肌は年齢によって変化する!30代にオススメの基礎化粧品情報

年齢を重ねると肌は変化していきます。肌は適度な水分量を保ち、定期的な生まれ変わりを行うことで潤いのある弾力に富んだ肌を維持するものですが、加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどでそのターンオーバーが乱れ、肌の水分量が低下する、筋力の低下などによって肌の老化が進みやすくなります。

30代になると多くの人がそれまでの肌との違いに気づき気になっていくことが多いものです。ですから年齢に合ったケア方法、そして適した基礎化粧品を使用することがとても大切になります。

基礎化粧品の成分は高い保湿力、高い浸透力が必要になり、そして添加物などの刺激を与えないようにできるだけ無添加の製品を選ぶことも重要です。30代くらいからの基礎化粧品は年齢に合ったもの、自分の肌質に合ったものをセレクトすることが必要になるのです。

30代のしわには保湿がポイント

30代になると仕事や育児、家事などが忙しくなってスキンケアがおろそかになったりホルモンバランスが乱れやすくなるだけでなく、加齢の影響が始まり水分量も皮脂量も低下してくるため20代のころと比べて肌が急速に乾燥しやすくなります。肌が乾燥することで肌の細胞ひとつひとつが水分不足に陥り、水分で満たされたハリと潤いのある肌がしぼんで回復力が低下します。

表情による伸び縮みでしわが寄っても、水分で満たされている20代の肌は復元力がありますが、30代の乾燥した肌の場合には元に戻りにくくなっているのでしわが少しずつ深く、しぼみが癖になって取れにくくなってしまうため30代になると急にしわが気になるようになります。

しわが気になる場合には保湿力が高い基礎化粧水を使うことがポイントです。肌にもともとあり水分をたっぷりと蓄えることができるセラミドやヒアルロン酸を含んでいる基礎化粧品を選び、毎日保湿成分を肌に届けることが対策方法になります。

水分を与えるだけでは肌に水を貯えることができずにすぐに蒸発してしまうので、水分を抱え込み長時間キープする働きがある保湿成分を肌に補給することが30代の人の肌にできるしわ対策になるのです。

コラーゲン不足や表情筋の衰えが原因となるたるみ

30代のたるみの原因としては、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやエラスチンの減少により潤いやハリや弾力を保つことが出来なくなってしまう、乾燥により角質のバリア機能が低下してターンオーバーの乱れや肌細胞の再生の遅れが生じる、表情筋の衰えにより重力に勝てなくなってしまうなどがあります。

これらの原因によりたるみが生じると、口元のもたつきやほうれい線やフェイスラインのゆるみや毛穴の開きなど様々な肌トラブルにもつながり見た目年齢にも大きく影響してしまいます。悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

30代のたるみの対策方法としては、化粧品やサプリなどで不足しがちなコラーゲンやセラミドやヒアルロン酸やエラスチンをしっかりと補う、保湿ケアを徹底的に行って角質のバリア機能を高める、筋肉に働きかけることが出来るEMS機能が搭載されている美顔器を使用したりマッサージを施したりエクササイズをしたりして表情筋に働きかけてリフトアップさせるなどがあります。

たるみの悩みは年齢を重ねるにつれてどんどん深刻化していきますので、30代になったら意識を高く持ってたるみケアに努めて年齢や重力に負けない肌づくりをしていくことが大切です。

30代と基礎化粧品と管理すること

30代の人が基礎化粧品を使って肌の手入れをしているとしても、肌の悩みが尽きないと感じていることがあります。特に、顔にシミができてしまったことに対して悩みを持っているという人は少なくないのではないでしょうか。顔がシミにできることには、原因があります。

その原因の一つには、紫外線の影響を受けたことが考えられます。紫外線をかなり受けていると、それらがシミとして顔に出てくることがあります。長年の影響が、突然顔に出てくることさえあるのです。シミができてしまった時には、すぐに対策をすることが欠かせません。

まず、肌の保湿をしっかりと行うことが大事です。肌が乾燥をしていると、シミが解消されにくくなります。また、使用する基礎化粧品を選ぶ時に、美白成分の入ったものを選ぶようにすると良いです。

美白成分が入ったものを選んだ方が良い理由は、そのような基礎化粧品は肌の奥底に働きかけてくれる力があるからです。シミができている肌には、肌の内面から改善する必要があることが珍しくありません。肌の改善を丁寧に行いたいと思っている場合には、表面だけではなく内面から改善するように意識することが非常に大事なのです。また、継続してケアをすることも大切です。

肌の水分量や皮脂量が低下

30代になると、20代の頃に比べて肌の水分量や皮脂量が低下します。そのため肌が乾燥しがちになり、かさつきを感じたり肌にたるみが出てしまったりします。肌の乾燥はバリア機能の低下を招き、シミやシワができる要因になってしまうこともあります。

また、30代になるとホルモンバランスが乱れがちになります。女性ホルモンには肌のバリア機能を整える働きがあるので、ホルモンバランスが乱れると肌が乾燥しやすくなってしまいます。肌が乾燥した状態だとニキビができたり、肌が荒れるなど肌トラブルが起きやすくなります。女性の体はとてもデリケートで、ちょっとしたことが原因でホルモンバランスが乱れてしまいます。

睡眠不足やストレス、栄養バランスの偏った食生活など様々な要因があります。また、妊娠や出産でもホルモンバランスは大きく変化し、肌は乾燥しやすくなります。そのため30代の基礎化粧品を選ぶ際には、保湿効果の高いものを選ぶ必要があります。

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどは代表的な美容成分として知られていますが、優れた保水力も持っています。また、美容成分が肌に浸透しやすいかどうかも重要なポイントです。肌に潤いを与えることで、乾燥を防いで肌トラブルを予防することができます。

30代のニキビや肌荒れには

私たちの肌は30代にもなると、肌質の変化を感じたり老化現象に悩まされる人も少なくありません。シミや皺が気になりだすのもこの頃ではないでしょうか。くすみやたるみなどは、私たちを不健康に見せてしまい、実年齢よりも老けて見られる原因にもなります。

今まで通りのお手入れでは不十分になってくるので、一度、今までの基礎化粧品を見直してみることをおすすめします。20代のころの自分には合っていたと思われる化粧品のなかにも、30代となった今では刺激の強すぎるものなども多くみられます。

もうひとつ30代の大人ニキビや肌荒れに悩んでいる人も多いです。大人ニキビは治りにくく、肌荒れは仕事や母親業などで少し無理をすると、すぐに出てきます。

これらに効果を発揮してくれる化粧品成分にはどのようなものがあるのでしょうか。そもそも大人ニキビの原因は若いことと違って乾燥であることが多いです。乾燥した肌は、それを補おうとするため、皮脂の分泌量が増えるからです。

グリチルリチン酸2Kという成分には、このニキビの炎症を鎮めてくれる成分が入っています。また、アレルギーによる炎症を起こした時にも、それを鎮めてくれる働きがあります。ニキビや肌荒れをすばやく治したいときにぜひ取り入れてみましょう。

既にできてしったシミにも効果的

シミに効果があり、肌を美白することができる成分にはハイドロキノンがあります。ハイドロキノンとはイチゴやコーヒーなどに含まれている天然成分で、酸化を抑える還元作用を持っています。どうして肌にシミができてしまったり肌が黒ずんでしまうのかというと、紫外線などのダメージを受けることによって活性酸素という物質が生まれるからです。

活性酸素は紫外線のような肌に有害な物質から細胞を守る働きがありますが、増えすぎると逆に肌細胞を傷つけ老化を促進してしまいます。そのため細胞を守ろうと活躍するのがメラニン色素なのですが、メラニン色素は紫外線などを浴びることで酸化し黒くなってしまいます。その黒い色素が肌の表面に押し出されることによりシミが生まれてしまうのです。

ハイドロキノンには、メラニン色素の生成をサポートする酵素を阻害する働きがあります。またメラニン色素を生み出す細胞にも働きかけて、メラニン色素そのものを減少させる働きも持っています。ハイドロキノンの特徴は、すでにできてしまったシミにも効果があることです。

還元作用によって酸化したメラニン色素を還元し、黒い色を薄くすることができます。ただ、ハイドロキノンは浸透しにくく刺激も強いので、基礎化粧品を選ぶ際には浸透しやすさや刺激の強さなども考慮する必要があります。

30代の基礎化粧品 セラミド入りで保湿力をあげる

30代に入ってくると肌の保湿力も下がっていき、乾燥や小じわが気になりはじめます。そのため基礎化粧品も保湿力が高いものを選ぶことが重要になります。肌の水分を保持する成分は色々ありますが、なかでもセラミドは肌のターンオーバーが遅くなると減ってしまいますが、外から補っても保水力がある成分です。

乾燥や小じわの改善を期待するならセラミド入りの基礎化粧品から試していくと潤い不足も改善できる可能性があります。セラミドには植物と動物、ヒト型と擬似という種類があり、刺激が少なくて潤いを得やすいのはヒト型セラミドです。

ヒト型タイプは人の肌のセラミドと同じ構造で、肌へも馴染みやすい特徴があるといわれています。ただ、他の種類のセラミドでは駄目なのかというわけでもなく、効果があるかは個人差もあり優れた化粧品もあります。

ヒト型セラミドも種類が分かれていてそれぞれ作用が異なっています。人の肌にあるセラミドの種類はかなり多いですが、化粧品の成分として使われることが多いのは主に次のものです。セラミドEOPは水分保持機能とバリア機能、NSまたはNGは高い水分保持機能、NPは水分保持機能とシワ軽減、APは水分保持機能とターンオーバー促進、シワ軽減です。

30代の基礎化粧品 老化予防に効果的な成分

30代になると若いころと比べて肌の老化が気になりはじめます。そのため基礎化粧品もセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など乾燥を防いで保湿成分を補うことが大切です。さらに、老化の進行を遅らせるアンチエイジングケア効果がある成分も補っていく必要があります。エイジングケアには保湿成分や抗酸化成分、ターンオーバー活性化成分などが効果的です。

エイジングケアの中でも効果的なのが抗酸化成分で、老化は活性酸素が細胞を酸化させるために起きます。抗酸化成分は活性酸素の働きを抑えて除去し細胞の酸化を防いでくれます。年齢とともに増えていく活性酸素をうまく抑えることが出来るかは、抗酸化成分を活用した対策が欠かせません。

抗酸化成分にはビタミンC誘導体やビタミンE、コエンザイムQ10にアスタキサンチン、フラーレンなどがあって、基礎化粧品にもよく配合されています。また、食事やサプリメントなどでもポリフェノールなども摂取出来ます。

ターンオーバーを活性化させる成分も重要で、老化が進行するとターンオーバーの周期が乱れて遅れはじめます。新しく生まれた肌が古い肌と入れ替わる周期は20代では28日程度ですが、それが40代になると40日以上になり、50代に入ると50日以上もかかります。効果的な成分には皮膚細胞の働きを活性化させるプラセンタエキスやEGFがあります。

また、真皮層のコラーゲン生成を促す成分も欠かせず、真皮層のコラーゲンはターンオーバーを正常に保って肌のハリと弾力を保つためにも必要です。これにはビタミンC誘導体やプラセンタエキス、レチノールにビタミンEなどがあります。

30代の基礎化粧品 同じブランドで揃える

30代の基礎化粧品を選ぶときには、出来れば同じ化粧品ブランドやメーカー、シリーズで揃えるライン使いのほうがおすすめです。どの化粧品もラインで使ったときに過不足がないように美容成分が補えるようになっています。化粧品同士の相性が良くないと、べたつきや刺激が強く肌荒れなどトラブルを起こす危険もあるので、化粧水とクリームだけでもライン使いにした方が安心です。

基礎化粧品をライン使いをする魅力として、同じブランドで並べることで見た目もかなりおしゃれになりすっきり見せることが出来ます。見た目以外にも同じブランドで使うことで相乗効果が期待できます。化粧水からクリームまで美容効果を最大限に効果が出るように組み合わせてあるので、ラインで使うことで最も得やすくなります。

成分や目的から見ても相性がよいので、化粧水と乳液の相性が悪いなどトラブルも避けることが出来ます。ブランドによっては基礎化粧品以外にメイク用品もラインで揃っていることもあって、全て揃えるとさらに効果的に綺麗になることも期待できます。

一番効果的な順番を考えて作られているため自分で順番を考える手間もかかりません。それぞれのスキンケアを効果的な順番で使うことで、成分も肌に浸透するためライン使いは美容効果を一番発揮しやすいといえます。

安価な美肌成分でも長く使い続けることが大事

基礎化粧品の効果を発揮させるためには、継続することが何よりも大切です。特に、30代はエイジングサインが出始める年代で、美容成分を毎日補給する方が良いです。基礎化粧品は薬ではないので、たった数日間使っただけで効果が出るものではありません。

30代のお肌は、これまでの生活習慣や間違ったスキンケアのせいで乾燥していることが多いので、基礎化粧品に配合されている美容成分が効果的に作用しないことがあります。まずはお肌の環境を整えることから始めることで、美肌に必要な有効成分が効きやすくなります。そのためには、なるべく同じ基礎化粧品を毎日使い続け、お肌を安定させる必要があります。

しかし、30代の基礎化粧品には貴重なエイジングケア成分が使われていることが多く、値段の高いものが多数あります。ただ、高価な美肌成分を補わなければ絶対に美肌になれないということは決してありません。高価な美肌成分を毎日使いたいのが本当のところかもしれませんが、成分の貴重さや価格は実はそれほど関係はないように思います。

比較的安価な美肌成分でも優れた美肌成分はたくさんありますし、「毎日補給すること」が大切なので、お財布に優しい価格でお肌に合ったものを見つけることができたなら、そのアイテムを毎日そして長く使うことをおすすめします。

30代の基礎化粧品選び

30代は若い頃と比べて肌が変わる年代なので、基礎化粧品の選び方もポイントです。いつも使っている化粧品から他のものに変えて肌のトラブルが起きた経験がある人もいるでしょう。赤くなったり肌荒れが起きた時は、何が原因で肌トラブルが起きているのか知ることが大切です。

女性は生理周期に関係してホルモンバランスが乱れると肌に痒みが出たり吹き出物が出たりします。女性ホルモンの影響とは異なり基礎化粧品で起こる肌トラブルは使い続けることで症状が悪化してしまうのが特徴です。特に30代は身体も肌も変わる年齢なので敏感肌に変わる人もいます。肌に痒みが出た時は、基礎化粧品を見直してみる必要があります。

特に今までとは違った化粧品を使った時に肌荒れが起きた時は、使用をやめることが大切です。症状がひどい時は皮膚科に相談すると良いです。しばらく使用をやめてみて様子をみましょう。湿疹の薬や痒み止めを使用することで痒みも抑えることができます。

刺激の強い化粧品を避けて敏感肌用の基礎化粧品を使うことも大切です。自分に合ったものを使うことで肌の健康を保つことができるので、サプリメントを飲んだり刺激の弱いタイプの化粧品を使ったり試してみることが大切です。

栄養バランスを意識する

もっとキレイになるためのエイジングケアとしては、基礎化粧品による外側からの働きかけにプラスして食事にも気を付けて体の内側からも働きかけるということが大切です。

まずは自分の日頃の食生活を見直してみるということから始めてみましょう。食事において最も重要になるのが栄養バランスを意識するということです。野菜や果物や海藻類やキノコ類や肉類や魚介類や卵や乳製品や大豆製品などの食品を種類豊富に毎日の食事メニューに満遍なく取り入れて、ビタミンやミネラルや食物繊維やタンパク質をバランス良く摂取することが大切です。

積極的に摂取すべきものは、代謝アップ効果が期待できるビタミンB群や酵素、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンE、ホルモンバランスの乱れを改善させる効果が期待できる大豆イソフラボン、コラーゲンの生成を促進させる効果が期待できるアミノ酸などがあります。

代謝をアップさせるためには喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をすることも大切です。腸内環境の乱れが肌の老化を加速させる可能性もありますので、乳酸菌やオリゴ糖やビフィズス菌や食物繊維をしっかりと摂取して腸内細菌のバランスを整えて健やかな腸内環境に導くことも重要になります。

体の冷えが代謝不足や血行不良につながることもありますので、根菜類やニンニクや生姜やネギなどを食べて体を温めるということも心がけましょう。

血流を良くして肌のターンオーバーを促進

運動というとダイエットや体力づくりというイメージがありますが、実はエイジングケアの方法としても効果的です。運動を行うことによって血流やリンパの流れが良くなるので、肌のターンオーバー(新陳代謝)が促進されます。体の代謝を良くするには、有酸素運動をするのがおすすめです。

有酸素運動とは十分な呼吸をしながら行うことができる運動で、負荷が軽く持続性のある運動のことをいいます。有酸素運動にはジョギングやウォーキング、スイミング、エアロビクスなどがあります。また、ヨガやラジオ体操なども有酸素運動に含まれます。

スポーツジムやヨガ教室などに通って運動してもいいですが、早朝に散歩をしたり家の中で体操をするといったことでも簡単に運動習慣を取り入れることができます。なかなかスポーツジムに通う時間がないという場合には、買い物に行く際にちょっと回り道をするとか通勤にバスを使わず歩くといったことでも大丈夫です。身体を動かすことで代謝をアップすることができます。

それから普段から猫背になっているなど姿勢が良くない人は、姿勢を良くするように意識するだけでもインナーマッスルが鍛えられます。歩く時も背筋を伸ばして腕を振るようにするだけでも効果があります。

30代の基礎化粧品と眠ること

30代の基礎化粧品にこだわりを持っている人の中には、もっときれいになりたいと考えている人がいるのではないでしょうか。30代のための基礎化粧品を念入りに使っていても、あまり肌の調子が整わずに迷っているという人もいるものです。そのような時には、30代のための基礎化粧品だけにこだわらずに、生活習慣についてを見直してみることが非常に大事なポイントとなります。

例えば、生活をしている上で、十分に睡眠の時間を確保することができているかを確認しておくことは欠かせません。というのも、眠ることは肌をきれいに保つためには必要不可欠なことであるからです。

きれいな肌を持っている人の多くは、きちんと睡眠時間を確保している生活を送っています。その反対に、睡眠のための時間が削られたり十分に確保されていなければ、肌荒れの原因ともなってしまうために注意が必要になります。

まとまった時間を取って眠ることが難しいという時には、積極的に仮眠を取ることも欠かせません。寝ている間に肌の再生が行われるために、眠る時間を取り除くことは美容にこだわる上で非常に大事なのです。しっかりと眠っていると、お肌の調子も良くなることが期待できるのです。

トライアルで試してみる

女性は30代にもなると、肌質の変化を感じ始めたり、加齢による肌の衰えを実感し始めるものです。肌のハリや弾力を失ってしまったり、くすみや乾燥が気になったり。悩みは様々ですが、これらの変化はある程度仕方のないものです。それでも老化現象は、私たちの努力次第では、その進行を遅らせたり、状態を改善することは充分に可能です。

美意識の高い人は、日頃からのお手入れに力を入れていたり、食事に気を使ったりしていることでしょう。エイジングケアを始めるのは早ければ早いほど良いので、30代から意識しましょう。

一番最初に見直して欲しいのは、毎日使う基礎化粧品です。今まで使っていて良かった商品でも、これからも良いとは限りません。30代の基礎化粧品選びに重要なのは、保湿ケアに優れているかということや、肌に優しいかということです。刺激のあるものはおすすめしません。

なるべくオーガニックのもので肌の負担にならないものを長く使うことが美肌への近道と言えるでしょう。また、肌の乾燥は肌荒れや皺の原因となります。私たちの肌は年齢とともに水分も減ってきて乾燥しやすくなるので、それを補ってあげることが大切です。まずはトライアルを活用し、自分の肌との相性を確かめてみることをおすすめします。