので、これから使いはじめる方は直射日光を避け雑菌の繁殖に配慮していくことが大切です。

オーガニックコスメを使っているのに肌荒れが出る時

肌に優しいオーガニックコスメを使い始めたはずなのに、なぜか肌荒れしてしまったという時、原因はいくつか考えられます。化粧品を変えたことで、肌が慣れていなくて反応している。また天然素材が肌に合っていない等です。あるいは、肌が「脱ケミカル」をしたことで、これまでケミカルな化粧品で抑えていた炎症を起こしていることも考えられます。

ケミカル化粧品は、肌本来の働きをサポートし、補ってくれるので、その反面、素肌が本来持っている機能を鈍らせてしまっている可能性あるのです。オーガニックコスメは天然素材の有効成分に手を加えずそのまま使えるような手法で作られています。植物成分が素肌にダイレクトに伝わることで肌が刺激と感じる場合もあるのです。

もちろん自分の肌にオーガニックコスメが合わないという可能性もあります。肌荒れや違和感を感じたら、いったん使用をやめて様子を見てみるのが良いでしょう。

ケミカル化粧品をやめることで、自分の肌でどれだけ回復できるかを見て、それからオーガニックのものを、すべて使うのではなくひとつずつ増やしていくようにしてみて下さい。効果を見るためにも、アイテム別に変えていくのが分かり易くておすすめです。