肌のターンオーバーを正常化させる!ピーリングおすすめ商品TOP5

ピーリングは、肌に沈着した古い角質を取って新陳代謝を促す作用があることから、美肌になれると女性に大人気です。昨今では、自宅で手軽にできるピーリング剤がドラッグストアなどでたくさん販売されています。洗顔後に市販のピーリング剤で肌を擦るだけで、面白いように角質がポロポロ取れて肌がツルツルになります。

ただ販売されているピーリング剤の中には粗悪な成分が入っていて、きちんとケアができないものも稀にあります。そこで、ここからはピーリングをやってみたいけれどもどれがいいのか分からない人におすすめの商品を厳選して5個紹介していきます。さらに、自宅でのケア時のポイントや注意すべき点なども詳細に説明していきます。

美肌の基本は肌のターンオーバー

人間の肌は一定のサイクルで生まれ変わります。この生まれ変わりの仕組みをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーが正常であれば肌は健康な状態を保つことができますが、ターンオーバーのサイクルが乱れるとニキビや肌荒れなど肌トラブルの原因になります。

肌のターンオーバーは、約42日間のサイクルです。表皮の奥にある基底層で新しい皮膚細胞が作られて徐々に上へと押し上げられていきます。肌の表面までいくと垢や古い角質になって剥がれ落ちていきます。肌のターンオーバーは様々な原因で乱れてしまいます。特に食生活の乱れや寝不足、ストレスはターンオーバーを乱す大きな原因になります。

女性の中にはスリムな体を維持するために無理なダイエットを行う人もいますが、無理なダイエットは正常な肌の生まれ変わりを妨げることがあります。肌の代謝サイクルが乱れてしまうと、バリア機能が低下して外部からの攻撃に弱くなることもあります。

紫外線を大量に浴びると肌は大きなダメージを受けます。外部からのダメージによって必要な角質が剥がれてしまうと、ターンオーバーのサイクルが無理に早まってしまうこともあります。ターンオーバーを正常に保つには、正しい食生活と生活習慣の実践が大事です。

ターンオーバーの基礎

ピーリングをすると、肌トラブルが改善する効果を期待できます。ターンオーバーの基礎を知り、正しくトラブルを回避するようにしましょう。ピーリングをすると古い角質がはがれるのですが、ターンオーバーが働いていると垢として消えていきます。しかしながら、生活習慣が乱れていたり年齢を重ねているとターンオーバーがうまく働かなくなってしまうのです。

しっかりとターンオーバーが働くようにケアをしてあげることが大切だということを覆えておきましょう。皮膚の表面から角質を取ってあげると、細胞からサイトカインという成分が放出されます。そうなると皮膚の新陳代謝が活発になり肌が生まれ変わっていきます。

それまでに溜まっていたメラニンが外に出ていったり、真皮のところでコラーゲンがつくられるようになります。その結果、肌がどんどん健康になっていきます。ケミカルピーリングをする場合には、自分の肌の状態をしっかりと把握したうえで行いましょう。濃度を腸することによって、浸透するところを4段階に分けて施術することが可能になります。

人間の肌は毎日細胞分裂を行い、新たに生まれ変わっています。この生まれ変わりを促進することが、タマゴ肌を維持する秘訣なのです。

ピーリングの種類

ピーリングというのは古い角質を取り除いてターンオーバーを正常にする角質ケアのことで、大きく分けると化学的なものと物理的なものとに分類されます。化学的なピーリングは酸を直接肌に塗って角質を化学的に溶かしていくものでケミカルピーリングと呼ばれています。

一方、薬剤を使用せず物理的な力で強制的にはがしていくものはダイヤモンドやレーザー・ソルトなどがあります。ケミカルピーリングにはAHAとBHAがありAHAはリンゴ酸やクエン酸・グリコール酸・乳酸など主成分が天然由来のものとなっています。AHAはフルーツ酸とも呼ばれていて比較的刺激が少ないのが特徴となっています。

BHAはサリチル酸マクロゴール・サリチル酸エタノール・トリクロール酢酸など超強力な化学物質をつかったピーリングで、クリニックなどの専門家が使用する場合にはこのBHAが使用されることがあります。市販薬のほとんどはAHAですから特に心配する必要はありませんが、購入する際は成分表記は確認しておいた方が安心です。

AHAをうまく活用すれば美肌を目指すことができますが、過剰にやりすぎると肌の状態が悪化してしまい取り返しがつかないことになってしまう場合もありますから十分注意しましょう。

ピーリングの副作用とデメリット

美容皮膚科などで行っているケミカルピーリングは古くなった角質を化学療法ではがして毛穴を開き、大人ニキビの原因となっている皮脂を取り除くことで、大人ニキビを治療することができます。

またニキビだけではなく毛穴に詰まった角栓がなくなったり肌の炎症が治まる・皮脂分泌が治まる・コラーゲンが増えてハリが回復するなどさまざまな美肌効果が得られるということで人気の施術となっています。

市販で購入できるピーリング剤はAHAや自然由来のものを使用していることがほとんどで、肌への刺激も少ないという特徴がありますが、美容皮膚科で使用されているケミカルピーリングは高濃度で市販のものよりも5倍近い濃度となっていますから、ピリピリしたりひりつきやかゆみなどの副作用が起こることがあります。

ピーリングは皮膚の表皮をはがす治療ですから、皮膚が熱っぽくなったり赤くなることもありますし、擦り傷のような炎症や色素沈着・肌の乾燥が悪化するなどの副作用が起こることもありますから、施術後はしっかりとクールダウンをししっかりとケアすることが大事です。

ケミカルピーリングは大人ニキビの改善にも有効ですが、副作用やリスクなどもありますから施術を受ける前にはきちんと医師と相談するようにしましょう。

ターンオーバーの乱れをケア

ホルモンバランスの乱れや加齢・間違った洗顔方法・肌の乾燥などが原因となり、ターンオーバーが乱れるとくすみやしみてん小ジワなどが目立ってしまいます。こういったターンオーバーの乱れはピーリングジェルを使用することで改善させることができます。

洗顔やクレンジングというのは美肌づくりの基本となりますが、洗顔料の洗い残しがあったりゴシゴシと強く洗顔することが習慣となると、肌への刺激・メイクや洗顔料の洗い残しが老廃物とともに肌に残り角質層を厚くする原因になってしまうことがあります。

一度厚くなってしまった角質層はなかなかはがれずにそのままとどまり小ジワや乾燥の原因になりますから、ピーリングで表皮の角質除去や毛穴の黒ずみの改善・ターンオーバーの促進を行うことが大切です。皮脂やタンパク質が肌に停滞してしまうと角質層を厚くしてしまいますから、ピーリングを行い厚くなった角質層を取り除いてあげる必要があります。

ピーリングジェルを正しく使用すれば乱れたターンオーバーを正常化させることができますが、毎日ピーリングを行うと表皮を傷つけてしまい逆に肌を傷めてしまう可能性がありますから、適度に使用することが美肌を作るためには大切です。

ニキビやしみにも効果あり

しみやニキビ・ニキビ跡など肌トラブルに悩んでいる場合にはピーリングを行うことで古い角質を取り除いて美肌へと導いてくれます。私たちの皮膚は新陳代謝によってはがれ落ちて新しい角質に生まれ変わっています。

本来ならこのターンオーバーが28日周期で繰り返されていますが、何らかの影響でターンオーバーのサイクルが遅れてしまうと、しわやたるみ・しみ・ニキビ・くすみ・乾燥・肌のごわつきなどさまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。たかが古い角質と安易に考えている人も多いかもしれませんが、残ったままにしてしまうと肌が衰えてしまい肌ダメージを起こしてしまいます。

皮膚の一番外側にある角質層は外部の刺激から肌を守るために存在していますが、ダメージが大きすぎると角質をため込んで分厚くなり新たな肌トラブルの原因になり、負のスパイラルに陥ります。ピーリングは古い角質を取り除くケアの一つで、一緒にメラニンを取り除くこともできますからしみやニキビ跡なども改善していくことが可能となります。

また積み重なっている状態では化粧水も浸透しにくくなってしまいますが、ピーリングによって古い角質を取り除いて肌を柔らかくすることで化粧水の浸透率を上げ保湿効果をアップさせることができます。

毛穴や小じわにも効果的なピーリング

ケミカルピーリングは薬剤の力で皮膚の角質層をはがれやすくして、肌のターンオーバーを正常化させることで小じわやくすみ・ニキビ・毛穴の開きなどを改善させることができます。

サリチル酸マクロゴールはサリチル酸をマクロゴールで溶解することで皮膚の深部へ酸の浸透と中毒の危険性を防ぐことができるピーリング剤で、角質層以外の細胞を傷つけることなく安全性の高い治療を行うことができます。肌への刺激も弱く施術後皮膚が赤くなったりぽろぽろと皮がはげるというトラブルもほとんどありません。

そもそもピーリングというのは古くなった角質を強制的にはがすことで肌を生まれ変わらせることができますから、乱れたターンオーバーを正常化させることができます。病院で行うケミカルピーリングはリンゴ酸やクエン酸・乳酸・グリコール酸などの酸によって角質を溶かしていく治療を行います。

こういった薬剤は毛穴や小じわにも効果的ですが、刺激が強いため医療機関でしか取り扱えないことになっています。エステなどで行っているピーリングは薬剤を使用しないレーザー治療で、レーザーの熱によって古くなった角質を取り除いていきます。薬剤を使用していませんから敏感肌の人でも施術を受けることができるというメリットがあります。

ピーリングジェルの使い方

ピーリングジェルは古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを正常化させることができるということで人気があります。サロンやクリニックで行うような強い薬剤ではなく、肌への刺激も弱いので自宅で手軽にケアすることができます。

ピーリングジェルを使用しはじめてすぐの段階は、古い角質がたくさん残っていますから1度の使用ですべての角質を除去することは難しいため、こまめに古い角質を除去していく必要があります。

基本的なピーリングジェルの使い方は洗顔後タオルで水分をふき取りピーリングジェルをさくらんぼ2~3個分手に取る。顔全体に広げて指の腹でマッサージし、ぬるま湯でしっかりとすすいでいきます。
よくニキビを改善しようとニキビや吹き出物ができた時にピーリングをする人がいますが、さらに炎症を悪化させてしまう可能性がありますからニキビが治ってから使用するようにしましょう。

古い角質を早く除去しようと思って力を入れすぎてマッサージする人もいますが、力を入れすぎると肌を傷つけてしまい突っ張り感やヒリヒリ感がでる場合がありますから、やさしい軽い力でマッサージすることがポイントです。またタオルで水分をふき取るときもごしごしとふき取ると肌に必要な水分までとってしまいますから、タオルで抑える程度にしましょう。

ピーリング剤の選び方

酸などを使って古い角質を取り除くピーリングは、皮膚の新陳代謝が活発になるため肌の老化を予防することができますし、ニキビや毛穴の黒ずみ・くすみ・シミなどの肌トラブルを改善していくことができます。

一口にピーリング剤といっても拭き取りタイプのものや石鹸・ジェルなどさまざまな種類が市販されていますが、初めて行うという場合には作用も穏やかで刺激が少ないAHAや植物由来の成分で作られたピーリングジェルがおすすめです。

エステや美容皮膚科・クリニックなどでもピーリングの施術を受けることができますが、健康保険の適用外となるため高額な費用がかかりますし副作用やリスクも伴います。一方自宅で気軽に行うことができるピーリングは費用負担もすくないため継続しやすいというメリットがあります。

洗顔料タイプは洗顔と同時に少しずつ古い角質をはがしとることができますし、塗って洗い流すだけのものなら簡単に行うことができます。スクラブタイプは専用のジェルを肌に塗ってこすることで古い角質を落とすことができますし、拭き取りタイプはコットンに液体を含ませてふき取るだけで簡単に余分な角質を除去することが可能となっています。

このようにさまざまな種類が販売されていますから、自分の肌にあったものをみつけるとよいでしょう。

自宅ケアおすすめTOP5

ピーリングは古い角質をとって肌の生まれ変わりを促進させることができますが、エステだけではなく自宅でも手軽に行うことができるピーリング剤も販売されています。特に人気があるのはピールローションで7種類の植物性高密度果実抽出液が配合されていますから、敏感肌や乾燥肌の人にも使いやすくおすすめです。

自宅ケア用のピーリング剤はAHA(フルーツ酸)が使用されているので刺激が弱く界面活性剤や鉱物油・パラペンも含まれていませんから安全性が高いピーリング剤といえます。ジュエルレインは背中ニキビケア用のピーリング剤で、皮膚が厚くて毛穴詰まりが起こりやすい背中の皮膚の浸透をよくして美容成分をしっかりと届けることができます。

ファーストクラッシュはサリチル酸が配合された洗顔料で、植物由来の保湿成分がたっぷり配合されていますから洗顔後も肌の突っ張り感がなく潤いを残してくれます。ノブACは製薬会社が作ったニキビケアシリーズで、グリコール酸やサリチル酸が配合されていますから古い角質をとり角質層にまでしっかりとローションや乳液を浸透させることができます。

プロアクティブ+はサリチル酸が古い角質を取り除き、グリチルリチン酸ジカリウムが赤ニキビを優しくケアしてくれます。日本人向けに解消されていますから皮脂の加除分泌が原因のにきびにもおすすめです。

効果がある市販品

エステで行うようなピーリングを手軽に自宅でできる商品が市販されています。肌がくすんでいたりにきび跡を消したいという場合にはピーリングを行うことで肌サイクルを整えて改善できるかもしれません。

ピーリングというとエステに通わないと受けることができないと思っている人もいるかもしれませんが、市販品もたくさん販売されていますから気軽に自宅でケアすることができます。さまざまなタイプのものが販売されていますが、石鹸タイプのものは洗い流しながら古い角質を落とすことができ刺激も少ないので乾燥肌や敏感肌の人にもおすすめです。

中でもサンソリットのスキンピールバーはメレンゲのようなふわふわの泡で汚れや古い角質をしっかりと取り除いてくれます。肌の状態や目的にあわせてタイプを選ぶことができますからマッチングの高い効果が期待できます。

半練りタイプのAHA白色石鹸は肌への負担も少なく粘膜や髪の毛をのぞけば全身に使用することができますし、しっかりと汚れを吸着してくれますから、肌をよりよい状態へと整えてくれます。Grace&Lucereピーリングジェルは皮膚の再生を手伝い角質をケアしながら美容成分もしっかりと行き届かせることができますから、なめらかな驚きの卵肌へと導いてくれます。

自宅ピーリングは即効性はない

にきびやくすみ・毛穴の詰まりなどさまざまな肌トラブルに悩んでいる場合、ピーリングをやってみようと思っている人も多いのではないでしょうか。ただ実際どんな効果があるのかよくわからないため、なかなか一歩踏み出せないという人も少なくありません。

ピーリングというとニキビ治療というイメージが強いかもしれませんが、ニキビができる原因は肌のターンオーバーの乱れや過剰な皮脂の分泌などが主な原因となります。もし過剰な皮脂の分泌が原因で毛穴が詰まりニキビが悪化しているような場合はピーリングによって毛穴の詰まりを取り除くことができますからニキビ肌を改善することができます。

最近は自宅でもケアできるピーリング剤が数多く販売されていますが、セルフケア商品として販売されているものは、肌への刺激が少なく効果も弱いものが多いのでほとんど効果がわからないとうケースも少なくありません。

一方美容皮膚科などで行っているピーリングは医師がきちんと診断をしてその人にあった方法で薬剤を選択し、きちんと施術を行っていますから徹底的に肌をきれいにしてもらうことができます。セルフケアとは異なり薬剤も強いものを使用していますから、より高い効果を得ることができますが、肌への刺激も強いため経験豊富な医師を選ぶことが大事です。

ピーリングのしすぎに注意

毛穴トラブルやニキビ・くすみなどさまざまな肌トラブルに対して有効なピーリングは、美容皮膚科やエステなどでも積極的に取り入れられている美容治療として人気があります。最近はピーリング効果のある成分が配合された洗顔料なども数多く販売されていますから、手軽に自宅でもケアできるようになっています。

ただ気をつけないといけないことはピーリングをしすぎたためにさらに肌トラブルを悪化させる原因になる場合もあります。ピーリングというのはそもそも皮膚を溶かしたり破壊して新しい皮膚の再生を促す治療法で、皮膚の組織をわざと破壊させるため皮膚そのものにはかなりのダメージを与えています。

特に敏感肌の人の場合重度の炎症を起こしてしまう可能性もありますから、リスクもそれだけ大きいということを理解しておく必要があります。最近は美容皮膚科など以外でもホームケア用の効果が弱いピーリング剤もたくさん出回っていますが、手軽にケアできるあまり頻繁に使いすぎると正常な角質まで過剰に削ることになり、健康だった肌が異常に敏感になってしまう場合もゼロではありません。

もともと重度の肌トラブルのための治療法ですから、健康な肌の人は皮膚を溶かす薬は不必要だといえます。

配合成分チェックしてピーリング!

ピーリングは英語で剥ぎ取る「peel」から来た言葉だと言われています。古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを正常なものにする角質ケアの一種です。美容皮膚科の施術メニューの中にはレーザー光線を利用したものやIPL光線を利用したものなどがありますが、ピーリングは自宅でも行えるジェルタイプや石鹸タイプもあるので人気が集まっています。

人気があるので自分もやってみたいと考えている女性も多いと言えましょう。販売されているジェルタイプや石鹸タイプのピーリング剤を選ぶ時には配合成分をしっかりと確認しておきましょう。

中にはピーリング剤とは言えないものもあると言われており、ジェルを使ってゴシゴシと洗ったら角質がボロボロと取れて来たので効果覿面と思いきや、ボロボロと落ちて来たものはジェルの成分の一つでもあるゲル化剤のカスだったなどの口コミもあります。

ちなみに、ゲル化剤はジェル状態にする時の添加物で、一般的なジェルはゲル化剤の配合量が少ないのでカスが出て来ないと言われています。尚、ゲル化剤はアクリレーツ、アクリル酸アルキルクロスポリマー、カルボマーなどの成分になります。これらの成分が多く含まれているものを避けるなどもポイントになって来ます。

ピーリングはゴシゴシとやらないのが大切

ピーリングは古い角質を取り除く事を意味しています。気になる部分にジェルや石鹸を使って磨き上げると、角質がボロボロと面白いように剥がれ来ます。古い角質は無用な万物、肌をリフレッシュさせるためには肌のターンオーバーを正しく機能させる必要があるため、古くなった角質は徹底的に排除したいと考える人は多いと言えます。

しかし、あまり強い刺激を与えてしまうと、古い角質だけではなく、バリア機能を持つ角質までも落としてしまう事になります。皮膚は外部からの刺激や攻撃などに対するバリアを持ちますが、ピーリングをやり過ぎてしまうと必要なものも剥ぎ取る恐れも出て来るわけです。

肌に負担を掛けてしまうと乾燥しやすい肌になる、ニキビが出来やすい肌になってしまいます。ニキビが増えて悪化するとニキビ痕は赤味が濃くなってしまったり、化粧水を使った時にはしみるなどのデメリットが生じやすくなります。

外からの刺激を守る、水分を溜め込んでいる肌バリア機能を持っている角質までを取り除けば、こうした肌トラブルが起こる事になるわけです。ピーリングを行う時にはやさしくマッサージするように行ってあげる事は勿論のこと、古い角質を取り除いた後は保湿ケアをしっかりと行いましょう。